Feb 7, 2012

マルコさんが虹の橋へ旅立ちました…

(6)
カテゴリ:うちのネコちゃん
2012年2月7日18時45分、
マルコさん猫が虹の橋へ旅立ちました。
18才と7カ月でした。

今朝、急に後脚が動かせなくなり、父が病院に連れて行きました。
突然のことでした。

あたしが起きて下の部屋に行ったときは、まだマルコさんは歩いていました。
お水を飲んで、あたしが温めた紅茶を持って部屋に入る時、
マルコさんも一緒に歩いて部屋に入りました。

ストーブの前に座り、何だか元気がないような顔をしていたマルコ。

「マルコ、どうしたの?」と声を掛けると、もう後脚を引きずるように動いたので、
ビックリして母親に伝えました。

母が抱っこすると、マルコの両足は力なくダランとしていました。

慌てて父親が病院に連れて行き、診てもらいました。

脊髄から神経がやられてるみたいだと先生に言われたそうです。
高齢なので手術はできないので、脊髄に注射と栄養剤の注射をしてもらってきました。

老衰も出始めていると言われ、寒さが厳しいのでそれも影響しているかもということでした。

病院から帰ってきたマルコさんはグッタリしてました。

あたしと母はマルコさんのための紙おむつを買ってきて、マルコさんに装着させました。

少しでも良くなるように、身体が冷えないようにと思い、マルコさんをホットカーペットの上に横にさせていました。

グッタリしながらも、夕方まではあたしの言葉にも反応し、写真も撮りました。

マルコ55.jpg

でも、その後だんだん苦しそうに呼吸をし出し、身体も全然暖かくなってなくて。。
マルコに「大丈夫だよ、傍にいるよ。大好きだよ。」と声を掛け、
両手を握って、頭を撫でていました。

段々、いびきのような呼吸になり、時々ぴくっと体を動かし、
呼吸が静かになったなと思ったら、大きく体で呼吸していたのに、何にも動いてなくて、
そのまま、マルコは逝ってしまいました。

命あるもの、いつかは来る別れ。

そんなことは分かってた。

でも、こんなに突然来るなんて…。

涙がぬぐってもぬぐっても溢れて来て、上を向いても溢れて来て、
明日にはマルコはこの家から居なくなるなんて信じられなくて。

いつでも、どんな時にも、下の部屋にはマルコが居たから、
もうマルコの居た場所にマルコが居なくなると思うと、
悲しくて、寂しくて、どうしていいのかわかりません。

今は、暖かい毛糸に包まれてマルコは眠っています。

どうか虹の橋で、ちび姐さんとまるちゃんに逢えますように。

そしていつかまたマルコと逢えますように。。

マルコ、いっぱい愛をありがとう。
いつも優しく受け入れてくれてありがとう。

虹の橋を渡ったら、きっと元気に歩けるね。
きっと3匹で走りまわって遊べるね。

ありがとう、マルコ。

また逢えるその日まで、少しの間、「さようなら」

マルコ59.jpg






TWITTER

Last updated  Feb 7, 2012 08:55:35 PM
コメント(6) | コメントを書く