903259 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

サイゴンから来た妻

PR

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

私の家族

2019.05.08
XML
カテゴリ:私の家族
ゴールデンウィークは何日か、妻と共に私の実家へ行きました。
それに合わせて弟家族が来てくれて、久しぶりに姪に会うことができました。
高校に進学したばかりでしたが、既に学校生活を楽しんでいるとのこと。
伝統高ですので、イベントは多くそして盛り上がるそうです。

色々と話を出来て楽しかったのですが、その中で驚いたのが姪が独唱をしている動画を見せて貰った時です。
朗々たる声量に驚きました。
姪が色々と稽古事をしているのは知っていましたが、声楽も学んでいたそうです。

その声量を生かせる部活を選んだとのこと。
高校時代部活をしなかった(朝夕2.5キロずつ全員が走らされる高校でしたので、部活をする気になれませんでした)ので、嬉しそうに語る姪が羨ましく感じてしまいます。

そして、卒業後の進路を見失わない程度に頑張れと余計な思いが浮かんできますが、三年後にどのように成長しているか、楽しみでもあります。

まあ二度と訪れないであろう高校生活3年間、充実した生活を送って欲しいものです。






Last updated  2019.05.08 19:23:59
コメント(0) | コメントを書く


2019.03.08
カテゴリ:私の家族
今日は姪の第一志望高校の合格発表がありました。
結果は見事に合格です。
県内トップの名門女子校に、母娘二代続けての合格となったようです。

私の高校入試は無残な結果だったので偉そうなことは言いにくいのですがが、
勉強しないで行ける高校へ進学することを選択した弟(姪の父)には、とても過ぎた娘だと思います。
妻である義妹の熱心さと本人の努力のおかげでしょう。
絶対に私の弟は、
「どこでも行けるところでいいんじゃないの~」
と、言っていたはずですから。

まあ、とにかく合格してよかったし、おめでとうと言いたいです(電話で言いました)。
早く会ってお祝いをしたいものです。






Last updated  2019.03.08 20:30:28
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.26
カテゴリ:私の家族
明後日は埼玉県の公立高校入学試験です。
私の姪もいよいよ本番となります。

私が高校受験をしてから早35年。
受かりたかったのですが、落ちました。
父親から二次試験で県立へ行けと言われました。
それを拒否して選んだ我が母校。

大学受験の結果は、第一志望の高校に行っていたとしても、同じような結果だったかなというものでした。
しかし父に二次試験で行けと言われた高校だったら、まず無理でした。

つまり姪に言いたいのは、今回の結果がどうあれ自分で選んだ進路ならば、その後は何とかなるのではということ。
気楽に臨んでください。






Last updated  2019.02.26 18:51:18
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.13
カテゴリ:私の家族
2月も中旬となり、受験シーズン真っ盛りです。

中学受験はほとんど終わって様ですが、高校受験は都内の多くの国立高校の受験日が今日ですし、有名私立高校入試日は2月10日の週(つまり今週)となっています。
そして都立高校の入試は来週、私の故郷埼玉県の公立入試は再来週です。
また、大学受験は国立大学の2次試験が2月末に始まりますので、それまで私立大学の入試が続きます。

つまり受験生の、皆様ご苦労様ですと言いたくなるのが、まさに今です。

私の実の姪も高校受験の真最中です。
どのような結果になるかは分かりません。
しかし、充実した高校生活を送れるような高校に進学して貰えたらと願っています。






Last updated  2019.02.13 18:55:09
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.17
カテゴリ:私の家族
妻の弟が、婚約者の父の法事に行くそうです。

「弟は行きたくないと言っていました~!」

何故と聞いたところ、お酒を凄く飲む人、飲まない人、種類に拘る人。
色々と面倒だからだそうです。

ふ~む。
法事の後に宴会となるのは日越共通のようです。
お坊さんが加わるのか興味のあるところですが、日本の法事に参加した妻が僧が酒を飲むのかと不思議そうでしたので、恐らくそれは無いのでしょう。

しかし、生臭坊主はベトナムにもたくさんいるとのことで、裏ではかなり自由な振る舞いをしているようです。

まあ、あの小乗仏教で厳しそうなタイでも、高僧の生臭がスキャンダルになっていたことがあります。
やはり煩悩に打ち勝つのは、並大抵なことではできないようです。

話がそれてしまいましたが、義弟にはそつなく法事をこなし、来年の結婚に向けて色々と厄介な姻族関係を上手くやって欲しいものです






Last updated  2018.09.17 11:15:04
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.10
カテゴリ:私の家族
高齢者の年齢について書くのは、不吉だと言われてしまうかもしれませんが。

私の両親は76歳となりました。
しかし健康で足腰も充分。
ゴルフをしたり、旅行に出かけたりして結構なことです。

私の祖父母の世代に比べると、考えられないほど元気です。

母方の祖父母は私が生まれる前に他界。
義理の祖父母(母にとっての継父、継母)も既に他界。
父方の祖父も私が幼稚園児の頃に他界。
見事なまでに短命です。

しかし、ただ一人残った父方の祖母が今年100歳となりました。
もうボケてはしまっているものの、食欲も人並み以上で元気そのものとのこと。
そのエネルギーを両親は貰っているのでしょう。

5年くらい前に父が膵臓癌の疑いで入院した時には、やはりと覚悟したものでしたが癌ではなく、無事に回復となりました。
長命のフラグが立ったのかもしれません。

母も20年くらい前に子宮癌の疑いで手術。
早めの処置のおかげか、今も全く元気な状態です。

そして今年は二人の結婚50年、つまり金婚式となるわけですが、私の方も色々とバタバタしていまして、どのように祝うか、弟たちと相談ができていません。
妻はずっとそれを気にしています。

さて、どうしようかな。






Last updated  2017.10.10 18:20:06
コメント(0) | コメントを書く
2017.08.04
カテゴリ:私の家族
義妹は一週間後にまた我が家へやってきます。

前回は東京駅まで私が迎えに行きました。
今回は最寄り駅で待っていて下さいとのこと。

それはそれで少し心配になりますが、しっかり者の義妹ですので大丈夫でしょう。
日本語も話せますし。

どこに連れていくかは全く決めていません。
日帰りで私の実家に行くことは、妻が考えているようですが。

35度を超えるような猛暑にならなければと思います。
有名な場所はどこに行っても大混雑なのは確実なので、去年義妹が来日したときに、はとバスの都内観光をしておいて良かったです。
この時期に浅草やらスカイツリーやらに行く気は起きませんので。

取りあえずは地元商店街のサマーフェスタがいいかなと、今ひらめきました。
そのようなローカルな場所や催しを探していこうと思います。






Last updated  2017.08.04 18:36:58
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.02
カテゴリ:私の家族
私の父方の祖母がもうすぐ100歳となります。

以前に書いたかもしれませんが、母方の祖父母は私が生まれる前に他界。
父方の祖父は私が幼少時に他界。

母方の再婚による、私とは血のつながらない祖父母もとっくに他界。

ということで私にとっての祖父母というのは、今も健在な父方の祖母が記憶の大部分になります。
まあ、私にとって正月のお年玉以外は、あまり良い記憶もないのですが。

そんなことを言ってはいけませんね。

ベトナム人の妻には信じられないくらいの長寿。
妻は祖母がまだ80代半ばの頃に初めて会ってから、悪い印象を受けたことは無いと思います。
ですので、もうすぐ100歳になることをやたらと気にかけています。

「何をしてお祝いしますか~!」

今では施設から外に行くことは難しいですので、記念写真くらいでしょうか。

今年は両親の金婚式もあります。
平穏無事に迎えられればと思います。






Last updated  2017.03.02 18:51:03
コメント(0) | コメントを書く
2015.03.12
カテゴリ:私の家族
私の末弟が30代後半にして長距離走に目覚め、最近ハーフマラソンに出場したそうです。
そのタイムを昨日私の父から聞いたのですが、何と1時間33分台とのこと。

私は高校時代に文武両道の名目のもと、毎日5キロを走りさせられていました。
今では色々と事情がありそのようなことは無くなったようですが。

冬に行われる校内長距離走は20キロでした。
その前の体育の時間は10キロを走るというもの。

そのような若くて体の全盛期に私が出したタイムが20キロを1時間30分。
正確なタイムは忘れてしまいましたが、学年で30番くらい(同学年310人でした)だったのは確かです。
優勝タイムは1時間14分台だったでしょうか。

弟の出したタイムは私の全盛期に匹敵するか、上回るものです。
そう考えると、40歳近いのにそのようなタイムを出すとは驚嘆するばかりです。

長男として、弟に負けているのは非常に嫌なのですが、年齢もありどこまでせまれるか。
まずはダイエットの毎日です。

ちなみに次弟はマッチョです。筋力では絶対に勝てません。

何かで長男の威厳を見せないと。

「あなたは口だけでできませんですよ~!」

脇から妻の言葉です。

うるさいですね。






Last updated  2015.03.12 17:26:24
コメント(0) | コメントを書く
2013.05.08
カテゴリ:私の家族
義弟の長男が今日幼稚園を卒業したそうです。

去年ベトナムで初めて会ったのですが、最初から懐いてくれたかわいい子です。

義母によく躾けられていて、わがままも叱られるとすぐに改めます。

我儘放題に育てられているベトナム人の子供ばかり見てきたので(日本も増えているので、妻に言ったら怒られそうです)、ベトナム人離れしている感じがします。

ベトナムは欧米流にこれから夏休みとなり、9月に小学校入学です。

勉強も嫌いじゃないようで、この先の成長が期待できます。

将来一緒に飲めるようになるのが楽しみです。
私がそのときまで健康でいられるかが問題ですが。






Last updated  2013.05.08 18:03:51
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全45件 (45件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.