3519621 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Taketoshiのヨッパー部屋 <Enak saja!>

PR

Profile


taketoshi67

Free Space

banner

Calendar

Comments

Favorite Blog

夜の食事 New! charme4810さん

六本木「ずぶ六」で… 飲みニスト0430さん

LIGHT MY … ARK2005さん
おきらくyuyuchama!! ゆうゆ2さん
版画、株,アンケー… yhtims56さん
BearHugのべあー君が… Natuliraさん
* ころりんナンデモ劇場… とんちゃん27さん
France好きの美味し… poeme-utさん
主婦 普通科 ララミホさん
パンダママのニチジ… Shizooさん

Archives

January , 2020
December , 2019
November , 2019
October , 2019
September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019
May , 2019
April , 2019

Category

February 23, 2009
XML
カテゴリ:ホテルステイ
今日のエントリーは昨日に引き続き、ANAインターコンチネンタルホテル東京に宿泊したときの様子を紹介しますが、その前に別の話題を一つ・・・。
以前、拙ブログの20万ヒットの到達予想をしていただいて、見事一番近い予想をしていただいた「北海の羆」さんに賞品として私が出張地(ベトナム、東ティモール)で買ってきた珍しいご当地の「即席袋入り麺」の詰め合わせをプレゼントしたところ、お返しとして以下のようなものをいただいてしまいました。

23FEB-1

北海の羆さんはそのハンドル名の通り、北海道にお住まいということで、これまた北海道関連の食べ物類が日本郵政のエクスパックにいっぱい入って届きました。
今回の出張前に試してみたかったのですが、まだ手を付けていないものもあります。
画像の中で「網走監獄キャラメル コーヒーブレンド」は、今回の出張に持参して、血糖値が低くなってきたら一粒ずつ食べるようにしています。
北海の羆さん、本当に有難うございました。

<<その1からの続き>>

さてさて、ココからが本題です。
チェックインしてからカクテルタイムが始まる17:30まで大丸東京で食材などを買い込んで、再びホテルに戻ってきました。
この度のリニューアルで同ホテルのクラブラウンジは都内でも最大級のフロア面積を誇るものになったとのことでしたので、私達もカクテルタイムを楽しみに待っていました。

時間にして17:40ぐらい、始まって10分足らずでしたが、ラウンジは既に大勢のゲストで座る場所を確保するのも難しい状況でした。
はじめ、2人掛けのテーブルがなくて、4人掛けのテーブルに座って、私はドリンク担当、相方はフード担当でそれぞれのところから適当に持ってきました。

22FEB-1

22FEB-2

最初にサービスされていたフードは、ピンチョス系のもの、鞠寿司、創作巻寿司、カナッペ、ブラックオリーブなどでした。
これでも相方が頑張って確保した方で、最初のうちはゲスト同士でマトモなフードの奪い合い状態になっていました。
ドリンクは画像にありませんが、モエ・エ・シャンドンのシャンパーニュを注いできました。
ドリンクコーナーには他に赤ワインや白ワインもありましたが、シャンパーニュの消費具合は相当早くて、次から次へとボトルが空になっていく感じでした。

22FEB-3

カクテルタイムは19:30までの2時間限定、1時間が過ぎた頃にはゲストの数も徐々に落ち着き、私達も2人掛けのテーブルに移ることができました。
ゆっくりと飲めるようになってきましたので、今度は私がフードを確保しに行きました。
時間が経つにつれて、最初の頃はなかったテリーヌ類が出てきていましたので、それらも確保して席に戻りました。
ドリンクは相変わらずずっとシャンパーニュを飲み続け、最後の頃になって白ワインや赤ワインを少しいただいた程度でした。

2人掛けの席に移ってから、隣の席に老夫婦が座られました。
こういうホテルに来ているゲストである以上、それなりの方たちだと思いましたけど、飲食の振る舞いといい、話している会話の内容といい、「只者ではないな」という印象を持ちました。
どちらから声を掛けたのかは忘れてしまいましたが、「ワインはお好きですか?」みたいな話題になり、奥様(私の母親と同年齢くらい?)はボルドーワインが好きで日頃から嗜んでいて、いつかはボルドーに訪れたいとか。
会話をする中で、ご夫婦はクラシック音楽が好きで、時間を見つけてはサントリーホールまでコンサートを聴きにきていること、その際に同ホテルを常宿としていること、毎年ウィーンまでコンサートのために訪れていること、新潟県在住の元医学部大学教授(奥様も医師)であることを知りました・・・この事実を知って、ご夫妻の上品さの理由が分かりましたね。

会話が弾む中、私がデザートにあったキルシュ風味カヌレを食べていたら、奥様から「それは何というお菓子でしょうか?」と質問されました。
私が知ったかぶりで「これはボルドー地方に伝わる伝統的なお菓子で、『カヌレ』というものです、これにはキルシュ酒で香り付けしてあって・・・」などと続けて、その場で適当に説明すると、奥様は「メモ」まで取って真剣に聞いてくれました。
もっとしっかり説明すれば良かったなぁと反省・・・。

22FEB-4

ご夫婦がお帰りになった後、相方と「歳をとっても、あのご夫婦のような素敵なカップルになりたいよねぇ」と話しましたが、私達はまだまだ"子供"で足元にも及ばないことを実感・・・日々修行を重ねなければと思いました。
国会議事堂がぽっかり浮かび上がっている夜景も悪くないなぁと思いつつ、カクテルタイムもタイムアップ、私達もお部屋に戻りました。

次回は翌日の朝食の様子を紹介します。
この続きは「その3」で。






Last updated  February 23, 2009 12:54:46 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.