000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フランス語翻訳者の独り言

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


marianne.jp

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

フリーページ

ニューストピックス

2007年03月20日
XML
1989年(1年目)

5月末に渡仏しました。それまで勤めていた日本の「K社」からの派遣です。派遣先は、その「K社」と、フランス企業の「B社」のオーナーである「B氏」が半分ずつ出資した会社でしたが、約40名の社員がいて、日本人は私だけ。場所はロワール地方のド田舎。周囲に日本人の気配は全くなし。中国人も黒人もいませんでした(笑)。
現地の社長であったB氏の指示は、「ここはインターナショナルな事業所なので英語を話しなさい。フランス語は覚えなくてよい」。
もっとも、英語は中学・高校で勉強しただけですから、会話能力はありません。ここで早くも、「机上の学問が役に立たない」ことを痛感した訳です! かといって、文句を言っているヒマはありません。何が何でも、聞いて・理解して・話して・理解してもらわないと、仕事も生活もできないのですから・・・
8月には英語で夢を見ていました。内容は挨拶程度ですが(笑)。
そしてこの頃から、社長命令に反して、仏和辞書を常に携帯するようになりました。耳にした単語を辞書で調べて、赤線を引く。例文を見て理解できない単語があると、それを調べる。キリがありませんでした(当たり前です!)。
挨拶とか単語ではなく、文章にして話した一文は今でも覚えてます。事務所の仲間に、こう言いました。
Je vais à l’atelier.
皆んなが嬉しがって、「もう一回言ってくれ」って。何度も言わされました。
そんなことが社長のB氏にも伝わったのでしょう、11月頃に、「ここはフランスだからフランス語で話しなさい」と言われました。フランス語を勉強することを「許可してもらった」わけです。年末にはフランス語でも夢を見ていた記憶があります。せいぜい「Je vais à l’atelier」でしたが(笑)。
「えいご漬け」というトレーニングソフトがありますが、現地での生活は「実物大の英語漬け・フランス語漬け」なのです。

つづく


フランス語翻訳を生業にしています






最終更新日  2007年07月06日 07時15分11秒
[棚から牡丹餅でフランス語翻訳者] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.