3887939 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Taketoshiのヨッパー部屋 <Enak saja!>

PR

X

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

ネコ・猫・ぬこ

August 12, 2014
XML
カテゴリ:ネコ・猫・ぬこ
今日のエントリーは、田代島で出会って撮影した「にゃんこ達」の画像を「その6」としてアップします。
まとめてアップする猫画像シリーズは今回で最後です。
今回は田代島を離れる前に猫の「集会」に偶然出くわした場面などを中心に集合写真をアップしていきます。

R7182688r.jpg

↑コチラは民家の庭先に集まっていた3匹です。
撮影した時、一時的に雨が止んで薄日に照らされていましたので、にゃんこ達も待ち構えていたように庭石に寄り添い、思い思いの格好で佇んでいました。
上画像では3匹しか写っていないように見えますが、注意してみると画像奥に小さく写っているエアコンの室外機の近くにもう1匹います。
写真撮影のマナーとして、民家の敷地内に入ったり、道路の真ん中で止まって撮影するのはNGですが、上画像のように庭先を撮影する際は立ち入ることなく公道からズームで撮っています。

R7182691r.jpg

アメリカンショートヘアの毛並みのような1匹が人懐っこく近寄ってきたので、頭をナデナデすると途端、「ゴロニャン」状態になってお腹をさらして道端に寝そべってしまいました。
これだけ「人慣れ」していると、本当に「遊んでもらっている」というよりも「遊んであげている」という意識が強くなってしまいます。
上画像で相手をしているのは相方さんですが、最初は私が手懐けて喉がゴロゴロと鳴るまで気持ちよくさせてあげます。
私がやめようとすると「もっとやって」的にスリスリと来るので、相方さんに交代してもらい、私は撮影するためにカメラを構えるという流れになっています。

R7182693r.jpg

1つ前の画像の子と遊んでいると、別の子2匹がどこからともなく近付いてきて、自分たちもかまって欲しいと言わんばかりに「猫団子」を形成し始めました。
みんな喧嘩することなく、仲良く一緒に島で暮らしているのが手に取りように分かるシーンでした。

P1000325r.jpg

先ほどの画像を撮影したポイントから少し離れてメイン道路の近くまでやってくると、いつの間にやら9匹ぐらいもゾロゾロと出てきて集団を作り始めました。
どさくさに紛れて、人目を憚らずメス猫に背後から乗りかかっている「けしからん輩」もいましたが(笑)、メス猫が「激おこ」して拒否られ、まんまと「未遂」に終わっていました。
こんな状況の中でも当事者以外は皆、知らん顔で好き勝手に取り囲んで、道路で寝そべったり、毛繕いを始めたりとやりたい放題でした。

P1000328r.jpg

観光客向けの案内標識の細い木の上に乗る猫の写真を撮ってみました。
曲芸をやるような細い木の上でも器用にバランスを取って、上手く乗っていました。
実はこの後、この木を使って爪研ぎを始めていましたが、木の下の方は無残にも爪研ぎされた後が残っていてボロボロに近い状態になっていました。
このような案内標識を頼りにして、以前紹介した【猫神社】までも山道を迷うことなくアクセスすることができました。

R7182694r.jpg

ふと気付けば、道路を覆い尽くすように13匹の猫に囲まれていました。
フレームインしているのは13匹でしたが、実際にはあと2~3匹ほど私の足元などにいたと思います。
おっと、よく見ると画像奥の道路にもネコとみられる黒い粒が写っていますので、14匹ということになります。
何のために昼間から公道に集まってきたのか理由も目的も分かりませんが、とにかく寄り合って話し合いが行われているような感じでした。
「ネコの集会」は夏場の朝方に見掛けることはありますけど、こんなに大規模で、しかも昼間に開催された集会を見るのは勿論初めてでした。

以上、天気が悪い中でも田代島を少し散策しただけで出会えた「にゃんこ達」を紹介しました。
たった2時間半ほどの短い滞在でも200カット以上を撮影することができました。
今回は忙しく日帰りしてしまいましたが、次回訪れる機会があれば是非とも泊まりで滞在したいと思います。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  August 12, 2014 09:12:48 PM
コメント(0) | コメントを書く


August 11, 2014
カテゴリ:ネコ・猫・ぬこ
昨日は誕生日ということで、知り合いの方々からツイッターやフェイスブック上で沢山のバースデーメッセージをいただきました。
この場を借りてお礼申し上げます、今後とも公私ともに宜しくお願いします。

さてさて、今日のエントリーは【仙台・石巻旅行】の様子を紹介するシリーズで、田代島に渡って撮影した「にゃんこ達」の画像を「その5」としてアップします。
5回目ということで田代島のにゃんこ達の様子が分かってきたと思いますが、今回は1匹ずつ撮影した写真を集めてみました。
それぞれに特徴があって見比べるのも面白いと思います。

R7182684r.jpg

お腹を見せていますが、決して無防備になっている訳ではなく、珍しく片手立ちしているところを撮影した写真です。
家屋が建っているレベルと同じところ、軒先にいたところに声を掛けて撮影させてもらいました。
やや目つきが鋭いですが、実際には大人しい子でした。

P1000305r.jpg

↑コチラは雨ざらしになっていたスクーターのシートに乗ってお昼寝中の子です。
雨の中、森や土の上を歩いたのか体毛が随分汚れていましたが、老猫にありがちな独特の雰囲気を持っている子でしたね。
かなり近付いて撮影しても全く動じず、堂々と寝ていました。

P1000308r.jpg

↑コチラはフカフカの体毛に覆われた、まだ子猫と思われる子です。
少し音を立ててみたりして撮影している方を向いてもらうようにしばらく待っていましたが、結局最後までカメラ目線をもらうことはできませんでした。
片手間の素人写真、そう上手く撮れるものではないことを痛感しました。
こういう写真を撮るときに「デジタル一眼レフカメラ」が欲しくなります。

P1000310r.jpg

香箱座りする猫、プロパンガスのボンベで陰になっている場所が涼しいと知っている感じですね。
こういうポーズで座って寝ているということは「安心きわまりない」状態を意味していますので、恐らくこの子のお気に入りの場所、あるいは縄張り(自宅近く)だと考えられます。

P1000311r.jpg

歩いている道路から1段高くなっている坂道にいた子です。
ということで、下から覗き込むようなアングルで撮影したレアな1カットになりました。
ほぼほぼカメラ目線でしたが、こちら側を一瞥して「よく来たな!」と語りかけているようなシチュエーションでした。

P1000313r.jpg

↑コチラはキジトラの「イケニャン(?)」です。
このアングルからが精一杯で、私の方が正面にまわると、この猫さんは首の向きを変えて目を合わせてくれませんでした。
この子とは、もっとスキンシップしたかったのですが、叶いませんでした。

R7182685r.jpg

↑また別のお宅の庭先にいた子です。
細くて切れ長の目と先端がクルッとカールした耳が特徴だった子なので、私達のような観光客でも他の子と区別がつきやすかったです。
「アメリカンカール」という猫の品種がありますが、この耳の感じからして同種の雑種だと考えられます。

P1000315r.jpg

↑コチラも外見が分かりやすい「黒猫」さん、香箱座りまでではありませんが、リラックスして座っている様子が分かります。
猫によって人懐っこい子、一定の距離を置こうとする子など、それぞれキャラクターがハッキリしているので、猫好きのレベルが違っていても「猫ウォッチ」を楽しむことができるのが田代島の良いところかも知れません。

今日のエントリーは以上です。
明日も引き続き「にゃんこ画像」をアップしますが、今回と違って集合写真を中心に紹介する予定です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  August 11, 2014 04:53:38 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 10, 2014
カテゴリ:ネコ・猫・ぬこ
昨日から都心ホテルにステイしていて、昨夜ちょっと飲み過ぎましたが、47歳の誕生日の朝を平穏に迎えることができました。
ここ最近、老眼が進行していて、本来はド近眼なのに矯正視力では近くの小さな文字が見えにくくなっています。
例えば、新聞・雑誌を読んだり、デジカメで液晶画面を見ながら撮影したりすることが難しくなっていますので、遠近両用メガネにした方が良いのかも知れません。
スイマセン、初っ端から「アラフィフ」の現実のお話でした。

さてさて、今日のエントリーは【仙台・石巻旅行】で訪れた田代島で出会って撮影した猫さん達を、シリーズ4回目として紹介します。
では、早速。

P1000301r.jpg

またもや道路を我が物顔で占拠するにゃんこ達を撮影してみました。
みんな思い思いの恰好で寛いでいて、まったくもって自由すぎるにゃんこ達です。

R7182673r.jpg

「この人、エサくれないかなぁ」という感じで猫の群れに囲まれる相方さんです。
どこにどれだけの猫が集まるというものではなく、1匹にかまって遊んでもらっていると、自然発生的にどこからともなく「お友達」が寄ってきます。
上画像でも6匹の子に取り囲まれています。

R7182675r.jpg

仁斗田港から細い舗装道路を1.7kmほど歩いた山の中にある【猫神社】まで散策してみました。
想像していたものよりもかなり小さく、気をつけて歩かないと見逃してしまうほどでした。
網地島ラインに乗船するときにいただいた「田代島散策マップ」を頼りにこの神社を目指しましたが、普通に歩けば20分ほどで到着する距離でしたが、ご承知のように向かう道には猫トラップが仕掛けられていたため、ここに来るまで1時間以上かかっています。

R7182678r.jpg

【美與利大明神 猫神様】というのが「猫神社」の正式名称のようで、上画像のように鳥居と社がありました。
猫は漁で大漁を招く縁起が良い動物として島民に可愛がられ、そして神様として祀られている「猫」は田代島の皆さんにとって切っても切れない間柄になっていることが分かります。

R7182680r.jpg

祭壇というか、賽銭箱の神前には多くの猫グッズやオーバル型の小石がたくさん備えられていました。
小石には、この神社に来た参拝者がそれぞれの思いを書き入れて奉納しているようでした。
書いてある内容は勿論「猫」に関する熱い思いだったり、田代島のことだったりでしたね。
私達はお賽銭を入れて手を合わせてお参りしただけですが、田代島が復興して猫たちもみんな幸せに暮らせますようにと祈願してきました。

P1000303r.jpg

帰りの船の出航時間も1時間後に迫っていましたので、「猫神様」を参拝したあと、来た道を戻り始めました。
帰り道でも時間が許す限り猫達と触れ合って、所々で足を止めて撮影してみました。
猫達は、私達のような観光客には「よく来たなぁ」という眼差しで静かに見守ってくれているようでした。
エサがもらえなくても、遊んでもらえるだけでウレシイのは猫も人間も一緒なのかも知れません。

R7182682r.jpg

左右前後、どこを見渡しても「猫だらけ」です。
でも、田代島ではこれが普通の光景、猫がいることが島の暮らしに溶け込んでいます。
周りに猫がいなくても、ちょっと呼べばどこからともなく集まってくれます。

今日のエントリーは以上です。
明日も引き続き猫画像をアップしていきます。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  August 10, 2014 09:35:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
August 9, 2014
カテゴリ:ネコ・猫・ぬこ
昨夜は拙アパートでも北寄りの涼しい風が通って、久しぶりにぐっすり寝ることができました。
台風11号はこれから本州に近付きつつあり、西日本に『接☆近☆中☆』です。
明日は私の誕生日ですが、長らく生きていますけど誕生日当日に台風が日本列島のどこかに上陸したという記憶はありません。
進路にあたっている地域の皆様方は十分注意するようにしてください。

さてさて、田代島のにゃんこを紹介するシリーズも今回で3回目になります。
まだまだ画像は沢山あるので、一気にアップしたいところですが、1回あたりのデータ容量に限度があるため小出しになっています。
もう暫くお付き合いいただけると幸甚です。

P1000291r.jpg

これまでアップしたきた画像の多くは道路の上で撮影している写真が多いと思いますが、田代島のにゃんこ達は家屋や庭にいるというよりも、島内の道路を「我が物顔」で占拠している姿を多く見掛けるからです。
島内には自動車がほとんど走っていないこともあって、れっきとした舗装道路ですが本当に「庭」のようにしています。
自由すぎると言えばそれまでですが、観光客のほとんどがメイン道路に沿って島内を散策するので、通りを歩いているその姿をネコに監視されているような感じです。
香箱座りとまではいっていませんが、それでも道路に出てきているネコの座り方を見る限り、リラックスしているのが分かります。

P1000288r.jpg

これまでネコが写った画像だけをアップしましたが、ここから2点は「人」が一緒に写っています。
ハンドモデルは相方さんですが、ネコの扱いに慣れていない相方さんのところにも「エサ」をくれることを期待しているのか、近寄ってもまったく逃げずに逆に頭をゴッツンしてきてくれます。
上画像の子は完全にお腹をみせていて超リラックス状態、エサが欲しいことを通り越して、頭をナデナデされ放題で喉もゴロゴロ鳴らして気持ちよさそうでした。

R7182662r.jpg

他にも、↑こんな感じでネコちゃん達が集まってきてくれます。
相方さんばかりではなく、撮影している私の足元にも1~2匹纏わり付くことも珍しくありませんでした。
田代島の地域ネコは島民の方々やボランティア団体の方に可愛がられているとはいえ、人懐っこいにも程があります。(笑)

R7182672r.jpg

ここからはまた単独のニャンコ写真に戻ります。
上画像の子は、民家の軒先で雨宿りしている感じでちょこっと座っていました。
顔だけで判断するのは失礼ですが、結構歳を重ねているように見えます。
ずっと遠くの何かを見つめていて、独特の雰囲気をもっていました。
何度か声を掛けても最後までコチラを向いてくれることはありませんでした。

R7182664r.jpg

また路上ネコ、この子はまだ年齢が若かったです。
黒と白のブチ、顔が左右対称になっているのでヘルメットか仮面をつけているように見えますね。
前足も「白足袋」を履いているようです。
この子は出会ってからずっと私達のあとをついてきて遊んでくれました。

P1000294r.jpg

とある民家の入り口付近にいた美猫さんです。
この場所から動かず、私達とは一定の距離を保って近付いてくることはなく、ずっとコチラを見ているだけでした。
近寄ってこなかった理由は、恐らく次の画像で紹介する子猫ちゃんのお母さん猫だったからでした。

P1000298r.jpg

↑コチラは上画像と同じお宅にいた子猫ちゃんです。
大きさから推定すると生後2~3ヶ月ぐらいだと思います。
体毛はモコモコしているのでコロコロしているように見えました。
歩き方がまだぎこちなく、自分自身で頑張って動いている姿を見るだけでも癒されて、素直に「カワイイ」なぁと思いました。
この後、一つ前の画像で紹介したお母さん猫に毛繕いされていました。

今日のエントリーは以上です。
明日以降も田代島で撮影した「にゃんこ画像」を紹介していきます。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  August 9, 2014 09:14:29 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 8, 2014
カテゴリ:ネコ・猫・ぬこ
前回のエントリーから本格的にスタートした宮城県・石巻市、田代島で暮らすにゃんこ達の写真紹介ですが、撮影した枚数が多く、全てをアップしていたら何日もかかってしまいそうです。
今回の方が枚数を多くしてアップしていますが、それでも追いつくまでは時間を要することから、明日以降は更に掲載候補を絞ってアップしたいと考えています。

なるべく説明は簡潔にしていきます。

P1000262r.jpg

↑コチラの子は港の近く、牡蠣加工処理工場の裏手をパトロールしていましたので、後をつけてみました。
多くの観光客が「ねこ」目当てで集まる田代島ですが、ネコ達からしてみれば「エイリアン」という位置付けであることには間違いないので、後ろに付かれるのはどの子でも苦手だと思います。
私達の存在に気が付いて一瞬振り向きましたが、またすぐに前を向いて進んでいきました。

P1000265r.jpg

↑1枚目と同じ子です。
一定の距離をおいて、身を乗り出すようにしてコチラをじーっと見ていましたが特に触れ合うことなく、私達も追跡をやめて島内の道路に戻りました。

P1000281r.jpg

島内にいるネコのうち、上画像のような洋種がかかった雑種の子も多く見受けられました。
見ただけで「和猫」とは明らかに違う独特の雰囲気をもっていますが、ハーフの子が特別という訳ではなく、島外から持ち込まれたネコは数多いと推測されます。

P1000284r.jpg

田代島は「犬の持ち込み」が禁じられているため、弱った子猫が大型鳥に襲われる以外には天敵がいません。
このため独自の「猫コミュニティ」が存在し、それぞれの縄張りがしっかり区切られていると考えられます。
ボランティアさんや観光客がエサを分け与えると、ネコばかりではなく、上画像のようにカラスやウミネコまで近寄ってきます。
中にはネコに対して大きな鳴き声を出して威嚇しているカラスも多かったです。

R7182656r.jpg

毛並みと柄から、一つ前の画像と同じ子だと思います。
写真を見てお気付きだと思いますが、この辺りで撮影している頃、降っていた雨が止んで道路が乾き始めていました。
にゃんこ達もずっと降り続いていた雨が一瞬でもあがったことを受けて、続々と生活道路まで出てきて存在をアピールしていました。

R7182657r.jpg

↑コチラ2匹、同じ方向に顔を向けていて、落ち着かない様子でした。
私達の前にいた別の観光客の方が持っていたビニール袋を取り出してガサガサっと音を立てたため、その音に反応しているところかも知れません。

R7182658r.jpg

道路脇の岩が積み重ねられた場所はネコ達の恰好の隠れ場所になっています。
完全に風景に溶け込んでいるので、そこにネコが潜んでいても見逃してしまう恐れがあります。
夏場は雑草も大きく育ち、茂みがたくさん出来ているので、尚更分かりにくいと思います。

R7182661r.jpg

1つ前の画像を撮った地点とほぼ同じ場所にいた別のにゃんこさんです。
シャッターを切る前をコチラを向いていましたが、カメラを構えたところ首が「明後日」の方向を向いてしまいました。
思い通りに撮影できなくてもネコには何の罪もありません。
今回、これだけ多くのモデル(ネコ)がいてもなかなか良い写真が撮れませんでしたが、動物写真の極意はひたすら「待つ」ということを改めて思い知ることになりました。

P1000285r.jpg

↑コチラの画像のネコは、目つきが鋭くて体毛も黒いため、見た目だとちょっと近寄りがたい子でしたが、実は私達が近付いても全く逃げる気配がなく、積極的に頭を前に出してくれました。
ということで、頭から喉付近までをナデナデしてあげることが出来ました。
フカフカの体毛を撫でながらモフモフしてあげると、ネコの方も満更ではない様子でゴロゴロと喉を鳴らして気持ちよさそうにしていました。

今日のエントリーは以上です。
田代島のにゃんこ画像の紹介はまだまだ先に続きます。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  August 8, 2014 04:27:39 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 7, 2014
カテゴリ:ネコ・猫・ぬこ
今日のエントリーは7月20日(日)に石巻市の田代島に暮らす猫を見に行った際に撮影した画像をアップします。
本日から数回は同じ内容のエントリーになりますので、猫に興味がない方はスルーしていただいても結構です。
では早速。

網地島ラインの船に乗って、仁斗田の小さな港に到着したときも雨が降ったり止んだりしていました。
下船してしばらく歩くと漁船が停泊するエリアがあって、そこで第一村人ならぬ「第一にゃんこ」を見つけました。

R7182654r.jpg

漁師さんから漁で獲れた魚の「おこぼれ」を貰おうと2匹の猫が水揚げしている船に近づいてきて、小振りの「カレイ」を放り投げると、体格が大きな方が「獲ったど~」と自慢げに口に加えてその場を去って行きましたが、上画像の子は確保出来なかったので、どことなくションボリしている様子でした。

P1000259r.jpg

地元の海女さんが詰めている作業小屋の脇に移動すると、まだ生まれて1~2ヶ月ほどの子猫ちゃんが雨で濡れた路面を気にすることなくチョコチョコと歩き回っていました。
動物やペットも撮影は被写体が不規則に動くため撮影が難しいため、顔がコチラを向いていない写真が数多くありますがご了承ください。

P1000260r.jpg

一つ前の画像と同じ子猫ちゃんです。
そーっと背後から近寄って、何か話しかけたりしながら、コチラを向いてもらうように猫の気を引こうとしています。
上手く振り返ってくれるといいのですが、これもまたタイミングが難しいので、動物写真をキレイに撮るには時間と労力が必要です。

P1000268r.jpg

同じ場所にいた先ほど猫と一緒に生まれた兄弟とおぼしき子猫ちゃんと母猫の様子を撮影してみました。
子猫の体格は外で雨に濡れていた子とおなじくらいだったと思います。
写真だと子猫の頭の上に母猫が手を載せているように見えますが、実は子猫に対して「毛繕い」をしてあげていました。
実は母猫の下にもう1匹黒っぽい子猫が隠れているのが分かりますでしょうか?。
まだまだお母さんにベッタリの子猫たちでしたが、一つ一つの仕草が本当に可愛くて長時間眺めていても飽きることはありません。

P1000272r.jpg

続いて、↑この画像だけ見ると成猫6匹+奥から近づいてくる子も入れて7匹が「猫の集会」をやっているような写真に見えますが、エサを与えている観光客に群れた結果の画です。
どこかのサイトで「田代島のネコにエサを直接与えないで下さい」と書いてあったので、私達は手ぶらで渡りましたが、ネコ見物の観光客の中にはドライタイプのキャットフードをタッパーに入れて持参している方もいて、その人がエサをおもむろに出して音を立てると、忽ちニャンコ達がどこからともなく集合してきたので、私も便乗してその様子を撮影させてもらいました。
場所は港近くにある【JFみやぎ】のカキ加工処理場あたりです。

P1000280r.jpg

上画像はエサを与えられて、一通り食べ尽くした後の様子を撮影した写真です。
ネコ数をカウントすると7匹確認できますね、港近くのネコ達はいつも美味しいシーフードに恵まれているためか、どことなく毛並みもキレイでした。
前述のとおり、私達はエサを持っていませんでしたがコンビニでお菓子か何かを買ったときに渡されたビニル袋をバッグから取り出したり、音をさせるだけでネコが「条件反射」の如く寄ってくるのは、猫好きにはウレシイことですけど、色々と考えさせられましたね。

今日のエントリーは以上ですが、ネコ画像は次回以降もたくさん登場します。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ







Last updated  August 7, 2014 07:59:48 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 6, 2013
カテゴリ:ネコ・猫・ぬこ
早朝から日テレで満島ひかりさん主演のドラマの再放送をしていて、思わず見入ってしまいました。
ありふれた設定のストーリーだと思いますが、第1話からかなり重たい内容で、朝なのに凹んでしまいました。

さてさて、気を取り直して・・・今日のエントリーは先週土曜日の6月29日に池袋で買い物をして、既に拙ブログで紹介済みの「トレプンティーニ」さんでのディナー予約まで約1時間ぐらい時間があったので、フラッと猫カフェに立ち寄った際に撮ったキャストさん達の画像をアップします。
ということで、今日は食べ物、飲み物の画像が出てきませんので、ご飯ブログをご覧になりたい方はスキップしていただいて結構です。

【Cat Cafe ねころび】は池袋東口からサンシャイン60方面に5分ほど歩いた場所にある老舗の「猫カフェ」で、数えるほどですが、私も何度か利用したことがあります。
店舗は雑居ビルの1室ですが、10匹以上のキャストが自由気ままに寝ていたり、遊んでいたりしています。
お客さんの方も、猫と触れ合ったり、私のように写真を撮ったり、ドリンクを飲みながら座ってマッタリしたりなどと過ごし方は様々です。
利用料金は時間制になっていて、フリードリンクや無料のお菓子が置いてあります。
以下、今回の利用時に撮影したキャストの画像をアップしていきます。

R7175338r.jpg

↑コチラは「どらえもん」君でしょうか。
キャストの名前は覚えていませんので、同店のホームページからマッチングしています。

利用した時間は夕方17時から1時間でしたが、寝ている子、起きてお客さんと遊んでもらっている子、室内をパトロールする子がいる中、この子はずっとキャットタワーの定位置で丸くなって休んでいました。
ということで、やや眠そうな表情です。

R7175339r.jpg

続いて、↑コチラはブリティッシュシートヘア種の「あんこ」さんでしょうか。
目がクリクリしていてとてもラブリーな顔をしています。
ゴミ袋の中に入っているところを撮影させてもらいました。
猫って、不思議なことに狭い段ボール箱の中やこのような袋の中に入りたがりますよね。

R7175346r.jpg

↑コチラはノルウェイジャンフォレストキャットの「ハルキ」君かな。
見ての通りのワイルド系ロン毛の「イケニャン」です。
毛もふわふわしていて触ると気持ちがいいです。
これからの暑い夏は、この「毛皮」では見ているだけでも暑苦しく感じますが、クールでカッコイイので良しとしましょう。

R7175349r.jpg

↑スコティッシュフォールドの「アイシャ」さんです。
ロングヘアの"スコティ"、こういう子は私の好きなタイプの猫です。
思わずモフモフしたくなりますが、この日はあまり動いていなかったので「自粛」しました。

R7175352r.jpg

最後に紹介するのは、「甘太狼(かんたろう)」君です。
コーナーソファーに置かれた「猫ちぐら型」のドームハウスの中でずっと寝ていらっしゃいました。
キジトラ模様の典型的な日本猫ですので、触れ合いたかったのですが、撮影中も耳を動かすことなく丸くなっていました。

僅かな時間でしたが、キャスト達にすっかり癒されて、歩いた疲れも取れて楽になりました。
以前にも書きましたが、猫だけではなくお店に集うお客さんを観察するのも、猫カフェの楽しみの一つです。
私達の利用時間内にも外国人のお客さんが2組ほど来店していました。
猫好きさんは万国共通ですから、猫カフェのコンセプトは国籍を問わず受け入れられるのも頷けます。

「猫だらけ」の今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  July 6, 2013 06:04:49 AM
コメント(0) | コメントを書く
April 3, 2013
カテゴリ:ネコ・猫・ぬこ
今日のエントリーは、3月30日(土)に西武池袋線江古田駅南口にある猫カフェ【えこねこ】さんで撮影させていただいた同店のキャスト達(猫さん)を画像で紹介します。
ということで、今日は【猫、猫、猫】とニャンコ画像のオンパレードになっていて、食べ物の画像が1枚もありませんので、あしからず。
まぁ、ここのところ寒の戻りがあって、肌寒い日が続いていますので、かわいいニャンコ画像でもご覧になり、少しでも暖まってください。

では、早速・・・。

R7173637r.jpg

私達がお店に入ったのは14時40分頃、ということでキャストの皆さんのうち、ほとんどは本能に任せて「お昼寝中」でございました。
寒~い外と違って、猫カフェのお部屋の中はぬくぬくと暖かくなっていて、猫が過ごしやすい環境になっていました。
それでも、場所を選ばずそこら中で「猫団子」の状態になっていました。

私達以外は、お店のスタッフさん2人だけでしたので、入店して30分以上は貸切状態でした。
1匹1匹にはそれぞれ可愛らしい名前が付けられていて、お店の中に画像付きで紹介されていましたが、現場で正確にマッチングしていませんので、キャストの名前は把握していません。

R7173640r.jpg

まだ小さな子猫ちゃんの数匹は起きていて、私達が繰り出す「おもちゃ」にじゃれてくれました。
狭いところに好んで自分を格納する姿も猫っぽさを感じます。

R7173643r.jpg

お昼寝中の子は、物音を立てて起こさないように注意を払いながら、写真を撮らせてもらいました。
暖かい毛布の上に「セルフ腕枕」になって寝ています。

R7173654r.jpg

床には「ホットカーペット」が敷かれているので、猫さん達も直接床にカラダを預けてゴロゴロしていました。

R7173656r.jpg

↑コチラ、濃い目の毛並みをした「キジトラ」さんですが、お客さんの太もものところにやって来て顎を乗せ、即ち「膝枕」の格好で寝落ちしてしまいました。
何を隠そう、この白いデニムを履いていたのはウチの相方さんで、相方さんもホットカーペットの上に直接座っていたため、この猫と一緒にウトウトしていました。

R7173660r.jpg

一つ前の画像で紹介した「膝枕のニャンコ」が後方に写っていますが、その手前には別の「キジトラ's」もお互いに毛繕いしながら猫団子になって寝てしました。
起きていて私達の相手をしてくれたニャンコはごく僅かでしたが、こうしてスヤスヤと寝ている子を眺めているだけでも癒されました。

R7173662r.jpg

今日最後に紹介するのは、↑2時間弱経過して、そろそろ帰ろうと仕度を始めた頃に撮影したコチラの画像です。
実は撮影する寸前まで寝ていましたが、デジカメのパワーオンの音で起こしてしまいました・・・安眠中、ゴメンナサイ。

1時間~1時間半ほどで帰るつもりが、結局初めての利用で2時間も長居してしまいました。
池袋にある猫カフェと違って、お部屋もだいぶ狭めでしたが、何よりもお客さんが少なく、そして利用しているお客さんは猫の扱いに慣れている人ばかりでしたので、居心地が良くてついつい2時間もここで過ごしてしまいました。
コチラの猫カフェ、最近利用した中では自分なりに結構オススメですので、もしも興味があって、最近「猫不足」に陥っているお近くの方は是非利用してみてください。
【えこねこ】で検索すると、スタッフさんのブログなどがヒットしますので、それらの情報を参考にしてください。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  April 3, 2013 04:03:27 AM
コメント(0) | コメントを書く
April 28, 2010
カテゴリ:ネコ・猫・ぬこ
もう既に大型連休の突入している方もチラホラいらっしゃるのではないでしょうか?
というのも、いつも同じ電車で通勤しているため、今週月曜日ぐらいから乗客が分散傾向にあるのが分かるからです。
そろそろ「お休みモード」ということで、今日のエントリーは池袋東口・東急ハンズ近くにある「ねこカフェ」の「ねころび」さんに行ったときに撮影したニャンコ画像を中心に紹介します。
後半になって「ねころび」さんをチェックアウトした後、すぐ近くにある「伝説のすた丼屋」池袋店で食べた「すた丼」を懲りずにアップします。

今回利用した「ねころび」さん、池袋では結構有名なねこカフェですが、何故かタイミングが合わず、今まで一度もお邪魔したことがありませんでした。
利用したのは4月15日(木)の退勤後、池袋で相方さんと待ち合わせて、お店に行ってみました。
この頃(今でもそうかも知れませんが・・・)、相方も私も仕事の上で思い通りにならない事が多く、お互いに違う職場で「ヤサグレ」状態になっていました。
こういう時こそ、にゃんこパワーに頼って、向こうは何とも思っていなくても相手をしてもらうだけで、気分的に楽になる方法として手っ取り早く「ねこカフェ」に行ってみようということになりました。
入店したのは午後7時ちょっと前、お客さんは私達の他は男性1名だけでした。
その後、女性のお一人様が入ってくるまでは、ずっと3人だけでした。
キャストのほとんどは昼間に遊びすぎたのか、グテーっと寝ていましたね、w。
なるべく起こさないように、動かずにじっとしている子を狙って写真を撮ってみました。

28APR-1

「甘太狼」(かんたろう)という名前の子です。
以下、ニャンコの名前は同店のホームページを参考にしています。
この子はずっとキャットタワーの一番上に鎮座していました。
ミックス(雑種)のキジトラ君で、猫らしい顔をしています。
上から見下ろしながら、まるでお客さんの品定めをしているかのようでした。

28APR-2

「きなこ」という子です。
この子は、あるタイミングまでずっと寝ちゃっていましたが、この写真を撮影してしばらくすると寝ていた場所から床に降りてきて、活発に動いていました。
毛がフワフワしている長毛種のニャンコは、何となく気品があるように思えます。
あまり交流はできませんでしたが、カワイイ子でした。

28APR-3

「もっちー」です。
まん丸な目を思いっきり見開いていて、どことなく"緊張感"が伝わってきますね。
耳も半分後ろに倒れている感じで、警戒しまくりということが分かります。
きっと、カメラを向けている私が怖かったに違いありません。

28APR-4

「あんこ」です。
この子は「ブリティッシュ・ショートヘア」という種類の猫です。
モコモコしている感じがなんとも愛らしく、画像に写っているように頭から背中にかけてナデナデしても大人しくされるままでした。
あ、ちなみに写っている手は相方さんの手です。

28APR-5

「どらえもん」という名前の子です。
国民的人気アニメの「ドラえもん」ではありません。
本家本元のドラえもんとは似ても似つかない気もしますが・・・ネーミングの由来は「ねころび」に入店した時に頭でっかちで「二頭身」だったことによるようです。
この格好のまま、白熱球の電気スタンドの下でじっとしていました。
頭が熱くならないものかと心配してしまいました。

28APR-6

「くりりん」です。
この画像では顔がつぶれちゃっているように見えますけど、名前の由来ともなっている目がクリクリっとしていて、実物は本当に可愛らしい子でした。

以上、同店に在籍する12匹のキャストのうち、6匹の画像を紹介しました。
他の子については、シャッターチャンスがなかったり、営業で外に出ていたり(実写版サザエさん2のタマ役)で、写真を撮ることが出来ませんでした。
お店のスペースはやや狭さを感じるものの、ニャンコのキャストさん達は一様に良い子ばかりでしたので、たった1時間でも十分楽しむことができました。

-------------------------------------------------------
Cat Cafe ねころび
豊島区東池袋1-28-1
タクト T・Oビル 3F 301
平 日:AM11:00 ~ PM11:00
土日祝:AM11:00 ~ PM11:00
※大型連休中の5月1日~5日はAM10:00から営業とのことです
-------------------------------------------------------


「ねころび」さんがあるビルからでも歩いて1分以内の場所に「伝説のすた丼屋」池袋店があるので、にゃんこ達に癒された帰りに「スタミナ」をつけてから帰ることにしました。
私、これで利用した「すた丼屋」は立教通り店、秋葉原店に次いで3店目になりました。
ココは雑居ビルの地下1階にあって、隣がライブハウスというロケーションでした。
階段の踊り場に喫煙スペースがあるので、お客さんが入ってくるたびにタバコ臭さを感じてしまいました。
お店の中は全席禁煙ですが、受動喫煙から逃れることを考えると、立教通り店や秋葉原店の方が利用しやすいと感じました。

28APR-7

↑いつも通りに「すた丼」(600円)の食券を買って、待つこと5分ほどで見慣れた"3点セット"が一つのトレイに入ってサーブされました。

28APR-8

豚肉がこれでもか!、というくらい丼に盛りつけられていて、ご飯が完全に隠れてしまっています。
この画像からはご飯のボリュームが分かりませんが、これだけの肉と一緒に食べてもご飯が余るぐらいあります。
ニンニク醤油で味付けられたホエー豚、いつもながらとても美味しくいただくことができました。

今日のエントリーは、ねこカフェの「ニャンコ」達と「すた丼」を同時に紹介するという、普通ではあり得ない組み合わせの話題でした。
今日は以上でオシマイとします。






Last updated  April 28, 2010 03:12:57 AM
コメント(4) | コメントを書く
February 11, 2010
カテゴリ:ネコ・猫・ぬこ
今日、2月11日は建国記念の日で日本は祝日ですね。
ということで、今日は1週間ほど前に前編を紹介した赤坂2丁目にある猫カフェ「きまぐれねこ」で撮った写真の後編を紹介したいと思います。

11FEB-1

最初の子はロシアンブルーの「ニノン」ちゃんという女の子、この子は猫じゃらしでよく遊んでくれた1匹です。
でも他の猫がじゃれていると、「フ~っ」と言って威嚇を始めていました。
この日出勤していたキャストの中で猫齢が一番若く、まだ子猫の部類に入ると思いますがスタッフさんの話では猫なのに「猫嫌い」な子だと言っていました。
一番遅く、この猫社会の輪に加わったものの、最初に先輩猫達からねこパンチをくらったことがトラウマになっているのだとか・・・。
確かに人間にはスリスリしてきて、「遊んで!」ポーズをとっていましたが、ひとたび他の猫が近寄ったり、別の場所でじゃれたりしているだけで怒りだしていました。

11FEB-2

↑こちらはニノンちゃんよりも2ヶ月ぐらいお姉さんの「マリー」ちゃんです。
茶トラの雑種ですけど、やや長毛で綺麗な毛並みをしていました。
この画像では写真を撮られて「キョトン」として表情をしていますね。
絵に描いたような「猫顔」です・・・と言っても分かりにくいと思いますが、真ん丸の目なので均整が取れていて、猫らしい顔をしているという意味です。

11FEB-3

同じマリーちゃんですが、陽だまりの下、スヤスヤとお昼寝が始まりました。
耳の傾け具合からするとイマイチ警戒が解けていない感じがしますけど、カメラを近付けてシャッター音がしても、そのまま目を瞑ったままで寝続けていました。

前回と今回紹介したような自分で撮った画像を眺めて、東ティモールのように何かと困難な場所に来ていても、にゃんこ達に癒されている私でした。
明日から、東ティモールに来てから食べたものの紹介に入っていきます。






Last updated  February 11, 2010 07:29:00 AM
コメント(4) | コメントを書く

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.