093422 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

万座ホテル聚楽より★季節のお便り

全8件 (8件中 1-8件目)

1

蝶の話

2014.11.19
XML
カテゴリ:蝶の話
  • IMG_9767.JPG

皆様こんばんは。季節情報担当の平井です。
いつもありがとうございます。

アサギマダラ報告の第二段です。
10月に報告くた時は長崎が最長でしたが、一か月たち今は高知県や鹿児島からの報告が多くなってきました。
沖縄からも2頭再捕獲があったばかりですが、昨日ついに台湾からの再捕獲情報が飛び込んできました。
万座からなんと直線距離で2330キロ。
驚きの飛距離です。
海外での再捕獲は中国で1件と台湾での今回の再捕獲で今年は2件です。新聞記者の方からも取材があり近々掲載になると思います。
やっぱりうれしいものです。
ご協力いただいた皆様に感謝いたします。
今年の再捕獲は合計37頭ですが、まだ連絡があるかもしれません。
もう少しの期待をのこしておきますが欲張りかな?
ついそう思ってしまいます。






最終更新日  2014.11.19 19:46:48
2014.10.18
カテゴリ:蝶の話
  • IMG_9767.JPG
  • IMG_9755.JPG

皆様こんばんは。季節情報担当の平井です。
いつもありがとうございます。

アサギマダラの再捕獲情報がきています。
万座ではこの夏に約2000頭のアサギマダラにマーキングをする事ができました。
私ひとりではとてもこんな数はできません。協力者のHさんの力で過去最高の数になりました。
幸いなことに、今年は大発生の年でしたので大分忙しい思いをしました。

大阪の有志から再捕獲情報が届きました。
飛来地は長野県大町市から2頭、菅平高原から1頭、石川県白山市から3頭、愛知県西尾市から1頭、岡山県岡山市から1頭、京都市右京から3頭、和歌山県から2頭、兵庫県宝塚市から1頭、長崎県佐世保市から1頭。
移動距離は近いもので40キロ、京都、岡山、和歌山は直線距離で300~400キロ。
長崎の佐世保市までは878キロとすごい距離の渡りをします。
まだこれから四国、九州からの情報が届きますので、また報告します。

あの小さな蝶がこんな距離を飛ぶことだけでも驚きですね。
アサギマダラは夏のひそかな楽しみの一つになっています。






最終更新日  2014.10.19 00:08:34
2014.08.14
カテゴリ:蝶の話
  • IMG_9740.JPG
  • IMG_9738.JPG

皆様こんばんは。季節情報担当の平井です。
いつもありがとうございます。

先日の台風のため、万座ハイウェイが道路陥没のため現在通行止めになっております。
おいでになる際は、草津から白根山経由の国道292号をご利用くださいませ。
ただし、ご注意点は朝の8時30分から午後5時までの時間に限られますのでご注意ください。

立秋を過ぎると、万座にもアサギマダラが飛び始めます。
渡りをする蝶として全国に知られています。万座からも遠くは喜界島までの飛翔記録があります。

今年は当たり年のように思えます。先日はヨツバヒヨドリの花畑に数えきれないほどのアサギが吸蜜中で、写真を撮る方やマーキングに訪れる人の姿が見えました。
私もマーキングを毎年行っています。
今年もどんな場所から連絡がくるのかが今から楽しみです。

写真は吸蜜中のアサギ、オス、メスは後翅に黒い斑点があるかないかで見分けます。
斑点があるのがオス、無いのがメスです。
写真の一頭(蝶の数え方は頭です)は斑点がないのでメス。
オス、メスの比率は30対1くらいでメスが貴重ですね。

アサギは夏の一か月を高山で過ごし、その後は次の世代に引き継ぐために南に向かいます。
来年、南からつぎのアサギがここにやってきます。






最終更新日  2014.08.14 23:20:25
2014.01.22
カテゴリ:蝶の話
  • IMG_4251.JPG
  • IMG_4254.JPG
  • IMG_4265.JPG
  • IMG_4323.JPG

皆様こんばんは。季節情報担当の平井です。
いつもありがとうございます。

下界は雪も少なく、大寒を過ぎたこの頃は梅の話題もちらほら聞こえてきていますね。
花の写真が撮りたくてしかたない今日この頃です。

群馬昆虫の森へ行ってきました。
赤城おろしがまだまだ寒いですが、ここではハウスの中で一年中蝶の姿が見る事が出来ます。

使用面のドームに温室があり、南国の雰囲気を漂わせる植物が栽培されて、ブーゲンビリアや綺麗な花がいっぱいに咲いていました。
オオゴマダラやツマムラサキマダラ、ツマグロヒョウモンやモンキチョウが自由に飛び交い
その華麗な姿を楽しむ事ができました。

オオゴマダラの大きさにはびっくりですね。
沖縄で見られるマダラ系が今日は多かったようです。
実物を初めて見た蝶もあり、感激の一日でした。
冬の観光でも、こんな穴場的な存在があるのに感謝ですね。







最終更新日  2014.01.22 21:14:29
2013.10.16
カテゴリ:蝶の話
  • IMG_0674.JPG

皆様こんばんは。季節情報担当の平井です。
いつもありがとうございます。

今日は嬉しい話題を1つ紹介させていただきます。
この夏、万座でマーキングしたアサギマダラの再捕獲情報が届きました。
1日に京都から一頭、昨日に山口県下関市から一頭の再捕獲がありました。
万座から下関までは500キロ以上。
こんな小さな体で飛んで行っています。

11月中頃まで再捕獲情報は届きますので、まだこれからも嬉しい知らせは届くとおもいます。
今回はマーキングの作業に協力者を得ましたので、100頭くらいしか取れなかった予定が300頭を超える数にマーキングができました。

協力者のHさんのおかげで嬉しい情報が届いたと思います。感謝のおもいです。
ありがとうございます。







最終更新日  2013.10.16 20:53:56
2013.08.20
カテゴリ:蝶の話
  • IMG_1232.JPG
  • IMG_1230.JPG
  • IMG_1244.JPG
  • IMG_1241.JPG

皆様こんばんは。季節情報担当の平井です。
いつもありがとうございます。

志賀高原に花の撮影に行くことが多いのですが、お目当ての花が咲いていない時や、時期を逃してしまうこともあり、一番いい時の写真を撮影するのは難しいですね。

キアゲハがなぜかコメススキに止まっていてじっとしていました。
キアゲハは里山にもいる蝶で珍しくはないですが、撮影は珍しくない分忘れがちになってしまいます。
風に吹かれて、気持ちよさそうにしていました。


空が高くなってきています。
野には秋の花が咲きだして、ツリガネニンジンの青が季節の変わり目を知らせてくれています。






最終更新日  2013.08.20 21:23:54
2013.08.09
カテゴリ:蝶の話
  • IMG_1123.JPG
  • IMG_1124.JPG
  • IMG_1126.JPG
  • IMG_1128.JPG

皆様こんばんは。季節情報担当の平井です。
いつもありがとうございます。

万座にもアサギマダラが飛び始めました。渡りをする蝶でご存じの方も多いと思います。
例年、立秋の声が聞こえる時期に飛来します。
毎年、マーキング(羽に登録記号と日付個体番号を記入)して放蝶します。
昨年も高知県、愛知県、鹿児島県などから再捕獲の情報が届いています。

ヨツバヒヨドリの花が蜜をたくさん出すようで、この花に集まります。
下界では猛暑日が続き、山の涼しさを求めて人があつまりますが、アサギマダラもここの時期は高原に集まります。避暑なのかな?

すでに40頭(蝶の数え方は頭)をマーキングしましたが、もう少しやってみます。
また今年も新たな再捕獲情報が来ることを期待しています。

写真は一枚目がオス、三枚目がメス。見分け方は下の羽に黒い斑点があるのがオス、ないのがメスです。四枚目はヨツバヒヨドリの花です、秋の七草の藤袴によく似ています。






最終更新日  2013.08.09 21:13:00
2013.06.14
カテゴリ:蝶の話
  • IMG_9672.JPG

皆様こんばんは。季節情報担当の平井です。
野反湖に向かう途中にアサギマダラを見つけました。
この蝶はご存じの方も多いと思いますが、渡りをする蝶です。

夏の暑い時期を高原で過ごし、世代をつなぐために南へ旅立ちます。最近はマーキングをして調査する愛好家の方も増えています。
万座でマーキングした蝶が、昨年も愛知や高知、海を渡って喜界島からも再発見の情報が届いています。

6月に見つけたアサギは、南から飛来したもので、これからキジョランやウスバサイシンなどに卵を産みつけ、羽化をする8月、初秋の頃から山を飛び回り、9月には渡りをするために南へ旅立ちます。

長い旅をしてきたのに、元気に飛び回る姿に嬉しさをおぼえますね。






最終更新日  2013.06.14 21:25:49
このブログでよく読まれている記事

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

カテゴリ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.