075983 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

マルセルの独り言

PR

X

Profile


marcelle33

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Calendar

Oct 14, 2006
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

昨夜、その前の晩に引き続きデギュスタシオン。

Chablis 2004 Joseph Drouhin
シャブリ ドメーヌ ドルーアン [2004] ジョセフ・ドルーアン[2002]シャブリ 750ml     ジョセフ ドルーアン シャブリ プルミエ クリュ セシエ 1997

ビルカール・サルモンの話を昨夜した。
このインポーターからもう一種、このシャブリのサンプルをとっていた。

しかし残念ながら軽度のブショネであった… しょんぼり
キャップシールを外した途端にツンッときたので あちゃ~と思ったが
外側だけで内側はそう大したことはなかった。
これはあまりにも酒屋が薦めてくるから「んじゃぁサンプルをちょうだい」
てことでもらったのだが、、、
残念でもまぁなんとなく潜在的なものはつかめたと思われ。
キンメリッジ由来の特有の風味はブショネの障害を越えて誇っていたかのよう。
しかしなんとなくインパクトに欠けるような…

そしてもう一種、リンクの一番右のやつ。
これはse'cherセシェというP・Cである。
これもシェフと一緒にデギュ済みである。
ステン醗酵の後、一部をオークにて熟成。んでアッサンブラージュ。
とても良い風味を醸し出していた。
コストから見るとイマイチかなと思ったが非常に良いデキである。



シャブリ
これはあまりにも有名で説明不要と思われるが、
フランスはブルゴーニュ地方の北方のヨンヌ県にある町。
特殊な土壌から独特な風味を持つ、多くは爽やかで愛らしいワインを産する。

ジョセフ・ドルーアン
これは自社畑も所有する大きなネゴシアン。
近年、その評価は高まるばかり。
非常に綺麗なワインを造る優良生産者である。
しかしマル的に言わせると、ネゴシアンに共通して、どうもインパクトに欠ける。
インパクト?と言うかな…アクセント?エッセンス?なんだろ…
非常に表現しがたい何かが欠けてると言っておこう。



昨夜はまたまたビルカール・サルモンの登場である。
若干風味が落ち着いてよりバランスがとれていたように思う。
シェフから豚角煮まんを作ってもらったので
それをアテに、、、なんてマリアージュだぁ^^
なかなかイケてたグッド















Last updated  Oct 14, 2006 12:47:59 PM
コメント(6) | コメントを書く


Freepage List

Favorite Blog

お奨めの一冊、「自… New! 酒そば本舗店長さん

アルマニャックと季… dullanさん
か~の気まぐれワイ… katsu220さん
こだわり?家ごはん… ペリッサさん
木彫りの龍 KEN-NAKさん

© Rakuten Group, Inc.