3415480 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Taketoshiのヨッパー部屋 <Enak saja!>

PR

Profile


taketoshi67

Free Space

banner

Calendar

Comments

Favorite Blog

夜の食事 New! charme4810さん

江原さん第何弾? yhtims56さん

池袋で、美味しい青… 飲みニスト0430さん

LIGHT MY … ARK2005さん
おきらくyuyuchama!! ゆうゆ2さん
BearHugのべあー君が… Natuliraさん
* ころりんナンデモ劇場… とんちゃん27さん
France好きの美味し… poeme-utさん
主婦 普通科 ララミホさん
パンダママのニチジ… Shizooさん

Archives

October , 2019
September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019
May , 2019
April , 2019
March , 2019
February , 2019
January , 2019

Category

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

ファミレス

December 9, 2015
XML
カテゴリ:ファミレス
今日のエントリーは12月12日(土)の遅めのランチで利用したファミレス【jonathan's】(ジョナサン)西池袋店で食べたものを紹介します。

この日は早朝から両国SUNRIZEというライブハウスでライブを観てから、夕方から池袋で野暮用があったので移動してから、食べていなかったランチを食べることにしました。
時間は既に15時をまわっていて中途半端な時間だったため、ガッツリ食べるというよりも小腹を満たす感じのランチが食べられるところを探したところ、池袋駅西口から徒歩2~3分の場所、分かる人には「西口五叉路」の交差点と書けば一発で分かるところにある【ジョナサン西池袋店】に初めて入ってみることにしました。
「おひとりさま」でファミレスを利用したのは十数年ぶりだと思います。

IMG_3298r.jpg

ハンバーグやステーキなどのグリル系お肉料理ではお腹が膨れるというよりも、夕飯まで影響を引きずる恐れがあったため、選んだメニューはボリュームこそありましたが、ヘルシー系でまとめてみました。
注文後、最初に着皿したのは上画像の「スチームチキンとアボカドのサラダ」(182kcal、税込み646円)です。
サラダを注文すると4種類のドレッシングから1つを選べるようになっていましたが、ドレッシングが苦手な私はもちろん「ドレッシングなし」を選びました。
蒸し鶏のほぐし身とアボカドの他、ブロッコリー、レタス、トマト、パプリカ、オニオンが入っていました。
蒸し鶏のほぐし身に塩分があるので、ドレッシングなしでも十分美味しくいただけました。

IMG_3303r.jpg

続いて着皿したのは、↑コチラの「ムール貝の白ワイン蒸し」(346kcal、税込み484円)です。
若干小粒のムール貝で食べにくかったのは否めませんが、1人で食べると考えればサイドメニューとしては十分なボリュームだと思います。
糖質制限をしていてもたまに「フライドポテト」が食べたくなるため、このメニューには少量でしたが添えられていたのも私的にはポイントが高かったです。
グラスで白ワインが飲みたくなりましたが、この後に用事があったためガマンしました。

IMG_3307r.jpg

最後に紹介するのはデザートとして注文した、↑コチラの「アサイーヨーグルトボウル」(161kcal、税込み430円)です。
ブラジルのアマゾンが原産と言われている希少な「アサイー」をプレーンヨーグルトと一緒に合わせて、ベリー、バナナ、キウィフルーツ、シリアルをトッピングしたものでした。
メニューカードの写真紹介では、クランベリーではなく「ラズベリー(フランボワーズ)」が使われていましたが、代役として役目は果たしていたと思います。
そんなにコッテリしたものは食べませんでしたが、この「アサイーヨーグルト」で口の中をサッパリさせることができました。

以上3品、合計689kcalのランチをペロリと平らげてしまいました。
でも、よくよく考えてみると、この摂取カロリーでも、牛丼やかつ丼を1杯食べるよりも低く抑えられていると思います。
野菜、フルーツもたっぷり食べることができたので自分の中では良いチョイスだったと思っています。

一人でのファミレス利用、まぁ「おひとりさま」には慣れているものの、周りのお客さんの話し声は話している内容が筒抜けに聞こえてしまうのが苦痛で、正直しんどかったです。
次回利用する時は携帯音楽プレーヤーのイヤホンで耳を塞ぐなどして対策を施した方がいいと思いました。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  December 20, 2015 05:00:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
September 6, 2015
カテゴリ:ファミレス
昨日は相方のお父様(私の義父さん)の一周忌法要に参列しました。
前々からいろいろと段取りや手配をしていて上手く事が運んだかと思いきや、当日になってちょっとした「失態」がありました。
それでも法要、お墓参り、会食という一連の流れはきっちりこなすことが出来たと思います。

さてさて、今日のエントリーは8月31日(月)の晩ご飯で食べたものを紹介します。
この日は新潟から東京に戻ってきて、レンタカー返却時間まで余裕があったので、相方さんを西新宿まで迎えに行き、その足で晩ご飯を食べることにしました。
なるべく近所で食べた方が安心できるので、青梅街道を通って西東京市と過ぎてお隣の東久留米市にある「ロイヤルホスト」を利用することにしました。
同店を利用するのは初めてでした。

IMG_7539r.jpg

時間も夜21時近くになっていましたので、私は軽く食べられればOKでした。
そこで注文したのは季節のスープとしてメニューにあった、上画像の「ヴィシソワーズ」(税込み486円)でした。
長崎県産、鹿児島県産のじゃがいも品種「デジマ」を使った冷たいスープは、裏漉ししたじゃがいものが存在感を示しており、乳製品で適当に誤魔化した感じではなく、私の好きなタイプの「ヴィシソワーズ」でした。
また、塩加減も絶妙で、追加トッピングされていたコンソメジュレも良い感じのアクセントになっており、大満足の一品でした。

IMG_7544r.jpg

メインディッシュとして注文したのは、上画像の「エッグベネディクト」(税込み896円)でした。
イングリッシュマフィンのパンを上下2つに割ったものの上に3mmほどにスライスされたハムとほうれん草のソテーを乗せて、そのうえから「ポーチドエッグ」を重ねたものです。
黄色がかっているのはエッグベネディクトには欠かせない「オランデーズソース」です。
名称は"オランダ"となっていますが実際にはフランス料理から発祥したもので、卵黄をレモン果汁と少量のバターまたはエキストラバージンオイルを加えて乳化させて、塩、胡椒、ワインビネガーなどで風味付けしたものです。
卵黄を使っているということで、ポーチドエッグとの相性は抜群ですが、上述した作り方をよく読んでもらうと、ほぼほぼ「マヨネーズ」に近いものなので相性がいいのは当然と言えば当然です。
マフィンのもう片方にはサラダ仕立てになったスモークサーモンとカッテージチーズがトッピングされており、エッグベネディクトと同じく美味しくいただけました。
ただ、かかっていたドレッシングが多すぎていたのが少々残念でした。

短めですが、今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  September 6, 2015 09:07:55 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 6, 2015
カテゴリ:ファミレス
6月6日、本日夕刻に出発し、移動を含めて8日間、カナダ・バンクーバーに滞在してサッカー女子W杯のなでしこジャパンのグループリーグ2試合を観戦する予定です。
ということで、来週丸々5日連続で有給休暇を取得することになって「いますが、昨日までは怒濤の忙しさで心身ともに疲れ切っています。
この旅行で少しでもリフレッシュというか、睡眠時間を確保したいと考えています。
毎度のことながら、何が起きるか分からない珍道中になると思いますが、相方共々無事に帰ってくることができるように楽しい旅にしたいです。

さてさて、今日のエントリーは若干時間軸が前後しますが、5月17日(日)のランチで利用した静岡限定のローカルファミレス【炭焼きレストラン さわやか】で食べた「梅しらす雑炊」を短く紹介します。

IMG_5129r.jpg

静岡に何らかのイベントで遠征にくると、相方さんがお気に入りにの【炭焼きレストラン さわやか】を利用することが多くなっています。
今回も宿泊したホテルでガッツリ朝食ビュッフェをいただいていたにもかかわらず、ランチで「ハンバーグ」を食べたいという相方さんのリクエストがあったため、午前11時の開店時刻を狙って、掛川本店にきてみました。
東名高速の掛川インターチェンジ近くにある支店では、アクセスが良いことから年がら年中混雑していますが、今回利用した町外れにある店舗は比較的空いていて狙い目のお店です。
私達が到着した時、11時を少しまわっていましたが、席待ちの行列はなく、すぐにテーブル席に案内されました。
たまたま、創業時の価格に挑戦みたいなキャンペーンが実施されていたため相方さんは「おにぎりハンバーグ」のセットを注文していました。
上画像にそのセットメニューに含まれていたドリンクが写っていますが、やはり「静岡」ということで「冷たい玄米茶」でした。

IMG_5131r.jpg

このお店に来たほとんどのお客さんは何らかの「ハンバーグ」メニューを注文するのが普通ですが、前述のとおり、朝食ビュッフェからそれほどインターバルがなく、お腹が空いている状態ではなかったため、同店で初めて「梅しらす雑炊」(税込み626円)を注文してみました。
上画像は鉄皿でグツグツ煮えたぎった状態でサーブされた「梅しらす雑炊」です。
画像中央左に写っている「刻みワサビ」を食べる前に全体に混ぜていただきました。

IMG_5135r.jpg

↑コチラがアップで撮影した写真です。
雑炊の卵とじの量が多いのか、ご飯全体を包み込むようになっていて、見た目は「蟹玉」の様になっていました。
それでも「卵とじ」はフワフワっとした状態でしたので、前述の「刻みワサビ」を混ぜる際、一緒に混ぜてお皿の底の方にまで「卵とじ」が行き渡るようにして食べました。
トッピングはメニュー名にもなっている「梅干し」と「しらす干し」がコラボしていましたが。それ以外では画像で緑色になっている「あおさ海苔」(恐らく浜名湖産)も卵とじの上にトッピングされていました。

ハンバーグを先に食べて、食後に〆の雑炊ということで考案されたメニューだと思いますが、これ単体でも「食事」として十分堪えられるボリュームでした。
今回、初めて「梅しらす雑炊」を注文して食べましたが、【さわやか】ではハンバーグ以外のメニューも美味しいことを改めて実感しました。
個人的な「オススメ」メニューがまた一つ増えました。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  June 6, 2015 05:01:11 AM
コメント(0) | コメントを書く
February 26, 2015
カテゴリ:ファミレス
ここのところ春っぽい暖かい日が続いていましたが、今日はまた冬に逆戻りして東京地方も冷たい雨に見舞われる予報になっています。
寒の戻りは仕方ないことですが、こういうパターンを繰り返していって、早く春本番の暖かさになって欲しいと思います。

さてさて、今日のエントリーは2月20日(金)の夜、仕事帰りに相方さんと待ち合わせして立ち寄った【Mia Bocca エミオ石神井公園店】(全席禁煙)で飲み食いしたものを紹介します。
久しぶりに同店を利用することにしましたが、西武池袋線の石神井公園駅は高架下が整備されて、拡張してオープンしたエミオの新しい飲食店も増えており、競争が激しくなっている印象を受けました。
同店のコンセプトは、北海道産食材の良さを引き出して作るイタリア料理をカジュアルに楽しむことができるというもので、これまで何度か訪れていますし、職場近くにある霞が関の「ミア・アンジェラ」も同じ系列のリストランテでたまに利用することもあるため、そこそこ勝手は分かっています。
今回利用したのには伏線があって、この数日前の寒い夜にも行こうとしてお店に行ったところ、20時半以降が貸切営業になっていたため利用できずに引き返すことになったからです。
従って、その時のリベンジもあり、週末金曜日というリラックスした時間が過ごせることを目論んで利用した次第です。

IMG_1620r.jpg

最初にドリンクとして、同店で提供されているハウスワインの「赤」をカラフェ(大、1900円)で注文しました。
上画像ですとサイズ感が分かりにくいと思いますが、(大)の容量は1000ml、つまり1リットルです。
ボトル換算だと1本半ほどですが、最近酒量が落ちてきているとは言え、ヨッパーな私達夫婦にとって、1人500mlというボリュームはそれほど高くない「ノルマ」です。

IMG_1623r.jpg

何種類か適当にフードメニューの中から注文したところ、一番最初に出てきたのは上画像の「北海道産タコとマチルダポテトのジェノベーゼ」(680円)という冷たい前菜でした。
赤ワインには合わせにくい「おつまみ」でしたが、お腹が空いていたこともあって、美味しくいただくことができましたが、最初からかかっていたパルミジャーノチーズは好みもあるから、客側で量が調整できるように後からトッピングする方がいいと思いました。
タコはかなり厚切りになっていて歯応えがあって良かったです。

IMG_1628r.jpg

続いて、↑コチラは「かにいっぱいサラダ」(880円)です。
これもまた絶望的に「赤ワイン」とは合わない料理でした。
メニューによると、このサラダで使われている蟹の解し身は100グラムとのことです。
2人でシェアしても蟹を沢山食べることができますので「蟹を食べた感」はあったものの、野菜の量がやや貧弱だと感じてしまいました。

IMG_1631r.jpg

プリモというか炭水化物の第一弾として、↑コチラの「ベーコンのアマトリチャーナ 日高マスカルポーネ添え」(1080円)というスパゲッティーニを使ったパスタを注文してみました。
本格的に作るとすると「グアンチャーレ」と「ペコリーノロマーノ」を使うことになりますが、ファミレスレベルで気軽に楽しむために、市販されている普通の「ベーコン」を使い、北海道らしさを出すために北海道日高乳業製(?)の「マスカルポーネ」を添えたものになっていました。
見た目では分かりませんが、このアマトリチャーナには結構な量のニンニクも入っていてパンチが効いた味付けで、そこそこ美味しかったです。

IMG_1634r.jpg

食べ終えた「アマトリチャーナ」で余ったトマトベースのソースをそのまま返してしまうのは勿体ないので、上画像の「自家製フォカッチャ」(1ポーション3個入り、200円)を急いで追加しました。
これを小さく千切って食べやすい大きさにしてから、「アマトリチャーナ」のソースをキレイに拭って完食しました。
このフォカッチャですが、軽く絞るだけで中から大量のオリーブオイルが滲み出てくるほど「オリーブオイル漬け」の状態になっており、若干食べにくかったことは否めませんが、これはこれで美味しかったです。

IMG_1637r.jpg

本日最後に紹介するのは、↑コチラの「4種チーズのピッツァ」(1380円)です。
メニュー名のとおり、4種類のチーズをほぼランダムにピザ生地上にトッピングして店内にある「ピッツァ釜」で一気に焼き上げたものです。
4種類のチーズを全てピタリと言い当てることは難しいと思われますが、どこを食べてもチーズが偏らないようにバランスよく配置されていました。
う~ん、ここまで散々色々なものを注文して食べてきましたが、結局のところが焼きたて熱々のピッツァがシンプルですが一番美味しく、お腹にたまると思います、

この日のお会計は2人で7000円ちょっと、この内、ハウスワインの値段だけで2000円以上でしたので、お腹いっぱいになったフード類だけでは5000円(2人シェアで2500円の客単価)だったことになります。
飛び込みで、しかもアラカルトのみの注文でしたので、この位のお会計で収まったことは良かったと思います。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  February 26, 2015 09:37:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
January 26, 2015
カテゴリ:ファミレス
今日のエントリーは1月17日(土)に【ガスト大和店】で食べた「辛口チゲ(半玉うどん入り)」を短く紹介します。

この日の早朝6時45分に浜松駅バスターミナルを出発して横浜YCATに向かいました。
浜松⇔横浜は、遠鉄バスが運行するE-LineRというインターシティの高速バスで、横浜駅YCATにはに11時頃に到着しました。
バスを下車すると、愛用している「定期券入れ」がいくら探しても見つからず、メチャメチャ焦ってしまいました。
その中にはパスモの通勤定期券(6ヶ月有効)をはじめ、バス定期券(3ヶ月有効)、レンタカーのメンバーズカード、献血カード、各種メンバーカードなどが入っていたので、紛失したと気付いた時はかなり落ち込んでしまいました。
到着時に考えられる場所には全て連絡して「落とし物、忘れ物」が届けられていないかを確認しましたが、この時点ではどこでなくしたのか全く見当がつきませんでした。

この日、大和駅周辺で月例開催されている『大和骨董市』に行くため、横浜から相鉄線に乗って大和駅に向かいました。
定期券をなくした反動が大きく、深く考えることなく駅前で適当にランチを食べることにしました。
時間は13時ちょっと前でしたが骨董市が開かれる第3土曜日でしたので人出が多く、駅近にある飲食店はどこもお客さんで賑わっていました。

IMG_0138r.jpg

たまたま【カフェレストラン ガスト」を見つけて入ってみると、私の前に待っていたお客さんは2~3組でしたので、少々待っても回転が良いのですぐに案内されると考えて名前をエントリーしてみました。
待っている時間を利用してメニューを眺めたところ、上画像の「辛口チゲ(半玉うどん入り」(599円)が良さそうだったので、他のメニューには見向きもせず、これを注文してみました。
この他、単品の「辛口チゲ」に「ごはん」(130円)をプラスしてみました。

IMG_0142r.jpg

↑コチラが「辛口チゲ(半玉うどん入り)」のアップ画像です。
画像のように豚肉、白菜、もやし、豆腐、うどん半玉などを煮込んだ鍋料理で、煮込んでから鍋中央に「玉子」を落とし、そのあとに刻んだネギをトッピングして見栄えを良くしていました。
「チゲ」=鍋ということですが、半玉のうどんが入っているため辛口の「煮込みうどん」のような感じでした。
上画像の中央下あたりには「コチュジャン」のような赤色のペーストが加えられていましたが、ファミレスで言うところの「辛口」なので、それほど強烈な辛さではありませんでした。
上記の具を全部平らげた後に残ったチゲの煮汁に、別途注文して追加した「ごはん」を全部投入し、よくかき混ぜてから「お茶漬け風」(雑炊風?)にしてから、レンゲを使ってキレイさっぱり完食しました。

後日、ガストのオフィシャルホームページでメニューの詳細を検索してみると、同じ「辛口ちげ」が見当たりませんでした。
メニューから削除されたと思いましたが、実は「ガストの冬鍋」というラインナップに変わり、うどんの代わりに「トッポギ」、豚肉の代わりに「牛肉」を採用したことで599円から799円に値上げされていました。
具が変わったことで、大きくスペック変更が生じたため、単純に比較できませんが、確実にグレードアップされたと思います。
本日紹介した「辛口チゲ(半玉うどん入り)」は、恐らく復活しないため今後は食べられないと思います。
少しでも気になった方は上述の通り「牛肉と寄せ豆腐の辛口チゲ(トッポギ入り)」として復活していますので、新しいメニューをお試し下さい。

短めですが、今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  January 26, 2015 10:58:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
January 19, 2015
カテゴリ:ファミレス
今日のエントリーは1月10日から12日まで2泊3日で浜松遠征した際、最終日12日のランチとして食べたものを紹介します。

この日、3連休の最終日だったこともあって、ドライバーの私からすると早めに高速道路を突き抜けて帰りたいという気持ちがありました。
従って、ランチは途中のサービスエリアでも良いと考えていましたが、相方さんがどうしても【炭焼きレストラン さわやか】で、お約束の「げんこつハンバーグ」が食べたいというリクエストがありました。
浜松市内のお店だと出発時刻が大幅に遅くなってしまうため、高速道路で東進して一番東京寄りにある富士市内の【さわやか】の店舗を目指すことにしました。
ご承知のとおり、【炭焼きレストラン さわやか】は静岡県内にしか店舗がない地方ファミレスですが、現在ある28店舗のほとんどは静岡県西部地方を中心に展開されています。
一番東京寄りの【さわやか】の東限は富士市にある2店舗ですが、東名高速道路の富士ICから近い「富士錦店」を目指すことにしました。
高速道路を途中で降りて、再び合流するのはコストが跳ね上がりなりますが、2日前に誕生日を迎えた相方さんの願いを叶えるために目を瞑ることにしました。

IMG_9951r.jpg

↑コチラが【さわやか】「富士錦店」の入り口付近を撮影した写真です。
上画像、写真右中央の下あたりに富士山を捉えていますが、光ってしまって見辛くなっています。
開店時刻はほぼ全店共通の朝11時ということが分かっていたので、高速道路を飛ばしてお店の駐車場には10時50分には到着しました。
到着後すぐにお店の中に入って、エントリーシートに名前を書きましたが、私達の前には既に10組以上のお客さんがエントリーしていて、「あちゃ~」ってことになりました。
従って、11時開店後すぐに席に案内されず、名前が呼ばれたのは開店してから10分後ぐらいでした。
一通りメニューを見ましたが、最初から牛肉100%、重量250グラムの「げんこつハンバーグ」(980円税抜き、1,058円税込み)を単品で注文しました。
相方さんは「ライス」と「カップスープ」を追加注文していましたが、私は朝食を食べ過ぎていたこともあって「げんこつハンバーグ」だけを注文しました。

IMG_9950r.jpg

注文してから待つこと5分ほどで、↑コチラの「げんこつハンバーグ」が運ばれていきました。
上画像はげんこつの大きさほどに固められたハンバーグの塊を半分にカットして、熱してある鉄皿の上で追加で火を通した後で撮影した写真です。
選べる2種類のソースは、いつも醤油ベースで和風の「オニオンソース」を選びますが、私の周りで【さわやか】を知っている人のほとんどが「オニオンソース」のファンだという事実があります。
炭水化物を注文しませんでしたが、ハンバーグそのものでお腹がいっぱいになりますし、付け合わせの「ポテト」、「ブロッコリー」、「カボチャ」、「ニンジン」もそれなりのボリュームがあって満足できました。

ご覧のとおり【さわやか】で「げんこつハンバーグ」のランチを食べて、11時40分には再び東京方面に向けて出発しました。
渋滞もなくスムースに海老名ジャンクションまで到達できて時間も早かったので、レンタカーを借りたときぐらいしかアクセスが難しい義父のお墓参りに立ち寄りました。
納骨に立ち会った以降で初めての墓参りすることを相方さんに提案したところ、彼女も喜んでくれてすぐに八王子市内の墓苑に向かいました。

1月10日から12日までの浜松遠征記は以上でオシマイです。
短めですが、今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  January 19, 2015 09:14:33 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 7, 2014
カテゴリ:ファミレス
今日のエントリーは、9月10日に逝去されて10月18日(土)に執り行われた相方さんのお父様の『四十九日法要』の際に列席者の方々との会食で利用した【しゃぶしゃぶ どん亭】福生店で食べた「しゃぶしゃぶ」をサクッと紹介します。

早朝からレンタカーを借りて相方の実家へ向かい、そこで新調した位牌や遺骨が納められた骨壺などを持って、改修工事中のお寺の仮本堂へ入りました。
そこで住職が読経を済ませて納骨する準備を整え、お寺とは離れている場所にある八王子市内の霊園に行き、お墓の中に納めました。
簡単に2文で書きましたが、以上の行程が全部終わるまで4時間ほどを要しています。
納骨が済んでからは列席者を一堂に集めて会食をすることが通例ですが、会食に出席する人数を確定させる作業に加えて、お店の予約や料理の手配などの事前準備もあったため、相方さんはお母様と何度も打合せを重ねて、福生市内にある【しゃぶしゃぶ どん亭】というお店を選んでいました。
お寺で行う法事では、人数分の仕出し弁当を注文するだけで済ませることができますが、お寺とお墓が離れた場所にあるため、いわゆるケータリングサービスが受けられないのがネックでした。
【しゃぶしゃぶ どん亭】送迎バスを出してくれるサービスがあったことと、元々「食べ放題」メニューをウリにしているお店ということでリーズナブルな値段だったことが、コチラのお店に決めた理由でした。
しかしながら、今回の会食は野菜は「食べ放題」でしたが、肉は1人前の量を固定して値段を抑えた定額料金制で、お肉の追加オーダーは別料金という話でした。

では、以下に「しゃぶしゃぶ」の様子を紹介していきます。

IMG_3832r.jpg

お店に入って予約名を告げると、上がりの4人掛けテーブル席が3卓ずつの2列で、都合24席が確保されていました。
テーブルにつくと、上画像のような「しゃぶしゃぶ鍋野菜盛り合わせ」がてんこ盛り状態でセットされていました。
この盛り付けをよく見てみると、野菜ばかりではなく豆腐や春雨(商品名:マロニー)、平べったい饂飩のようなものが含まれているのが分かります。

IMG_3830r.jpg

↑コチラは野菜類とは別盛りになっていた「しゃぶしゃぶ鍋煮込み種」です。
これらには、ミニロールキャベツ、餅巾着、厚揚げ、白玉団子、湯葉、ミニ小籠包などが含まれていました。
私自身の数少ない経験では、寄せ鍋なら何となく理解できますが、「しゃぶしゃぶ鍋」に上記のものを投下して食べるという感覚がないので、この盛り付けを見た時は「変わり種」が多すぎると率直に思いました。

IMG_3838r.jpg

しゃぶしゃぶのだし汁は2種類選ぶことができるような鍋の作りになっていました。
個人利用の際、5種類から選べますが、こうした会食の場合は到着してからでは段取りが難しいので、恐らくお店側の担当者と事前打ち合わせして「昆布だし」(鍋左側)と「鶏白湯だし(鍋右側)に決めたと考えられます。
厚揚げや餅巾着など、油揚げを使っていて煮込むと油がでるような種はなるべく「鶏白湯だし」の方に投入しましたが、最初はともかく、次に紹介する牛肉を沈めていくに従って「灰汁」も出てくるので、徐々にどちらでもOKみたいな感じになっていきました。

IMG_3836r.jpg

↑コチラがしゃぶしゃぶ用の「牛ロース」です。
上画像が1人前のボリュームです。
画像でみると、赤身と脂身の部分がきっちり分かれていて美味しそうに見えますね、w。
値段のことを考えれば、十中八九「輸入牛肉」だと思いますが、しゃぶしゃぶ用に極薄切りされていたこともあって、食感が伝わりにくく「肉を食べた」という気がしませんでした。
しゃぶしゃぶ肉は同じ1人前でも「牛ロース」か「豚ロース」かを選べましたので、もしかすると「豚しゃぶ」にした方が食べ応えがあったかも知れません。

IMG_3834r.jpg

実は「しゃぶしゃぶ鍋」の他に「おつまみメニュー」として大皿でシェアできる総菜なども2~3品注文していました。
画像はありませんが、お鍋とは他に「にぎり寿司」や「海老フライ」があり、上画像の「枝豆」もこれと同じものでした。
枝豆は塩ゆでしていても薄味でしたが、しゃぶしゃぶのポン酢やごまだれの味が強いので、ビールなどのアルコール類と一緒に食べるおつまみとしてはピッタリだと思いました。

以上、法事の後の会食で食べた「しゃぶしゃぶ鍋」などを紹介しました。
個人利用の「食べ放題」とは勝手が違うとは思うものの、個人で系列同店に行って「しゃぶしゃぶ鍋」をリピートするかどうかは微妙です、w。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  November 7, 2014 09:44:19 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 26, 2014
カテゴリ:ファミレス
前日のエントリーで【炭焼きレストラン さわやか】で食べたランチを紹介したところ、土曜日にもかかわらず(土日はアクセスが減る傾向にあります)、閲覧アクセス数が通常の1.5倍近くまで増えていました。
多くの方々が静岡のローカルファミレス【さわやか】に興味をもってもらえていることはウレシイ限りです。
【さわやか】の「炭焼きハンバーグ」のように、全国的に余り知られていない、安くて美味しいご当地グルメがたくさん埋もれていると思いますので、ブロガーの方は是非とも発信して欲しいと思います。

さてさて、今日のエントリーは10月11日(土)に静岡・エコパアリーナで行われた小田和正さんのコンサートツアー【本日♪小田日和】初日の様子と、終演後にホテルに戻る途中に立ち寄った【Cafeレストラン ガスト】で食べた「海老マカロニグラタン」を短く紹介します。

IMG_3628r.jpg

海外出張等で日本にいない時を除いて、ここ10年ほどは小田さんの全国ツアーは必ず観に行っています。
今回、7月に行われた東京体育館での東京開催第一弾には先行発売の抽選でことごとく外れて行くことができませんでしたので、静岡エコパが最初で最後になりました。
チケットの取りやすさもあって、ここ最近、連続でエコパ開催時のライブは皆勤賞で行っています・。
上画像のツアートラックは全てのコンサート会場の空き地に格好良く駐車してあり、ライブに来たお客さんがこのトラックと一緒に記念撮影するスポットになっています。
この写真を見る限り、記念撮影している人は「誰もいません」という感じになっています。

IMG_3633r.jpg

いえいえ、一つ前の画像はカメラのスペックでかなり近寄ることができるからこそ撮影できた写真なので、実際は誰もいないなんてことはなく、ちょっと油断した隙に大勢のお客さんが集まってきました。
ということで、後ろに下がって距離を取ってみると、↑こんな感じで次々とファンの皆さんが集ってきて、好き勝手に記念撮影をしていました。
よく見ると、写真右にはもう1台のツアートラックがあり、この2台が開場にやってくるゲストを迎える恰好になっていました。

IMG_3638r.jpg

開場時間になったので、順次エコパアリーナの中に入りました。
アグレミーナ浜松の試合でいつも観戦しているスタンド席ではなく、今回の抽選で当たった座席はラッキーなことにアリーナ席、ステージのほぼ正面という「神席」でした。
上画像は座席からステージ方面に向いてこっそり撮影した写真です。
ステージ後ろの大型スクリーンが座って正面に見えるところでしたが、花道もすぐ近くに設置されていました。
コンサートは18時過ぎから始まり、アンコールを含めておよそ3時間という長丁場でした。

終了後、駐車場から車を出すだけでかなり時間がかかりましたが、駐車場さえ抜けてしまえばあとは袋井から掛川のローカルな道路を走るだけなので楽に移動することができました。
時間も22時に迫っていましたが、ホテルで一杯引っ掛ける前に掛川市内の旧国道1号線沿いにある【ガスト掛川店】で軽く食事することにしました。

IMG_3640r.jpg

食事後にホテルに戻ってから飲み直すことにしていましたので、【ガスト】では軽めのメニューを選ぶようにして、上画像の「海老マカロニグラタン」(414kcal、税抜399円=税込430円?)を注文しました。
この手のグラタンでは、やたら塩気が強いものがよくありますが、今回食べたものについては味付けはかなり抑え目で食べやすかったです。
550kcal以下のメニューとして取り上げられていた「海老マカロニグラタン」ですが、これだけではお腹が満たされなくても、ホテルに戻る前にコンビニで缶ビールとアテを買って帰りましたのでガストでの食事はこれで十分でした。

明日は翌朝食べた朝食ビュッフェの様子を紹介する予定です。
今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  October 26, 2014 08:58:15 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 26, 2014
カテゴリ:ファミレス
当地、朝の5時40分、クイアバ空港なうです。
昨日からWiFi接続の調子が悪く、ずっと更新できない状態が続いていました。
現在、相方さんのiPhone先生のデザリング機能を拝借して更新しています。
これから国内線でクイアバを出発してサンパウロ経由で帰国の途に就きます。
長かったブラジルW杯を絡めた休暇も今週一杯でオシマイとなります。
本日の更新が遅くなったもう一つの理由は、早朝からパンタナール湿原の日帰りツアーに参加していたためです。
ブラジルに来てW杯観戦以外で観光らしきことをしていませんでしたが、最後の最後に乗り合いツアーでほぼ丸一日かかって往復してきました。
その時の様子は後日あらためて紹介します。

さてさて、今日のエントリーはレシフェに到着した日の晩ご飯で食べた「Camarão do Frade」を紹介します。

R7181916r.jpg

利用したのは【ショッピング・レシフェ】という巨大モールの中にテナント入店している【PLIM PIZZA】というピッツァを中心としたファミリーレストラン的な位置付けのお店でした。
同モールには数多くの飲食店がありましたが、このお店はお客さんがひっきりなしに入っている繁盛店でしたので、何となくその人気に誘われた感じで入ってみることにしました。
ピッツァ以外のメニューもそれなりに充実していましたが、上画像の立て札メニューで紹介されていたスペシャリテ(名物料理)だという「Camarão do Frade」を中心に注文することにしました。
直訳すると「修道院?の海老」みたいな意味だと思いますが、写真だけでは調理方法や味付けの詳細までは分かりませんでした。

R7181918r.jpg

ブラジルに到着して最初の晩ご飯でしたので、まずはビールで乾杯しました。
この時点では「生ビール」に相当するものの単語が分からなかったので、取り急ぎ「Cerveja(ビール)」という知っている単語を探して注文しました。

R7181924r.jpg

上画像、ピンボケで申し訳ありませんが、メインディッシュの前にこのお店の名前が付いた「プリム・サラダ」を注文し、前菜代わりにいただきました。
ビーツとアーティチョークが入っていたのが、普段よく食べているサラダとは違っていて、私達にとっては「新鮮」な感じでした。
マヨネーズがたっぷり掛けられていたのは想定外でしたが、トータルで考えれば、同サラダは美味しくいただくことができました。

R7181919r.jpg

↑コチラが「Camarão do Frade」ですが、上画像は小皿に取り分けたところを撮影しています。
というのも、注文したものが運ばれてくるや否や、ウェイター氏が勝手にそれぞれのお皿にサーブし始めてしまったため、盛り付けられた料理写真を撮影するタイミングを逸してしまったからです。
「Camarão do Frade」チーズが入ったラビオリと大きめの海老をオリーブを加えたトマトクリームソースで煮込んである料理でした。

R7181922r.jpg

上画像が、実際に運ばれてきたお皿で、取り分けた後の写真です。
コチラの画像の方が美味しそうに見えると思います。
海老の旨味とコクがあるトマトクリームがよく調和しており、今まで食べたことがないものだったことを抜きにしても素直に美味しいと思いました。

今日のエントリーは以上です。
次回更新はサンパウロかフランクフルトのどちらかでWiFiの状況で対応するつもりです。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  June 26, 2014 06:41:19 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 18, 2013
カテゴリ:ファミレス
今日のエントリーは10月13日(日)にサッカー天皇杯3回戦をアルウィンスタジアムまで観戦しに行って、その帰りに立ち寄った【ファミリーレストラン ロイヤルホスト】の府中東店で食べた晩ご飯を短めに紹介します。

試合が終わって急いで帰路につきましたが、想定通りというか案の定、中央自動車道でヒドイ渋滞にハマってしまい、今回利用した【ロイヤルホスト】に辿り着いたのは21時頃でした。
普段は車生活をしていませんが、レンタカーを借りた時だけはこうして郊外のレストランを利用することができます。
今回もレンタカーを23時までに返却しなければいけなかったため、田無方面にアクセスが容易な小金井街道近くで、晩ご飯を手軽に早く済ますことができるファミリーレストランを利用することにしました。

R7177070r.jpg

私が注文した2品で、↑コチラは「シチリア風 きまぐれサラダ ~ツナとアンチョビのドレッシング~」(167kcal)です。
値段は失念してしまいましたが、確か単品で税込み714円ほどだったと思います。
現在、ロイヤルホスト各店では「第7回イタリア料理フェア」が開催されていて、このメニューはフェアの特別メニューの「前菜」にリストされていたものです。
本来は「イタリア定食 パスタセレクト」(1869円)というセットメニューに含まれるものの1つだと思いますが、時間も遅かったためパスタを食べるのを避けて、単品アラカルトメニューとして注文しました。
画像真ん中にトッピングされているツナの塊が「ツナとアンチョビのドレッシング」ということで、店員さんがサーブ時に「よくかき混ぜてからお召し上がり下さい」とアドバイスを言ってくれました。
広い意味ではこのペースト状になった「ツナ&アンチョビ」もドレッシングと言えるかも知れませんが、私が想像していたものとは乖離していました。
生ハムっぽいものや、種を抜いたグリーンオリーブが入っていて、イタリア風に仕上げてあったものの、インパクトに欠けるという印象しか残りませんでした。

R7177074r.jpg

続いて2品目は、↑コチラの「レンズ豆とチキンのグリル」(428kcal、819円)です。
『健康においしさをプラス からだにやさしいサンシャインパートナー』のメニューシリーズにあったものです。

【ロイヤルホスト】のホームページには、「カリッと焼き上げたチキングリルにボリュームがあるレンズ豆と野菜たち。噛むごとに滋味のあるおいしさがじんわりカラダに広がっていきます。」と説明がありました。
確かに野菜とお肉のバランスに配慮して低カロリーに調理してあることは分かりましたが、コチラのメニューも味付けはしっかりしているものの、パンチが足りないというか、食後感はあまりよくありませんでした。
「チキングリル」よりも、バターをふんだんに使って塩気がきいた「マッシュポテト」の方が記憶に残っています。
レンズ豆が好きなこともあってこのメニューを選んでみたものの、もう少しガッツリ食べることができるハンバーグや他のお肉料理を選べば良かったと後悔しました。
上画像の左奥に写っている付け合わせの「クレソン」も萎びた感じで元気がありませんでした。(笑)

久しぶりのファミリーレストランでの晩ご飯ですが、車の運転もあってアルコールを飲むことが出来なかったことも影響している思いますけど、値段の割りには食後の達成感に乏しい結果となりました。
相方さんが選んだ「熟成ロイヤルアンガスリブロースステーキ ~特製ドミグラスバターソース」(1449円)のBセット(+441円)でも、私と同じ感想をもったそうです。
あまり利用しないお店で食べ慣れないメニューを選ぶのは、それなりのリスクを覚悟しなければいけないことを学習した晩ご飯となりました。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  October 18, 2013 04:11:15 AM
コメント(0) | コメントを書く

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.