919738 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

サイゴンから来た妻

PR

全75件 (75件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

日本語

2010.10.14
XML
カテゴリ:日本語
妻は私のベトナム時代の部下に頼まれ、ベトナム語の手紙を日本語に翻訳する作業をやっています。
その部下とは日本人男性と結婚した女性で、来日して3年くらいになります。

ご主人のお母様にこれまでの感謝を手紙で表したいのだけど、日本語が書けないので、妻に頼んできたとのことです。

妻曰く、とてもいい文章だとのこと。

まあ、ベトナム人は自分の気持ちを詩で表したりするのが得意ですし、男性が女性を口説く時にも詩を贈ったりするそうです。

しかし、そんな文章を妻が翻訳できるのでしょうか。
まず無理でしょう。

「私が日本語にした後に手伝ってください!」

いやです。
と言うか、ご主人が不快に思うかもしれませんので、読みません。
(ご主人は妻と私を知っているので、綺麗な日本語を書いたらバレバレです)

まあ、部分的に文法を聞かれたら答えますけど。

勉強だと思って頑張って翻訳して下さい。
そして、彼女のご主人に直して貰って下さい。

「ケチですね~!」

そういうのではありませんから。
心の問題です。

ひょっとしたら私が変なだけかもしれませんが。






Last updated  2010.10.14 20:10:00
コメント(0) | コメントを書く


2010.10.12
カテゴリ:日本語
今日は朝4時くらいに突然の豪雨で目が覚めました。

この夏に猛威を振るった太平洋高気圧が、余喘を保っているのでしょうか。
南方から湿った空気がどんどん入ってくるようです。

それでも冷房が必要の無い気候はいいですね。
妻も日本の春と秋はすっかり気に入っています。

「日本の紅葉は綺麗です~。」

まあ、ホーチミンでは紅葉は無いでしょうから。

それにしても紅葉(こうよう)はともかく、紅葉(もみじ)を今でも言い間違えます。
それは以前にも日記に書きましたが、

「みもじ」

と間違えてしまうのです。

もう3年間ずっと直りません。日本語の勉強は進んでいるのに、不思議です。

一旦脳みそに刷り込まれてしまったのが抜けないようです。

良く言い間違えで、”ふんいき”と”ふいんき”がありますが、”もみじ”と”みもじ”は妻オリジナルだと思います。

いつ直ることやら。






Last updated  2010.10.12 18:10:28
コメント(0) | コメントを書く
2010.10.08
カテゴリ:日本語
妻が日本語の予習で、ベトナムの紹介文を書いていました。

例文が太平洋の島国ナウルについてでしたので、どうしてもベトナムを当てはめるとおかしくなります。

「太平洋の何て書きますか?」

太平洋の西の端って書いてもいいですが、インドシナ半島の東部にあるって書いた方が分かりやすいですよ。

「ベトナムの国旗は金星紅旗です。」

良く調べましたね。ウィキペディアを見ましたか。

でもそんなの言っても誰も理解できないと思いますよ。
ちなみに旗のデザインの意味は何ですか?

「赤は革命で、黄色は民族の象徴です。」

赤は血で、黄色が革命ってウィキペディアには書いてありますが、確かに黄色は民族の象徴とも書かれているので、まあそれでいいでしょう。

それにしても、N2に向けた勉強は結構難しいようです。
頑張ってください。







Last updated  2010.10.08 20:42:44
コメント(2) | コメントを書く
2010.09.17
カテゴリ:日本語
今日から妻の日本語講座は、2学期が始まりました。

昨晩はかなり気合を入れてテキストを勉強していました。

かなり難しい言い回しの勉強もしていますが、さすがに妻が普段使わない言葉ですので、発音が何だかたどたどしい発音になっています。

「こんな言葉を普段使いますか?」

ん? ”~を禁じ得ない”ですか。

会話ではあまり使いませんね。

「では、いつ使いますか?」

硬い文章で使うかな。

「文章ですか。この言い方は難しいです~!」

確かにまだ妻には難しいかなと思います。

でもこれを乗り越えればまた一歩、N2合格が近づきますので頑張ってください。






Last updated  2010.09.17 20:35:59
コメント(2) | コメントを書く
2010.09.06
カテゴリ:日本語
今日は、妻と日本語能力試験N2を合格するための勉強方法について、かなり熱く相談しました。

何故妻が日本語の聞き取りが相当できるのに、N3の聴解で36点(6割)しか取れなかったのか。

それは妻がまだ日本語をベトナム語に、頭の中で変換しているからです。

日本語で考えていません。

だから妻に言いました。ベトナム語が書いていないテキストで勉強してくださいと。

「ベトナム語が無いと意味が判りづらいですよ!」

「音読み、訓読み、ベトナム語で考えないと難しいです!」

そんなことはありません。
N3合格するくらいですから、基礎的な漢字は相当わかります。
足りないのは読書量です。

せっかく日本の子供向けの本を買ってあるのですから、読んでください。

そして来年の12月に受験して下さい。

「それは早すぎますよ~!」

でもそれくらいを目指して頑張ってください。

運転免許にも近づきますから。






Last updated  2010.09.06 18:58:52
コメント(8) | コメントを書く
2010.09.04
カテゴリ:日本語
日本語能力試験の結果が送られてきました。

見事合格です。

おめでとう!

なのですが、しかし点数に愕然。

97/180

6割取れていません。それでも合格。

想像しますと、新試験になってN1~N5という分け方になったのですが、N3はこれまでの1級から4級に当てはまりません。

ですので、レベルがどうなるか色々と予想がありました。

今回のテストはその予想の中でもかなり高い方になってしまったのでしょう。
その結果、かなり低い平均点になったのだと思います。

妻は既に3級を持っています。
そのような受験生の結果が思いの他低かったのではと思います。

さて、何とか合格した妻はと言いますと、素直に喜んでいます。

「自信になりました~!また勉強頑張ります!」

私も嬉しいです。
N2目指して頑張ってください。

「はいっっ!」

う~ん、良い返事です。

ちなみに妻の友人の韓国人女性は悠々とN2に合格したそうです。
このことも妻のモチベーションに繋がりそうです。

N2を取った時にはと妻に約束している、自動車免許取得費用をそろそろ準備し始めないと。
これは嬉しい出費ですけど。

明日はホームヘルパー講座の申し込み。

これも選ばれたら良いのですが。






Last updated  2010.09.04 17:36:53
コメント(8) | コメントを書く
2010.09.03
カテゴリ:日本語
今日は日本語能力試験の結果発送の日です。

まもなく届くことでしょう。

「多分落ちましたよ~。」

と、妻は悲観的ですが、結果が楽しみです。

合格していたら、写真を載せてしまおうかな。

「恥ずかしいです!」

日記に貼るだけですから、気にしないで下さい。
世界中から見ることが出来る日記ですけど。








Last updated  2010.09.03 20:23:31
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.13
カテゴリ:日本語
昨日は日帰り出張に行ってきたわけですが、最近このような日帰り遠地出張をすると、翌日に疲れが残るようになりました。
やはり年齢のせいなのでしょうか。

妻はというと、夏休みで日本語の勉強が無いので、毎日運動に出かけていて元気一杯です。

「一ヶ月間、あまり勉強していませんよ~!」

毎日勉強の本を読んでいるではありませんか。

「でも昼間は韓国ドラマが多くて、勉強していません。」

う~む、韓流に嵌った日本人年配主婦の様ですね。
まあ、テレビを観れば日本語の勉強にもなるとは思いますが。

妻によりますと、最近韓国ドラマの放送が増えているそうです。
一時期より激減したと思っていた韓国ドラマですが、最近復活してきたのでしょうか。

ちなみに妻は昨日、インターネットでも韓国のドラマを観ていました。
本当に韓国ドラマが好きなようです。

しかも、

「韓国語も勉強します~!」

などと言っていました。

駄目駄目、まずは日本語N2合格です。
その後で韓国語でもフィリピン語(タガログ語)でも勉強してください。

フィリピン語なら私も少し心得がありますよ。
大分忘れてしまいましたが。

「あなたは、本当にフィリピンが好きですね~。フィリピン人と結婚してください!」

フィリピンの名を出したら機嫌を損ねたようです。

いやいや、フィリピンは過去の思い出ですから。






Last updated  2010.08.13 20:13:38
コメント(2) | コメントを書く
2010.08.05
カテゴリ:日本語
妻の日本語が上達してくるにつれて、話し言葉が男言葉になってきているのが気になります。
基本的には丁寧語なのですが、変な言葉が混ざるようになりました。

以前と今の違いをあげてみますと、

「うるさいです」が「うっせー!」
「凄いです」が「すげえ!」
「臭いです」が「くせー!」

私が使うから覚えたのでしょうが、妻は、

「日本の女性も使いますよ。私はいつも聞きますよ~!」

と言います。

確かに日本の女性の言葉が、くだけた場面において男性化してきているのは確かです。
テレビのバラエティ番組などはひどいものですし。

妻には変な影響を受けずに、綺麗な言葉を使ってもらいたいものです。
せめて日本語能力試験N2に合格するまでは。

さすがに「ざます」とか「あそばせ」は勘弁ですが。

私も妻の前では言葉遣いに気を付けないと。






Last updated  2010.08.05 19:59:58
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.05
カテゴリ:日本語
昨日妻は日本語能力試験(N3)を受験したわけですが、分からなかった問題を思い出してはくよくよしています。

「間違えましたよ~。駄目です~!」
「落ちましたよ~。また受験します。はぁ~~。」

溜息なんかついて嘆いています。

別に満点取る必要は無いのですからそんなに嘆かなくてもいいですし、6割で合格ですので大丈夫だと思うのですが。

今回の結果は9月にわかります。
随分と待たされるわけでして、その間の勉強のモチベーションを保てれば良いのですが。

合格したらおだてて、来年はN2にチャレンジです。
さすがに今年の12月にN2は無謀ですので。

まあ何はともあれ、お疲れ様でした。







Last updated  2010.07.05 17:59:51
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全75件 (75件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.