000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「まにゃ。の日常」

PR

X

全5件 (5件中 1-5件目)

1

魔名姫の独り言。

November 3, 2006
XML
カテゴリ:魔名姫の独り言。
とても幸せそうに
手をつないで歩いているからね
まるで全てのことが上手く
いっているかのように見えるよね
真実はふたりしか知らない

     [作詞:浜崎あゆみ]







傍から見ていれば
何の問題も無く
幸せな日々を過ごしている様に見える二人でも
内に抱えるものは果てしなく続く虚無の砂漠かもしれない


たとえ砂漠を彷徨い
命辛々這い出てきたような経験があったとして
それも時が経てばそういうこともあったと過去のこととして
話せる時が来るのだろう



今嵐の中翻弄される小舟
希望の地を求めて漕ぎ出した


降り止まない雨は無いから
いつか嵐は過ぎ去るから


諦めないで
光の差し込む時を待とう









Last updated  November 4, 2006 02:45:56 AM
コメント(2) | コメントを書く


March 31, 2006
カテゴリ:魔名姫の独り言。
想いの込められた言葉を

メロディにのせて。。。

貴方の気持ちが心に響いてくる

なんて素敵なこと☆


音楽が好きでよかった。

感動する気持ちは自然なものだから

無理に好きになんてなれないし

無理して好きになることではないから



ありがとぅ^-^

貴方に出会えてよかった。










Last updated  March 31, 2006 10:18:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 30, 2006
カテゴリ:魔名姫の独り言。
何も手につかなくなるほど

この胸は想いであふれて。。。


時と距離を越えて・・届けたい今すぐに


戸惑いながらも受けとめてくれたから

歌にのせた答えに心震えて。。。


惹かれ合うのは

求め合うのは


幻影?


現実を確かめ合えば


そこで消え去るもの?



夢なら 夢のままで

辛くても 切なくても

貴方はここにいるから


いつでも私の傍に。。。











Last updated  March 30, 2006 05:39:59 PM
コメント(0) | コメントを書く
March 27, 2006
カテゴリ:魔名姫の独り言。
この世に生を受けること。

それはこの広い海のどこかに泳ぐ1匹の亀がふと海面に出ようとした時に
たまたまそこに浮かんでいた流木の穴に首がはまること。

それくらいの稀な確率で生まれてくるのだって



そぅして生まれてきた人間同士が一生の間に出会うということも

何かの縁があってのことなのだと思う


そして気持ちを通じ合える人との出会いも・・・


それは奇蹟? それは偶然?

それとも必然なのか。。

例え何であっても

出会えたのは事実


その形がどぅであれ大切にしたい

気持ちのままに。。。


指先さえ触れることが出来なくても

言葉に溢れる想いに

貴方の体温と

息使いを感じて



堕ちてゆくのは簡単だから

少しずつでもお互いを高め合い

支えになれるよぅに





ぃつか。。

星降る空の下

語り合う時が来ることを夢見て・・・











Last updated  March 27, 2006 11:57:08 PM
コメント(4) | コメントを書く
June 15, 2005
カテゴリ:魔名姫の独り言。
この世に生まれてから

一秒・・ 一日・・ 一年・・と刻まれてゆく時間

時間の流れは違っても

この瞬間も何かが起こっている

身体の中で

想いの上で

目に見えること

目に見えないところで

誰の上にも


自分が手にした記憶の箱に

私は何を入れてゆくのか・・・


年を重ね・・・

日々流されて

この身がいつしか朽ち果てるときに

命を繋いでゆくものに

何を残してゆけるだろう


音(言霊)を紡ぎ 唄い

唄い継がれるものたちに

焦がれながらも

術を知らぬ私


過ぎ行く時間に

ただ流されながらも

今日

この日 この時間は

二度と繰り返されることは無い


思いを新たに

ほんの些細なことにも

気持ちをこめて


記憶の箱の中

煌く思い出で

鏤められるように





.†魔名姫† .









Last updated  June 15, 2005 12:20:52 PM
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


© Rakuten Group, Inc.