3449165 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Taketoshiのヨッパー部屋 <Enak saja!>

PR

Profile


taketoshi67

Free Space

banner

Calendar

Comments

Favorite Blog

夜の食事 charme4810さん

完全個室のプライベ… 飲みニスト0430さん

インテルSSD yhtims56さん

LIGHT MY … ARK2005さん
おきらくyuyuchama!! ゆうゆ2さん
BearHugのべあー君が… Natuliraさん
* ころりんナンデモ劇場… とんちゃん27さん
France好きの美味し… poeme-utさん
主婦 普通科 ララミホさん
パンダママのニチジ… Shizooさん

Archives

November , 2019
October , 2019
September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019
May , 2019
April , 2019
March , 2019
February , 2019

Category

全328件 (328件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 33 >

和食系全般

December 15, 2015
XML
カテゴリ:和食系全般
今日のエントリーは12月20日(日)に秋葉原駅構内にあるフードコート【Tokyo Food Bar】にテナント入店している【とんかつ銀座梅林】で食べた朝食を紹介します。

この日は横浜国際総合競技場で行われた「FIFAクラブワールドカップ」の決勝戦を観に行く予定でしたが、同日午前中に秋葉原に用事があったので、自宅を早々に出発して秋葉原に向かい、駅構内にあるフードコート【Tokyo Food Bar】で遅めの朝食を食べることにしました。
遅めと言っても10時少し前で、【Tokyo Food Bar】にあるお店で朝食メニューを提供している時間が10時までとなっていましたので、急いで各店のメニューの中から食べたいものを選ぶために吟味した結果、【とんかつ銀座梅林】が提供している「豚汁定食」(500円)を注文することにしました。

IMG_3370r.jpg

↑コチラが「豚汁定食」の全容です。
注文し、支払いを済ませたのが午前9時50分、そこから1分も経たないうちに上画像のセットが出来上がりました。
注文するところと同じカウンターでトレイごと受け取り、そこから自席まで運んだところで撮影した写真です。
「豚汁定食」と言っても、メインの豚汁に生玉子と漬け物が付いているだけの簡単なものですが、「玉子かけご飯」(TKG)と豚汁という組み合わせだけで誰でも笑顔になれる定食だと思います。

IMG_3373r.jpg

説明は不要だと思いますが、↑コチラが「TKG」です。
注文カウンターには「玉子かけご飯専用醤油」も備わっていましたが、私は普通の醤油で食べる方が好きなので、このTKGには醤油を少量垂らしているだけです。
もう、これ以上の味付けをする必要はありませんので、ここからはご飯が冷めないうちに一気に掻き込んでいただきました。
TKGを食べている時もまた、日本人で良かったと思う瞬間です。

IMG_3375r.jpg

ややピンボケ写真で申し訳ありませんが、上画像が「豚汁」をアップで撮影した画像です。
「油揚げ」が入っている豚汁は珍しいかも知れませんが、その他の具としては豚汁ではお馴染みの人参、大根、じゃがいもなどが入った具沢山のスペックでした。
12月中旬でもこの日はそれほど冷え込みませんでしたが、食べる時には一口啜った後に七味唐辛子を少々加えて食べたので、体の芯から温まることができました。

ワンコインの朝食定食の内容としては決してコスパが良いとは言えませんが、TKGと豚汁が同時に楽しめることを考えれば私的には十分アリだと思いますし、大盛りにする必要もなく満足がいくものでした。
ここでお腹を満たした後、秋葉原の用事があった場所に移動しました。

短めですが、今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  December 31, 2015 04:48:18 PM
コメント(0) | コメントを書く
November 1, 2015
カテゴリ:和食系全般
2015年も10ヶ月が過ぎ、今日から11月がスタートしました。
ということで今年もあと2ヶ月足らずとなってしまいましたが、ボチボチ冬の訪れを感じるような季節に変わってきています。
年末を意識するのは「年賀状の発売開始」だったり、「お歳暮ギフト」とか「お節料理予約」など、こういうフレーズが耳に入ってくると「年の瀬」を感じます。
寒さも一段と増してきて、体調を崩す人が多くなるのもこの時期の特徴だと思います。
かく言う、私も10日前ほどから喉痛からくる突発的な咳の発作に苦しめられており、未だに良くなる傾向にありません。
皆様方におかれましては、十分注意してお過ごし下さい。

さてさて、今日のエントリーは10月30日(金)の溜池山王ランチで、久しぶりにお店でイートインして食べたものを紹介します。

IMG_1920r.jpg

利用したお店は赤坂1丁目の外堀通りから1本入った狭い道沿いにある【溜池 さ和長】さんです。
利用頻度は落ちていますが、思い出す度に利用してしまうので、私のお気に入りのお店の一つよ言ってよいと思います。
お店の前に来るまでは「ごまだれせいろ」を単品で注文しようと心に決めていましたが、上画像のホワイトボードに書かれていた「本日の日替わりそばセット」の「豚肉せいろ(冷)+いか下足御飯」(1000円)に心奪われ、簡単に浮気してこれを注文してしまいました。

IMG_1913r.jpg

着席後注文して6~7分で上画像の「豚肉せいろ」がテーブルに運ばれてきました。
せいろは通常の「せいろそば」と同じものでボリュームも同じ、違っていたのは「つけ汁」が通常の「そばつゆ」ではなく「鴨南蛮」として提供されるものと同様の肉とネギが温かいダシ汁一緒になっているものでした。
鴨肉の代わりに「豚バラ肉」がつけ汁の中に入っていました。
味そのものは「鴨南蛮」よりもあっさりしていましたが、食べ進むにつれて汁の中にも旨味を感じる事ができました。
せいろを完食した後、残った「つけ汁」を別の「蕎麦猪口」に適量移し替え、その中に「そば湯」を投入して、つけ汁の半量ぐらいを「そば湯割り」でいただきました。
さすがに全量を飲むのはキビシイものがありましたので、半量を残す結果となりました。
ちなみに、上画像に写っている薬味の「白ネギ」と「わさび」はつけ汁に入れてしまうと風味を損ねてしまうため、せいろそばを食べつつ、時折そのまま口に運んで少しずつ消費して結果的に完食する前にキレイに無くなりました。

IMG_1917r.jpg

↑コチラが「豚肉せいろ」とセットになっていた、この日の日替わりごはんの「いか下足御飯」を撮影した写真です。
写真では分かりませんがごはんに隠れて、かなり大きめにカットされたゲソのかたまりが2切れ潜んでいました。
ゲソとは言え、イカと一緒に炊いた炊き込み御飯は旨味を余すところなくキャッチして美味しく仕上がっていました。
この「いか下足御飯」なら何杯でも食べることができそうなほど糖質制限をしている身には非常にキケンなものに他ありませんでした。

10月30日(金)の溜池山王ランチで食べたものの紹介は以上です。

IMG_1923r.jpg

↑コチラは本日のオマケ画像です。
私の個人預金の口座があった「シティバンク銀行赤坂支店」の看板です。
この写真は10月30日(金)に撮影しました。

本日11月1日からシティバンク銀行の個人向け銀行事業部門が「PRESTIA」という新ブランドとしてSMBC信託銀行の名の下に展開されるとのことです。
私、自分の給与振込み先に指定しているなど、メインバンクとして日々使っているのがシティバンク銀行でしたので、今回の改編というかシティバンク個人部門の撤退で、従来のサービスは以後も継承するとのことですが、何らかの影響を受ける可能性もゼロではないと思います。
とは言え、会社経費の振込先はMUFJさんですし、ほとんど使っていませんがネットバンクにも口座を持っていますので、新たにどこかの銀行に口座を開設して預金を動かすことは考えていません。
「プレスティア」からは新しいキャッシュカードへの切り替えを勧められていますが、草臥れて使えなくなるか、口座をクローズする日が来るまで現在の「シティバンク銀行」のキャッシュカードを使い続けるつもりです。

そして・・・、

IMG_2254r.jpg

旧赤坂支店ではありませんが、↑コチラは本日11月1日に撮影した旧シティバンク銀行池袋支店の店舗を撮影しにいってみた結果です。
当たり前ですが、しっかり「PRESTIA SMBC信託銀行」に模様替えされていました。
実質的には明日から窓口営業がスタートしますが、ずっとシティバンク銀行の青い看板やATMを使ってきたので、「緑色」に慣れるまで時間がかかると思います。
まぁ、自分が推しているJリーグのチームと同じ色になったので、吉報と捉えるべきかも知れませんね。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  November 1, 2015 06:42:39 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 21, 2015
カテゴリ:和食系全般
今日のエントリーは10月17日(土)に新潟遠征した際、待機列接続のあと、後泊のホテルチェックインまでの空いた時間を利用して訪れた【新潟市中央卸売市場】の場内にある【中央食堂】さんで食べたものを紹介します。
昨日のエントリーで『スタバで食べた朝食はサンドイッチ』という内容の記事をアップしましたが、時間的に言えば、その朝食の後でしたので、ブランチ的な位置付けになります。
ただし、軽くとは言え、既に朝食を食べていますので正確にはブランチではなく、かなり早めのランチということになります。

IMG_1642r.jpg

【中央食堂】を訪れるきっかけになったのは、松本山雅サポーターでMTK48メンバーでもあるMさんにバッタリ待機列で会った時、待機列接続後にみんなで同食堂に食べに行くという話をうかがったためで、一緒に行動はしなかったものの、私達も卸売市場を目指して移動し、同店にアクセスしてみました。
お店は市場が始まる早朝から営業を開始し、ぶっ通し営業で14時までとなっていましたが、一般客が利用できるのは午前8時以降となっていました。

IMG_1637r.jpg

到着時、先客がいて混雑している感じでしたが、お手洗いで用を足している間にグループ客が帰っていったので、待つことなくカウンター席に座ることができました。
当初、食べログなどのレビューで絶賛されている「越後海鮮丼」を注文するつもりでしたが、その他にも定食メニューで魅力的なものがずらり並んでいましたので、どれを注文しようか暫く悩んでしまう結果となりました。
その中から最終的に決めて注文したのは、上画像のメニュー冊にある「まぐろブツ(赤身)定食」(930円)でした。
これを注文する決め手となったのは、「天然」と「生」というキーワードが横に書いてあったことと、店員さんが水揚げされたばかりの近海本マグロの赤身だと話していたことでした。

IMG_1634r.jpg

↑コチラはお店に掲示してあった「越後海鮮丼」が紹介された同店の紹介記事のコピーです。
地元のグルメ雑誌、観光ガイドブックなどにも多数のメディアに取り上げられているようです。
元々は市場関係者が利用する食堂ですが、私達のような観光客も利用できるというのはウレシイ限りです。

IMG_1628r.jpg

↑コチラが実際に配膳された「まぐろブツ(赤身)定食」の全容です。
一目で分かる「まぐろ赤身」のお皿は後述しますが、それ以外では細切りされた「がごめ昆布の酢の物」、「小鰺の南蛮揚げ」、「油揚げの味噌汁」、「ご飯」で構成されていました。
副菜の一つ一つもそれぞれ特徴があり、市場で入手できる身近な食材を使っているのは評価できます。
ただし、海鮮やシーフードを使っているものはどちらかというと観光客向けで、鮮魚市場の関係者さん達は魚よりも「肉」中心の定食を好むと思います。
従って、同食堂には「とんかつ定食」や「カツカレー」、「日替わり定食」などもあって市場関係者の胃袋を支えています。

IMG_1629r.jpg

メインディッシュの「天然生まぐろの赤身」のお皿をアップで撮影してみました。
数えると全部で9切れ、しかも一つ一つの切り方が大きいというか、厚みもハンパなく、これだけで十分満足できるボリュームでした。
東京あたりで食べる「刺身定食」の1.5倍ぐらいは余裕である感じでした。
まぐろ赤身も生だから変な冷凍焼けもありませんし、勿論ドリップすることもありませんでした。
値段はそこそこですが、ボリュームとクオリティを考えれば、C/Pは決して悪くないと思いました。
また新潟に来ることがあれば、同店を再訪し、海鮮丼の他にも「イカ丸ごと定食」など別のメニューも食べてみたいと思います。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  October 21, 2015 09:56:53 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 9, 2015
カテゴリ:和食系全般
今日のエントリーは10月8日(木)の溜池山王ランチで、私のお気に入りのお店【赤坂 来茶】さんで食べた「とりそぼろごはん」のセットを短めに紹介します。

前日食べたランチ画像をアップしなければいけないほどブログネタ不足に陥っていますが、リアルタイムに近い方が読み手としては実感が湧きやすいと思います。
ただ、書き手としては画像編集などに時間的余裕がなくバタバタしています、w。
では、早速。

IMG_1242r.jpg

いつも【赤坂 来茶】さんでは「日替わりランチ」を食べて、拙ブログの記事中で紹介しています。
しかしながら、他のランチメニューはどうなっているの?という素朴な疑問が残りますので、今回利用時に注文してから配膳されるまでの時間を使って、上画像のとおりメニューカードを撮影してみました。
メニューの一番下に書いてある「来茶ランチ(日替わり)」(990円)というのが「日替わりランチ」に相当するものです。
「来茶御膳」とか「天ぷら定食」もありますが、時間がかかる上に少々お高いので、もう何年も通い続けていても一度も注文したことがありません。

この日、比較的高確率で肉料理が来ることが多い木曜日を狙って訪れてみましたが、日替わりメニューは「銀ダラのつけ焼き」がメインディッシュになっていましたので注文を回避して、メニューカードの一番上に書いてある「とりそぼろごはん」(950円)を選びました。
日替わり以外でも単品のランチメニューがある中、一番上に書かれていることでお店のレコメンドだということが分かります。

IMG_1245r.jpg

私が着席した時は、他のお客さんのテーブルに注文したものがほぼほぼ揃っていましたので、この日の「とりそぼろごはん」は長く待たされることなく、ものの5分ほどでサーブされました。
メインの「そぼろごはん」は注文時にご飯を軽めでとリクエストしているため全体量として少なく見えています。
いつもの「豆腐の味噌汁」と「香の物」の他、この日の副菜は「キュウリの酢の物」でした。

IMG_1250r.jpg

↑お約束ですが、メインディッシュの「とりそぼろごはん」の丼をアップで撮影してみました。
丼一面に広がっている「とりそぼろ」の密集感が出ていて美味しそうに写っていますし、錦糸玉子の黄色、絹さやの緑色のコントラストが綺麗で見た目もいい感じに撮れていると思います。
「とりそぼろ」の味付けはあくまでも素材の味を生かすように旨味を出しながら薄めの醤油味になっています。
「そぼろ」の底、ご飯の層に辿り着いてから1~2cm下には刻み海苔が敷き詰められていますので、木製レンゲで掬い取ると海苔の香りが立ち上ってきます。
白いご飯と相性が抜群ですので、この丼のキャパシティではご飯が足りなくなること必至です。
ただ私は炭水化物を控えめにしているため、デフォと比べると7~8割ほど軽めのご飯にしています。
今回、久しぶりに「とりそぼろごはん」をいただきましたが、安定の美味しさで大満足のランチとなりました。

短めですが、今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  October 9, 2015 08:40:17 AM
コメント(0) | コメントを書く
September 25, 2015
カテゴリ:和食系全般
東京地方は少々肌寒く感じる雨の金曜日を迎えています。
「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、ここのところの夜や早朝に窓を開けていると入ってくる風が冷たくて「寒さ」を感じるようになりました。
この時期、日中との寒暖差が大きいので体調を崩しがちですので、風邪をひいたり、喉をやられないように気をつけてお過ごし下さいませ。

さてさて、今日のエントリーは、J1リーグ観戦で松本を訪れて後泊した翌日の9月21日(月)に宿泊した【ガーデンホテル松本】で食べたハーフビュッフェの「手作り健康朝食」を短く紹介します。

IMG_9533r.jpg

今回の松本遠征では、対戦相手のガンバ大阪サポーターも大挙として訪れていたことに加えて、秋の大型連休にかかっていたこともあって、気付いた時には松本市内のホテルはほぼ満室状態になっていて、度々利用しているホテル予約が出来ませんでした。
そこで、なんとか1室確保できそうだった【ガーデンホテル松本】というホテルでお世話になることにしました。
いつもですと宿泊した翌日の朝食はビュッフェスタイルのことが多いですが、コチラのホテルではメインディッシュが1人ずつあてがわれ、他のサイドディッシュを自由に取ってくることができる「ハーフビュッフェ」のような感じでした。
上画像が今回食べた朝食全容ですが、真ん中のお皿は共通のおかずで、まわりの野菜サラダ、焼き魚、漬け物、味噌汁などは好みで選んで取ってくることが出来ました。

IMG_9534r.jpg

↑コチラはメインディッシュで、「緑黄色野菜の和え物」、「キノコのベーコン巻き」、「豚しゃぶ+もやし」、「温泉卵」、「パスタ」のおかずと、デザートのブドウで構成されていました。
どれも手作りのおかずですが、この中で一番良いと思ったものは、ナポリタン風に仕上げたトマト味のスパゲッティーニでした。
「豚しゃぶ」はもう少し味がついているともっと美味しくいただけると思いました。

IMG_9536r.jpg

変わって、上画像はサイドディッシュの一つとして提供されていた「焼きトラウトサーモン」です。
これは「鱒」の類いだと思いますが、「塩鮭」と違って塩分が強くないため、他のおかずと喧嘩することもなく魚の切り身本来が持っている旨味を堪能することが出来ました。
これ1切れだけあれば、ご飯1杯は簡単に食べることができると思います。

IMG_9539r.jpg

最後に紹介するのは、↑コチラのデザートです。
どう転んで見ても「杏仁豆腐ゼリーとスイカ」ですが、プレートは間違えて「お漬物」となっていました。
実際、この隣には田舎のお婆ちゃんが漬けてくれたような「漬け物」の小皿が並んでいましたので、私がこの写真を撮った後で正しい位置にしておきました。
ちなみに「杏仁豆腐ゼリー」には手を付けませんでした。

いつも宿泊する時、朝食ビュッフェを楽しみにしていて最大のイベントと捉えていますが、今回は決められた量しか食べられない「ハーフビュッフェ」でしたし、何より大好きな「ヨーグルト」が用意されていなかったのが残念でした。
また、連休中ということで宿泊者数に比例して朝食を食べるお客さんが沢山いたにもかかわらず、朝食会場はアルバイトのお兄さんだけの「ワンオペ」状態でしたので、配膳と片付けが全く追いついていませんでした。
もう一人、地元のおばちゃんもいましたが、彼女は盛り付けなども担当していたようで、フロアは手が空いた時にしか手伝えない感じでした。

短めですが、今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  September 25, 2015 09:30:54 AM
コメント(0) | コメントを書く
September 16, 2015
カテゴリ:和食系全般
今日のエントリーは9月12日(土)に平塚市のBMWスタジアムで行われたJ1リーグ・2ndステージ第10節、湘南ベルマーレVS松本山雅FCの試合を観に行ったときの様子を【アウェイ・湘南ベルマーレ戦 遠征記1】として紹介します。
今日は平塚駅で遅めのランチとして調達した「鉄火丼」と試合前の様子を画像を使って紹介します。

IMG_7954r.jpg

待機列に接続したのは9月10日(木)の夕刻でしたので、試合当日はゆっくり目にスタジアムに向かえばOKでしたが、何せ2日前に置いたままのシートと養生テープ、重し代わりに使ってたPETボトルの状態が気になったため、列整理が実施される16時半よりも早く15時過ぎに到着するように平塚駅から路線バスに乗り込みました。
時を同じくして15時より、スタジアムグルメの営業が開始されることが分かっていましたが、松本山雅サポーターで埋め尽くされている図は容易に想像できるため、バスに乗車前に平塚駅ビルの商業施設【ラスカ平塚】のB1階にある「デパ地下」的なフードコーナーでお弁当類を調達することにしました。

当初普通のお弁当を想定しましたが、【鎌万水産】という鮮魚店で売っていた上画像の「鉄火丼」がとても美味しそうに見えたので、これを手に取って、共通レジに並んで購入しました。
後で気付いたことですが、上画像のラベルには『保存料・合成着色料は使用していません』という文言がプリントされていました。
コンビニ弁当や他の市販のお弁当には少なくとも「保存料」が含まれているものがほとんどですが、この「鉄火丼」に関してはそれがなかったということで、購入後に製氷機の氷をビニル袋に詰めて「保冷剤」として持ち歩いたのは大正解だったことになります。

IMG_7957r.jpg

↑コチラが実物の「鉄火丼」です。
赤い被写体なのでどうしても「くすんだ赤色」に写ってしまいますが、細長くカットしたマグロ赤身がふんだんに盛り付けられており、更に卵焼きと大葉、薬味の「ワサビ」がついていました。
ワサビは小袋に入ったものから出した状態で大葉の上に乗せています。
同じく小袋の醤油を回し掛けしていただきましたが、「赤身」でも結構脂が乗っていて美味しくいただけました。
ご飯の量が少々多く感じましたが、一般的にはこれで多すぎず少なすぎずで適量だと思います。
待機列シートを確認し終えた後、この「鉄火丼」を食べ始めましたが、お腹が空いていたこともあって、すぐに完食してしまいました。

この日、遅めのランチで食べた「鉄火丼」の紹介は以上です。

IMG_7960r.jpg

打って変わって、上画像は毎年選出される子が綺麗でカワイイ子ばかりと言われている「ベルマーレクイーン」のお二人に記念写真をお願いして撮らせてもらった写真です。
ベルマーレクイーンさん達、撮られ慣れしているというか、コチラから「撮ります」と言った瞬間、しっかりと表情を作ってくるあたり「プロ」っぽさを感じました。
しかしながら、彼女たちはまだ現役大学生のようなので、モデル業は副業で生業にしている訳ではないと思います。
それでも、一長一短でフォトジェニックな良い表情はなかなか出来ないと思います。
勿論、写真だけではなく実物も可愛らしい方々でしたが・・。

IMG_7961r.jpg

↑コチラは別の方ですが、一つ前の2人が写っている写真の黄緑色のユニフォームを着ている子ととても似ていると思います。
調べたところ、このお二人は片岡姉妹という双子さんのようですが、私自身が初見ゆえに、どちらが「沙織さん」で、どちらが「夏実さん」か区別がつきません。
いずれにしてもショートヘアがお似合いの2人だと思います。
残り2人のベルマーレクイーンさんについて、チラッと見かけたものの、写真撮影までに至りませんでした。

IMG_7964r.jpg

最後に紹介するのは、↑コチラの「キングベルI世」という湘南ベルマーレの公式マスコットさんです。
アウェイ待機列の方に来ていて、松本山雅サポーターから弄られていましたので、私もそれに便乗して写真を撮らせてもらいました。
私達が列整理後に待機列に並んでいる時、後ろの方からズシンズシンという大きな音が聞こえてきたかと思うと、上画像の「キングベルI世」が猛スピードでバックスタンド方面に走っていくところを目撃しました。
彼はなかなかのアスリートで意外と足が速いのかも知れません、w。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  September 16, 2015 01:33:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
September 10, 2015
カテゴリ:和食系全般
もう雨降りばかりでココロも晴れない今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
昨日の関東南部の大雨に続き、未明から栃木と茨城方面で大雨になっているとのこと。
雨が止んだあとも川は増水しますし、地盤が緩んでる場所も数多くあると思いますので、予断を許さない状況が続きますので十分ご注意下さい。

さてさて、今日のエントリーは9月5日(土)に行われた義父(相方の父)の一周忌法要の際、参列者の皆さんと一緒に食べたミニ会席料理を手短に紹介します。
利用したお店は福生市熊川にある【いけすレストラン 浜膳】というお店で、系列の【料亭 幸楽園】と同じ敷地にあり、この辺りでは知らない人がいないほど有名なお店です。
今回、法事の参加者は20名以上でしたので、前々からコチラのお店を予約して、店内に大きな生け簀がある「浜膳」の小上がり席を確保していました。
高齢者が多いため、小上がりにはテーブルが配置され、椅子に座って食事ができるようにセッティングされていました。

IMG_7601r.jpg

枸杞の実とワサビが添えられた寒天寄せが1品目の「先付」で、それに続く2品目は「旬(秋)の焼八寸肴」として上画像のものがお膳に入った状態で出されました。
この中には「鱒(トラウト)の塩焼き」、画像中央上あたりの白っぽく見えている「南蛮漬け(エスカベッシュ)」、「卵焼き」、「茹で海老」がありました。
笹の葉に包まれた「鶏おこわのちまき」はモチモチ感と旨味が一体となっていて良かったです。

IMG_7603r.jpg

3品目は「お刺身」でした。
店内中央に配置されている巨大な生け簀で泳いでいたかどうかは分かりませんが、活け〆のお造りとのことです。
マグロ、カンパチ、イカ刺し(イカの種類まで特定できず)の3種類でしたが、食べ終えた後、相方さんと打合せせずに行ったランク付けの言い合いでは、見事に順位が一致し、良かった順番に「イカ」、「カンパチ」、「マグロ」でした。

IMG_7606r.jpg

4品目は「揚げ物」として、各自お椀に盛り付けられた上画像の「天ぷらと真薯の出汁がけ」が出てきました。
天ぷらというよりも「菊の葉」以外は素揚げに近いもので、その2つは茄子と鰆の切り身でした。
お椀の真ん中に「真薯揚げ」があり、白身魚のすり身と里芋を組み合わせたものでした。
いずれも浸された出汁に潜らせてからいただくと、とても美味しかったです。

IMG_7609r.jpg

5品目は「秋の煮物」として上画像のものが黄色い器に入ってサーブされました。
この中でメインはなんと言っても、一番手前にある「真鯛の煮付け」だと思います。
一人分ということで切り身のサイズは小さめでしたが、マイルドな味付けが行き渡っていて美味でした。
この他、芯をくりぬいたニンジンと里芋は普通の煮物でしたが、蔕(へた)が付いたままの「丸茄子」は煮浸しのようになっていました。
オクラは煮物にはなっておらず、色合いを良くするための付け合わせのような感じでした。

IMG_7611r.jpg

6品目は「お食事」と言っていたので、秋らしくキノコが入った「炊き込みご飯」と味噌汁の組み合わせを考えていたところ、上画像の「茶そば」がでてきました。
残念ながら、少々茹ですぎで柔らかかっったことと「茶そば」でも香りがほとんど感じられませんでしたが、ここまでの「ミニ会席」で炭水化物は「鶏おこわのちまき」だけだったため、つけ汁にに浸された状態の茶そばが美味しく感じられて、何となくモリモリと完食してしまいました。

IMG_7615r.jpg

最後の7品目は「デザート」として、↑コチラの「ココナツプリン 黒蜜がけ」が出てきました。
「ミニ会席」とは言え、久しぶりにガッツリと和食をいただいたのでデザートまでは手が出ないと思いきや、この「ココナツプリン」がすっきりとした甘さだったため、別腹に吸い込まれていきました。
甘さのほとんどはトッピングされていた「黒蜜」に由来するものでしたので、なるべく「黒蜜」を避ければ問題なくいただけました。

以上7品の「ミニ会席」が1人あたり3500円というお値段でした。
団体客ということで、多少のボリュームディスカウントがあったとしても、提供された食事内容を考えればリーズナブルというよりも、割安感があったと思います。
食事を2時間以上かけた後、会食は「お開き」となって、三々五々それぞれの場所に帰っていきました。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  September 10, 2015 10:27:19 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 15, 2015
カテゴリ:和食系全般
70回目の終戦の日、今日の東京地方は1945年の同日と同じく暑い日になりそうです。
折角土曜日でお休みですから、タイミングが合えば靖國神社に行って、手を合わせてくるつもりです。

さてさて、今日のエントリーはリアルに48回目のマイバースデーだった8月10日(月)の溜池山王ランチで食べたものを紹介します。
誕生日のランチだからと思って、外ランチにしようと溜池山王駅周辺を歩いてみましたが、なぜかどこのお店も既に行列が形成されていて待たされそうでしたので、無難なところで日替わりランチ定食を比較的安価で提供している【貴あじ】というお店に超久しぶりに入ってみることにしました。

IMG_6843r.jpg

過去ログを検索してみると2011年から利用していないことになっていますが、実は利用していてもカメラを忘れたり、食べたものを撮影していなかったりということが何度かありましたので、実質的には半年ぶりぐらいに同店を訪れたと思います。
利用した8月10日は月曜日ということで、週の始まりでしたが、この週のトップをかざる日替わり定食の「豚しょうが焼き」を注文しました。

IMG_6848r.jpg

↑コチラが「日替わり定食」の全容です。
メインディッシュは「豚しょうが焼き」、副菜には「ひじき煮」、「温泉玉子」、「ミニマカロニサラダ」、これにご飯と味噌汁、香の物で構成されていました。
同じ溜池山王駅周辺では1000円前後が外ランチの相場ですが、コチラのお店では800円で日替わり定食を提供しています。
色々なおかずが付いてきて、上記の内容ならば値頃感があると思います。

IMG_6851r.jpg

メインディッシュをアップで撮影してみました。
画像に影が入ってしまって見難い写真になってしまいましたが、それを抜きにしても、盛りつけが大雑把というか、お世辞にも美しいとは言えないというか・・・。
折角の「せんきゃべつ」が豚しょうが焼きの下敷きになっているのも、美味しそうに見えません。
生姜は多用されていてそれなりに効いていましたが、それ以上に「タレ」というか味付けが私の好みからすると「甘すぎ」でしたので、キビシイものがありました。
また、一緒に炒めてあった玉葱も火の通り具合にムラがあり、柔らかいのは美味しいと思いましたが、思いっきり「生玉葱」もあったのが残念でした。
それでも、自分のポリシーとして、注文したものは絶対に残さず完食しますので、頑張って全部平らげました。

今回はちょっと「ハズレ」だったと思いますが、値段も安くてお腹が満たされますので、また少しインターバルをおいてから再訪するつもりです。
今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  August 15, 2015 08:34:39 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 10, 2015
カテゴリ:和食系全般
今日はHappy birthday to me、ということで年男なので48歳になりました。
次に年男で迎える誕生日は、もう還暦なんですよね、あらら実感が沸いてこないなぁ、w。
今日は近い界隈でのライブアイドルさんの生誕祭もセットされていないみたいなので、一緒にお祝いできませんから、普段はほとんど行かないマッサージとか整体とかカラダのメンテナンスでもしようかなと考えています。
ここ何年か、自分の誕生日に雨が降った記憶はありませんが、今日の東京地方はにわか雨があるかもという予報になっています。
ゲリラ豪雨や激しい雷雨は勘弁して欲しいですが、打ち水効果がありそうなお湿りになれば良いと思っています。

さてさて、今日のエントリーは8月7日(金)の溜池山王ランチで利用した【赤坂 来茶】さんで食べた日替わりランチ定食「豚肉の香味焼き」を短く紹介します。

IMG_6783r.jpg

ここのところ、平日で勤めの時の溜池山王ランチはコンビニ等で簡単に済ませていましたが、前日の【溜池 さ和長】さんに続いて、2日連続で外でのランチにしてみました。
今回紹介する【赤坂 来茶】さんも長年通い続けているお店の一つですが、前述の通り、1ヶ月以上のブランクがあいていました。
お店に入って日替わりのメインメニューが判明する前から、内容に関わらず「日替わりランチ」を注文するつもりでいたところ、たまたま「豚肉の香味焼き」だったという訳です。
この日はお店が混んでいたのか、厨房の中の人繰りが足りなかったのか、理由は定かではありませんが、注文してから着皿するまで20分以上かかっていました。
上画像が「日替わりランチ定食」(税込み980円)の全容ですが、メインの他、ご飯と豆腐の味噌汁、香の物と副菜の小鉢という構成になっています。
この日の副菜は「コールスローサラダ」でした。
注文時にご飯を軽めとリクエストしているので、女性客向けの量よりも少なくなっています。

IMG_6787r.jpg

豚ロース肉の上質の脂と味付けで使っていると思われる「みりん」によって、ソテーされた豚肉の表面が何とも食欲をそそるような「照り」で覆われているのが分かります。
味付けも濃すぎず、薄すぎずで丁度いい加減になっていて、このおかずさえあれば白いご飯が何杯でもいけそうな感じです。
私は糖質制限しているので、炭水化物を少なくしていますが、ご飯好きの方ならば丼1杯は楽勝に食べることができると思います。
従って、私は添えられていた「レタス」を使って豚肉を包み込んでいただきました。

ゆっくりと落ち着いてランチが食べられる場所を提供してくれている同店、日替わり定食のお料理もバランスが取れていて良いと思います。
次回利用時は、久しぶりに定番メニューの「とりそぼろごはん」を食べてみるつもりです。

今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  August 10, 2015 08:13:25 AM
コメント(1) | コメントを書く
August 8, 2015
カテゴリ:和食系全般
取引先からのFAXで『8月8日から8月16日(日)まで夏季休暇をいただきます』という内容の通知が届いていました。
ということで、今日から夏休みに入ったなんて話もチラホラ聞きますが、連日の酷暑で参ってしまっていますので、この週末は通常通りのお休みですけど、切実に連続して「休みたい」と思いますね。
私のところは基本的にはお役所や銀行などと同じように「暦どおり」ですので、各自が夏季休暇を取得してお休みを交代でとる感じです。
私は8月12日~13日の2日間を申請しましたが、この日は松本山雅FCのJ1リーグ・アウェイ戦を観戦するため仙台遠征を予定しています。
わざわざ混む時期に動きたくないというのがホンネですが、マッチが組まれている以上、スケジュールには従わざるを得ません。
今週末、明日は出掛ける予定を入れていますが、本日は今のところ外出予定はありません。
スタミナがつくものでも食べてチャージしたいと考えています。

さてさて、今日のエントリーは8月5日(水)に受診した年に1度の定期健康診断の検査の後、健康保険組合施設に併設されているレストランで食べたブランチを紹介します。
実際、レストランには屋号というか名称がありますが、名前を出すと私が関わっているギョーカイがすぐにバレてしまいますので、一応その店名を伏せています。

IMG_6772r.jpg

健診の検査が全て済むと、受付で同レストランで利用できる「6割引」のクーポンがもらえます。
健診当日のみ、メニューの1品にしか使用できませんが、6割引というのは普通に考えても「お得」ですので、この日も日替わりのランチ定食(A:洋食、B:和食)から選ぶことにしました。
それぞれ900円ですので、会計時には360円にディスカウントされます。
私が選んだのはB定食で、上画像の「牛ステーキ重」がメインに据えた定食でした。
画像右上の味噌汁は「若布と大根の味噌汁」で、味噌汁自体、久しぶりに食べたため、ダシの旨味が胃に染み入っているのを感じました。

IMG_6770r.jpg

メニュー内容はメインの「牛ステーキ重」と「味噌汁」としか書かれていませんでしたが、上画像の「わかめ」と「せんキャベツ」のミニサラダも付いていました。
ドレッシングを好まない私にはかなりの「ドレッシング過多」の状態で出てきましたが、サッパリしたノンオイル系ドレッシングでしたので下に敷き詰められたキャベツとよく混ぜることで問題なくいただくことができました。
手前に写っているお箸にはお店の「ロゴマーク」が入っていましたので、モザイク処理をかけています。

IMG_6776r.jpg

↑コチラが「牛ステーキ重」をアップで撮影した写真です。
そこそこ厚切りされたサーロイン肉を塩コショウのみで味付けし、ミディアム程度になるように火を入れてグリルしたものでした。
デフォで「辛子マヨネーズ」が肉にトッピングされていましたが、はっきり言ってこれは不要だと思います。
ステーキの下に敷き詰められていたのは全て「もやし」でした。
「もやし」を挟むことで、ステーキとご飯だけでは得られない食感があって面白いと思いました。
添えられていた副菜は2切れの「ウェッジポテト」と「獅子唐」、「プチトマト」でしたがそれぞれ色があるので、見た目もよく映えていました。

この日まで自分なりの糖質制限をかけて体重を絞っていましたが、久しぶりに食べるマトモな食事でしたので、味わいながらゆっくり完食しました。

短めですが、今日のエントリーは以上です。

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ






Last updated  August 8, 2015 10:45:35 PM
コメント(0) | コメントを書く

全328件 (328件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 33 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.