000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

そば屋 はるみの 岡崎市 うどん

PR

サイド自由欄

Let's confirm whether you catch cold if you are hot.
船頭多くして、船山に登る。
ハードルは高ければ高いほどくぐりやすい。
真実はいっぱい、おっぱいは2杯。
星の数ほど女はいるが、星には手が届かない。
カロリーは高いほどおいしい。きれいかわいいほど女は危ない。
やる気のあるやつは視野が狭い。正義は強いほど視野が狭い。
昔に帰りたい人は、たとえ帰っても、その昔に返りたい。
四葉のクローバーを見つけるために、三つ葉のクローバーを踏みに?じってはいけない。幸せはそんな風に探すものではない。

* ホームレスの方・旅行中でキャンプをしたい方、軒先での寝袋利用や、裏の駐車場でテント張ってもいいです。必ず声をおかけください。

フリーページ

コメント新着

関本です。@ Re:マネージャーさんへお礼(10/19)返信 ----- いつもありがとうございます。ミヨ…
美代子@ マネージャーさんへお礼 マネージャーさん昨日はごちそうさまでし…
sekimoto@ Re[1]:お休みのお知らせ。(10/19) 今日は野菜たくさん、わざわざ届けていた…
美代子@ Re:お休みのお知らせ。(10/19) 楽しんできてください。 私たちはまた働い…

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2016年04月29日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
人の誕生、2足歩行・何故自我を持ったのか?ボルネオ島で考えた。  関本マリオ
 人のメスはなぜ発情期を隠すのか?なぜ2足歩行を選択したのか?なぜ人の子は未熟児で生まれるのか?赤ちゃんの原始反射はなぜ起こるのか?更年期障害はなぜ起きるのか?なぜ人だけが自我を持ったのか?なぜ恋愛をするか?
 道路の側溝の中に身を潜めて、上を通り過ぎる女性の下着を覗いて逮捕された男性がいた。しかも、彼は2度も捕まった。彼は何を見たかったのか?それは性皮を見る、確認したかったのだ。類人猿の多くは繁殖期になるとあそこが赤く膨らむ、そこが性皮。そこでオスが発情するのです。
 しかし、人のメスは発情を隠す<排卵隠匿>。人のメスはほっておいても生殖器官を隠す。オスが性器の名を小声で言っても<怒る>いやらしい、と。しかし、そこに人類誕生の秘密があったのです。
 定説は<人類が森から出て2足歩行をして脳が発達して、○○して、文明を作る。立ったために骨盤狭窄→未熟児で産む>と言うものだ。しかし、どうも必然性が弱い。つまり、2足歩行になる理由が弱い。2足歩行は、非常に安定が悪く、4足歩行にすべての面において劣る(最新技術でもロボットを作ってみると難しい)。自然の中で走れば必ず転ぶ。サバンナで脳が発達してない段階で、他の捕食物に勝てる手段もない。また、2足歩行の利点はそれほどでもない。ミーヤキャットの様に一時的に立ったり、猿の様に完全に2足歩行でなくても物は両手に抱えて移動もできる。なのに2足歩行を選択した?。ほとんどの類人猿は脊髄を立てて生活しているのに、なぜ人だけが文明を持ったのか。それは、仕方がなかったのです。

 約700万年前、半樹上生活の類人猿がある程度脳が肥大して、胎児が産道を抜けなくなってしまったことから始まったのです(進化の方向は急には変えられない。キリンの首は伸び、象の鼻は伸びていく・・)。ここで人の先祖は絶滅の危機に見舞われる。子供が生まれなくなってしまったのだ。ところが、ある類人猿達は胎児の脳が発達する前に産み。未熟児で生まれた子供をなんとか育てることで、子孫をつなぐことに成功した。または、脳がそれほど肥大しない段階でも難産で、立つことで未熟児で産み育てることになった(立つことで内臓が下がり子宮を圧迫して早く生まれる)。
 それは、子供を産んだ母親が、いつも子供を抱えて移動すると言う事、つまり2足歩行にならざるを得ない状況になったということなのです。人の子供は約1年間、自分で食べ物を探し食べることはできない。親が付きっきりで、世話をする必要がある。それを木の上ではできない。つまり、ライオンがいるサバンナより安全な樹上生活を、あきらめざるを得ない状況になってしまったのです。ここに2足歩行の原点がある。そして約400万年ほど前に現代の様に直立2足歩行になったと思われます。2足歩行と言っても、300万年と言う長い時間をかけてようやく直立できるようになったんですね。

 では、2足歩行ではライオンに勝てない人の先祖は、どうやって生きて来たのか?肉食獣のいるサバンナを避け、森の中を住みかとして、竪穴や洞窟に暮らした。それは今でも僕らの記憶のどこかに残っている。世界中の人が理想とする世界を描いてみると、森の中に家を描く。そこに人として誕生した世界があるような気がする。
 時々、赤ちゃんを観察させてもらいます。原始反射<把握反射・新生児微笑・モロー反射・吸啜反射>が起きているか観察します。把握反射は赤ちゃんが生まれてすぐは、手の握る力が強く、数週間で力が抜けてしまうことを言います。これは人が類人猿の頃、赤ちゃんが生まれてすぐ、母親にしがみつく・木につかまったことを意味します。一般的には手で起きることは知られていますが、実は足でも同じように握ろうとします。そして、手と足の大きさや形が似ている事に気づきます。立つと足が大きく指が退化していきます。ですから人の誕生と赤ちゃんの誕生が同じ関係(時系列)にあるのなら、立ったから人になったのではなく、子供が未熟児として生まれたので、仕方なく立っていった、と言うのが正解の様な気がします。

 メスが子供に掛かり切りになると集団の関係も変わってきます。排卵の時だけ、繁殖期だけオスがやってくるのでは、メスも子供も食べ物が取れない。そこでメスは繁殖期を隠して、オスにいつも繁殖期であるかのように見せ、近づかせる関係を作っていったのです。(人以外に繁殖行動を頻繁にする霊長類はボノボだけ)。オスは繁殖行動の相手(妻)に自分以外のオスの遺伝子を残されないよう、せっせとメスに食料提供や保護をして子を育てた。結果、他の類人猿に見られない深い関係を作っていったのです。メスの性の隠匿(他の類人猿には見られない)は、未熟児を育てる手段として発展していった。その発展した結果、メスはミニスカートは穿きたいけど見られるのは嫌、オスは見たり触ったりしないとメスの発情が確認できない(チカン・変態となる)と、言ったややこしい事になったのでした。
 <恋愛>は人にしかわからない。他の霊長類には生殖行動前後の長い期間に、オス・メス特別の関係はないからです。人は性の隠匿から始まる関係(恋愛と言う関係)は、子育ての準備、役割分担を決めるために必要な儀式なのです(一夫多妻でも同じ)。その儀式を通して音楽や言葉が生まれてきたのだと考えます。深い役割分担の関係は、より細かな情報の共有化が必要だからです。つまりそれぞれが1っ個体として生きられるのなら言葉は生まれない、と言うことです。よく話す人は寡黙な人より、他人の協力を必要とする生き方をしている、と言うことですね(気持ちの上でも生活の上でも)。現在は言葉より社会としてのシステムが、言葉の代わりをしています。だから現代人は疎外感を持つのです。
 ですから、人には肉体的に生殖可能になる成長と、異性との関係を作れるようになる成長があるのです。生殖をリードしてきたのはメスなので、当然メスの方が成長が早く、オスはそれに引っ張られる形で2~3年後に成熟します。つまり人への進化も2段階で、初めにメスに起きて、続いてオスに起きました。現在も進化中で脳の容量は拡大していると思われます。
 女性が52歳前後から始まる、更年期障害は性ホルモンの衰退によって引き起こされる(バランスが崩れる)ものです。しかし、更年期に見られる感情の変化(熟年離婚やパートナーに対する怒り)は、原始回帰とも言えます。ですから、男性にも当然起きます。女性に続いて起きます。繁殖期の関係が意味をなさなくなり、それ以前の関係に戻ったと理解するのなら、ものすごく納得できます。

 この未熟児で生まれると言うことの、大きな意味はもう一つあります。それは自分と他人の関係で生きているだけの生物とは全く違う関係を強いられたことでした。未熟児は自分の体から生まれた、しかし、自分ではない、他者でもない。泣くだけの存在、何もできない。それが何を求めているか自分で考えないと死んでしまうもの。察する・相手の身になって考えて行動ないと死んでしまう存在。相手の立場になる、自分の意識が自分を離れて、子供側に移る。そこから要求をくみ取る。そうしているうちに、子供から見た自分の姿を見る。それが自己・エゴの発見なのです。(自己の定義は難しくて一概には述べられませんが、ここでは、自己認識と言う事にします。)カラスも50の言葉を使うと言われ、ゴリラも手話を使って会話ができる。なぜ、自己認識ができないのか、そこには、相手から自分を見ると言う行為がないから、相手から自分を見る必要がないからなのです。死の認識も、相手から自分を見ていて、その相手が死んでしまう出来事によって自分の死を知る事になったのでしょう。
 人の子だけが行う<指さし行動>は1歳以前後にします。意思表示・共感共有・理解応答の順に発達していきます。これは、進化の過程でしょう。それが言葉に置き換わっていくのが1歳から2歳。言葉が少し遅れてくるのが、類人猿から人への進化の過程だと思います。そして、第2次性徴となって、自己の存在に気づきます。思春期ですね。母親になると言う変化が起きるわけです。

 子供が未熟児であるため、役割分担が必要となり、言葉をうみ。未熟児で生まれた子供との関係で自我が生まれた。人(ホモ・サピエンス)への進化は、子供が生まれないという危機的状況によって生まれてきたのです。
 ボルネオ島でオラウータンは見ませんでしたが、広大な焼き畑を見ました。ここでも育てる、他の生物(食べ物)を育てると言う行為が自己認識のきっかけとなったと思うのでした。やはり歩くこと他者を愛すること、大事なんですね。            2016,4/20






最終更新日  2016年04月29日 11時25分34秒
コメント(0) | コメントを書く

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.