237013 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

アジアにて - 輸入雑貨と旅のブログ

PR

X

全75件 (75件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

タイ

2011.11.23
XML
カテゴリ:タイ


ようやく神がほほえみ始めたようです。

先月以来、国土の三分の一が洪水被害にあったタイでは、首都バンコク中心部から水が引き始めました。

このブログでも何度か取り上げましたし、日本をはじめ世界中が心配していた状況から、少しずつ回復に向かっているようです。
インラック首相はバンコク中心部の安全を発表し、清掃作業が始まったとのことです。


ただ、まだまだ浸水が続いている地域もあり、復興に向けた道のりは短くありません。

自分も洪水被害を経験していますが、一旦水に使ってしまった家具などはゴミと化してしまい、漂着してきたものも含めて、まるで町中が粗大ごみの集積場所のようになるため、これからが大変だと思います。

あの渋滞と喧騒のいつものバンコクに少しでも早く戻ってくれることを祈っています。






Last updated  2011.11.23 09:59:10
コメント(0) | コメントを書く


2011.11.15
カテゴリ:タイ


長期に、広範囲にわたっているタイの洪水は、首都バンコクも一部浸水がありましたが、
14日になって、水が引き始め幹線道路が一部利用再開となるなど、好転の状況がみられるようになったとのことです。

水が引き始めた工業団地では清掃が始まったところもあり、首都の全域浸水という事態にならず、このまま回復してくれるようで、世界が安心することになるでしょう。

また、日本では、タイ人の短期就労ビザの発給を開始したそうです。

工場が水没して働けなくなった人々に対して、日本で働くための特例措置で、
作業に慣れているタイ人従業員を送り込んで、需要に応えるためのものだそうです。

タイにある工場が操業を再開した段階で帰国するなどの条件で、最長6か月間の在留資格を特例として認める内容で、ビザ発給は数千人に上る見通しです。

震災で鍛えられた(?)日本の行政措置、なかなか良いのではないでしょうか。






Last updated  2011.11.15 11:39:00
コメント(0) | コメントを書く
2011.10.28
カテゴリ:タイ



このブログでも取り上げましたが、すでにいろんなメディアで報道されているように
タイの洪水被害はついにバンコクにも及び、27日から31日まで、タイは休日となったそうです。

これは、今日28日に大潮を迎えるため、冠水の水位が最高になることが予想されるためです。

10月21日の時点では、タイの人もバンコクは問題ないと言っていたのですが、やはり自然の脅威には勝てなかったようです。

昨夜、チェンマイにあるメーカーからメールが届きましたが、やはりバンコク市内でも
深い所では1.5-2mの冠水で、コンビニの店頭からはインスタント食品が消え、
停電と水の供給が止まっているところもあるそうで、
バンコクに住む親戚がチエンマイに避難してきているとの内容を伝えてくれています。

停電はもっともダメージが大きいと思います。
特に、仕事で停電になるとできることがほとんどなくなってしまいます。

首都機能が麻痺することは想像もつかないですが、今日の大潮をなんとか乗り切るよう
祈りたいと思います。







Last updated  2011.10.28 08:00:33
コメント(0) | コメントを書く
2011.10.21
カテゴリ:タイ


先日来気になってブログで取り上げている、タイの洪水被害について、
昨日バンコク市郊外でも堤防決壊のニュースが流れましたが、
タイの取引先数社に送っていたお見舞いメールの返事が19日の夜とどきました。

その中の一通によると;

「まだ、バンコクの街には水が来ていませんが、周辺まで水が来ています。
BIG(バンコクギフトショー)は洪水のせいだけでなく、バイヤーが少ない状況です。
日本は大災害の時も冷静で落ち着いていたので、タイもそれを
見習って、復興を目指します。」


とのこと、まだバンコクは大丈夫のようでしたが、東日本大震災での我々日本人の
行動を見て、その冷静さを見習うと言ってくれていることに、なんだか嬉しくなり、
反面、期待を裏切らないようしっかりしないと、とも思いました。

今週末まで、バンコクでは雑貨の国際展示会「BIG(バンコクギフトショー)」が開かれており、この会社はその展示会に出展中
ですので、洪水の展示会への影響も知らせてくれていました。

洪水がバンコクの産業に与える影響は大きいと思いますが、
必ず立ち直ってくれることと思います。






Last updated  2011.10.21 08:04:22
コメント(0) | コメントを書く
2010.10.08
カテゴリ:タイ

今年5月に終結したバンコクでの抗議デモ騒乱の後、非常事態宣言はずっと継続していましたが、10月5日にバンコクと周辺3県の非常事態宣言を3ヶ月延長することを決めています。

デモ隊解散後も、バンコクおよび周辺地域では小規模な爆破事件がおきているようで、外国人の被害がないためか海外に向けて大きなニュースにはならず、知らない人がほとんどだと思います。

たまたま、バンコクに拠点を置く日系の旅行・不動産会社のニュースレターメールを購読していて、配信があると最近は必ずといっていいほど、爆破事件のニュースが載っています。

今年5月19日の治安部隊強行突入の際に、放火されて崩壊したショッピングセンターのZENは来年8月には再開できる見通しがたち、被害がほとんどなかった伊勢丹や9月28日に3分の2が営業再開したセントラル(デパート)と合わせて、復興へ向かっているところなのに、まだまだ起こる爆破事件にはタイ政府も頭が痛いことでしょう。

バンコクのこうした事情が理由ではなく、この秋も出張でタイには行かないことになりますが、あの暑さと喧騒、そしてタイ料理の香りが安心して楽しめるように、早く落ち着いてほしいと願います。






Last updated  2010.10.08 11:56:22
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.21
カテゴリ:タイ

今年の春、多くの犠牲者を出しながら一旦終結したタイ・バンコクでのデモが19日、タクシン元首相派による大規模な街頭集会という形で再びアピールを始めたそうです。

その街頭集会は6000人規模で、春のデモ強制排除から4ヶ月となることから、犠牲者への追悼などを行いながら現政権への主張をした形となったようです。
この集会による混乱はなかったそうですが、バンコクではまだ非常事態宣言が継続しており、
まだまだ予断を許さない状況のようです。

この秋もタイに行くことはありませんが、早く平和なバンコクに戻ってほしいと思います。

**お知らせ**
明日から9月30日まで更新をお休みします。
10月1日より再開予定です。









Last updated  2010.09.21 10:30:48
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.03
カテゴリ:タイ

タクシン元首相派によるデモがようやく終結し、観光も復活するかと思われた矢先、
バンコクで7月25日と30日に相次いで爆弾事件が起こってしまいました。

最初は、7月25日(日)夕方、BIG-C スーパーセンター・ラチャダムリ店前のバス停で爆発 、50代のタイ人男性が死亡、男女約10人が重軽傷。
爆発があったのは4~5月にタクシン元首相派のデモ隊が占拠した、バンコク伊勢丹の道路を挟んだ向かい。BIG-Cは24時間営業の大きなスーパーマーケットで、食材から日用品までいろいろと揃うのでいつもタイ食材のお土産を買いに行く所です。
警察はゴミ箱に仕掛けた爆弾が爆発したとみて捜査中とのこと。

下の写真は2009年10月時点で、バンコク伊勢丹の前あたりからZENなどを写したものですが、
今は焼け落ちて修復中、爆発はこの場所から道路をはさんで反対側あたりだったようです。

20100803wtc.jpg



もう1つは、7月30日(金)午前1時、Duty Free (免税品店)ランナム店前でごみ袋が爆発。
バンコク都内ランナム通りの路上で爆発が起き、ごみ収集のタイ人男性が重傷を負った。駐車中の車1台が破損。
警察は路上のごみ袋に隠した爆弾が爆発したとみて、周辺の捜査を進めているそうです。
爆発があったのは大型免税店キングパワーの向かい。行ったことはないのですが、高級ホテルもあり、外国人の旅行者、在住者も多い所です。


スワンナブーム国際空港から市内を結ぶ鉄道エアポートリンクもようやく8月23日に正式開通するというこの時期に、起きてしまった爆発事件。 
タイの観光産業には痛すぎる出来事のようです。


20100803airportlink1.jpg


上の写真は2009年10月にスワンナブーム国際空港に向かう途中、エアポートリンクの高架線路と駅を写したもので、トラックの右上部分に駅らしきものが見えます。
早朝にタクシー車内からの撮影のためブレてしまいました。


20100803airportlink2.jpg

こちらはバンコク市内プラトゥナムセンター交差点の歩道橋から、北方向を写したのもで、
写真中央、道路をまたいでいる横長のドームのようなものがエアポートリンクの新しい駅だと
思います。(ちがってたらごめんなさい。)






Last updated  2010.08.03 10:46:25
コメント(0) | コメントを書く
2010.06.30
カテゴリ:タイ

サッカーワールドカップで日本の大活躍、参議院選挙、大相撲問題など、
国内の大きなニュースが報じられる中で、騒乱が収まったバンコクのその後が
気になっていましたが、6月24日にバンコク伊勢丹が83日ぶりに営業再開を
したそうです。

バンコクの中心地にあるがゆえデモ隊の占拠に巻き込まれた形となった
「セントラルワールド」という巨大商業ビルの一角にあるバンコク伊勢丹は
バンコクを訪れた方なら多くの方が買物に行ったことがあるでしょう。

セントラルワールドの南側は騒乱の際、放火により一部焼失・倒壊してしまいましたが、
北側にあるバンコク伊勢丹は焼失の被害は免れていました。
それでも商品の略奪などの被害があったようです。
伊勢丹を含めたこのエリアは多くの人が集まるにぎやかな場所だったので、
早く建物全体が復旧して以前の華やかさを取り戻して欲しいですね。






Last updated  2010.06.30 09:57:02
コメント(0) | コメントを書く
2010.05.15
カテゴリ:タイ


何度かとりあげているバンコクのタクシン元首相支持派(UDD)によるデモ隊と政府治安部隊との衝突は、昨日の時点では死者1名だったのですが、昨夜のニュースでは10人、さらに最新ニュースでは16人と増えています。
報道記者の負傷も増えているようで、ますます国際的に問題がひろがりそうです。

政府の報道では、14日夜、占拠地域周辺の警戒態勢を厳重にすると表明。デモ隊を孤立させ、自主的に解散させる作戦のようですが、自衛などのためには実弾の使用も辞さない姿勢を打ち出しています。
デモ隊(UDD)側は徹底抗戦を主張しており、行方が読めない状況のようです。
タイ国王も健康状態がすぐれず事態収拾ができないようで、混迷はまだまだ続きそうです。

一日も早い解決を望むばかりです。








Last updated  2010.05.15 10:36:51
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.25
カテゴリ:タイ

バンコクからの帰国当日も朝から動いて、夕方4時ごろにすべての予定を終え、
プラトゥナムエリアにいたので、久し振りに伊勢丹・ZEN・WTCをぶらつくことに
しました。


20091125zen.jpg


3つがつながった建物の前では、ステージを組んでイベントをしていたりします。
また、向かって右端には祠(と言うのでしょうか)があり、人々がお祈りをしています。


20091125hokora.jpg

20091125zou.jpg


ここに来るとつい寄ってしまうのが、ジムトンプソンのお店です。
タイに来ることが珍しかった以前は身内へのお土産を買っていましたが、最近は
ご無沙汰してます。
今回、お店に入っていままでと違う雰囲気が。
必ず出会う日本人観光客が見当たらず、中国語圏のお客さんばかりでした。

一連のタイ政情不安のせいで、日本からの観光客が減っているのでしょうか。
セントレアからのバンコク路線もJALは撤退するそうですし、海外も近場に行く
傾向があるのかもしれません。

日本人に会えなかったジムトンプソンを出て少し行くと、異様にお客さんの
多い店がありました。
リボンバッグで有名なNaRaYaです。
なんとなく知っていましたが、このブランドがタイであること、ここまで人気があることは
全く知らず、驚きました。

20091125naraya.jpg


いつの時代にも人の心をとらえる商品があるものですね。

空港へ向かう時間が迫ってきたので、軽く食事をすることにして建物の上層階へと
向かいました。








Last updated  2009.11.25 10:04:50
コメント(0) | コメントを書く

全75件 (75件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


© Rakuten Group, Inc.