8242003 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

まんがと暮らす

PR

プロフィール


くまやくま

サイド自由欄

カテゴリ

カレンダー

コメント新着

くまやくま@ 拍手コメントのご返信 New! 10/12 ゆた様 こんにちは。拍手とコメント…
くまやくま@ 拍手コメントのご返信 10/9 ゆきこ様 拍手とコメントありがとう…
くまやくま@ 拍手コメントのご返信 10/6 きく様 拍手とコメントありがとうご…
くまやくま@ 拍手コメントのご返信 10/6 きく様 拍手とコメントありがとうご…
くまやくま@ 拍手コメントのご返信 10/6 maya様 拍手とコメントありがとうご…

日記/記事の投稿

バックナンバー

ランキング市場

楽天カード

2016年07月15日
XML
「クイーンズ・クオリティ」2巻の感想です。

ネタバレ注意!

「QQスイーパー」1~3巻の感想はこちらです。
「クイーンズ・クオリティ」1巻の感想はこちらです。




クイーンズ・クオリティ(1)
クイーンズ・クオリティ(2)


初っ端から不穏な感じです。
林先生にやられていたミキちゃんもムシが見えるようになっちゃったりちょっとハラハラ。

文たちは林先生の「ウチガワ」へ入り、ムシ狩りをすることに。
ただ文は林先生と関わるとまた「黒い女王(クイーン)」が出てくるのでは…とちょっと不安そう。
そんな文に厳しく言うタカヤさん。
文は厳しくされるとシャキッとしますね。逆境に強いというか。
玖太郎はそんなタカヤさんを怒ってますけど、まぁ良いバランスですねw アメとムチで。タカヤさんも実際は優しいとは思いますが。

そんな玖太郎にお前が守ってやれというタカヤさん。深く信頼しあえと紘一に言われて、どうやってだよ、と反論w ちょっとスキンシップとかなんか秘密を共有するとか…と言われて玖太郎がとった行動はなかなか恥ずかしいものでした(笑)

不安に思っている文ですが、辛いときとかに理想のお姫様になった体でええ感じに振る舞い心の安定を図って乗り切るというちょっとアレな癖を持っています。そんな文に、「見たい」と。
羞恥プレイですね完全にw
でも、

「みせて 俺にだけ だめか?」

P7061736.jpg


こんな言い方されたら…!! これだから玖太郎はタチが悪いwコミュ糞のくせにw
でもここで玖太郎にも役割を。伝説の騎士…ではなく伝説の魔法の掃除屋さん(なんだそれ)。

しかし案外玖太郎がまじめにやってて、おお…(//∇//) ってなりました。
文の手の甲にキスをしたり、さすがにこれは玖太郎も恥ずかしいですね!
ということで二人だけの秘密ができました。

そして先代も一緒にウチガワへ。
と、その前に新たな儀式が。
文の武器をゲットするという大事な儀式。
まじめな雰囲気で始まったのに文が手にした武器は棒たわし。

P7061739.jpg


さすが、絶対こういうオチだと思った…!!!
まぁ文は喜んでるので何よりかとw

そんなわけでようやくウチガワへ。
途中、玖太郎とはぐれてしまった文はウチガワで一人の女子高生と出会いました。
…ってこいつ、女のかっこうしてるけど顔がまんまアタルです。
文は気付いてないけど、玖太郎が合流してあっさりバレました。

そして大本の親ムシ発見。

アタルは林先生を殺すためにウチガワへ来たようでした。黒い女王を覚醒させるために利用したものの、思いに反して化け物になってしまった責任をとる、と。
それなら救ってやれよと思うのですが、まぁそれは文たちの役割か…。

だけど玖太郎も負傷して思った以上にやっかいなムシたち。
もう撤退するしかない、となったときに文は決断します。

「お願いです 私を女王(クイーン)にしてください」

女王になることを怖がっていた文ですが、それでは前へ進めないとなんとか越えようとする姿はいじらしいし、かっこよくもあります。
頑張れ文…(´;ω;`)

そして意識の深くで文が見たのは黒い扉と白い扉。そして椅子。
何者かもわからない者と会話する文。
そうして登場した女王は、黒い女王ではありませんでした。

P7061740.jpg


なんか髪の毛が伸びているし姿も違う…!
以前出てきた女王と同じような雰囲気ですが黒でも真の女王でもないようで…。圧倒的に強いけどこいつもやっかいな感じがしなくもないですね~。

そして謎の女王がひっこむ前に玖太郎と少し話をしましたが、玖太郎のことを知っているようで…もしかしてふゆちゃんの正体?とも思いましたが、消える寸前に玖太郎に軽く唇を重ねたのはなんとも複雑な感じでしたw だって文じゃないし…!

さて文ですが、どうやらあの女王を使った代償に昔のことを思い出したようで…。
倒れている母親と大量の血…嫌な記憶ですね(´;ω;`)
無理して泣かないようにする文ですが涙が溢れ出てしまっています。
そんな文を見て、玖太郎は思うのです。

“キスしたい そしたらわかるのに きみがふゆちゃんだって キスすればすぐわかるのに”

もうしちゃえよーーー!!!
っていうかあのクイーンとしたけどあいつとはキスして違うって思ったのかな?
わからないけどあれはあれで文の一部なんだろうなぁとは思うのですが…。
色々深いですな。
3巻も楽しみです。

★3巻の感想はこちらです。


web拍手 by FC2






最終更新日  2016年12月03日 08時49分11秒
コメント(0) | コメントを書く
[コミックス/小学館(フラワー・ベツコミ他)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.