425301 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「まにゃ。の日常」

PR

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

食育。食べ物のことを考える。子育て。

May 25, 2012
XML
分かりやすくまとめておられるので
『散歩好きの絵描き
35年間の介護生活を終えました。』
というサイトさんから転載させて頂きます。


2011年6月13日 (月)
NHKスペシャル、長寿の元サーチュイン遺伝子は食事制限かレスベラトールで活性化する。11年6月12日
NHKスペシャルでの長寿達成法は意外に簡単だった。40代~60代の被験者4人での実証実験では30パーセント減らした食事を3~7週間続けただけで、長寿を担っているサーチュイン遺伝子が目覚めて働き始めた。飽食の現代人のサーチュイン遺伝子は殆ど休眠中で、その結果、老化が進行する。しかし、飢餓状態になると目覚め、細胞中のミトコンドリアを活性化させてエネルギー効率を高める。更に、活性酸素の害を防ぎ、免疫力低下、動脈硬化、高血糖、惚け、骨粗鬆症、脱毛白髪等の老化症状を防ぎ改善して、美肌と持久力と抗がん作用を高める。

サーチュイン遺伝子は動物の長い飢餓の歴史の中で、飢餓対策として生まれたものだ。その働きは遺伝子の長寿に関わる箇所を選び出して元気づける。100歳以上の元気な老人の調査では、いずれも若い頃から小食でサーチュイン遺伝子の働きが活発だった。これは人類渇望の夢の遺伝子である。更に注目すべきは遺伝子損傷の修復能力で、今、福島で問題になっている放射線被曝への抵抗力も期待できる。

「腹八分は健康長寿のもと」は本当だったようだ。番組では米国の大学で20年ほど飼われている猿集団の比較実験が紹介された。人間での70歳相当の猿二頭での比較では、飽食の猿は毛が抜けシワがより見るからに老いていた。対して食事30%減の猿は毛ツヤは良く、肌も張りがあって元気で若々しかった。更に、脳の断層写真でも萎縮はなく、記憶力も良く、持久力も優れていた。実験では40%減食が一番サーチュイン遺伝子の増加が見られたが、それでは挫折する可能性が高く現実的ではない。臨床実験では、一般では25%減が良いとされていた。

実験結果は私の体験でも納得できる。30代に肺ガンの精密検査を受けた時、医師に血糖値が高いと言われた。アドレナリン過多状態で一過性に高くなったものだが、糖尿の素質があると思ってそれからは減食と運動に気をつけた。しかし、去年、母との死別後に節制が緩くなり、更に胆石と鼠径ヘルニアの手術を続けて受け、そのストレスをきっかけに血糖値が上昇した。それからは徹底して食事制限をしたので、今は血糖値は正常値に落ち着いている。

最近、6月10日金曜から土曜午後まで31時間連続で絵を描いて締め切りに間に合わせたが、疲労はまったく残っていない。番組を見ながら、66歳の今も体力を保てるのは、食事制限でサーチュイン遺伝子が活性化しているからかもしれない、と思った。但し、成長期の子供、妊婦、元々食が細くて栄養不足の老人や女性には減食は適応できない。

減食ではなく薬物でサーチュイン遺伝子を活性化させる方法も紹介していた。薬品名はレスベラトールで、1939年に北大の高岡道夫氏が有毒なバイケイソウから発見した。動物実験では、長寿、抗炎症、抗癌、血糖降下、放射線障害抑止などの効果が確認されている。殊に、放射性物質に汚染された日本では放射線障害抑止作用は注目されそうだ。減食ができない成長期の子供には二重の朗報だ。

米国では、イタドリから抽出されたレスベラトールを含有するサプリメントが大ヒットしている。価格は1月分2~3000円ほどだが、日本ではイタドリ由来のレスベラトールは未承認薬となっている。ちなみに、欧米のイタドリは日本産が観賞用に輸入され、クズと同じように爆発的に野生化して有害植物とされている。身近な食品ではブドウや葡萄酒に少量含まれている。含有サプリメントが輸入販売されているが、レスベラトールは不安定でサプリメントによって効力に大きな差があるので注意が必要だ。

レスベラトールを毎日服用すれば、食事制限なしでサーチュイン遺伝子を活性化できる。レスベラトールと同様の薬品が次々と開発されれば平均寿命100歳の実現は近い。元気な老人が増えれば医療福祉費が削減され、少子高齢化社会の朗報になる。

現在、レスベラトールと同じようにサーチュイン遺伝子を活性化する薬品が合成され臨床実験に入っている。その一つがSRT3025で、レスベラトールの1000倍の活性化力が確認されている。同様の薬品は世界中の製薬メーカーが開発競争中で、近いうちに国内でも信頼性の高い薬が発売されそうだ。もし実現したら、糖尿病等を始め、老化により引き起こされる殆どの病気が治る可能性がある。

上記の研究結果に対して、否定する意見があることを終わりに併記する。
過去の研究ではサーチュイン遺伝子がレスベラトールによって活性化されるとされていた。しかし、ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジの研究チームの英科学誌ネイチャーへの発表によると、その研究結果は否定されている。

その一方、食事制限で寿命が延びること自体は否定されていない。スイス連邦工科大学研究者のネイチャーへの発表では、サーチュイン遺伝子の寿命延長効果に疑問を呈する一方で、健康上の利点を述べている。たとえば、マウスなどの哺乳類を、加齢関連の疾病による代謝ダメージから守る効果は間違いなくある。加齢による衰えを遅らせ、先天性・後天性の病気の治療として有望であることに変わりない。言い換えると、サーチュイン遺伝子が直接に寿命を延ばす効果はないとしても、食べ過ぎによって身体が受けるストレスを緩和する効果があることは間違いない。要約すれば、レスベラトールには疑問符がつくかもしれないが、腹八分目が健康効の元、はどの研究でも評価されている。








Last updated  May 25, 2012 01:28:54 PM
コメント(0) | コメントを書く
May 6, 2012
知り合いの食育指導士さんからの衝撃的な情報です。


男子60人中58人が奇形精子(なんと卵子も同じ割合で奇形であった)

原因は8割の人がカップラーメン、ハンバーガー、コーラを常食していた



・高校生の生活習慣病予備軍が40%越え

・中・高校生の認知症も出現

・なんと小学校1年生で子宮ガン、子宮全摘出手術を受けた
 原因はカップラーメン、コンビニ食である



巷にはインスタント食品が溢れ、手を煩わすことなく

お湯を注ぐだけで食べることができ

簡単に空腹を満たしてくれる。

でもそれにはカロリーはあっても

身体に必要なミネラルも何も残っていない

空っぽのエネルギー

簡単なインスタントの食事では命は繋ぐことは出来ません。



現在も低年齢化の進む(食)生活習慣病。

インスタント食品の発売された昭和35年頃から

現在の親となる世代が化学物質を身体に溜め込み始めて。。。

その影響が子供にアトピーや花粉症、

喘息などのアレルギー症状として表れて

その影響が精子や卵子にも表面化。。。

不妊で悩む人が多い理由もこれで分かりましたね。








Last updated  May 7, 2012 10:32:35 AM
コメント(2) | コメントを書く
May 3, 2012

玄米菜食一年生の自分もまだまだですが。。。

家族の命を守るには食事の用意に手間を掛けること、それが一番だと思います。

今はお金を払えば何でも買えるし

便利な時短グッズなどいくらでも溢れています。

電子レンジは温めのみでなく

シリコン容器で料理まで簡単に出来てしまいます。

でも・・電子レンジは電磁波の害がありますから

便利と引き換えに命の危険があるのですよね。。。

そう言いつつも今使っているパソコンも電磁波の危険が。。。

なるべく長い時間は遣わないように気をつけなければですね。


先ずは料理の手間。

自分も手間の大切さに気付く前はアミノ酸無添加の

生協などの鰹風味だしの素を使っていました。

でもマクロビオティックを学んでからは

昆布、干し椎茸からきちんとだしを取る様にしています。

玄米ご飯の大切な相棒の味噌汁のだしは体調や季節に合わせて

昆布だしと椎茸だしの割合を変えるのも重要です。








Last updated  May 3, 2012 10:38:14 AM
コメント(4) | コメントを書く
April 20, 2012
■胃腸に非常に負担をかけるため疲れやすくなる(腸内で腐敗・異常発酵した毒素や活性酸素を解毒しようと肝臓や腎臓で大量のエネルギーやミネラルが消費される)
■体内が酸性に傾く(中和するために多量のカルシウムが骨や歯から使われる→牛乳を飲むと逆に骨が弱くなり骨折や骨粗鬆症を発症しやすくなる)
■アレルギー体質を作り出す(血液の中に入った異種タンパクはアレルギー反応の原因となる)
■ホルモン異常が起こる(動物性脂肪は男性ホルモンの分泌を増やすために体臭がきつくなり毛深くなるが頭髪は薄くなる。また、家畜に投与された成長ホルモンの影響による子供の早熟化も問題となっている)
■精神面にも悪影響(肉食中心の人は感情の起伏が激しい傾向にあり攻撃的になりやすいという報告もある。栄養バランスの崩れ・カルシウムやミネラルの欠乏・交感神経優位型による自律神経の乱れなどから精神は不安定になりやすい)

肉食が地球を滅ぼす!?

昨今、環境問題が盛んに取り沙汰され多くのスーパーではレジ袋が使われなくなり、環境問題に関心のある人たちも増えてきました。しかし人々は相変わらずエコバックの中に平気で肉を放り込んでいます…誰もその行為がエコロジーとは全くかけ離れたものだということに、気づいていないのです。肉食が私たち人間にもたらすものは、なにも自身の健康問題に限ったことではありません。今、世界や地球規模で起こっている現実に目を向けてください…

■■■ 食糧問題
世界で生産される多くの穀類が、私たち人間ではなく家畜に食べさせるために使われていることを知っていますか?肉を生産するためには、動物を肥育するための莫大な飼料(エサ)が必要です。たとえば、牛肉1kgを生産するためにはその10倍もの穀物が必要になるのです。そのまま人間が食べることのできる穀物を動物に与え、その動物を人間が食べる…このような間接消費はあまりにも非効率的な生産方法であり、穀物をそれだけ無駄に消費しているということになります。その量は世界の穀物生産量のうち半分近くを占め、残りの穀物は優先的に欧米や日本など経済的に豊かな国に届けられるために貧しい国の人たちには十分な量の穀物が行き渡りません。世界の穀物総生産高は、地球の人口を養うのに十分な量を生産できていますが、本来食べられるべきであるその穀物の半分をも先進国は飼料として独占しているのです。

また、発展途上国では耕地の大部分を先進国に輸出する目的で使用しており、自国で生産された穀物のほとんどが輸出に回され、現地に住む人々の口には入りません。先進国の食生活を支えるために、数多くの人々が飢えや貧困を強いられています。穀物の需要は先進国に住む私たちが肉を食べれば食べるほど高まるので、そうなるとさらに農地からは穀物が奪われ、人々は飢えに苦しむ結果となります(肉の生産には穀物のほかに驚くほどの水も多用され、世界の水不足に拍車を掛けています。畜産に使われる水の量は、農作物に使用される水とは比較にならないほどその消費は膨大なものです)

■■■ 環境問題
放牧地や飼料となる穀物を作るために、アマゾンでは既に40%にも及ぶ総面積もの熱帯林が焼き払われ、そこに生息していた昆虫・鳥・哺乳類など多種にわたる野生動物たちがその犠牲となりました。畜産が環境に及ぼす影響には計り知れないものがあります。環境問題に関する研究が進むにつれて、肉食はほぼすべての主要な環境被害を引き起こすことが明らかとなりました。食肉生産にはあらゆる工程で莫大な燃料が消費され、それに伴い多量の二酸化炭素が排出されています。さらにその二酸化炭素よりも24倍強力なメタンガスを膨大な数の家畜が毎日放出し、大量の糞尿は土壌や水質の汚染まで引き起こしています(畜産業は、世界中の車を含めた交通機関よりも多くの温室効果ガスを産出している!)このことは国連の調査においても明確に示されており、環境破壊の主要原因の一つとして「肉食」が指摘されています。

《-DATA-》・二酸化炭素の排出量(平均的な車を一日運転すると‥3kg/ハンバーガー1個分の牛肉の生産に必要なコスタリカの熱帯雨林を伐採して焼き払うと‥75kg)・メタン排出量の21%が畜産業に起因している(反芻動物のゲップ・・・16% 家畜の糞尿・・・5%)・1kgの牛肉のために使われるエネルギーは、約8リットルのガソリンに相当する

■■■ これからの課題
食糧難や環境の問題は、日本に住む私たちからするとあまり実感がわかないものかもしれません。しかし、環境破壊は勿論のこと世界の資源枯渇はまさに自分たち自身の食糧問題だといえるのです。あなたは日本の食料自給率を知っていますか?(食料自給率とは日本人が食べている食料を国内で賄える割合です)他国と日本の食料自給率を比較してみると…

主要国の自給率(2003年)▽豪州237%▽カナダ145%▽米国128% ▽フランス122%▽ドイツ84%▽英国70%▽日本40%

であり、先進国の中でも極めて最低な数字を示しています。食料事情がここまで破綻しているのに私たちが食べ物に困らないのは、そのほとんどを他国から買い付け、輸入しているからです。日本の食糧自給率が低い原因は、私たちの食生活にありました。日本の農業は米を中心としたものですが、食の多様化が進み、現代は肉やパン(小麦)といった輸入に頼らざるを得ない食品が好まれる傾向にあります。国内の畜産業を支える飼料(穀物)のほぼ全ては輸入であり、国産の肉を食べても自給率を上げることにはなりません(他国から輸入した穀物を飼料として消費していることになり、自給率を下げる結果となってしまう) もはや輸入なくては成り立たない日本という国で、今も私たちは肉食を続けています。中国やインドといった国でも肉食が増加傾向にあり、今後、資源の枯渇は更に現実味を帯びたものとなることでしょう。そして食糧危機に陥った時、先進諸国で一番真っ先に打撃を受けるのは紛れもなく私たちの住む「日本」です。現実に、自国の消費を優先するため輸出規制を行う国々が出始めています。食糧価格の高騰、そして世界各国の輸出規制に止まらず、一切の輸出を禁止する日もそう遠くはないかもしれません。そうなると私たち日本人も「飢え」の時代を迎えることになります。

(農林水産省はこの事態に備え、「不測時の食料安全保障マニュアル」まで策定している。その中身はいも類等の熱量効率の高い作物に生産転換することで最低限必要な熱量を確保するというもの。その食事内容は現在と全く掛け離れたものであり、朝食を例にするとごはん茶碗一杯分/粉吹きいも一皿/ぬか漬け一皿といった具合で昭和20年代後半の食事に近い)

誰もが消費者である以上、賢い買い物を心掛けることが大切であることは言うまでもありません。私たちの未来は「何を食べるのか」という消費者一人一人の選択に委ねられています。









Last updated  April 20, 2012 02:56:37 PM
コメント(2) | コメントを書く
「肉は良質のたんぱく質を多く含み、スタミナ源になる」・・・
高度経済成長期と共に生まれた肉食信仰により、
現在日本人の肉類の摂取量は欧米人とほぼ変わらないレベルにまで増加しました。

確かに試験管の中で分析してみれば、
肉類には動物性たんぱく質などの栄養分が豊富なのですが、
残念ながらそれらが体内ですべて「良い栄養」になるとは限りません。
それどころか、人間の体内は肉が腐るのに絶好の環境であることを
覚えておかなければならないのです。
特に、農耕民族である日本人は狩猟民族である欧米人より腸が長いので、
摂取した肉が長時間体内に残留し、
うまく消化されない分はそのまま腸内で腐ってしまうのです。

腸内で腐った肉そのものは、
やがて便となり体外に排出されるものの、
腐敗段階で発生する毒素は体内(血液中)に残ってしまうことがあります。
日常的に肉食中心であれば、それがどんどん蓄積していることにもなります。
肉の腐敗産物には、アミン・アンモニア・硫化水素
フェノール・インドール・スカトールなどがあり、
これらが腸壁から吸収されて血管内に入ると、
血液を汚してからだの諸器官に異変を起こさせ、
アレルギーやガンなどの原因になってしまうというわけなのです。
(便秘がちな人や、便やおならの匂いが強い方は特に注意が必要です)

また、動物性脂肪を摂取しすぎると、
体内にコレステロールが溜まりやすいということにも問題があります。
特に加熱したコレステロールはアントラセン系物質という発ガン物質に変わります。
赤身の肉には脂肪が少ないという定説もありますが、
じつは赤身の肉にも動物性脂肪はたっぷり含まれているのです。

さらに、現代社会では食品添加物の害がさまざまに言及されていますが、
食肉も例外ではありません
市場に出回っている食肉は見るからに鮮やかな色をして食欲をそそりますが、
それは発色剤という添加物の仕業です。

発色剤は生肉を変色させないために使われるもので、
成分には亜硝酸塩が含まれていますが、
これは肉から酸素を追い出してしまう有害な物質で、
体内で他の物質と結合して発ガン物質に変える性質を持っています。
なかでも前述したアミンという物質は、
消化器官の中に存在する硝酸塩と反応すると、
ニトロソアミンという強い発ガン性物質に変わる危険性があるため、
本来アミンと硝酸塩は人間の体内で絶対に出会ってはならない仲なのです。








Last updated  April 20, 2012 01:09:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
テーマ:白砂糖の害(10)
鹿児島大学医学部研究チームが約200症例の重症アトピー患者を調査。

「砂糖や脂肪など過剰摂取あり、そしてこれらの代謝能力が落ちている」

「アトピーの原因のひとつの活性酸素を除去する酵素の働きが弱い」

そこで、砂糖・卵・牛乳・植物油・肉類を控え野菜魚を食べるように食事指導

さらにビタミンなどを補給。3~5ヶ月で症状は全員劇的に改善。

すなわち、砂糖等の過食が、体内の活性酸素の過剰をもたらし、それがアトピー、

炎症などを引き起こしているのです。そしてその酸性体質は

老化や免疫機能の低下、発ガン、

さらに様々な病気の引きがねとなっていくのです。








Last updated  April 20, 2012 12:45:13 PM
コメント(0) | コメントを書く
February 25, 2012
部活動についての確認事項があるから…とか

行事の為の椅子並べだから体育館に集まれ…とか

娘の高校では何かというと昼食の時間が削られます。


家では朝はよもぎ粉入り緑茶と葛練りのみでプチ断食をしているし
お昼用に玄米おにぎりを持っていっている娘には
よく噛む時間も取れず。。それで体調を崩すこと
(アトピーの痒みを克服したとはいえ
まだ胃腸や肝臓が弱いので)も多く感じます。

高校ではたかがお昼の10分20分削ったところで
何の影響もない。。とでも思っているのでしょうが…。

周りを見回してもさっさと食べ終えてしまう人が多いとか
白米食やパン食だから噛む時間も必要ないのでしょうね。

「身体は食べ物でしか作られない」
「命を繋いで行くのは食べ物」なのだから
食事の時間(内容)はとても大切です。

世間の優先順位は仕事や学業が一番で
食事がのんびりな人は仕事が遅いとか出来ないとか
そんなイメージも定着しているような。。。

それでも最近は午後の学習効率を上げるために
15分のお昼寝を取り入れる学校も出てきているというのに
簡単にお昼の時間を削ってしまうというのはどうなのでしょうか。。。










Last updated  February 27, 2012 12:51:52 PM
コメント(4) | コメントを書く
February 13, 2012
何でも大雑把で三日坊主な私と違って

娘は毎日やると決めたこと・・肌のお手入れ、足のマッサージなどなど・・

きちんと続けることが出来るので

MBTのシューズを買ってからも

上手に履く為のトレーニングを毎日続けて頑張ってきました。

アトピーの痒みを克服した後

排出効果の為に娘はかなり体重が落ちてしまい

ふっくらとした女の子の体型に戻したいと

本やネットから様々な情報を集めて

これはどうか?こっちならいいのか?・・と

懸命に試してきました。

それでも1キロ増えたと思ったら・・また減って・・

その繰り返しでなかなか増えず。。。

昨日はトレーニングの負担が出たのか

何か栄養素が不足なのか・・・

左足の膝が急に痛いと言って

「こんなに頑張っているのに・・どうして???」

と泣き出してしまいました。。。

食事で出来ることはなるべくやってきたつもりの私には

かける言葉も無く・・ただ背中をさすってあげるしかできませんでした・・・


少し横になった後

なんとか気を取り直してまたMBTシューズを履いてトレーニング

娘のリクエストで食箋ではなくおかずきんぴら

「玄米ごはんと野菜のおかず」の中から

酢麩太(車麩の酢豚風)を車麩無しで^^;

それと長葱と若布の味噌汁を作って

晩御飯(昨夜)に頂きました。


娘から入浴後の体重が2キロも増えた!!と報告があり一安心。

日々の食生活でのコントロールなので

これからも順調に増えていくといいな☆

------------------------------------------------------

一昨日、少しなら大丈夫かな。。と頂いたパウンドケーキが

かなり甘くて。。。

その影響で首筋とお尻、左の膝裏に痒みの症状が出てしまったため

今朝は梅醤番茶を作って飲んで

葛練りは参泉(にんじんエキス)入り

おかずきんぴらを刻んで入れたおにぎり

干し大根を家の糠床で漬けたたくあんを刻んで

鉄火味噌と一緒に細巻きにしたのをお弁当に用意

お味噌汁とカルシウム入り蓬番茶を持たせてあげました。










Last updated  February 13, 2012 10:02:02 AM
コメント(2) | コメントを書く
February 8, 2012
マクロビオティックの料理教室に通っているのですが
先生に「精白の小麦粉は腸の絨毛にこびりつく」と教えてもらいました
それでもなかなかパンが食べたい病は治らず。。。
なるべく先生が作って売っている全粒粉のものや
どうしてもの時は小麦粉と塩のみくらいで添加物の少ないもの
にしていましたが・・・

粉食自体身体に負担になるということが詳しく分かりました。


以下「あいことマクロビ」のaiさんのブログから転載です。


小麦粉について 2011-12-05 11:44:30

テーマ:マクロビ

今日は久しぶりにマクロビのお話



「小麦粉について」




小麦粉?なにか問題あるの?と思われる方は多いと思います



洋食を中心にいろんなお料理に使われていますし、スイーツには欠かせない材料の1つです

特に外食では小麦粉が使われていないメニューを探すのが難しいくらいです




私はマクロビを勉強するまで、小麦粉について考えたことなんてなかったです。

なので初めて知った時は大きな衝撃を受けました



最近では小麦は卵・牛乳についで多いアレルゲンになっていて、日本では小麦アレルギーの人口がだんだん増えてきているそうです。
初めて聞く方は驚く内容もあると思いますが、小麦アレルギーの友人もいるので、今日は小麦粉について書いてみようと思います。









まず、小麦粉と聞いて思い浮かぶのはやっぱり真っ白な粉ですよね



精製された小麦粉です



真っ白い小麦粉は、小麦から食物繊維たっぷりの外皮(ふすま)とビタミン・ミネラルなど栄養分の豊富な胚芽を取り除いたもので、ほとんど栄養のないデンプン質(炭水化物)だけになったものです。

(玄米と白米の関係に似ているので、「玄米について 」と重複する部分があります)


精製された白い小麦粉・白米・白砂糖などは、本来腸で吸収されるべきものが、食べるとすぐに胃から直接吸収されて血液中に流れ出し、血液を汚し、血糖値を跳ねあがらせて内臓やホルモン分泌系、神経系に負担をかけるので、マクロビではなるべく避けたい食品とされています。









そして、注目したい小麦粉の特徴は…

身体に蓄積され、体内のいたるところに粘液を作り出すことです



特に腸壁・腸の絨毛(じゅうもう)にへばりつき、腸の機能をにぶらせ、腸を痛め、腸内環境を乱します。



言われてみれば、小麦粉はお料理のつなぎとして使ったり、カレーやクリームソースのとろみをつけるために使ったり…。

その粘りのある性質からこの特徴が連想できる気がします。



なので、小麦粉を日常的に摂る食生活は、さまざまな病気の原因となってしまうのです



大きな病気でなくても、肌荒れ・にきび・湿疹・便秘・生理痛などの症状は、小麦粉や白砂糖の取り過ぎによることが多いので、これらをやめる・減らすと改善される、とも言われています。

白砂糖はなんとなくわかりますが、小麦粉とは意外ですよね








これらのことを知ってから、我が家では小麦粉を摂取しすぎないように心がけています。



例えば…



●小麦粉を使うお料理で、置きかえられるものは玄米粉や米粉にし、変えるのが難しいものは、国産の全粒粉や地粉などを使う。




●大好きなパンを、今までの週1ペースから月1ペースに

できるだけ全粒粉と天然酵母で作られたものを選ぶようにしています。



●お好み焼きを家で作る時は、つなぎの小麦粉の量を減らして玄米粉や炊いた玄米、玄米おかゆなどを入れる。



●麺類を食べる時は、白いうどんやそうめんよりも、おそばや全粒粉で作られたものを選ぶ。



…などなどです




けどいくら全粒粉で作られたものでも、食べ過ぎはやっぱり禁物ッ

小麦製品は週2~3回を目安に楽しみたいなぁと思っています。






日本には小麦の炭水化物の代わりになる栄養たっぷりのお米やイモ類があるので、少し意識するだけで小麦粉の摂取量を減らすことが出来ると思います



また、マクロビレシピには小麦アレルギーの方も安心して食べられるものが数多くありますので、参考にして頂ければ嬉しいです





少し私の体験をお話すると…

私はパンが大好きで、今までは食べ始めるとフワフワだし何個でも食べ続けられる程でした。

けど食べ過ぎると腸がすごく重たくなる感じがするのです。

マクロビを勉強して、この小麦粉の性質を知ってからも、頭ではわかっているけれど好きだからやめられなくて、パンを一度にたくさん食べたことが何度かありました。

そして何回目かで、やっと「あ…お腹が変に重たい。なんか腸が固くなる感じがする。」と気付きました。

このように自分で実際に体験して実感すると、努力して食生活を変えていくことができるようになりました。


小麦粉をやめてお腹が軽くなった、というお話はよく聞きます。



みなさんも、もし私のようにパンを食べ過ぎたなぁと思う時や、麺類などの小麦製品を食べる日が続いた時などは、その前後のお腹やお肌の調子などを、ちょっと気にかけてみてください。

きっと「これかな?」という体の変化を感じることが出来ると思います。

けど、やっぱりくれぐれも食べ過ぎないように








Last updated  February 8, 2012 10:30:18 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 6, 2012
NHKの「あさイチ」で取り上げられていました。

それぞれのガンに対するワクチン製造の成果、進行具合が表で出ていました。

欧米の医薬品開発に追いつけ追い越せ!?

結局製薬会社の儲けが一番なのですよね。。。


ガンになったら病院での治療しかないという

現代医療が全てという考えであるならば

新薬の開発、治験を経て一日でも早く使用できるように

と思うのは仕方のないことかもしれません。

でも身体は食べ物で出来ているのです。


きちんと命ある食材を使った食べ物

玄米、穀類、自然栽培による季節の新鮮な野菜

正しい塩、醤油、味噌

昆布や椎茸のだしで

心を込めて作った食事を食べていれば

血は汚れないからガンにもならないのです。

造血の元である腸を汚すような食べ物

動物性蛋白質、牛乳、乳製品、白砂糖、人工添加物

などを多く摂り入れる様になってしまったため

ガンを発症する人がこんなにも増えてしまったのです。


ガンは敵ではありません。

自分の細胞が変異して増殖しているのです。

新生血管まで作り出して

間違った食べ物によって血が汚れてしまっている

ということを教えてくれる警告なのです。


戦後の間違った栄養学による教育で

動物性蛋白質を食べなければ栄養は摂れないという思い込み

日本人を弱体化させるための米の戦略に洗脳されたままでは

増え続けるがん患者、生活習慣病を食い止めることは出来ません。



おばあちゃんの「四足(の動物、特に飼育された)は食べちゃいけないよ」は正しいのです。










Last updated  February 7, 2012 06:10:08 AM
コメント(0) | コメントを書く

全19件 (19件中 1-10件目)

1 2 >

Recent Posts

Category

Comments

まにゃ。6103@ Re[1]:風疹流行の本当の理由。(06/14) 1988カーライフさん >>そもそも人…
1988カーライフ@ Re:風疹流行の本当の理由。(06/14) >そもそも人間の自然治癒力を否定する現…
まにゃ。6103@ Re[1]:風疹流行の本当の理由。(06/14) アラネアしゃまへ☆ >とても参考になりま…
アラネア@ Re:風疹流行の本当の理由。(06/14) とても参考になりました。 副作用のない薬…
まにゃ。6103@ Re[1]:動物実験は必要か?(02/17) アラネアしゃまへ☆。 >動物実験・・・恐…
まにゃ。6103@ アラネアしゃまへ☆。 ほんと。。愚痴っちゃってすみません。。 …
アラネア@ Re:動物実験は必要か?(02/17) 動物実験・・・恐ろしくて、かわいそうで…
アラネア@ Re:愚痴。(02/16) あらら~ まにゃさんが我慢してニコニコし…
まにゃ。6103@ Re[1]:謹賀新年。(01/01) アラネアしゃま。 >おめでとうございま…
アラネア@ Re:謹賀新年。(01/01) おめでとうございます。 今年もよろしくお…

Favorite Blog

「ソレア」のレッスン New! アラネアさん

はとバス死亡事故、… 南茶手 美井雁さん

2019/12/03 05:37 TB… 野母伊 志穂輔さん

忘れっぽい、イライ… 為谷 邦男さん

糖質制限ダイエット… 安食育夫さん

櫻香のそよ風♪広場 紫月 櫻香さん
お気に入りの 『音… pink monkeyさん
ROSEMARY … ROSEMARYJAMさん
With Right Side Fac… Kid glovesさん
浅草がんじいの気み… Mr浅草魂さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.