3955205 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Taketoshiのヨッパー部屋 <Enak saja!>

PR

X

Profile


taketoshi67

Free Space

banner

Calendar

Comments

Favorite Blog

夜の食事 charme4810さん

LIGHT MY … ARK2005さん
おきらくyuyuchama!! ゆうゆ2さん
版画、株,アンケー… yhtims56さん
BearHugのべあー君が… Natuliraさん
* ころりんナンデモ劇場… とんちゃん27さん
France好きの美味し… poeme-utさん
主婦 普通科 ララミホさん
シェフの独り言 オステルリースズキさん
** みかん絵日記 ** 冷凍みかんぼうやさん

Archives

December , 2021
November , 2021
October , 2021
September , 2021
August , 2021
July , 2021
June , 2021
May , 2021
April , 2021
March , 2021

Category

May 1, 2015
XML
今日から5月ということは、よくよく考えてみると、2015年も1/3が過ぎたということを意味します。
私の職場も5月から「スーパークールビズ」がスタートして、ノーネクタイ・軽装がOKとなります。
暑苦しくならないのはいいのですが、自分を含めて、やはりネクタイをしていないと「だらしなく」見えてしまいます。
「スーツ萌え」の方々だって、ネクタイもポイントの一つだと思いますし、更にノージャケットだとシャツがそこそこ格好良くないとピシッと映えないんですよ。
ということで、私自身はもう暫くの間、ネクタイ着用を続けるつもりです。
クールビズよりも「ビールクズ」がお似合いな私です。

さてさて、今日のエントリーは4月19日(日)に宿泊した【リッチモンドホテル山形駅前】というホテルで食べた「朝食ビュッフェ」を画像で紹介します。

IMG_3628r.jpg

朝食ビュッフェ会場のホテルレストランに入って初めて、このホテルの人気は「美味しい朝食」に支えられていることに気付きました。
上画像にあるように、旅行情報サイトの「トリップアドバイザー」のクチコミで、2013年~2014年と2年連続で「朝食が美味しいホテル」のトップ20に選出されていました。
この他、地産地消を推進するという意味で山形産の「つや姫」のご飯が食べられるということで、県知事のサインが入った登録証や「全農山形」の認定証が飾られていました。
「朝食ビュッフェ」を利用する前にこの認定証などを見ただけでも、かなり期待できます。

IMG_3612r.jpg

ビュッフェは和洋折衷の献立がずらりと並んでいましたが、どちらかというと山形の地方色豊かな「おかず」が多く、全部手を出して食べたいと思うほどでした。
それでも、「塩焼きそば」と「焼売」の誘惑には勝てず、結果的に上画像のように色々なおかずが混在するお皿になってしまいました。

IMG_3615r.jpg

↑コチラは前にアップした写真と同じ大きさのお皿に、同時に盛ってきた2番目のお皿です。
これらもなんだかんだで「チャンポン」な内容でしたが、この中では「しめじとほうれん草の胡麻和え」が美味しかったです。
どのおかずも味が濃いというか塩気が強いものが多い中、この「胡麻和え」は良い感じにまとまっていて食べやすかったです。

IMG_3616r.jpg

「玉こんにゃく」を3玉ほど小皿に盛って取ってきました。
イカと一緒に醤油で煮て味付けしてありましたので、こんにゃくの中の方までしっかり味がしみていました。
食べ方がよく分かりませんでしたが、近くに置いてあった「ねりからし」も一緒に盛り付けて、食べる際に少し付けて食べてみました。
「ねりからし」はあまり付けすぎないようにするのが美味しく食べるコツなのかも知れません。

IMG_3620r.jpg

朝食ビュッフェと言えば、↑やっぱり「朝カレー」でしょう!、ということで、お約束ながら平皿にご飯をよそって、そこにカレーソースを盛り付けてみました。
カレーは山形牛がトロトロになるまで煮込んであってコクがあったことは間違いありませんが、それ以上に「つや姫」のご飯が美味しかった方が強く印象に残りました。
ご飯が美味しければ、「カレーは飲み物」として片付けられなくなることが証明されました。

IMG_3622r.jpg

ここで真打ち登場!、お待ちかねの「いも煮」です。
スタグルでもたくさんの種類が売っていましたが手を出さず、ホテルの朝食ビュッフェでは必ずメニューにあるだろうと思っていたところ、やはりこの郷土料理は当然のように「看板メニュー」になっていました。
聞くところによると、同じ「いも煮」でも地方によってそれぞれ特色があるとのこと。
確かに酒田や鶴岡など日本海側に近い庄内地方、最上地方、村山地方、置賜地方と気候も風土も特産物も異なる場所ではそれぞれの「いも煮」のスタイルがあって然るべきだと思います。
今回、朝食ビュッフェでいただいた上画像のものがどの地方のものに近いのかまでは分かりませんでしたが、ホテルの朝食でありながら限りなく「家庭の味」に似たものということだけは感じ取ることが出来ました。
これまで紹介してきたとおり、カレーなど他のものにも手を出してしまったため、いも煮はこれ1杯だけしか食べることができませんでしたが、お腹が空いていれば何杯でも食べられると思いました。

IMG_3626r.jpg

最後に紹介するのは、デザートとして食べた「パンケーキのヨーグルト添え」です。
残念ながらヨーグルトに関しては市販のカップ入りのものしか置いてありませんでしたが、容器から全部だしてパンケーキに添えて、更にパンのコーナーにあった「ブルーベリージャム」を足して、見た目が「デザート」っぽくまとまるようにしてみました。

朝食ビュッフェしか営業してないレストラン、私達は宿泊のプランに付いているものでしたが、大人1人1000円で食べることが出来るようです。
これだけの内容で1000円ならば決して高くないと思いますし、クチコミなどでの評判が高いのも納得できました。
山形に観光、出張でお出掛けの際は、「リッチモンドホテル山形駅前」の朝食ビュッフェのことを思い出して下さい。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  May 1, 2015 07:54:19 AM
コメント(0) | コメントを書く
[ビュッフェ・バイキング・食べ放題] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.