3929440 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Taketoshiのヨッパー部屋 <Enak saja!>

PR

X

Profile


taketoshi67

Free Space

banner

Calendar

Comments

Favorite Blog

夜の食事 charme4810さん

信長のシェフ30巻 yhtims56さん

LIGHT MY … ARK2005さん
おきらくyuyuchama!! ゆうゆ2さん
BearHugのべあー君が… Natuliraさん
* ころりんナンデモ劇場… とんちゃん27さん
France好きの美味し… poeme-utさん
主婦 普通科 ララミホさん
シェフの独り言 オステルリースズキさん
** みかん絵日記 ** 冷凍みかんぼうやさん

Archives

October , 2021
September , 2021
August , 2021
July , 2021
June , 2021
May , 2021
April , 2021
March , 2021
February , 2021
January , 2021

Category

June 23, 2013
XML
カテゴリ:麦酒・ビール
コンフェデレーションズカップ2013、日本代表はグループステージ全敗という結果に終わりました。
1年後のW杯本番で最低でも決勝トーナメントに進出できるよう、強化を進めていって欲しいと思います。

本日、浦安の舞浜近くにある浦安市総合体育館で行われるFリーグ(フットサル)の公式戦を観戦しに行きます。
ゲームは「バルドラール浦安VSアグレミーナ浜松」というカードですが、当然ながら「アグレミーナ浜松」の応援をすることになります。
フットサルの観戦は、ジャカルタに在住しているときに住んでいたアパートの近くの体育館で開催されたアジア選手権で当時のフットサル日本代表の試合を見に行って以来ですので、かなり久しぶりですが、雰囲気を楽しみたいと思っています。

さてさて、今日のエントリーは6月15日(土)にワイン繋がりのS夫妻と約束して訪れた【デリリウムカフェトーキョー】で飲み食いしたものを紹介します。

R7175143r.jpg

霞が関の東京倶楽部ビル1階にある【デリリウムカフェトーキョー】は私の職場からすぐのところにあります。
ランチ利用は何度かしたことがありましたが、「飲み」で利用するのは初めてでした。
S夫妻は、この夏、実際にベルギー旅行をするということで、最近ベルギービールにハマっているようです。
今回、2年半ほど前にベルギー旅行した私達と交流することで、ビールを飲みながら、ガイドブックには載っていない現地情報を教えてあげるなどして盛り上がりました。

R7175123r.jpg

相方さんはネイルサロンに行っていて遅れて合流することになっていたため、お店に集まってから、まずは3人で乾杯して宴がスタートしました。
私が最初に注文したのは、上画像の「セント・ベルナルデュス グロッテンビア」(820円)でした。
ビールの知識については非常に疎いので、スイマセンがそれぞれのビールについて詳細な説明ができません。
ベリリウムカフェのホームページから情報を抜粋すると、「オレンジ等の柑橘や洋梨の香 りバナナ、他にない独特でスパイシーな香りを持つ。」とありました。
ビールもワインと同じようにテイスティングしながら飲まないと、上述の香りのニュアンスは分からないと思います。
どうしても、ビールはグイグイと「オヤジ飲み」してしまうので、難しいですね。

R7175127r.jpg

ということで、得意な食べ画像をアップしていきます、w。
ビールによく合いそうなモノをメニューから適当に選んでみました。
上画像は「江戸前穴子とズッキーニのフリット」(750円)です。
フリットというよりも衣が厚めな天ぷらという感じでした。
江戸前穴子は柔らかくて臭みもなく、このままでも十分美味しいものでしたが、「ワサビ塩」があるともっと良かったかも知れません。

R7175124r.jpg

↑コチラは「ベルギー産フライドポテト(ベルジャンフリッツ) 3色の特製ソース」(780円)です。
ベルギー名物といえば「フリッツ」ということで、これはベルギービールを飲むときには外せないおつまみの一つと言えます。
カットされている大きさもマチマチですが、中は柔らかく外はカリッと揚がっていました。
三種類のソースは、赤:BBQソース、黄:自家製マヨネーズ、黒:イカ墨マヨという組み合わせでした。
このソースの中では「イカ墨マヨ」が良かったです。

R7175130r.jpg

↑コチラは遅れて出てきた「サーモンのリエット」です。
1人315円のチャージに含まれる「お通し」がコレで、1人前の量です。
"meiji"と刻まれているクラッカーに乗せて、カナッペのようにして食べましたが、どうしてもリエットの方が余ってしまいましたので、最後の方は直接掬って食べました。

R7175132r.jpg

2杯目は、↑コチラの「デリリウム・トレメンス」(1200円)を注文してみました。
【デリリウムカフェ】の名前にもなっている「デリリウム・トレメンス」は、同店のホームページによると、ラテン語で「アルコール中毒による幻覚症状」という意味だそうです。
アルコール度も8.5%と高いので、普通にグイグイ飲んでしまうと目の前に何らかの「幻覚」が現れるのかも知れません、w。
いわゆる、暑気払いの筈である「クールビズ」が「ビールクズ」になる瞬間ですね。

R7175135r.jpg

続いてフードメニューから追加注文したのは、↑コチラの「夏野菜の青豆サラダ」(550円)でした。
枝豆を中心に空豆やトマト、モッツァレラチーズなどが入っていました。
暑い夏にはピッタリの酸味がきいた冷たいサラダでした。
この日、注文したフードメニューの中で、この「青豆のサラダ」が一番良かったと思います。

R7175139r.jpg

3杯目は、↑コチラの「クーデシャルール ブラウン」(1,100円)のボトルビールを注文しました。
このビールだけ、お店のスタッフさんに「オススメ」を聞いて注文したものです。
このあたりまでくると、「勢い」だけで飲んでいるので、飲み口だとか味だとか、そういったことは全く覚えていません。
ただ、最後までには、すっかり飲み干したことは確かです。

R7175140r.jpg

最後に紹介するのは、↑コチラの「ニシンの酢漬け」(600円)です。
これは、遅れて合流した相方さんの「お通し」だったものでした。
これを見て、先に飲んでいて既に出来上がっていた先の3人が「コレ、アラカルトで欲しい」という意見で一致して店員さんに尋ねたところ、一旦カウンターに引っ込んで確認後、「OKです!」との返事をもらうことができました。
生オニオンスライスと鰊の酢漬け、北欧料理にありそうな組み合わせで、その酸味の強さから強めのアルコールにしか合わないと思われがちですが、案外ビールでもいけることが分かりました。
少なくとも1つ前の画像で紹介した「クーデシャルール ブラウン」では負けていませんでしたが、フルーティなタイプのビールには難しいと思います。

このお店で飲んでいる途中から、「2軒目はどうしましょう?」的な流れができていましたので、遅れてきた相方さんは「デュベル」のボトル1本だけで終わってしまいましたが、ここで打ち止めとしました。
お会計を済ませた後、タクシーを拾って有楽町方面に移動して2軒目のワインバーを目指しました。
明日は、そのワインバーで飲み食いしたものを紹介する予定です。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  June 23, 2013 06:32:16 AM
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.