696387 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

サイゴンから来た妻

PR

Profile


Takeshi9856

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Favorite Blog

ぎょぎょブログ ~g… ぎょぎょ23さん

Comments

Takeshi9856@ Re[1]:仕事が変わるわけですが(05/23) ベトナム彼女はラーメンがお好きさん、こ…
Takeshi9856@ Re[1]:蒸し暑さ再び(08/21) ベトナム彼女はラーメンがお好きさん、こ…
ベトナム彼女はラーメンがお好き@ Re:仕事が変わるわけですが(05/23) またまたお邪魔します。 奥様と歳が離れ…
ベトナム彼女はラーメンがお好き@ Re:蒸し暑さ再び(08/21) 再びお邪魔します。 当方も、汗かきなの …
Takeshi9856@ Re[5]:国際結婚(09/19) ベトナム彼女はラーメンがお好きさんへ …
2018.10.15
XML
カテゴリ:
最近妻が私に言い始めたのが、、、

「もし私が先に死んだらあなたは大丈夫ですか~?」

という、かなり重い内容です。

正直あまり考えていません。
私は妻より9歳年上で、しかも男性ということを考えると、私が先に逝く可能性が高いです。
色々な疾患も抱えていますし。

しかし妻はそのような言葉では納得しません。

「いつ人が死ぬかは誰にも分らないです!」
「私も明日生きていないかもしれません~!」

さらに重い言葉を投げかけてきます。
たしかにその通りですが、そこまで考えたくないというのが正直な気持ちです。

私より妻が先に亡くなる未来は考えたくありません。
私が先に死ぬことを前提に、これからの生活を考えています。
家をどうするか、将来の生活費はなどですが。

私が一人残ったら、、、考え付きません。
どうしましょうか。






Last updated  2018.10.15 18:30:09
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.