1611398 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

未知との遭遇

PR

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

現場実習

2010年03月09日
XML
カテゴリ:現場実習


先週のかえでの個別面談の時に、先生と話したことなんですが。

今日の日記も、ダラダラとワケがわかんないので、
スルーしてください(;^_^A



今度4月から通う施設の利用者さんの中には、
自閉症の方が何人もいらっしゃいます。

でも、その中で、
人に迷惑をかけたり、すごく手のかかるような方はいなくて、
特別に問題行動のある方というのは、とても少ないんです(一人くらい)。

どなたも、とても静かで、コミュニケーションも取れるし、
指示もすぐに通るし、作業も一生懸命にやっていて、
要するに、知的にも重くなく、自閉傾向も軽度で、
とても優秀なんですね。


そして、私が一番不安に思っていることが、
ここの施設の職員さんが、

「うちの施設には、自閉症の人はいません」

と、数年前まで、普通に言っていたということ。

つまり、自閉症という障害を、よく知らないんです。

で、Kくんという子が、支援学校を卒業して、そこに就労したんですが、
Kくんは、重度の自閉症で、他に行くところがなくて、
この施設に頼み込んで通わせてもらっているらしい。


自閉症のことをよく知らない施設の職員さんたちは、
言うことを聞かないKくんを、いつも叱っていました。

2年前、初めてここへ現場実習へ行った時、
職員さんたちが、みんな怖い顔で、Kくんの素行を見ていて、
ちょっと飛び出そうものなら、
ガミガミ言って、捕まえて、
無理やり座らせているのを見てしまったので、

もう、

これはまずい。
こんなところに、うちの息子を一人で放り込むことは絶対できない。

この状態のまま、ここに入ったら、
せっかく落ち着いて生活できる基盤を作っていただいた学校生活が、
すべてダメになってしまう・・・

そんな危機感を覚えました。

障害者のための施設のはずなのに、
そこへ通うことが、苦痛になってしまわないように、

そして、今現在、通ってくる利用者さんたちが、
もっと楽しいという気持ちになれる施設であってほしい。


そんな想いが、ずっと私の中にありました。

利用者さんの数も多いので、職員さんたちは、
いつも「忙しい。手が足りない」と連発しています。


そこにかえでが入るわけですから、
更に大変になるってワケですね( ̄▽ ̄;)

学校のような手厚い指導は、当然無理かもしれないけど、
せめて、
このガラスのような心を持った息子の気持ちにそってもらいたい。

早く言うと、

職員さん、怖い顔で接しないでね。
いつも笑顔でいてやってください。

いきなり否定しないでね。
気持ちに沿いながら、温かく長い目で見てやってください。

(サポートブックに書いてあったとおり)

 

「人は見た目が9割」

なんて本が、しばらく前にあったけど・・・



静かにしていられないかえで。

大きな声を出したり、急にジャンプして飛び出したり、
いつも、なにやらワイワイ宇宙語を喋っていたり、
へんな宇宙の踊り(笑)をしていたり(儀式っぽいこと)

そして、急に泣き出したり、動きが大きかったり、
怖い顔をして叱られると、向かっていったり。


とにかく、そういうことばかりが目立ってしまって、
本来の持っている力、作業能力だとか集中力、手先の器用さ、
そして、けっこう可愛い笑顔とかw

良いこと、できることもたくさんあるのに、
それが「見た目」の悪さで消されてしまう。


大人しい利用者さんのほうが、どうしても扱いやすくて、
かえでは、厄介な利用者の一人になるんだろうと思う。


でも、それが「障害」であって、
それがあるために、健常な生活ができなくて困っているんだから・・・


なんか、堂々巡りで、言いたいことが上手く書けません。

「見た目で損をしていることが、どうしても多くて、
 本来のかえでさんの良さを、わかってもらいたい」

よねっち先生は、先々週の現場実習の後、
施設長さんに、そう言ってくださったそうです。


そして、施設でも、自閉症のことをもっと勉強したい、
かえでさんのことをもっと知りたい。

そういうお返事をいただいたとのことでした。
(やったー!嬉しい♪)

 



 

「自閉症」の勉強。

うちの息子が、実験台になるような感じもするけど(笑)
それはそれで仕方がない。

少しでも、世の中が変わってくれるなら、

世の中という前に、
この施設が、少しでも居心地良くなるなら、
どんな努力もいたしましょう!

かえでの中味の良さを、わかってほしいです。


見た目、第一印象も大事だけど、
中味も大事だということをわかってほしい。


そんな話を、面談の時に話して、
よねっち先生も、卒業後もしっかりフォローしますから^^
とおっしゃってくださいました(*´▽`*)



支援学校では、
卒業後2年間は、アフターフォローの期間があります。

もちろん、卒業生の心配は、ずっとしてくださるんですが、
担任の先生は、いつまで同じ学校にいらっしゃるかわからないので、

せめて、よねっち先生がいらっしゃる間に、
かえでがこの施設の通所に慣れて、
落ち着いてくれるといいなぁと思っています。


 



見た目が9割・・・

私は、見た目(顔立ち)がやや派手なお陰で、
性格も派手に思われがちで・・・(;^_^A

(↑キャピキャピ遊んでるふうに思われる)
(↑役員を真面目にやってると「メイプルさんって真面目だったんだ~」
 とか言われる。ひどいら(ToT))

なので、あえて髪を染めないで、目立たないようにしてたり、
洋服も、なんとなくいつも地味にしてますが( ̄▽ ̄;)
(黒っぽいのが多い)

ほんとは、とっても大人しくて地味な人間なんですけどね( ´艸`)





  さくら さくら さくら



さてさて、明後日に迫った卒業式。

もうすっかり涙もろくなってます・・・

ちょっとの刺激で泣けてきます。

昨夜は、桃が急に
「旅立ちの日に」の伴奏を弾き始めたもんだから、
もう、それ以来、涙が出っ放しです。

誰か止めてくれー(´□`。)

  








最終更新日  2010年03月09日 17時38分27秒
コメント(16) | コメントを書く


2010年03月01日
カテゴリ:現場実習


まずは、
皆様のたくさんのアクセス、心から感謝申し上げます(*´▽`*)

さきほど、とうとうカウンターが20万に到達しました。

このブログを始めて、もうすぐ4年?かな。
まさか、こんなにアクセスいただけるなんて思ってなかったので、
本当にビックリ&感激でございます(゚ーÅ)


えっと、アクセス記録を見ますと・・・

2000092010-03-01 22:37:06@暇つぶし~yourfilehostの動画さん
2000082010-03-01 22:33:13EZweb
2000072010-03-01 22:33:12*.ocn.ne.jp
2000062010-03-01 22:33:07EZweb
2000052010-03-01 22:20:19cyoko★mintoさん
2000042010-03-01 22:19:14*.dion.ne.jp
2000032010-03-01 22:18:40iモード
2000022010-03-01 22:18:35iモード
2000012010-03-01 22:17:14EZweb
2000002010-03-01 22:17:14iモード
1999992010-03-01 22:17:14EZweb
1999982010-03-01 22:17:08iモード
1999972010-03-01 22:15:45*.yahoo.co.jp
1999962010-03-01 22:13:40***.commufa.jp
1999952010-03-01 22:12:23*.gyao.ne.jp
1999942010-03-01 22:08:01*.yahoo.co.jp
1999932010-03-01 22:01:24EZweb
1999922010-03-01 21:57:07ё☆ё りり ё☆ёさん
1999912010-03-01 21:56:47*.yahoo.co.jp
1999902010-03-01 21:53:17iモード


ということで、
キリ番の方はいらっしゃらなかったけど、
一番近かった方2名様に、
私のピンクハートをいっぱい込めたプレゼントを♪お送りしたいと思います。


cyoko★mintoさんさんと、@暇つぶし~yourfilehostの動画さん

あははは。暇つぶしさんはちょっと無理か(笑)

ということで、繰り上がり?で、ё☆ё りり ё☆ёさん

お二人にね^^
(もう住所わかってるから♪)

今週は、ちょっと予定がいっぱいなので、
来週末には・・・待っててくださいましm(u_u)m

何度も来てくださった皆様、ほんとにありがとう。

次回は、222222のゾロ目でやりますぞ~(*^ー^)ノ

 

 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


今日から3月。

かえでの学校生活も、あと10日となりました(ToT)

先週は、現場実習があったので、
今日は久々の学校です。

残りわずかな学校生活を、
削ってでも行かなければならなかった現場実習。

その成果は・・・というと、


4月から通うことを前提に、
前向きな受け入れをしてくださり、
とりあえず、少し安心している母です(*´▽`*)


実習の最終日は、前日に少し不安定になっていました。

(不安定になる条件がいくつか揃っていた(;´д`))
(でも、私が地雷を踏んでしまったのが直接の原因・・・)


なので、
施設の職員さんがうまく対応してくれるか、すごく心配でした。



で、なかなかゆっくり話している時間もないので、
お手隙な時に読んでもらおうと、
不安定な時の「かえで取り扱い説明書」みたいなものを書いて、
連絡帳に添付させてもらいました。


施設ルールは、あるでしょうけど、
基本的な取り扱い説明書をもとに、
そのルールを教えていってほしいわけです。


すると、施設側からのお返事。



お母さんからのお手紙で、
少し今日は不安定な様子を知らせていただき、
様子を見て進めてみました。

過去の実習の表れや、その支援なども含めて、
職員も重ねて得たものがあります。

同じ自閉症でも、個々に様々な表れがあり、
ひとくくりにはできないですね。

かえでさんに合った支援を心掛けていきたいと思います。
実習、お疲れさまでした。
無事に終わることができました。



「得たものがある」と言っていただけたことは、
ほんとに嬉しかったです。

良い実習になったと思います。
これで、安心して卒業式を迎えられそうです。

もう、寂しい(ToT)・・・なんて言ってられないですね(;^_^A




その前に、ちゃんと卒業証書をもらう練習をしてもらわないと!

いや、もっとその前に、卒業式に恥ずかしくないように、
突拍子もない行動をしないで、静かに参加できるように、
そこから頑張ってもらわないと!

 

今日は、「3年生を送る会」がありました。

クラスのみんなが一緒に写っている写真や、
革工芸班のみんなで撮った写真、

手作りのクッキーやストラップ、

「休まずに一生懸命働く人になってください」
(“無断欠勤しないでね”ってことね)

「卒業しても、私たち在校生のことを忘れないでくださいね」

などと書かれた、メッセージカード。

そんな温かいプレゼントが入った袋を持ち帰りました。

ああ、いよいよ終わるんだねえ。



 



さて、私は11日の卒業式に備えて、
美容院へ行ってこようと、予約を入れたんだけど、

前日の10日しか空いてない。

10日は、かえでの定期通院が入っているので、
美容院優先で、通院の日を変更してもらいました(;^_^A


でもさ・・・よく考えたら、
美容院へ行ったら、いつものようにカットとパーマでしょ。

すると、その日はシャンプーできない(しない方がパーマが定着する)

そして、私は卒業式に、シャンプーしないまま行くのです。

それってイヤだわ~(>_<)


そんなことをブツブツ言っていると、

ダンナと娘たちが、

「シャンプーしちゃえばいいじゃん」
「一日くらい、シャンプーなんかしなくてもいいら~」
「なんで前の日に予約入れるの?普通入れないら」
「お母さんのヘアスタイルなんか、誰も気にしてないからいいよ」
「美容院は、もっと後で行けばいいじゃん」


などと、
みんなして勝手なことばっかり言ってるんですわ(;´Д`)ノ


でも、卒業式が終わると、
かえでは、3月中ずっと在宅なんだよね。

学童とか、ショートステイは細切れに入っているけど、
学校へ行っているようなまとまった時間はなくなるので、
卒業式以降は、美容院へ行ってられないかも?


ああ、どうしよう(´□`。)

まさか、こんなことで悩むとは思わんかったーーー!(´д`lll)





 







最終更新日  2010年03月01日 22時52分37秒
コメント(28) | コメントを書く
2010年02月24日
カテゴリ:現場実習


特別支援学校高等部3年生の長男・かえで。

もうすぐ卒業を控えて、
4月から通わせていただけることになった施設へ、
最後の実習に行っています。


今日は、初めての「ひとり」実習です。

ってか、一人で実習するのが普通は当たり前なのだけど、
それが当たり前でなかったこの施設で、
(いつも必ず誰かが付き添うのが条件だった)

こうして、一人で実習させていただけるのが、
すごく嬉しいし、ありがたいと思います。


ということで、今日も3kmの道のりを歩いて登所^^

昨夜、痛くてだるい足を、頑張ってストレッチしておいたら、
今朝はだいぶ楽になっていました。


職員さんに引き渡して、帰るのも歩きです。
今日は、往復で約6km歩いたことになる(o^-')b



迎えは車。
今日は水曜日で、学童保育が入れてあるので、
そのまま送ります。

今日は、少し混乱もあったけど、だいぶ慣れて落ち着いていたそうで、
かえでの行動に、どう対応するかは、
職員さんが経験して覚えていってほしい。

何もかも、こちらが指示するマニュアル通りの対応より、
この施設の中では、こういうルールで、こうする、などというのを、
かえでもわかっていってほしいと思うので。

んな感じの2日目でした。

明日は、施設でイベントがあるらしく、
かえでは実習お休みで、学校へ行きます。

今週から、卒業式の練習が始まったので、
できればそちらも頑張ってもらわないと(;^_^A

で、金曜日に3日目の実習をやって、とりあえず終わり。




  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



前置き長すぎっすね(笑)


今日は、いよいよ女子フィギアスケート、始まりましたね~(*´▽`*)

あまりにも、いろんな前評判で、
いやでも気分が高まります♪


まおちゃんとキム・ヨナの金メダル対決?が注目!
ってことで、もちろん私もリアルタイムで見ていましたが・・・


いやいや、こういうのって心臓に悪い(;´Д`)ノ



テレビでスポーツ観戦は、あまり好んでする方ではない私。

だって、見てるの怖いんだもん。

ドラマだったら、大体の結末がわかるので、
まあ見ていてもいいんだけど、
ドラマも怖いのはダメです。

あらかじめストーリーがわかっていればいいんですけど。


私の友達もそういう子がいて、
ドラマは、先に原作を読んでおく、
もしくは、HPなどでストーリーを調べておくらしい( ̄▽ ̄;)



でも、スポーツは終わるまでわからないでしょ。

だから、なんか怖いんです。


私、臆病で小心者・・・

ハラハラドキドキするのって、
場合によっては、できれば避けて通りたいのが本音(;^_^A


なので、試合が終わって結果がわかってから、
VTRで見るのが安心♪

スポーツ好きの人から見たら、
なんの面白味もないんだろうけど(笑)


そんなわけで、今日もこわかったですぅ(´□`。)
(こないだの男子フィギアもこわかった)

でも、頑張って見たのよ。


すごい対決でしたね。

やっぱり女子はきれいだ(*´▽`*)
(男子は、また別の魅力があって良かった)

スケートが滑れるってだけでもすごいのに(爆)
ジャンプとかスピンとか、もう同じ人間とは思えないです。


まおちゃん vs キム・ヨナもすごかったけど、
他の選手もみんなすごかった。

さすがオリンピックですわ!



今日の結果を見て、またフリーに期待したいところだけど、
ああ、フリーの方がもっとこわいじゃん!(´□`。)

でも、見届けたい。

うーん、でもこわい・・

どうしたらいい?(ノ_・。)











最終更新日  2010年02月24日 22時38分28秒
コメント(12) | コメントを書く
2010年02月23日
カテゴリ:現場実習


昨日の足の痛みや疲れが、思いっきり残っている今朝・・(´□`。)

ちょっと酷使しすぎたかな?


でも、止まってはいられないのだ。

 


かえでは、昨日の「散歩」は、「休日のひとコマ」だと思っていたのか、
今朝は、自分からちゃっかりと車に乗って待っていました( ̄▽ ̄;)


歩いていくよ、と言ったら怒ってしまうかも?

またまた、朝から不安だらけだったけど、
でも、ちゃんとわかってくれて、歩いていくことができてヤレヤレ(;^_^A


施設に着くと、よねっち先生も待っていてくださり、
朝の会が終わるまで一緒に過ごして、
職員さんに引き渡して、私は帰ってきました。


不安なのは、私だけではありません。
かえでが一番不安なのです。

案の定、私の手をギュッと握って、離そうとしません・・

「大丈夫!ちゃんと○○さん(担当職員さん)がそばにいるから」

そういって、じゃあねバイバイと、別れてきたけど。

(さすがに帰りは足が痛くて、遅番の夫に迎えに来てもらった(爆))

 

この施設の隣りには、
かえでが就学前に通った療育センターがあります。

朝の時間は、小さな子が賑やかに登園してきて、
懐かしいです(*´▽`*)


そういえば・・
療育センターへ入園したばかりの頃、
慣らし保育のあと、泣いて抱きついてくる息子を引き剥がして、
後ろ髪を引かれる思いで、帰ったことがありました。

母子分離は、けっこう大変でした・・

それだけ、「お母さん」がわかっている。
お母さんが大好き。
お母さんと一緒が安心。

そんな気持ちがちょうど芽生えた頃だったので、
泣いてすがってくれるのが、ちょっと嬉しかったりもしたのだけど^_^;


今日は、かえでと別れて帰る時、
そんな気持ちがよみがえってきて、
あれから15年も経つんだと思って、なんか複雑な気分でした。



15年前、
隣りの施設に通ってくる、大人の障害のある人たちを見て、
失礼な言い方だけど、でも、正直なところ、

「こんなふうになるのかなあ・・イヤだなぁ・・」と、思ったものです。


それが今じゃ、あの「イヤだなぁ」の大人になってしまった息子。

いつかはこういう時がくるとわかっていたけど、
ずっと子供でいてくれたらいいのにね・・
(ついでに私も、若いままでいたかった(≧∇≦))

ああ、なんて後ろ向きな発言(笑)



 

で、今日の実習は、
作業の後半で、泣き出してしまったり・・ということはあったらしいけど、
初めての「ひとり」。

なんとか頑張れたようで、ちょっと安心しました。

「できないこと」(課題)も新たに見えてきて、
次に繋げていけたら・・と思います。


明日は、昇降口で引き渡して帰ることになっています。

これが本当の実習です。
やっとここまで来れたって感じ(;^_^A





 ●○●○●○●○●○

 

新しい生活に足を踏み入れているのは、
かえでだけでなく、
長女の林檎も、昨日から新しいバイト先へ行き始めました。
春休み中の期間限定です。

農林技術研究所?

かえでは歩いて40分だけど、
こちらは車で40分。
けっこう遠いです。


白衣も持っていったので、
わ~!さっそく実験もするのね^^
と、驚いていたんだけど、

帰宅して、「どんな仕事してきた?」と聞いたら、

「雑用ばっかりだった。洗い物してきた」


へえ。さっそくこき使われてるか。

なんか、試験管とかビーカーとか、
そういう実験道具を洗う仕事が多かったらしい。

白衣はエプロン代わりってこと?( ̄▽ ̄;)

「おじさん」が多くて、若い人は少ないらしく、
けっこう「ゆるゆる」した職場だとか・・(*´▽`*)ユルユル~♪

やっぱり、不景気の波が押し寄せる、民間の会社とは違うのかな。

まあ、いろんな経験をして、逞しくなってほしいです。


去年の暮れに、挨拶に行ったときには、
キャベツとパセリをもらってきてビックリしたけど、
2日目の今日は、みかんとイチゴをもらってきましたo(^▽^)o


イチゴは、すごく甘いのよ~^^

「なんかヘンな薬でも使ってるだら~」

なんて言いながら、
みんなで一気に食べちゃったりして(≧∇≦)



わ~い♪
これからも楽しみにしてるよ~ん^^

いいぞー!林檎!
がんばれー( ´ ▽ ` )ノ



ってことで、明日も歩くのだp(^-^)q

でも、疲れちゃったので、これにて・・・m(u_u)m









最終更新日  2010年02月23日 21時47分19秒
コメント(16) | コメントを書く
2010年02月22日
カテゴリ:現場実習


今日は、昼過ぎまで不機嫌だったかえでクン・・


午後に、明日から実習に行く施設まで、
一緒に歩いてみようと思っていたけど、
急に泣き出したり、あごの横の辺りをガンガン叩いていたり、
どうも不安定な感じ・・・(´□`。)


明日の朝、ぶっつけ本番で行くのは、すごく心配。

なので、できれば今日、試してみたかったのだけど。


かえでの場合、「試してみる」というのがわからないので、
「○○まで行ってみよう」と言っても、
行った先で目的がないものは、示しようがないんです。

これ、行ってみて、「そこで何するの?」ってことになるわけで、

着いたら、「ああ、こうしてここまで歩けたね、よかったね」で帰るって、
かえでには納得できないことなんです。


なので、歩いて行ってみたい気持ちはあるけど、
行った先で混乱して怒っちゃったりしたら、
車はないし、家にすぐ帰れるわけじゃないし・・

うーん・・・どうしよう

どうやって誘おうか、どうやって説明しようか。

そんなことで、ずいぶんと朝から悩んでしまいました。

おまけに不機嫌だし、これじゃやめた方がいいかなあ・・


そう思いながらも、

「お散歩行こうか?○○まで歩いてみようか」

と、ダメ元で何度も声を掛けてみました。

「歩いてみようか」という言葉は、通じているのかわからないけど、
自分から、「○○?」と施設の名前を聞き返してくるので、

「○○へ行ったら、帰りにおやつを買って帰るよ」


そしたら、かえでも急に泣き止んで(笑)
玄関へ行くと、靴下を履き、帽子を被って準備OKです。

意外と切り替えが早くて、ちょっとビックリ(;^_^A


まあ、とりあえず、行くだけ行ってみよう。

ってことで、すごく順調に歩いていけちゃったりしたので、
これまたビックリ!♪

心配するほどでもなかったみたいで、
鼻歌混じりですごくご機嫌です。

さっきまでの涙が嘘のよう( ̄▽ ̄;)



やっぱり、外へ出てエネルギーを発散するのは気持ちいいんだろうね。
こんないい身体なんだから、もっと動いてスッキリしたいものね。


なかなか、自分から「こうしたい」というのが表現できないもんだから、
こちらの言いなりになっていることが多くて、
もっと、18歳男子の気持ちになってあげないといけない。

そんなふうに感じました。



それにしても、相変わらずの速足です(+_+)

最近、ウォーキングをサボり気味だったので、
この速さは、ちょっとキツイっすねー!

そして、今日はけっこう気温が上がって暑い!

上着を脱いで歩いたけど、
かえでは着たら着っぱなし。

脱ぐように言っても、「おわり!」と言って、従いません。

額に汗タラタラでした(;^_^A


で、施設に着くまで、

「ここを曲がるよ」
「あそこの横断歩道を渡るよ」
「信号渡ってからあっちへ行くね」


などと、斜め後ろに付いて、
指差しながら、声を掛けて歩いていたのだけど、
まったくこだわりがなく、
私の指示通りにどんどん歩いてくれていました。

施設に近づくと、ちゃんと道もわかって、
自分からどんどん歩いていきます。


施設に到着。

中に入って実習する、と思って混乱したらどうしよう・・

そんな心配もあったのだけど、
玄関前で、「じゃ明日はほんとに来ようね」と言うと、

かえでは、ちゃんとその意味がわかっているのか、
すんなりと今度は、おやつを目的に、コンビニへ向かいます。

ああ、なんて柔軟になってくれたんだろう(゚ーÅ)


ちょっと前までは、ここを通ったら、あの店に寄るとか、
この道を行くなら、必ず神社に寄って、
その奥の山の方まで上らないといけないとか、
いろんなこだわりがあったので、
すんなり散歩だけを楽しめなかった。

でも、今はこうして、
ただ歩くだけでも、充分に納得してできるようになったのがわかって、
とてもとても嬉しかったです(*´▽`*)


着いたら、「ああ、こうしてここまで歩けたね、よかったね」で帰るって、
かえでも納得できるようになったのね^^


今日は、車で行く道と違うところを歩いたので、
コンビニまで歩くと、片道4kmになってしまい、
結局、往復で8kmも歩いてしまった私たち(;´Д`)ノ

帰り道は、マジで足が痛くて大変でした(>_<)


私がひーひー言って歩いているのに、
上り坂でも、走ったりジャンプしたりする息子は、
なんかすごく逞しいなあ・・と感心♪




帰り道を少し行った頃、携帯に着信携帯電話

誰だろうと思ったら、学童保育所から。

「今日、利用日になっているけど、まだ見えてないので・・」

「・・・(゜д゜;)ヘッ?」



あーーーっ( ̄□ ̄;)!

今日は代休だから、2時から希望を出してあったんだ!

その時、すでに3時を回っていたけど、
今から行きます!と言って電話を切り、
急いで帰ります・・・

と言っても、そこから家までまだ2km以上もある泣き笑い

必死で速足で歩いて、もう更に足が痛くなってしまった・・




おやつは家に帰ってから食べる約束をしているので、
ちゃんと袋を持って歩いて帰ったのだけど、
急に学童へ行くことになったので、
楽しみにしていたおやつも食べずに、出掛けました。

これも特に、おやつを食べたくてゴネることもなく、
かなりすんなり受け入れてくれて、ビックリ!

おやつより、学童で遊ぶ方が楽しみだったのかも。


というわけで、
無事に通勤路の下見ができて、やれやれです。

明日から4日間、頑張ってこようね♪


私は、またまた大腿筋パンパンですわ(;´Д`)ノ

明日、歩けるかなあ・・














最終更新日  2010年02月22日 22時25分50秒
コメント(10) | コメントを書く
2010年01月21日
カテゴリ:現場実習


前にも日記にちょこっと書きましたが、今日は、
「日本理化学工業(株)」の大山会長さんの講演会に行ってきました。

あの、チョークを作っている、知的障害者の雇用が70%以上という会社です。


この大山会長さん、とても物静かな雰囲気の喋り方。
声が柔らかくて、小さい・・

ちょっと聞き取りにくいのが残念でしたが、
別の方の情報だと、声帯を悪くされて、声が出しにくい状態だとか?

それでなくても、とても穏やかそうな、心の広い温かそうな方でした。
何事にも感謝して、謙虚に生きている。

そんな感じの方です。




この会社の取り組みに関しては、
すでに、あちこちで報道されていて、ご存知の方も多いようなので、
印象に残ったお話を・・・


最初の雇用のきっかけになったのは、
昭和35年、養護学校の先生が、
来年度の卒業生を2名雇ってもらえないか・・という突然の訪問でした。

当時は、「精神薄弱者」という呼び方をされていた知的障害者です。

精神的に弱い人に来てもらっても、
うちには働ける場所はないと、お断りしたそうです。

その後、何度もしつこく訪ねてくる先生が、
最後に諦めて言った言葉。

「この子達(15歳)は、卒業したら親元離れて施設に入所します。
 施設に入ってしまうと、一生、働く経験をしないで終わってしまいます。
 なので、その経験(実習)だけでもさせてやってもらえませんか?」

実習だけなら、ということで来てもらったけど、
実習の最終日、社員である中年のオバちゃんたちが、

「あの子達、すごく一生懸命働いてくれる。
 たった2名だし、大変なら私たちも面倒見るから
 どうか雇ってやってほしい」

そうお願いしてきて、ついに雇用する運びとなったということです。



あと、
先代の社長が亡くなって、法事の席で、住職さんの言った言葉。

大山さんが、
「あの子達は、施設に入所していれば幸せなのに、
 満員電車に揺られて、どうして熱心に通ってくるのかわからない」

と、言うと、

「施設で面倒見てもらうのが、幸せか?
 物やお金があったら、それで幸せか?
 
 人間は、幸せを求めている。

 1、愛されること。
 2、褒められること。
 3、人の役に立つこと。
 4、人に必要とされること。


 これがあって、人は幸せだと思える。」


じゃ、そういう人が一人でも多く雇用できて、
幸せを感じてもらえるような会社になろう。

そう思って、障害者の多数雇用に力を入れてきた。

ということでした。


あとは、うまくまとめられないので、箇条書きで(;^_^A



社会に出るにあたって、家庭で身に着けてきてほしいこと。

1、身辺自立
2、簡単でもいいから、返事や挨拶ができる。
3、とにかく一生懸命取り組む。
4、迷惑を掛けない。


それができていれば、
あとは会社でその人の個性や良さを伸ばせる。

集中して一生懸命やれる子は、戦力になる。


海外の企業は、とかくマニュアル文化。
全員が一緒のことを一緒にできなくてはならない。

でも、日本という国は、手先が器用な(応用が利く)職人文化である。
職人文化は、個々の理解力に対応できて、戦力にしていける。

それを活かして、障害のある人に工夫を凝らしたやり方を提案し、
その人にもできる仕事にしていくのが、企業としての役割。
工夫次第で、障害者も立派に働ける。



何かあれば、邪魔者・お荷物扱いされ、
事件や犯罪が起きた時ばかり、「障害者」という名前が出てくるけど、
これだけ社会から評価されるような育て方もあるのだ。

障害者と関わることで、教えられることがたくさんある。
そして、障害者のお陰で、会社が成り立っている。

最初の実習の際には、「かわいそう」という同情が先にたったが、
今では、頼もしい社員であり、大きな戦力である。


神様は、障害者を介して、大事なことを世に教えようとしている。


 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


私が、とある先生から聞いた言葉。いつも言ってることですが、

障害児教育は、人間の原点である


それが、この会社でもしっかり理解されているのが、
すごく嬉しく感じました。

やっぱり基本はそこなのよね^^



そういう企業が少しでもたくさん増えていってくれると嬉しいのだけど・・

この大不況期のさなか、一般の健常者でも就職が大変な時代に、
あえて障害者の雇用を・・って会社も少ないのかもしれないですね。

もし、施設に入所すれば、個人にかかる費用は年間500万円。
でも、企業へ就職すれば、国からの「障害者雇用」の補助は、
年間150万円で済むらしく、
展望を大きくしたら、その方がお得ってことにもなるわけです。



それに、褒められる、人の役に立つ、必要とされる。

これは、ほんとに人として幸せなことだと思います。


お年寄りを大事に・・と言いますが、
私も、家のおじいちゃん(実父)に、
働かないでのんびりしていてほしい反面、
まだまだ元気なんだから、もっといろいろと頼んでいいのかな?
と、戸惑うこともあります。

実際、「悪いかな?」と思いながらも、送迎を頼むと、
すごく喜んで「よしきた!」くらいに、張り切ってくれます。

頼られるって嬉しいですよね。


私は、
「自分で引き受けちゃった方が気を遣わなくて済むから・・」
と思って、
自分で全部やっちゃうことも多いけど、

そんな自分勝手な「奉仕」より、
ちょっと苦手な「甘える・頼る」も、必要なことだなあと感じました。





きっと神様は、
どんな人にも平等に、
役に立つ才能を与えている。


息子のことを思うと、
これで企業へ就労できれば、もちろんありがたいことではあるけど、
まあ、今、目の前にある道を、こつこつと歩いていこうと思います。



今日は、企業の関係の方も来ていたし、
お役所関係の方(市長とか)、NPO法人、施設職員、保護者、
いろんな方が、このお話を聞いて帰りました。

障害者は、決してお荷物じゃない。
世の中の見方が変わってくれると嬉しいですね。


第二次産業以外にも、いろんな分野で、
障害者の雇用が充実してくるとありがたい。


なので、私もあちこちで、こうしたPRをしていかないと。





そんなふうに感じた、
「共に生きる」というタイトルの講演会でした(*´▽`*)



で、現在の雇用状況は?というと、

やっぱりこの不景気と、チョークの需要が減っているってこともあって、
(学校で、スクリーン投影が増えたり、ホワイトボードなどの普及で)
年間に、支援学校生を一人採用するくらいだそうです。

一般家庭では、なかなかチョークって使わないですもんね。
貢献できなくて残念ですが(;^_^A















最終更新日  2010年01月21日 21時48分15秒
コメント(16) | コメントを書く
2009年12月16日
カテゴリ:現場実習


その人に相応しい場所で過ごすことが必要。
そして、私達がそれを支援させていただきます。





今日はかえでの支援会議でした。

現場実習に行ったあの施設の所長さんも出席してくださり、
卒業後の進路についての話の中で、
↑こんな言葉をいただけました(*´▽`*)


私は、どんなにこの嬉しいお話を待っていたことでしょう。

隣りに座っていたよねっち先生と、思わず目を見合わせて、
二人でテーブルの下でガッツポーズをしちゃったくらいですグッド


この地域、けっこう福祉制度は進んできていて、
特に早期療育や、支援制度に関しては、
田舎のわりにサービス体制が整っている。

でも、成人の就労更正施設はすごく遅れていて、
どこの施設も超満員状態。

親の力を結集しても、自立支援法が壁になり、前に進めない悲しい現状・・・


それでも学校を 卒業したら、障害があるなしに関わらず、
在宅ってわけにもいかないし、どこかで働かなくては・・・


その「どこか」が、かえでにとっては、この現場実習に行った施設であり、
いろいろと問題は山積みではあるけど、

日課や作業内容など、
この地域では最もかえでに相応しい場所だと感じているので、
所長さんの言葉は、まことにありがたく嬉しく思いました。



所長さん、ちゃーんとわかっていらっしゃる(当たり前だけど)

現場の人手が足りず、支援が大変だからって、
手の掛からない大人しい利用者さんばかりを入れていてはだめ。

利用者を選んで、「採る」「採らない」ではなく、
その人に相応しい場所で、相応しい支援をしていくのが、
地域福祉であること。

また、うちの息子のように手の掛かる、問題行動も多く大変な子は、
職員の勉強にもなるのです。


そんな、私が考えていたことと、まったく同じことをおっしゃっていました。

まさに、『障害児教育は人間の原点』 なんだと思います。



この施設の所長さんのお話になる前に、
前回やった7月の支援会議から今日までの、
家庭での様子や、私の想いなどを話させていただく時間がありました。


寮生活から、自宅に戻って一年ちょっと。

以前は、ほんとに猛獣のような息子でした^_^;

何かあると、すぐに私や妹に向かってくるし、
腫れ物を触るような毎日でした。


車にも一緒に乗れなくて、
あんなタクシーの防犯ガラスもどきまで付けなくてはならないくらいの、
超危険な息子でした。


でも最近は、ほんとに毎日穏やかで、変更にも強くなり、
見通しさえ持つことができれば、大きな混乱もなく、
言葉でのやり取りも、理解できる部分が増えてきて、
自分で考えて動いて、周りを驚かせていたり・・・


そこまでになったこの一年。

私が感じた家庭生活(家族)の大切さとか、
そんないろんな想いを、思うままに一生懸命話しました。

「北風と太陽」みたいに、
力で抑えることをせず、温めて納得させるようなやり方で、
あの猛獣のようだった息子を、ここまで穏やかに表情豊かにできたこと。

などなど。


それは、母の愛です(*´▽`*)


なんて、こっぱずかしいことは言えなかった(笑)

それに近いことを、うまく伝えられたか不安ではあるけど、
そこから、かえでのことを少しでも理解してもらえたら・・
みたいに思いました。



夫が逆ギレしても、それに応戦せず、
売り言葉に買い言葉、にならないように、
じっと我慢したり、穏やかに接して丸く治めることができたのも、
かえでに鍛えられたおかげだと思ってる( ̄▽ ̄;)

あの短気な私が、ですよ。

母が生きていたら、きっとビックリすると思う(;^_^A


かなりストレスは溜まるけど、
ここで吐き出したり、周りの人にわかってもらうことで、
私は支えられて、何とか頑張ってこれたように思うしね。




そんなわけで、
かえでは、4月からの施設就労が無事に決まりました( ´ ▽ ` )ノ


これまで、支援センター、ショートステイでお世話になる施設、
学童保育、支援学校、市の福祉課などで、
かえでを支援していただいてきましたが、

これにまた一つ、新しい施設の支援が加わるわけです。

支援者が増えるというのは、本当に心強い・・・(゚ーÅ)ウルウル


施設側の現場は、ほんとに人手不足で、
これ以上利用者を増やさないでくれ!
という声も出ているらしいのだけど、

そんな中でも受けてくださった気持ちに感謝して、
さらに可愛がってもらえるような子に育てていかないと、
と思いました・・・



この施設は、自宅から3kmくらいの、とても便利な場所です。

できれば、徒歩で通わせたい。

ますます身体が大きくなるし、エネルギーを消費させるためには、
なるべく運動させたいんです。

特にスポーツをやってないので、歩いたり走ったりするしかないでしょ。


でも、それに付き添うとなると、往復で6km、
朝と帰りを合わせたら12kmを歩かないといけない私は、体力が心配・・・

だから、ウォーキングを始めたわけで。


今日は、また一段と寒くなって、歩くのも厳しいのだけど、
とりあえず、できるだけ頑張ってみようと思ってます。


来年になったら、追加で実習もさせていただき、
今度は、先生や家族の付き添いは無しで、
かえで本人だけが慣れるために、一人で実習に行く予定です。


まだまだ不安なことは山ほどあるけど、
それを楽しみにできるように、私も前向きに考えていけたらいいな・・・


心に春が来た日は 赤いスイトピー♪

(今の季節じゃポインセチア?(笑))



長くなりました。

読んでくださってありがとうm(u_u)m












最終更新日  2009年12月16日 22時20分52秒
コメント(28) | コメントを書く
2009年10月27日
カテゴリ:現場実習


ああ、やっと現場実習が終わりましたですよ(*´∇`*)

かえでも、昨年初めて行った時とは違って、かなり落ち着いて取り組めていたし、
まあ、いろいろと施設側に言いたいことはたくさんあるのだけど、
それでも、厳しい状況の中で、よく頑張ったと思います・・・


今後、どうなるかわからないけど、
なんか今は、私も一緒に頑張れて良かったな~^^・・・みたいな気持ち。

長い7日間でした。
気が抜けない状態だったので、実習中はずっと気持ちが張り詰めていたんだけど、
終わったらトロ~ンと溶けていくような感じがします(笑)

とにかく、かえでが健気に頑張ってくれたのがすごく嬉しくて、
よねっち先生ともたくさん話して、今後のことを一緒に考えてくださる時間が持てたし、
ほんとに有意義な実習だったと思います。


いつも、グダグダと愚痴を書いて来ましたが、
皆様、応援してくださって、ほんとにありがとうございましたm(u_u)m




でもって、大変だった実習の、思わぬ嬉しい副作用?が♪

付き添うために、私はお弁当持ちで、もちろん間食なんてできないし、
一緒に作業をやったり、たくさん歩いたりと、なかなかハード!

帰宅してからも、なんだか胸がいっぱいというか、お腹も空かなくて夕食も少なめ。

そして、例の健康診断用に、お便Pのお薬を飲んでいるので、毎日快腸快腸♪

ゆえに体重が減ってくれて、なんと実習に入る前より、
2kgくらい減りましたですよ!!!キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


でも、こんなのはすぐに戻っちゃうだろうけどね(^o^;)



病院でもらった薬には、「酸化マグネシウム」が入っています。
(緩くして出すような効果のある成分)

以前飲んでいた市販の「ミルマグ」ってのにも、マグネシウムが使われているんだけど、
それには「水酸化マグネシウム」と書かれていたので、
そのへんのことに詳しい理系女子の林檎に、

「酸化マグネシウムと水酸化マグネシウムってどう違うの?」

と聞いたら、

「MgOとMgOH2」
(←素っ気無い返事(-_-;))

「だからどう違うの?」

「う~ん・・・知らん。名前が違う」

「・・・(´□`。)」



でも、この薬は私に合ってるみたいで、よろしゅうございますよ(*´∇`*)



さてと、明日は美容院です♪3ヶ月ぶり。
節子カットにならないように、田辺さんには気をつけてもらって、
またまた前髪、ほどよくパッツンしてもらってきます( ̄▽ ̄;)



そして、自粛生活2日目の桃。
1時間くらいでできる料理。第一回目はハンバーグ♪

こねこねグチャグチャしてくれて、

  ハンバーグ


けっこう美味しいハンバーグができたりして(o^-')b

  ハンバーグ


私は手を汚さずに済んだし、とても助かりました。






 







最終更新日  2009年10月27日 21時15分58秒
コメント(18) | コメントを書く
2009年10月26日
カテゴリ:現場実習


現場実習6日目。
今日の作業はまたアルミ缶つぶしです。

私の腕の筋肉痛はまだ治ってないけど、
そんなことも言ってられないので、今日も気合いを入れて付き添いました。

でも今日は朝から雨です。

缶潰しの作業は外の屋根付きの場所でやります(カーポートみたいなところ)
冷たい雨で寒いだろうと、今シーズン初の「ばばシャツ」を着込んで出掛けました。



そういえば数年前、某土木建築会社にパートで行っていた時、
ちょうど今頃の季節、私が「今朝寒かったからばばシャツ着てきた」と言ったら、

私より10歳くらい年上のお局様に、
「ばばシャツっていうのは、若い子が着るからばばシャツって言うんであって、
 メイプルさんあなたが着ても、それはただのシャツになるのよ」


「…(-"-;)」

まあいつもお局様からはイジメを受けていた私です(;´д`) かわいそう!



というわけで、
かえでも寒いと可愛そうなので、作業服の下に、長袖Tシャツを着せて登園です。

せっかく準備万端で行ったのですが、少し風があって雨が降り込むので、
室内で缶つぶしをやることになり、
おまけに、室内ではあのハンマーが使えないので、足踏み式の道具を使うんだそうで、
かえでの分も用意してくださいました。


しかし、「缶つぶし」と言ったら、
ハンマーでグシャッ!がすっかり定着してしまっています。

でも今日はこの足踏み式を使わなくてはなりません。

なので、もうずーっとぐずぐず拗ねながらやっていました(´□`。)

10時の休憩まで、私がそばで缶を渡しながら、動きが止まると促して、
なんとかなだめながら頑張らせました。



休憩後も、同様に付いてやっていたんですが、
それでは実習の意味がないので、
職員さんと相談して、少し離れて見守ることにしました。


缶を器械に挟んで押しつぶすことは、すぐに要領よくできるようになりましたが、
2~3個つぶすと動きが止まり、
軍手の滑り止めのイボイボを気にして触っていたり、
ボーっと外を眺めていたり・・・


ちっとも仕事が進みません。

かえでと目が合うと、私が缶を指差して押しつぶすジェスチャーをしてみせます。
すると、また2~3個続けてつぶして、またボーっとして・・・


なんか、誰かがそばにいて指示しないと、一人では何もできないんだろうか?
これまで学校でやってきた作業の訓練ってなんだったんだろう?

そんなことを思って情けなくなりました(ToT)


職員さんも、かえでが何個か続けて作業している時には見てなくて、
ボーっとしている時に限ってしっかり見ていて、
「ちゃんとやってください」と注意されているような状態(´□`。)

まことにタイミング悪し!( ̄▽ ̄;)


それでも、他の利用者さんと比べると、かなりの量をこなしているのですよ。

つぶした缶でいっぱいになったコンテナを3箱も外に運び出しました。
(他の皆さんは2箱弱(^o^;))


でも、今日は大きな声を出すことや、ちょっとハイな状態でジャンプしてしまうことなど、
それはすごく少なくて、とても静かにできていたんです。

普段、ダメだと思われているところが、今日はすごく良い状態だということや、
ボーっとしてはいたけど、トータルで見れば、なかなかすごい出来映えだってこと。

そんなところも見てもらいたいなぁ・・・なんて思って帰ってきました。


自閉症だと思われる方も数人いるのだけど、皆さんとても静か。
そして、問題行動を起こしている方も少ない。

だから、それがこの施設の当たり前の状態になっているような感じ。

かえでのように、うるさい人はほとんどいないのね。

かえでなんて、静かにしていると思えば、
爪を噛んでいたり、さかむけをむしっていて血が出ていたり、
それ以外は、大きな声を出したり、
ワケのわかんない宇宙の言葉をゴニャゴニャ言っていたりで、
まあうるさいのなんの!なのです。

こんなお喋りはいったい誰に似たのっ?!と言いたい。
(あ、私ですね(^o^;))



仕事はよくできるのに、そういう部分で、すごく損しているなあと感じました。


でもさ、かえでの良い部分は、もっともっと伸ばしてあげたい。
それに、宇宙語をお喋りしている時は、とっても可愛いんですよ(*´∇`*)←親バカ

ああ、その笑顔でマイナス部分を帳消しにできればいいのにねえ。



というわけで、実習もあと一日になりました。頑張ります。

帰りの会のとき、毎日、
「実習生さん、ごくろうさまでした」と、司会の人から言われます。

すると、利用者さんの1人が、
「また遊びに来てくださいね~」なんていうの( ̄▽ ̄;)


遊びじゃないっすから!
本気ですから!

もう苦笑いでした(≧∇≦)





  ■□■□■□■□■□


 

14時頃、学校にいるはずの桃からメール。

なんと、新型インフルエンザで学級閉鎖ですって( ̄□ ̄;)!!
今から帰るとか。

聞けば、学校全体で、桃のクラスだけ閉鎖らしい。

クラスで4人発症で欠席。今日の午前中、1人熱発で早退。
5人欠の場合、すぐにその時点で閉鎖。
それも今週中。

まあ、桃が罹ったわけではないので、かえでも夫も学校や会社へ行けるけど、
あまり身近に感じてなかっただけに、いきなりきた感じでビックリでした!

私たちも気をつけないと・・・


宿題がいっぱい出ているそうで、中でも笑えたのが、
「1時間以上掛かる料理を3回は作る」

1時間煮込む料理でもいいのかなあ(笑)


ということで、なにか手伝いをガンガンさせて、
こき使おうと思ってます( ̄ー ̄)ニヤリ













最終更新日  2009年10月26日 21時39分12秒
コメント(20) | コメントを書く
2009年10月24日
カテゴリ:現場実習

 

今週月曜日から始まったかえでの現場実習、
昨日で5日目が終わりました。

一日のほとんどを実習に付き添い、一緒に作業をやったり、
例によって、健脚チームと散歩に出掛けたり・・・

なかなかハードな一週間でした(;´Д`)


何で親がここまで付き添わないといけないんだろう?と思うでしょ。

ほかの現場実習の施設では、初日と中日と最終日だけ顔を出せば、
あとは施設側にお任せで、
ちゃんと職員が付いて見てくれるところがほとんどらしいのですが、
ここでは「実習の場を提供するだけですから」みたいな受け入れなので、
もう、しょうがないって感じなんです。

そして、3回も実習させていただいているにもかかわらず、
来年のことは当てにならないような意味合いのことも言われるし。

なので、「場の提供」を最大限に活かして、
来年からお世話になることを前提に、
かえでが、どんな時にどんな支援が必要か、
それを職員さんに伝えられる絶好の機会でもあるわけなので、
とにかく、じっくりと施設の体制や職員さんの観察をしている最中であります( ̄ー ̄)ニヤリ

 

  ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




昨日は、アルミ缶潰しの作業をやりました。
以前にもやったことがあるので、教えなくてもとてもスムーズに取り組めます。


かえでは、凹んでいないきれいな缶を立てた状態で、上からハンマーでグシャッと潰すのが好きなんです♪

でも、かえでのところに分けられた缶は、全部半分潰れた状態のものばかり(+_+)

これはイヤだ、あれがいいと、選ぶことはできないわけで、
与えられた仕事が何でもできないといけませんね(^o^;)

グズグズと怒りながら、仕方なく半潰れの缶で我慢していました。
でも、職員さんは、かえでが怒っている理由がわかりません。

私が理由を説明すると、

「これだけ半潰れの缶を頑張ったら、凹んでないのをやりましょう」と言って、
ビールの空き缶がいっぱい入った袋を持ってきました。

それを見たかえで、俄然張り切っちゃって、イヤイヤやっていたのをガンガン潰し終わり、
新たな缶を喜んで潰しておりました(≧∇≦)


ヘンなこだわりが強くならないように、工夫しながら、
また月曜日も缶潰しをやることになりました。


私も一緒に隣りでやっていたんだけど、手首は痛くなるし、腕はだるいしで、
今日は予定通り文句なしに筋肉痛です( ̄▽ ̄;)

健脚組に合わせた歩行のお陰で、足もパンパンだし、
さすがに若い子には敵いませんなあ・・・

ああ、誰かモミモミして~(´□`。)!











最終更新日  2009年10月24日 14時53分10秒
コメント(16) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.