2054916 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

35歳からの不妊治療そして二人の子育て

PR

Calendar

Profile


だだ娘豆

Category

Freepage List

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

2009年11月18日

 
XML
カテゴリ:胚移植
16日の月曜日に成田病院へ行き、今日18日が胚移植に決定しました。
月に一度のMLPと2カ月に一度の仕事関連の夜の会食とばっちり重なってしまいました。
夜は幹事のためどうしても欠席できないので、まあ仕方ないでしょうスマイルと納得し出席しました。

実は排卵が予定より5日程遅れていました、自然周期なので仕方ないのですが、日曜日や祝日に当たらなかったことが嬉しいです。

午前中はマザーリーフセミナーに出席しました。
今日は「ストレスマネージメント」~ストレスとの上手なつき合い方~という内容でした。
講師は、起業されて現在は学校、企業等にて講師活動と個人へのメンタルカウンセリングを行っている坂崎 立子先生でした。

2009-11

ストレスの要因を理解し、それに対応する考え方や手段などを学べたとても素晴らしい時間でした。ストレスは誰にでも当たり前のようにあるものなので、上手に付き合っていく方法がわかったような気がします。
脳のメカニズムを分かったうえで、脳に楽しいことを思い出させてあげることがいいそうです。人間の習慣は21日で完成するそうなので、意識的にストレスと付き合っていけたらなあと思いました。子供や家族には「今日はどんな楽しいことがあった?」と声かけをし、楽しいことだけを思い出させてあげたらいいですねスマイル

タレントの山田邦子さんは、お父さんに「毎日笑える話を3つ話せ」と言われて育ったそうです。このセミナーの後、このことを唐突に思い出しました。
オットと「それが彼女の笑いのセンスを磨いたんだろうねー」と話していました。

ランチのあと成田病院へ。
今日は新型インフルエンザの接種日だったらしく、駐車場も院内も大混雑でした。
3階のIVFセンターの待合室に通されて待っているのに「どちらにいらっしゃいますか?」と携帯に病院の代表番号から電話がかかってきてしまい笑ってしまいました。
私はなんと移植12回目ですから、手順は慣れているからかまわないんですけどね。もし1回目の移植の方だったらびっくりして動揺しちゃうんじゃないのかしら?

朝の受精卵の解凍に関して電話をしたときに「3つのうちどの卵を溶かしますか?」と聞かれました。私は現在3つの受精卵を凍結しています。一瞬グレードの一番下のものから溶かしてもらおうかなという考えがよぎりましたが、考え直し「一番グレードの良い卵を1つだけ溶かしてください」とお願いしました。

ちなみに8分割の卵で、成田スコア17点のものです。(20点満点)
移植後に報告書をいただいたのですが、胚の状態は「非常に良い」にチェックがありました。
なんとなく気分も良かったです。しばらく注射に通い12月2日が妊娠判定です。
7月に採卵してやっと移植できました!期待しすぎないように、無理をしすぎないように心穏やかに過ごしていきます。

夜の会食は明日のブログで。

















Last updated  2009年11月19日 11時29分16秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.