094912 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

万座ホテル聚楽より★季節のお便り

全7件 (7件中 1-7件目)

1

動物の話

2016.09.03
XML
カテゴリ:動物の話
  • IMG_6935.JPG
  • IMG_6936.JPG
  • IMG_6939.JPG
  • IMG_6950.JPG
  • IMG_6953.JPG

皆さまこんばんは。季節情報担当の平井です。
いつもありがとうございます。

台風の多い年で、山の夏も終わりになりました。
日中でも気温が20度にも届かず、下界からいらっしゃれば寒いと感じるようですね。
渡りをする蝶のアサギマダラも南下を始めたようで、ほとんど飛んでいません。

山はリンドウが咲きまだ綺麗ですが、ヨツバヒヨドリは終わりでゴマナも終わりかけです。
紅葉はまだですが、木々は水揚げの弁を止め始めたようで徐々に葉の色が紅葉の為の準備を始めているようです。

毎日のフィールドワークでよくキツネをみかけます。
先日2日連続で出会いました。
警戒心の強いキツネですが、車の中から撮影できた写真を載せてみます。
志賀高原ではサルの群れと出会い、一度だけ熊も見かけましたが残念ながら撮影はできませんでした。






最終更新日  2016.09.03 21:22:18
2016.01.17
カテゴリ:動物の話
  • IMG_8337.JPG
  • IMG_8373.JPG
  • IMG_8393.JPG
  • IMG_8402.JPG
  • IMG_8405.JPG
  • IMG_8418.JPG


遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いもうしあげます。

年末から気管支炎になり、ようやく治ってきました。大分長く体調を崩しましたのでアップができませんでした。

今年は全国的な暖冬で、万座も雪が少ない状況です。今夜の天気予報では、全国的に雪模様。南岸低気圧による降雪があるとの予報ですが、まだ落ち着いています。

写真の1~2枚目は、昨日に東京で行われた神田雪まつりに出した雪の運搬作業の様子です。
例年ですと表万座付近から持っていくのですが、ごらんの通りに雪がなく、国道292号の白根方面の道路から
運びだしました。今までに無かった事で、今年の様子がわかると思います。

ようやく撮影にも出かけることが出来ました。
毎度のネタですが、動物の足跡。
万ザ地区はキツネ、タヌキ、テンなどが多くみられますが、表万座付近まで下がった時に不思議な足跡を見つけました。
手の形と大きさから、ニホンザルではないかと結論をだしました。
はじめは熊かと思いましたが、足を引きずるように歩く事や、足形からニホンザルという事で間違いないとおもいます。

最後の写真はウサギです。万座地内でも兎平と名前がつく場所もあり、ウサギがたくさんいる場所であることがわかりますね。






最終更新日  2016.01.17 21:23:31
2014.11.12
カテゴリ:動物の話
  • IMG_9859.JPG
  • IMG_9839.JPG
  • IMG_9844.JPG

皆様こんばんは。季節情報担当の平井です。
いつもありがとうございます。

もう間もなく草津志賀ルートも冬季閉鎖になりますので、今のうちに写真を撮っておかなくちゃ
の思いで撮影に出かけました。
白樺林が落葉した姿も綺麗なものです、万座は標高が高く白樺でなくダケカンバです。
ダケカンバは標高1500メートル以上の高地に生え、赤みがかった樹皮で区別がつきます。
白樺と兄弟の樹木です。
白樺の樹皮は白く、落葉の頃はとても綺麗で写真を撮影するにもいい風景が撮れます。

志賀を歩いていると、少し特徴のある木を見つけました。
枯れ葉がブサイクに固まっています。
これは熊棚と言って、熊が木の上の木の実(ドングリ)等を食べるために登り、枝を折って重ねていったものです。熊のお食事跡ですね。
ツキノワグマは性格はおとなしく、特にこちらから危害を加える事がなければ襲ってくる事は無いといわれています。ただし、人間が来ているよと熊鈴で存在感を伝えていなければ偶然出会う事もあるかもしれません。
だから山歩きには必ず熊鈴を付けていってくださいね。
動物との付き合い方を知っていれば危険は下げられるものです。
珍しい写真として紹介させていただきます。






最終更新日  2014.11.12 20:34:14
2014.10.12
カテゴリ:動物の話
  • IMG_0416.JPG
  • IMG_0435.JPG
  • IMG_0426.JPG
  • IMG_0441.JPG

皆様こんばんは。季節情報担当の平井です。
いつもありがとうございます。

志賀高原が近いので今日は地獄谷温泉へ行ってきました。
と言って私がお風呂に入るのではなく、皆さんご承知のお猿さんが入るお風呂です。

上林温泉の入口に志賀ロマン美術館へ初めて行き、現代美術を鑑賞しました。もともと美術館めぐりは好きで
よくあるきます。今回のアートも面白くとても刺激になりました。

上林から地獄谷までは徒歩で30分。森林浴をしながらの歩きなら苦もならない距離です。
温泉場にかかる橋の上にも親子の猿がいたり、道のいたるところにお猿さんの群れ。
私はお猿さんがチョイト苦手なので、恐る恐る前に進み、やっと風呂に入っている猿の写真を撮れました。
いたずらな子ザルが足元で悪さをしたりするので、長居をせずに帰ってきました。

渋、湯田中の温泉が近くにあり、地元の方しか入れない角間温泉。とても熱い温泉で入るのに苦労しますが、角間温泉は昭和の雰囲気の残る街で、作家の林芙美子が疎開していた場所でもあり、文学館があります。画家の大観の別荘があったり歴史ある町です。
疎開中に芙美子も地獄谷の風景を見たのかな?






最終更新日  2014.10.12 21:04:07
2014.01.04
カテゴリ:動物の話
  • IMG_3699.JPG
  • IMG_3701.JPG
  • IMG_3747.JPG
  • IMG_3746.JPG

nuxj
皆様こんばんは。季節情報担当の平井です。
いつもありがとうございます。

晴れた日の朝、真っ白に拡がった雪原に沢山の動物の足跡がついています。
最近は露天風呂の周りでもたくさんの足跡を見つける事が出来ます。(3枚目の写真)
どうやら、キツネ、タヌキ、ニホンカモシカが多く、近頃はテンもやってきているようです。(2枚目の写真のような足跡)
お風呂に入っていてキツネ見たよ!
そんな会話がよく聞こえてきます。

楽しい事はいいですね。
露天風呂で見かける雪だるまくん。毎日力作がそろい、私達も楽しませてもらっています。






最終更新日  2014.01.04 22:10:32
2013.06.12
カテゴリ:動物の話
  • IMG_9625.JPG
  • IMG_9626.JPG
  • IMG_9627.JPG
  • IMG_9628.JPG

皆様こんばんは。季節情報担当の平井です。

動物に出会う事は万座ではとても多いです。キツネ、タヌキ、ウサギ、ニホンカモシカ、シカ
など沢山ありますが、ニホンカモシカと出会う確率は一番多いと思います。

先日出かけた際にニホンカモシカと出会いました。
臆病なのですが、どうやら人間は害を加えないと思っているのでしょうか、じっと見られている時が多く、この日も白根山に行く途中に道路際でおとなしくしているカモシカくんを見つけました。
車を止めて、鳴きまねをして興味をひかせておいて、カメラのシャッターを押しました。

音には敏感で、すぐ後に車が通ってしまったためカモシカくんは慌てて崖を登っていきました。






最終更新日  2013.06.12 21:10:02
2013.05.20
カテゴリ:動物の話
  • IMG_0010.JPG
  • IMG_0011.JPG
  • IMG_0013.JPG
  • IMG_0015.JPG

こんばんは、季節情報担当の平井です。

イワツバメの写真の撮影のために幾つかの巣にポイントを当てて待っていました。3つめの巣を構えていたところ、どうも様子がおかしく、尻尾だけ出して動かないので、少し音をたてて脅かしてみたら、イワツバメが宙づりになった状態で出てきました。
巣を作る時に、泥と一緒にビニールの紐を誤って入れたまま作ったのだろうと思います。
足に紐が引っ掛かったままで身動きできないようでした、かわいそうでどうしても助けてあげたくて、網を持ってきて巣を壊して、イワツバメを傷つけないように網の中に入れ、足の紐を切って放してあげました。
そのままにしておいたら、きっと死んでしまったと思います。
まあ、良かったな。助けてあげられたので。

たまにこんな事はあるもので、頑丈なクモの巣に引っ掛かっているイワツバメを以前助けてあげた事もありました。
カワイイものですね。自由になれたら嬉しそうに飛んで行ってくれました。

午後に奥万座へ作業にいきました時は、野ウサギの子供でしょうか目の前でうずくまるように
静かにしていました、音ををたてたら逃げていきましたが、なんか怪我しているようでした。
キツネなどに襲われないといいのですが、少し心配です。
今日は動物にご縁のある日でした。






最終更新日  2013.05.20 21:06:31

全7件 (7件中 1-7件目)

1

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.