904130 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

サイゴンから来た妻

PR

Profile


Takeshi9856

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Favorite Blog

ぎょぎょブログ ~g… ぎょぎょ23さん

Comments

Takeshi9856@ Re[1]:妻が料理を失敗(09/06) ぐっしーさん、こんにちは。 ゴーヤは妻…
ぐっしー@ Re:妻が料理を失敗(09/06) いつも読ませて頂いてます。 うちの奥さん…
ゆきこ@ 日本にとって大切な参院選 初めまして、こちらのブログとは場違いな…
Takeshi9856@ Re[1]:仕事が変わるわけですが(05/23) ベトナム彼女はラーメンがお好きさん、こ…
Takeshi9856@ Re[1]:蒸し暑さ再び(08/21) ベトナム彼女はラーメンがお好きさん、こ…

全7件 (7件中 1-7件目)

1

英語

2016.07.14
XML
カテゴリ:英語
会社でTOEICを受けてきました。
最後に会社で受けてからは15年以上経ちます。

ちなみに会社で受けるのは団体受験(過去問が出題)のため、公的な資格にはなりません。
ということを言い訳にして、会社でのTOEICは受験しませんでした。

しかし、公開試験(これは資格になります)を受けたのも十数年前の2回だけです。
まあ、その時は本気で転職を考えていましたのが理由ですが。

・・・

その頃の最高スコアが自分の前に立ちはだかっています。

それからも海外関係の仕事は続き、挙句ベトナムに駐在、そしてベトナム人と結婚。
仕事は英語ですし、妻との会話も結婚前は英語でした。

帰任直後にTOEICを受ければ良かったと後悔しています。
多分最高点を更新できたことでしょう。

それが今では妻との会話は日本語。
仕事で英語を使うことは無し。

今回のTOEIC受験で自分の英語力低下に愕然となりました。

幸いなことに、リスニングはこれまでで最高の手応えだったのですが、リーディングが壊滅。
速読が全くできませんでした。

英文を仕事で読む機会が無くなって9年。
これ程読むスピードが遅くなるとは。
決して単語の意味が分からないわけではありません。

これはショックでした。
ですがTOEICをまた受験するという、モチベーションになりました。

あとはこの気持ちをいつまで持ち続けることが出来るかということですが。







Last updated  2016.07.15 19:06:41
コメント(0) | コメントを書く


2016.07.07
カテゴリ:英語
耳が痛いです。

妻に小言を言われてとかの比喩ではなく、耳の内部そのものが痛いです。

英語教材をイヤホーンで聞きすぎたためでしょう。

とは言え、ここ一週間の平均で一日当たり一時間くらいしか聞いていません。
これまであまりイヤホーン使わない人生を過ごしてからなのでしょうか。

ちなみに妻は出かけるときには良く音楽を聴いています。
iPhoneだけではなく、かなり前に勝ったiPod nanoも現役で活躍しています。
それくらいイヤホーンを使っているにも関わらず、妻の耳には問題がありません。

うらやましい限りです。

しかし否応なしに受験日は近づいてきています。
自宅でPCで追い込みをかけるしかなさそうです。

まあ、今更足掻いても仕方ないような気もしますが。







Last updated  2016.07.07 18:48:48
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.25
カテゴリ:英語
会社の方針で復職するなりTOEICを受験することになったと、1週間くらい前の日記に書きました。
その後忘れていたのですが、受験は7月。
さすがに焦りはじめ、3日くらい前から勉強を始めました。

これまでTOEICだけに絞った勉強をしたことはありません。
テクニックで点数を取っても仕方がないと思っていました。
それでも会社が従業員に対して目標と設定した点数は余裕で超えていました。
ベトナムで働く前には、海外業務従事者の目標点数もクリアしており、語学研修も免除されました。

それから10数年。
休職もはさみ、自分の英語力には全く自信がありません。

国際結婚をしたにもかかわらず、妻が日本語話せることで、ベトナム語どころか英語もおろそかになっていました。
そのような状態ですが、以前使った教材で英語の勉強を始めました。

やはり何度も聞いていたからか、けっこう聞き取ることができます。
しかし意味を覚えていから分かるというだけで、細部を聞き取れていません。
これがブランクの影響なのでしょう。

何度も聞き直し、どこまで回復できるか、悪あがきをしてみたいと思います。







Last updated  2016.06.25 17:08:49
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.15
カテゴリ:英語
TOEICを受けることになりました。
これは会社の方針とのことで、逃げようがありません。

私は海外駐在を経験し、しかも妻は外国人。
高得点で当たり前と思われている可能性があります。

しかし、駐在先はベトナム。
ベトナム人とお互いに訛った英語での会話。
私の発音もひどかったと思いますが、ベトナム人スタッフの発音もひどいもの。
それをお互いに通じさせるためのブロークンイングリッシュ。
駐在した結果、英語力は下がったのではというのが、帰国時の感想です。

その後は色々な国内業務経たのちに、休職。

休職期間中を含み、英文を読む機会はつくる努力をしていたのですが、会話は皆無。
妻との会話は日本語ですし(これについては妻が頑張ったとしか言いようがありません)。

まあ、言い訳ばかりしていても仕方無いので、少しは足掻いてみたいと思います。

果たして何点取れることやら。







Last updated  2016.06.15 19:08:35
コメント(0) | コメントを書く
2013.09.02
カテゴリ:英語
もう何年も仕事で英語を使っていません。

そのため、英語力が落ちてきているようです。

とくにアウトプットが上手くできません。

読むのと聞くのは日ごろからネットを通じて触れる機会があるのですが、書くのと話すのはほとんど行う機会がありません。

そのため咄嗟に言葉が出てこなくなりました。

「あなたは英語もベトナム語も駄目ですね~!」

と、妻。

日本語で生活することにすっかり自信を持った妻からは馬鹿にされてしまいます。

英語を使った仕事に移りたいものです。






Last updated  2013.09.02 15:50:35
コメント(0) | コメントを書く
2013.04.02
カテゴリ:英語
よく英語力を示すのに、日常会話レベルとビジネスレベルという言葉があります。

一般的に日常レベルの方が下にみられています。

しかし日常会話というのは簡単でしょうか?
そのようなことはないと思います。

日常の会話には、色々な場面における色々な表現があります。
覚えるべき言葉は非常にたくさんあります。
俗語や省略語もたくさんあります。

ところが仕事で使う英語は限られています。
その分野に絞られますので。

もちろん契約書とかを交わす場面では正確な英語が必要になることでしょう。
ですが、技術的な会話の場面ではそれほど複雑な表現はありません。
簡易な方が良いほどです。

今の私の目標は英語で日常会話が出来ることです。
英語を使って仕事をしていたのですが、日常生活では魚や野菜の名前を満足に言えませんので。
妻の日本語の方が相当上です。

それくらいを目指して頑張りたいと思います。






Last updated  2013.04.02 19:38:24
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.19
カテゴリ:英語
会社の同僚が言っていたのですが、今は小学校3年から英語の授業が始まるのですね。

週1時間で遊びのようなものと言っていましたが。

それとも英語教育の導入には地域差があるのでしょうか。

ところでベトナムはと言いますと、基本的には中学生からだそうです。
しかし小学校でも教えているところはあるようです。

ただ、学校教育だけだと日本もそうですが、発音がお粗末になります。
妻は英語学校でも勉強したらしく、初めて会った時にはその発音に、ベトナム語訛りをあまり感じられなかったことを覚えています。

しかし、妻が日本語学習にシフトしてからは、段々ベトナム語訛りが出るようになりました。
国際電話でも段々聞き取り難くなっていきました。

そして今では立派なベトナム式英語発音の使い手になってしまいました。
語尾の子音の発音が全く聞こえないか、出鱈目です。

「私はもう英語を忘れてしまいましたよ~!」

と、妻は嘆いています。

最近私が英語をCDで勉強していると、一緒に発音をするようになりました。
私の発音は立派なジャングリッシュでして、語尾の子音の発音が強すぎです。
従いまして、妻とは相手の発音について、文句を言い合うことになります。

「あなたの発音は変ですよ!」

私の発音を強調して繰り返しながら主張します。
しかし、私から言わせるとお互い様です。

まあ、頑張って発音を矯正していきたいと思います。

二人で指摘しあえば良くなっていくことでしょう。






Last updated  2010.05.19 19:22:58
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.