3418991 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Taketoshiのヨッパー部屋 <Enak saja!>

PR

Profile


taketoshi67

Free Space

banner

Calendar

Comments

Favorite Blog

江原さん New! yhtims56さん

夜の食事 charme4810さん

池袋で、美味しい青… 飲みニスト0430さん

LIGHT MY … ARK2005さん
おきらくyuyuchama!! ゆうゆ2さん
BearHugのべあー君が… Natuliraさん
* ころりんナンデモ劇場… とんちゃん27さん
France好きの美味し… poeme-utさん
主婦 普通科 ララミホさん
パンダママのニチジ… Shizooさん

Archives

October , 2019
September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019
May , 2019
April , 2019
March , 2019
February , 2019
January , 2019

Category

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

豚肉・とんかつ

December 6, 2015
XML
カテゴリ:豚肉・とんかつ
今日のエントリーは12月4日(金)のランチで食べたものを紹介します。

この日が〆切りだった提案書をクライアントに行って提出した後、帰社する途中に赤坂2丁目にある【とんかつ まさむね】に立ち寄りました。
営業が開始される11時半どころか、開店15分前にお店に行ってみると、開店前にもかかわらずお店の前には行列が形成されつつありました。
ざっと見てみたところ、前から16番目以内に入っていることが確認できましたので、並んでみることにしました。
運良く、開店直後のファーストセット(それでもオーダー順は9番目あたり)に入ることができました。

今回で私自身は4回目の利用ですが、前回利用は2014年5月24日(土)のランチでしたので、実に1年半以上のブランクが空いたことになります。
というのも、前回利用時の後ぐらいの頃から、同店の人気が急上昇、2014年12月には『ミシュラン東京 2015ビフグルマン』に掲載され、その後もグルメ雑誌「dancyu」にも取り上げられるなど、赤坂でとんかつと言えばこのお店のようなな扱いを受け、今や赤坂2丁目界隈はもとより、赤坂エリアを代表する「とんかつ店」として、その名を轟かせています。
ランチ時の行列必至なのは当然ながら、いつ近くを通りかかっても店の外にずらりとお客さんが並んでいる姿を見る度、徐々に足が遠のいてしまいました。

IMG_3236r.jpg

開店直後の11時半にテーブル席に着席(この日は入社2年目の後輩君と2人ランチ)しましたが、前述の通り、16席16人が入れるところ、9番目あたりのオーダーでした。
つまり、前にいる8人分のオーダーが捌けないと、私達の順番に回らないことを意味します。
シェフが厨房に入って、一人作業で豚肉に衣を付けては順番に揚げていきますので、実際に上画像の「ランチ上ヒレかつ定食」がテーブルに着皿したのは、入店してから25分後の11時55分すぎでした。
「ご飯少なめ」とリクエストしたところ、上画像のように本当にちょっとしかありませんでした。
まぁ、この量でOKだから特に問題ありませんでした
定食にはよく漬かった漬け物と具沢山の「豚汁」が付いてきます。
豚汁はやや塩辛く感じますが、とんかつ屋さんの「豚汁」ですから美味しさは保証付きです。

IMG_3240r.jpg

私があれこれ講釈垂れるよりも、画像をご覧いただいて、バーチャル「上ヒレかつ」を堪能していただければそれで結構です。
"上"と普通のヒレかつの違いはズバリ「厚さ」だと思います。
当然ながら「上ヒレかつ」の方が分厚い肉を使っています。
しかしながら、お箸でもカット出来そうなくらい肉が柔らかく、それでいて旨味が凝縮している感じに仕上がっています。
ソースや醤油ではなく「岩塩」を少量付けて食べれば肉の甘みがよく分かるので、店主の方も「塩」で食べることをオススメしています。
ロース、ヒレに関係なく「和豚もちぶた」が持っている食材の美味しさを熟知しているシェフだからこそ、こだわりの方法で調理して、食べ方を指南することで、更に良さを引き出していると思います。

同店の「とんかつ」を食べたいお客さんは皆、相当待たされることを覚悟してお店に行っていると思いますが、大多数はいくら待っても食べる価値があると考えているでしょう。
私のような普通のサラリーマンは昼休み時間が限られているため、そう頻繁に利用できないのが実情です。
賛否両論はありますが、私個人は今のままのスタイルをブレることなくずっと続けて欲しいと思います。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  December 14, 2015 03:34:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
April 5, 2015
カテゴリ:豚肉・とんかつ
昨日、埼玉スタジアム2002で行われた『浦和レッズVS松本山雅FC」を観戦に行き、拙ブログを夜に更新するとお伝えしましたが、帰宅後バタンキューで寝落ちしてしまい、結果的にアップ出来ませんでした。
ということで、昨日更新する予定だった内容を今日のエントリーに持ち越しさせていただきます。
埼スタのサッカー観戦は残念ながら松本山雅が負けてしまいましたが、これで対戦成績は1勝1敗ですので、スタート位置に戻ったと前向きに考えるようにします。
第2ステージはホームアルウィンに浦和レッズを迎えますが、なんとしてでも次は勝ち点が取りたいものです。

さてさて、今日のエントリーは3月27日(金)のランチで利用した四谷にある【とんかつ三金】さんで食べた「ロースかつ150グラム」の定食を紹介します。

この日、提案書の提出〆切日だったため、正午前に2014年度入社の若手M君と一緒に提案書一式を提出しました。
受理された後、ちょうどランチタイムだったので、溜池山王には戻らずに「しんみち通り」で何か適当にランチを食べていくことにしました。
M君に何を食べたい訊ねたところ、即答で「肉」でしたので、「とんかつ」を食べるべく選んだのが同店でした。

IMG_2274r.jpg

一見、割り箸の箸袋のように見えますが、袋だけで中には洗浄して繰り返し使えるプラスティック箸が入っていました。
同店のみならず、同じように割り箸を廃止してプラスティック箸を導入している飲食店が増えていると感じます。
割り箸の材料は主に間伐材の木から作られていますが、国産はごくわずかでほとんどは輸入していると思います。
表面がツルツルしているため、麺類を食べる時は難しいこともありますが、ご飯ものの普通の食事ならばプラスティック箸で十分です。
ただ最近は「お箸の使い方」が上手く出来ていない人を多く見掛けますので、該当する方々にはプラスティック箸を使うのは難易度が高いのかも知れません。

IMG_2276r.jpg

お昼時とあって、注文してから約10分ほど待って、上画像の「ロースかつ150グラム」(1800円)の定食が運ばれてきました。
手前のご飯、特に「大盛り」をお願いした訳ではありませんが、デフォでも結構なボリュームでした。
上画像に写っている「お味噌汁」は、某とんかつチェーン店などでも提供されている「しじみ汁」です。
この味噌汁、おかわり自由ですので、M君も私もほぼ食べ終えた頃になって1杯ずつおかわりしています。
味噌は100%赤味噌ではなく、赤味噌ともう1種類ぐらい別の味噌をブレンドした「合わせ味噌」で作られており、私の好きなタイプの味噌汁です。

IMG_2277r.jpg

いただく前に「ロースかつ」のお皿をアップで撮影してみました。
丁寧に二度揚げされた「ロースかつ」の衣の色、これを後から画像で見て振り返るだけでもごはん1杯ぐらいいけそうな感じで、とても美味しそうに見えます。
とんかつの背後に控えている「せんきゃべつ」も味噌汁と同様に「おかわり自由」になっていて、20代前半で若いM君はおかわりしていましたが、私はしませんでした。
M君はキャベツにとんかつソースを少量掛けて食べていましたが、キャベツは甘味があったので何もつけなくても美味しく食べることができました。

IMG_2282r.jpg

最後に紹介するのは、禁断の「とんかつ断面」の画像です。
ご覧いただくだけで、赤身と脂身のバランス、肉の厚み、衣の状態が分かる写真だと思います。
揚げ物類全般に言えることですが、私は「醤油派」なので、時間はかかってしまいますが1切れずつ少量垂らして、同様に「ねりからし」を添えていただいています。
噛むほどに「肉汁」が溢れ出てくる感じに仕上がっており、150グラムの「ロースかつ」でもあっという間に完食してしまいました。

M君はランチタイム限定の「ミックス定食」を注文していましたが、気に入ってもらえたようで、コチラもお店の人に戻しても恥ずかしくないレベルでキレイに完食していました。
たまに行って食べたくなる【とんかつ三金】さんの「とんかつ」、もう少しインターバルをおいて、また再訪したいと思っています。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  April 5, 2015 06:09:52 AM
コメント(0) | コメントを書く
March 2, 2015
カテゴリ:豚肉・とんかつ
ここ最近、日によって大きく変動しますが、拙ブログはコンスタントに1日1200~1400ヒットぐらいのアクセス数をいただいています。
ブログを始めた当初は1日10~30アクセスほどだったことを考えれば、つまらない内容でマンネリの「自己満足ブログ」でも多くの方々にご覧いただくまでになりました。
これからも精魂込めて書くときは頑張る、手を抜くときはそれなりにやっていきますので、今後とも宜しくお願いします。

さてさて、今日のエントリーは2月24日(火)に遅めのランチで利用した赤坂1丁目にある【とんかつ うえはら】というお店で食べた「ヒレカツ定食」を紹介します。

IMG_1696r.jpg

この日、午前中の仕事がおしてしまったため、約1時間遅れでランチ休憩にでました。
今回利用した【とんかつ うえはら】というお店、超久しぶりでしたので、いつものように過去ログを検索したところ、一番最近食べたのは2008年1月下旬までさかのぼるという結果になりました。
従って、6年以上ぶりに同店でランチを食べることになりましたが、上画像の通り、お店の外観はお店の中、メニューに至るまで以前と全く同じでした。
三会堂ビルという、こちらも老舗の大型雑居ビルの地下にお店がありますが、分かりやすく言うとお店の雰囲気は「昭和」のまま時間が動いていない感じです。
揚げ物を中心に色々とメニューバリエーションがある中、私は「ヒレカツ定食」(900円)を選びました。

IMG_1691r.jpg

↑コチラが「ヒレカツ定食」の全容です、私の前にもお客さんが注文していたので、着皿するまで10分弱の時間がかかりました。
定食にはメインディッシュの他、大盛りレベルの「ご飯」、「油揚げとワカメの味噌汁」と「香の物」が付いています。

IMG_1693r.jpg

メインディッシュをアップで撮影してみました。
ヒレカツ定食ですが、オマケで「アジフライ」が1尾分付いています。
ヒレカツはそれほど厚みがあるものではありませんが、二度揚げしてサクサクになった衣に包まれているため、食べた時の食感というか歯応えがよく、さらに肉汁を閉じ込められていますので、食べる度に旨味が少しずつ出てくる感じでした。
加えて、「せんきゃべつ」のボリュームが半端なく、小さい玉のキャベツとして考えると、確実に1/2個分はありそうな量でした。
揚げ物を食べる際、いわゆる「とんかつ」に使うようなソースよりも、私は断然醤油派なので、今回いただいた「アジフライ」と「ヒレカツ」、共に「醤油+ねりからし」という組み合わせで完食しました。
以前は問題なく完食できていた量でしたが、今回は途中で食べ飽きてきて、予想以上に時間がかかりましたが、なんとか残さずに完食することができました。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  March 2, 2015 09:42:00 AM
コメント(0) | コメントを書く
January 3, 2015
カテゴリ:豚肉・とんかつ
今日のエントリーは昨年12月25日(木)のクリスマス、晩ご飯で食べ田「ロースかつ定食」を紹介します。
この日は休日出勤の振替休日を取得していましたので、私はお休みでした。
また、私が応援している地下アイドルNMさんの誕生日でもあり、両国サンライズというライブハウスで「生誕祭」の対バンライブがあったので、夕刻に両国に行き、先に夕飯を済ませることにしました。

IMG_9385r.jpg

食事が出来るお店を探すことが先決でしたが、両国駅周辺は滅多に足を踏み入れないエリアなので、ライブハウスがある両国駅東口で歩いてみました。
駅の高架下に並んでいる飲食店にはお馴染みのチェーン店もありましたが、中にはユニークな単独店舗もあったのでどのお店にしようか迷いましたが、その中に上画像の【とんかつ いちかつ】というお店が良さそうだったので、暖簾をくぐってみました。
画像、暗くて見難い写真になってしまい、申し訳ありません。
時間が早かったこともあって、お店には私の他にあと1組2人しかお客さんがいませんでした。

IMG_9378r.jpg

当初、「ロースかつ定食」か「ヒレかつ定食」を注文するつもりでしたが、お店の中に入ってみると、それ以外の「揚げ物」メニューもかなり充実していましたので、少々悩みましたが、税込み1000円という値段だったものの、思わず「大ロースかつ定食」を注文してしまいました。
どの定食にも「シジミの味噌汁」、「漬け物」が付いていました。
上画像ではご飯がかなり大盛りになっていることが分かりますが、これもデフォの量で特に大盛りをリクエストしたものではありません。
この定食セットが私の目の前に配膳された時点で、「普通のロースかつ定食」でも良かったと思ったのは事実です、w。

IMG_9383r.jpg

↑コチラは「大ロースかつ定食」のメイン皿をアップで撮影した画像です。
ご覧になって分かると思いますが、メニュー名に恥じないぐらい巨大な「ロースかつ」でした。
草鞋(わらじ)よりも明らかに大きく、厚みも2~3cmはあるものでした。
これだけの「ガツ飯」系定食だとお腹にたまる感じがありますが、衣が薄くて二度揚げしているため身がパサパサにならずにジューシーさが保たれていましたので、時間はかかりましたが最後まで美味しくいただくことができました。

普段使わない駅で偶然見つけたお店で食べたものとしては満足がいく食事でした。
腹持ちが良かったので、その後のライブで22時過ぎまでいてもお腹が空くことはありませんでした。
もしまた両国に行くことがあれば、機会を作って利用してみたいと思っています。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  January 3, 2015 09:00:41 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 5, 2014
カテゴリ:豚肉・とんかつ
関東地方も梅雨入り間近になってきました。
今日明日にも宣言されると思います。
これから1ヶ月以上は梅雨の季節ということで雨が多くなりますが、これもまた天の恵みと前向きに捉えていきたいと思います。
各地に被害をもたらす集中豪雨だけは勘弁して欲しいですけど。

さてさて、今日のエントリーは5月24日(土)のランチで利用した赤坂2丁目にある【とんかつ まさむね】さんで食べた「上ヒレかつランチ定食」を紹介します。

R7181390r.jpg

この日、私が野暮用で会社に行きたかったので、相方さんと時間を合わせて、溜池山王あたりで一緒にランチを食べることにしました。
当初、【溜池 さ和長】さんでお蕎麦を食べようと話を進めていて実際にお店にも行ってみましたが、残念ながら休業していました。
以前は「土曜営業」していましたが、いつからか土・日・祝がお休みになったみたいです。
ということで、別のお店を探さなければいけなくなり、上画像の【とんかつ まさむね】さんを利用してみることにしました。
平日ランチでは連日行列が出来ていますが、時間が少し遅めだったことと土曜日ということもあって、並ばずにすぐ着席することができました。
私自身は3回目の利用でしたが、相方さんは勿論初利用でした。

R7181380r.jpg

コチラのお店で好きな「上ロースかつ定食」を注文したかったのですが、別のメニューも試したいという気持ちもあったため、今回は「上ヒレかつランチ定食」(1,680円)を選んでみました。
上画像が「上ヒレかつランチ定食」の全容ですが、それほど混んでいなかったものの、この定食が出てくるまで、約25分かかっています。
時間がかかるのは、オーナーが注文順に一人で調理していることもありますが、低音でじっくり揚げているため、通常よりも時間がかかってしまうようです。

R7181383r.jpg

↑「上ヒレかつランチ定食」のアップ画像です。
注文時に、キャベツ大盛りとご飯大盛りが無料オプションとして追加することができますが、私は両方ともデフォの普通盛りにしてもらいました。
ということで、上画像のキャベツの量はやや少なく感じますが、これでノーマルのボリュームです。
ヒレかつは4個、サクサクだけど食感がフワッとしているヒレかつで、旨味や肉汁を完全に取り囲んでいて、決して逃がすことはありません。
サーブ直後は熱々の美味しさを堪能でき、最後の1切れで若干冷めても美味しさはほとんど変わりません。
何も付けなくても豚肉の旨味を楽しむことができますが、甘味を引き出すためには中濃ソースではなく、岩塩のみか醤油を少量つけて食べるのがお店が薦める食べ方になっています。
豚肉の臭みもないため「ねり辛子」も必要性が低く、テーブルには置かれていません。

R7181385r.jpg

↑コチラはランチ定食に付いてくる「豚汁」です。
この画像だけですと具など豚汁の中身の詳細まで分からないと思いますが、とんかつ用豚肉の切れ端など形も大きさも異なる豚肉と根菜類がパーフェクトにマッチしていて、感動すら覚えます。
この「豚汁」だけでも、丼1杯のご飯も簡単に食べることができると思いますので、「豚汁定食」というメニューがあったとしても、全く違和感なく受け容れられます。

【とんかつ まさむね】の「上ヒレかつランチ定食」はランチとしては少々値が張りますが、クオリティは常に維持されていて、満足度も高いので、コスパは良いほうだと思います。
今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  June 5, 2014 04:00:26 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 4, 2013
カテゴリ:豚肉・とんかつ
明日からの週末、東京地方はぐずついた天気になるようで、今日いっぱいは何とかお天気は持ちそうですが、明日は雨降りの予報となっています。
ということで、早めに帰宅した昨夜、たまっていた洗濯物を洗濯し、夜干ししました。
乾燥機を使って乾かすぐらいなら、乾きはそれほど良くなくても外干ししたかったため洗濯機を回した次第です。

さてさて、今日のエントリーは久しぶりに溜池山王ランチで新規開拓したお店を紹介します。
利用したお店は「とんかつ まさむね」というとんかつ店で、10月2日(水)のランチで行ってみました。
3ヶ月ほど前に新規オープンしていることは確認していましたが、今回初めて利用してみることにしました。

R7176891r.jpg

『溜池山王ランチ』と書きましたが、お店の所在地は住所表示でいうと赤坂二丁目、外堀通りから1本入った細い裏路地に面しています。
国際赤坂ビルの裏手で、周りには赤坂の料亭が軒を連ねています。
近所には「とんかつ水野」があることはリサーチした上での出店だと思いますが、競合店が近くにあってもお店のコンセプトを貫いているあたりに、店主の強いコダワリを感じます。

上画像はお店の暖簾を撮影したものですが、暖簾をくぐると右に5席程度のカウンターがあって、2人掛けのテーブルが5卓あって、全部で15席ぐらいあったと思います。
この日は台風が関東沿岸に近付いていて「ド雨」だったのですが、お店に到着すると私の前に2組ほど並んでいて待たされる羽目になりました。
結局お店の外で待つこと10分、店内左奥のテーブル席に案内されました。

R7176899r.jpg

平日ランチ限定のとんかつ系メニューは5種類ありましたが、「上ロースかつ定食」(1380円)を選んでみました。
上画像が「上ロースかつ定食」の全容です。
メインディッシュには「上ロースかつ」の他に大量の「せんキャベツ」が添えられているのが分かると思います。
「キャベツ」は大盛りにしても値段は同じなので、注文時に「キャベツ大盛り」にしてもらいました。
この他にカットレモンが1つ添えられていますが、これは「上ロースかつ」を食べる前にとんかつに搾るように用意されていたものです。
とんかつの調味料として、2連の受け皿にそれぞれ「岩塩」と「醤油」が入っていました。
店主さんが勧める美味しい食べ方として、「レモンを搾って岩塩」か「レモンを搾って醤油」の2つの方法が紹介されていました。
ご飯は芯が残っていてやや固めに炊いてありました。
あとは、何気に豚肉の旨味をダシにした味噌汁(具は大根とニンジン)も美味でした。

R7176901r.jpg

↑「上ロースかつ」のアップ画像です。
この画像からでは、サックサクの衣が分かりにくいと思いますが、店内にあった説明によると「パン粉専用のパン」から出来たパン粉を使っているとのことです。
上画像ではロースかつの厚みが分かりにくいと思いますので、次の画像に譲ります。

R7176903r.jpg

↑「上ロースかつ」、禁断の断面画像です、w。
『和豚もちぶた』だけに、分厚くて歯応えがあっても食感は柔らかく、肉汁が溢れ出てきて美味しかったです。
これだけのクオリティを持つ豚肉を中濃ソースやとんかつソースでヒタヒタにして食べるのはナンセンスというもの。
できれば、岩塩だけでいただいて、豚肉に由来する甘味もしっかり感じ取れれば、美味しさも2倍。3倍に増幅することは間違いありません。

ここまで、初めて利用した【とんかつ まさむね】さんで食べた「上ロースかつ定食」について絶賛してきましたが、とんかつの味とは別のところで問題も散見されました。
その一つとして挙げられるのは、オペレーションの問題です。
というのも店主と思しき男性シェフが独りで、注文を受けてから「とんかつ」を準備して揚げて、盛りつけしてお客さんにサーブしている訳ですが、狭くてこぢんまりしているお店でも客席15席が全部埋まっている状況ともなると、タイミングが悪ければ注文してから出てくるまで30分以上待たされることも決して珍しくないからです。
事実、今回の私がそれを実体験してしまうことになり、着席してからオーダーを通し、実際に私の目の前に出てくるまで20分以上かかっていました。
従って、正午すぎに並び始めて、キレイに食べ終えるまで、許された1時間のランチタイムを軽くオーバーしてしまう羽目となりました。
ということで、結論としては正午前後のランチ時にはなるべく利用しない方が賢明で、時間があってもなくても遅めか早めのランチでピーク時間を外して利用することをオススメします。

【とんかつ まさむね】さんは終日完全禁煙のようなので、次回は夜の部に相方さんを誘って利用したいと思います。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  October 4, 2013 03:52:56 AM
コメント(0) | コメントを書く
September 23, 2013
カテゴリ:豚肉・とんかつ
土日の磐田・浜松遠征から、昨夜遅く東京に戻ってきました。
想定していたものの、東名高速の大渋滞に引っ掛かってしまい、レンタカー返却時刻との闘いを強いられることになりましたが、海老名JCTから圏央道で共用開始したばかりの相模原愛川ICに抜けて、橋本、八王子を経由して甲州街道に入り、府中を経て小金井街道を通って田無まで辿り付き、なんとか時間に間に合いました。
一晩寝たぐらいでは疲れがほとんど取れていませんが、本日もJ2を観に行くかも知れません。

さてさて、今日のエントリーは9月20日(金)の晩ご飯で地元ひばりヶ丘の【松乃家】で食べた「おろしロースかつ定食」を短めに紹介します。

R7176737r.jpg

【松乃家】は、牛めしの「松屋」を中心とする「松屋フーズ」の『とんかつ業態』の一つの店舗で首都圏を中心に出店しているお店です。
地元ひばりヶ丘にもかなり早い段階で出店し、ひばりヶ丘駅から徒歩1分というアクセスの良さから、24時間営業でありながら常にお客さんが入っています。

この日は翌日からの磐田・浜松遠征からを控えていて、夜のうちにレンタカーをピックアップする必要があり、晩酌は出来ないことが分かっていましたので、駅近で便利な【松乃家】の外メシで晩ご飯を済ませることにしました。
ちょうど、3種類のメニューが期間限定で500円ワンコインキャンペーンを実施していたため、その中から「おろしロースかつ定食」を選んでみました。
上画像の食券兼領収証にも500円となっているのが分かると思います。

R7176741r.jpg

注文後、5分程度で上画像の「おろしロースかつ定食」がサーブされました。
メインの大根おろしと青ネギがトッピングされたロースかつの他、ご飯と味噌汁が付いています。

R7176747r.jpg

↑コチラが「おろしロースかつ定食」のアップ画像です。
ロースかつは薄っぺらく厚みがなく衣でカバーしているような感じでしたが、大根おろしと一緒だとあっさり食べることができました。
画像右奥に写っているソースは「ポン酢ソース」でしたので、大根おろしに掛けると更に「和風」の味になりました。
ロースかつのクオリティは決して高くありませんが、ワンコイン定食だとすれば満足出来るものでした。

短めですが、今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  September 24, 2013 08:23:14 AM
コメント(0) | コメントを書く
September 5, 2013
カテゴリ:豚肉・とんかつ
今日のエントリーは9月2日(月)に、地元ひばりヶ丘駅踏切の脇で駅至近にある【松乃家】で食べた「ヒレかつ定食」を紹介します。
この日は早めに退勤してメンバーになっている地元のフィットネスクラブに行き、水泳部の活動をしました。
1000メートルは休み休みですがインターバルで泳ぎ、その後はダウンとしてゆっくり筋肉を解しながら500メートルほど泳ぎました。
夜のプールは利用者も少なくて泳ぎやすいので、1500メートルを1時間弱かけてマイペースでこなすことが出来ます。
運動の後ということで「腹ペコ状態」でしたので、フィットネスジムから自転車での帰り道に【松乃家】のひばりが丘店に立ち寄った次第です。

R7176400r.jpg

食券は券売機による先払いですが、食券の控えが領収証を兼ねていましたので、手元に残っています。
上画像のとおり、「ヒレかつ定食」(590円)を注文しましたが、この他にトッピングやサイドメニューなどは追加しませんでした。
時間表示が20:42を示しているのが分かります。
揚げ物を食べる時は、なるべく20時前に済ませたいところでしたが、運動して空腹だったので、ついつい手を出してしまいました。

R7176401r.jpg

↑コチラが「ヒレかつ定食」のセット内容です。
メインの「ヒレかつ」のお皿と「ご飯」、味噌汁が付いていました。
これが出てきた後から「ご飯を少なめに!」とリクエストし忘れたことに気付きましたが、結果的にデフォのご飯の量はペロリと平らげてしまいました。

R7176406r.jpg

ヒレカツのピースは4切れ、添えられている「せんキャベツ」はほぼ山盛り状態でした。
食べる前にカットレモンを搾ってヒレかつ全体に掛けて、そのあと「醤油」を少量ずつ垂らしていただきました。
お味噌汁のフタに「ねりからし」の小袋を3個分ひねり出し、ヒレかつを口に運ぶ寸前にコチラも少量ずつ付けて食べました。
ヒレかつのそれぞれのピースは1個1個の大きさこそバラバラでしたが、厚みはほぼ一定で食べやすく、ヒレですからジューシーさには欠けますが、肉そのものの旨さは十分備えていました。

こういった定食が出てくるや否や、味見をすることなく条件反射のように「とんかつソース」をドバッと全体にかけてしまう人、少なからず散見されます。
事実、この日も私も周りのお客さんで「とんかつ定食」や「ヒレかつ定食」を注文した人のほとんどはそうやって食べていました。
どの外食で言えることですが、私は【松乃家】さんのようなチェーン店で食事をしても、自分が注文したものは残さずに美しく食べ終わることをモットーにしているため、ご飯粒は以ての外ですが、キャベツのクズやヒレかつの衣カスまで全て食べています。
そういう食べ方をしていると、ソースや醤油を無造作にかけて無意味にお皿を汚すことは出来ませんし、勿論、「せんキャベツ」にも何もかけずに食べるようにしています。
今回も画像はありませんが、食後のお皿も載せたいと思うほどキレイに食べ終わることができました・・・ご馳走様でした。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  September 5, 2013 03:51:15 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 30, 2013
カテゴリ:豚肉・とんかつ
今日で6月もオシマイ、2013年も折り返し点になりました。
これからまだまだ暑い夏を乗り越えることになりますが、7月~9月の3ヶ月は特にしっかりした体調管理が欠かせません。
熱中症ばかりではなく、夏バテしたり、夏風邪をひかないような体力をキープする必要がありますね。

さてさて、今日のエントリーは6月26日(水)に【とんかつ和幸】の店頭販売で買って食べた「特ひれかつ弁当」のランチを紹介します。
この日は午前中にクライアントとのアポ・打合せがあったので外出していましたが、雨がシトシトと降っていたため、オフィスに戻る時にランチを調達してから帰ることにしました。
溜池山王駅に戻ってきた時間が11時頃でしたので、コンビニ以外で販売が始まっているお弁当売り場を見渡してみると、【とんかつ和幸】の「国際ビル赤坂店」さんの店頭に長テーブルを置いて次々とお弁当が積み上がっていくところでしたので、そこで並んでいるお弁当の中から選んで買ってみました。

R7175268r.jpg

選んだのは、↑コチラの「特ひれかつ弁当」(840円)です。
【とんかつ和幸】国際ビル赤坂店で売っているお弁当の中で、「海老フライ弁当」(1060円)、「ひれ海老弁当」(930円)に次いで3番目に値段が高いお弁当です。
2段になっているのは、片方には「ひれかつ」と「せんキャベツ」が入っていて、もう一方には「ご飯」が入っているからです。
お弁当を購入すると付いてくる「シジミのお味噌汁」も画像右奥に写っています。

R7175271r.jpg

輪ゴムでとめてあったお弁当の上蓋を取ったところを撮影してみました。
手前の容器には1枚を8つにカットした「ひれかつ」と、その下には「せんキャベツ」が入っていました。
ご飯の方には黒ゴマがかかっていて、更に昆布の佃煮も入っていました。
ご飯の量は少なすぎず、多すぎず、丁度いいボリュームでした。

R7175277r.jpg

画像がやや暗くなってしまいましたが、「ひれかつ」に添付のとんかつソースを掛けたところをアップで撮ってみました。
「ひれかつ」だけではソースを持て余してしまったので、「せんキャベツ」の方にも掛けてみました。
いつもならば、とんかつの付け合わせのキャベツには、生野菜のサラダと同様にドレッシングをかけたり、ソースをかけたりしませんが、余って捨てるのも勿体ないので珍しくこのようにしてみた次第です。

本来であれば「とんかつ」や「ひれかつ」をはじめ、ほとんどの揚げ物でソースよりも醤油を付ける方が好きなので、「マイ醤油」を常備しておけば良かったと思います。
ただし、ホンモノの醤油は「生き物」なので常備するときは保存方法が問題になります。
お醤油の保存問題が解決できれば、会社の冷蔵庫にキープしたいと思います。

少し横道に逸れましたが、今回の「特ひれかつ弁当」は終始美味しくいただくことができました。
ランチ時にお店でイートインするには少々重たい「とんかつ」も、お弁当であればいい感じのボリュームに収まるので便利だと思います。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  June 30, 2013 08:43:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
May 25, 2013
カテゴリ:豚肉・とんかつ
Taketoshi@浜松です。
昨日、祖母と最後のお別れの場面に立ち会ってきました。
お日様が燦燦と輝いて暑く、遠州ブルーの透き通る青空、色々な意味で忘れられない一日でした。
今日はこれから東京に向けてボチボチ帰ります。

さてさて、今日のエントリーは5月23日(木)のランチで食べた「ヒレかつ定食」を紹介します。

前日の午後2時すぎに祖母が天に召された知らせを受け、そこから急いでレンタカーを予約し、この日は午前中の遅い時間に地元ひばりヶ丘を出発しました。
東名川崎ICから東名高速にのって、そこから一路、祖母宅からの最寄りの掛川ICまで目指しました。
EXPASA足柄あたりで、ちょうど12時半過ぎでしたので、トイレ休憩を兼ねてランチを食べることにしました。

R7174640r.jpg

いつもこのサービスエリアを利用するのは早朝がほとんどですので、平日のお昼に利用したのは勿論初めてでした。
ここのフードコートは勝手知ったるお店ばかりでしたが、その中からガッツリ食べられるお店ということで、【とんかつ新宿さぼてん】さんを選んでみました。
奇しくも、3月に祖母が養護施設で倒れて入院した知らせを聞いてお見舞いに行った時も、ここで「さぼてん豚汁朝定(シラス丼)」を食べています
「カツカレー」のラインナップも魅力的でしたが、先々週あたりにCoCo壱番屋で「チキンカツカレー」を食べたことを思い出し、普通のかつ定食メニューの菜から「ヒレかつ定食」(900円)を選びました。

R7174642r.jpg

↑コチラが「ヒレかつ定食」です。
メインの他、ご飯と豚汁、香の物が含まれていました。
デフォでは特製の「トンカツソース」しかありませんでしたので、受け渡しカウンターで別途醤油を小皿に入れてきました。
画像には写っていませんが、勿論「ねりからし」の小袋も2つもらってきています。

R7174646r.jpg

衣のパン粉がサクサクの「ヒレかつ」です。
恐らく、オーダーを受けてから揚げていると思います。
一つ一つの大きさは小振りに見えますが、この位のサイズが食べやすい大きさだと思います。
ヒレかつなので脂身は少なめですが、その分、ジューシーな豚肉本来の味が楽しめます。
お味噌汁とキャベツのおかわりは出来ませんが、この品質であれば十分満足出来るものだと思います。

自宅ではなくアウェイの地での更新ということで、今日のエントリーもかなり端折ってしまいました。
明日からは通常通りに更新する予定です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  May 25, 2013 07:03:09 AM
コメント(0) | コメントを書く

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.