3423854 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Taketoshiのヨッパー部屋 <Enak saja!>

PR

Profile


taketoshi67

Free Space

banner

Calendar

Comments

Favorite Blog

夜の食事 charme4810さん

江原さん yhtims56さん

池袋で、美味しい青… 飲みニスト0430さん

LIGHT MY … ARK2005さん
おきらくyuyuchama!! ゆうゆ2さん
BearHugのべあー君が… Natuliraさん
* ころりんナンデモ劇場… とんちゃん27さん
France好きの美味し… poeme-utさん
主婦 普通科 ララミホさん
パンダママのニチジ… Shizooさん

Archives

October , 2019
September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019
May , 2019
April , 2019
March , 2019
February , 2019
January , 2019

Category

September 29, 2008
XML
カテゴリ:フレンチ
すっかり秋めいてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今週にはもう10月になりますので、涼しくなってきたのも当然ですよね。
昨日のエントリーでも書きましたが、帰国したものの、まだまだカラダは"熱帯仕様"から抜け出せないままです。

昨日の日曜日は午後遅くなってからフィットネスに出掛け、ランニング30分、マシン筋トレ、スイム1000メートルなどをやりましたけど、いつもと同じメニューをこなした訳ですが、かなりバテバテ状態になってしまいました。
出張中は電車移動がなく、車移動がほとんどなので、ジムで汗を流してはいたものの、知らず知らずのうちに「運動不足」になっていたのでしょう。
やはり普段の何気ないウォーキングも大切な運動なんだなと認識させられました。

さてさて、本日のエントリーもハノイで食べたものの続編です。
いつまでハノイシリーズが続くかということですけど、少なくともあと1週間以上は続くと思います。(笑)
今日のトピックはその名の通り、ベルギー料理?のお店「Le Petit Bruxelles」で食べた晩ご飯です。

29SEP-1

↑コチラが入口からお店を撮影したところです。
お店はフランス統治時代に建てられたコロニアル風のテラス付きの洋館を改造してレストランにしたような作りになっていました。
来ているお客さんは欧米系の外国人がほとんどで、女性でも私と同じように「お一人様」で来ている人もいましたね。

かなり昔のハナシですが、以前ベルギーを個人旅行した時、自分の中ではフランスなんかよりも食事の種類が多岐にわたっていて、美味しかった記憶が鮮明に残っていて、今回のハノイ出張でこのレストランの「ル・プティ・ブリュッセル」の名前を聞いたとき、値段や場所の情報はなくても是非行ってみたいなぁと思いました。

29SEP-2 29SEP-2b

着席して、まず生ビールを注文しました。
メニューにある通り、ハノイではそんなに珍しくなく、これまでも何杯か飲んだ「タイガー」ブランドの生ビールですが、フランス語で表記されているメニューを目にすると、「プレッション、SVP」って注文したくなります。
あ、そうそう、こちらのお店も照明が極端に暗くて、ホワイトバランスをオートからマニュアルに設定しても画像がみんなぼやけた黄色味を帯びてしまっていることをご了承ください。

29SEP-3

しばらくするとパンが出てきました。
バゲットよりも大きめなピースでしたので、バタールなのかなと勝手に思ったりして・・・。
ベルギー料理と言えば、「ムール貝の白ワイン蒸し」を想像しちゃいますけど、一人で注文して食べるには量も値段も大きすぎる感じがしましたので、泣く泣く断念してメニューから適当にアラカルトで注文することにしました。

29SEP-4

まずはじめに注文したのは温かいアントレ(スターター)、上画像の"Les St.Jacques a la creme et au vin blanc"(ホタテの白ワインクリームソース煮)です。
フランス語のアクサン記号は毎度ながら省略させてもらっています。
英語では"Dish of scallops with white wine and cream sauce"って感じでしょうか。
味は悪くないのですが、如何せん「ホタテ」の一粒一粒がかなり小さかったのが残念でした。
でも、このお料理の値段が60,000ベトナムドン(400円弱)だったのは、安いと思いました。

29SEP-5

メイン料理で選んだのは上画像の"Escalope de porc panee farcie au jambon fromage sauce poivre creme et frites"(ハムとチーズを詰め込んだ豚肉のはさみ揚げ ペッパークリームソース フレンチフライ添え)です。
ちなみにお値段は110,000ベトナムドン(800円ほど)でした。
「ファルシィ」とは詰め物にする料理法ですが、この場合、ハムとチーズを薄くのばしたポークではさんでパン粉を付けて揚げたものになっていました。
これが豚肉じゃなく、チキンで作っていれば「チキンコルドンブルー」という名前になると思います・・・あ、ソースはありませんね。
「ペッパークリームソース」は黒胡椒をミルで挽いたというレベルじゃなく、一粒が半分ほどに砕かれた程度にしか細かくなっていませんでしたので、かなりのスパイシーさを感じました。

29SEP-6

一つ前の「はさみ揚げ」の画像のお皿にはフライドポテトが写っていませんが、↑このように別の器に入って出てきました。
ブリュッセルでは、どんなものを注文しても必ず「こらしょ」とフライドポテトが出てきた事を思い出しましたが、このお店で出てきたポテトは量がちょうど良かったです。

こちらのお店に入る前は、値段が高そうだと思っていましたけど、ビール2杯と上記のお料理をいただいて、全部で1,500円程度でしたのでかなり安かったです。

このお店には帰国前に是非再訪したいと思っていましたが、時間が無くてそれも叶わずじまいでした。
将来、ハノイに来ることがあったら、もう一度利用したいと思います。

-----------------------------------------
Bar - Restaurant
Le Petit Bruxelles
58B Tran Quoc Toan, Hanoi
http://www.le-petit-bruxelles.com






Last updated  September 29, 2008 08:57:31 AM
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:Le Petit Bruxellesでディナー(09/29)   づかごん1221 さん
料理よりもタイガービールのジョッキに目がいってしまいます。このジョッキが欲しくなりましたよ。 (September 29, 2008 12:27:59 PM)

Re[1]:Le Petit Bruxellesでディナー(09/29)   taketoshi67 さん
◆づかごん1221さん
こんにちは。

>料理よりもタイガービールのジョッキに目がいってしまいます。このジョッキが欲しくなりましたよ。

ビアジョッキをお土産にすることまでは考えていませんでした。
こういうものもメーカーから提供されるものですから、言えば貰えたかも知れません。
あらためて見てみると、ロゴの配置など、なかなかセンスが良いデザインですね。 (September 30, 2008 07:10:59 AM)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.