000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

マルメロは誘惑

PR

X

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

コミック・アニメ

2008年04月29日
XML
カテゴリ:コミック・アニメ
なんだかこの春は、「ゴルゴ13」でクールですね…!星
さいとう・たかを氏作のこの劇画で(まさに劇画ですね!)、スナイパーと言う格好良くて硬派な言葉を覚えたように思います。
すでに生きながらに(コミックで、現在も連載中ですが)伝説的ですらあります。

その「ゴルゴ13」は、この4月11日からアニメ化されています。テレビ
TV東京系で金曜の25:23からですね。
ゴルゴの声は舘ひろしさんですよ…!
オープニングテーマは、Naifuの「Take The Wave」、エンディングテーマは、doaの「ガラスのハイウェイ」です。

それから、さらに、ゴルゴ13は、主人公のデューク東郷が、あの缶コーヒーの「ネスカフェ 匠」でコラボですよ…!
5月13日から、そのイラスト入りのコーヒーが「ゴルゴ缶」として発売されるようです。
なんだかクールな春の到来です。

<ゴルゴ13>「一流」「苦み」で共通点? ネスレ缶コーヒーとコラボ 5月から



  ゴルゴ13(147)

2008年4月11日テレビ東京系にてアニメ化!



  【送料無料選択可!】ガラスのハイウェイ / doa

doaの10th SINGLE! うまくいかない、思い通りにならない日々。いつも表裏一体の理想と実現、そして君を胸に、少しでも前に進もうという決意と想いが綴られた今作。ざっくりとしたアコースティックギターがシンプルな印象を与えるサウンドでありながら、随所で響くピアノとストリングス、たゆたうようなメロディーによってしっとりとした情景が広がる。テレビ東京系アニメ『ゴルゴ13』エンディングテーマに決定!






Last updated  2008年04月29日 22時26分43秒
コメント(0) | コメントを書く


2008年03月25日
カテゴリ:コミック・アニメ
去年後半あたりから、作品の入れ替えが目まぐるしくて、週刊少年ジャンプに置いて行かれないように一生懸命なわけですが、そんな中で、これが連載されているうちは絶対、週刊ジャンプを読み続ける、と言うものの一つが、「アイシールド21」だったりします。星
大好きな人に薦められて読み始めたら、それはもう、はまってしまいましたよ。ハート(手書き)
以来、とってもファンで、お陰で、まったく知らなかったアメリカンフットボールも、そこそこには分かるようになりました。

「アイシールド21」は、アメリカンフットボールで、クリスマスボウル(全国高校アメリカンフットボール選手権大会・決勝戦)を目指す作品で、週間少年ジャンプの中でもかなり正当なスポーツ作品だと思います。
毎回、息をもつかせぬ展開で、当初、だめだめだった主人公が成長していく姿が本当に良いです。
そして、ついに、関東大会で優勝、いよいよ念願のクリスマスボウルです。

TVアニメの方は、この3月で終わってしまいましたが、コミックの方はこれからますます盛り上がりそうです。
本当のアイシールド21も現れて(?)、これからの展開も本当に楽しみです。


  アイシールド21(28)

泥門と関東大会決勝を争うは、白秋VS西部の勝者! 白秋のマネージャーはセナと陸に試合の棄権を勧告。そこに恐るべき野獣・峨王が出現!! 試合前、選手たちの熱き思いが交錯する。泥門と対戦するのは??!?



  アイシールド21 33

「週刊少年ジャンプ」で連載中、アメフトを題材にした人気漫画のTVアニメシリーズ第33巻。ついにデビルバッツとホワイトナイツの戦いの火蓋が切って落とされた。勝利の女神はどちらに微笑むのか…。第129話「王者への挑戦」から第132話までを収録。






Last updated  2008年03月25日 21時23分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年03月04日
カテゴリ:コミック・アニメ
週刊少年ジャンプ、ついに、「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」と「テニスの王子様」は、連載終了してしまいました~。雫
個人的に、ムヒョが、けっこう好きだったので残念です~。
テニプリも、長く誌面を楽しませて下さいました。
両先生、お疲れ様でした。また、次の作品を楽しみにしています。


  テニスの王子様(41)

発行年月: 2008年03月



  ムヒョとロージーの魔法律相談事務所(16)

禁魔法律家との戦いを終え、事務所に帰ったムヒョ達。だが久方ぶりの平穏は長くは続かなかった。長らく留守にした事務所に霊らしきものが棲みついていたのだ! 気にもしないムヒョとは裏腹に、怯えるロージーだが…!?






Last updated  2008年03月05日 00時11分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年02月18日
カテゴリ:コミック・アニメ
月曜なので、週刊少年ジャンプ発売です…! 星
楽しい作品が本当に多いですが、個人的にはやはり「魔人探偵脳噛ネウロ」がいいですね。
独特でどこか人を惹く絵柄もすごいですが、ストーリーがやはり秀逸ですね。
大きな物語の流れを、唸るような展開で仕上げられる手腕には脱帽です。
‘HAL編’は本当に感動的でした。昨今、あれほど感動的に大きな仕掛けの物語をまとめ上げた作品は少ないように思います。

最新刊15巻が、大好評発売中です。
‘6(シックス)編’も、本編でもいよいよ佳境に入った感じですから、目が離せません。
アニメも楽しくて、DVDは2月27日に3巻が発売です。


  魔人探偵脳噛ネウロ(15)

恐るべき悪の存在の影を感じながらも、弥子の周りには楽しい話もいっぱい! 今まで秘められていた、様々な人達のエピソードをご紹介。そんな中、警察内では人事異動の風が巻き起こり、笹塚と石垣の班にもついに亀裂が…!?



  DVD 魔人探偵脳噛ネウロ 3 (2/27 発売予定)

「週刊少年ジャンプ」に連載中、松井優征原作のミステリーアニメ第3巻。“怪盗サイ”と呼ばれる猟奇殺人者による事件が世間を騒がせている頃、ネウロと弥子は、堀口雄三という男から息子・明の素行調査を依頼される。第7話から第9話までを収録。






Last updated  2008年02月18日 20時59分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年02月13日
カテゴリ:コミック・アニメ
遅ればせながら、ジャンプ SQ(スクエア)3月号を読みました。 星
ジャンプ SQは、おもちゃ箱みたいな印象ですね。わくわくするものがたくさん詰まっていると言うか。
今号は、あの「銀魂」の空知英秋さんが、読み切りで「13(サーティーン)」を描いていて、とても楽しかったですv きらきら
何気に自分的に楽しみに読んでいるのが、遠藤達哉さんの「TISTA」。
ちょっとあの感傷的な物語は惹かれます。
来月号は、WJで「P2!」を連載していた江尻立真さんの「World 4u_」や、「アイシールド21」の村田雄介さんの「窓ふきパルク」が読み切りで載るようで、今からまた楽しみです!


  ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 03月号 [雑誌]

巻頭カラー 『紅 kure-nai』ー原作:片山憲太郎×漫画:山本ヤマト/センターカラー 『ロザリオとバンパイア』ー池田晃久/読切シリーズセンターカラー 『13』ー空知英秋/付録 3大ポスター『TISTA』『屍鬼』『ドラゴノーツ』、JC『銀魂』銀八先生バレンタインVer.カバー






Last updated  2008年02月13日 21時07分13秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年01月27日
カテゴリ:コミック・アニメ
漫画の大家・故石ノ森章太郎さんの作品全集が、この度、一人の著者が描いたコミック出版作品数の世界最多記録として、ギネス・ワールド・レコーズに認定されたそうです…!
これはすごい…! 星

色々な書籍を読みますが、もちろん、マンガ・コミック大好きです。
ありとあらゆるジャンルのコミックを読みます、古いものも新しいものも、何でも面白がって読みます。
ですが、心から感動できるもの、わくわくと心がおどるような作品には、なかなか出会えるものではありません。
だから、名作を生み出した作家さんは、本当にすごいと思います。

石ノ森章太郎さんはまさに大家で、わくわくするような作品を世に生み出してくれました。
……1998年にまだ60歳の若狭で亡くなられた時には、本当に哀しく、惜しいと思ったものです。
きっと、生きておられたら、さらにたくさんの名作を生み出したことでしょうね。

認定されたのは、角川書店が、一昨年から刊行を始めた「石ノ森章太郎 萬画大全集」です。
全500冊(!!)だそうで、現在まで約330冊が出版されているようです。
ちなみに私は、「サイボーグ009」はもちろん、「佐武と市捕物控」とか好きです。

宮城県出身の「萬画家」・故石ノ森章太郎さんの作品全集がギネスに(仙台経済新聞)



  石ノ森章太郎萬画大全集(第2期)

、「1人の著者が描いたコミック出版作品数の世界最多記録」として「ギネス・ワールド・レコーズ」に認定。



  サイボーグ009 〔ハードカバー版〕全22巻 石ノ森章太郎/作

不朽の名作!






Last updated  2008年01月27日 23時06分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年01月15日
カテゴリ:コミック・アニメ
時代はヤッターマンなんでしょうか?!(笑) 大笑い
昨日から「ヤッターマン」のアニメが放映されてます。
あおり文句もなんと、「30年ぶりに復活!!」ですよ!
世の中のお父さん、うれしいんじゃないですかね!
あのドロンボー一味の声も、どうやら昔のままらしいです。
昔の名アニメが、昔のままなのがいいのか、大胆リメイクがいいのかは分かりませんが、とにく楽しいならそれが何よりです。

そうそう、実写の方も忘れてはいけません。
何と言っても、ドロンジョ様は深田恭子さんですし、それからなんと、ボヤッキーは生瀬勝久さんですよ…!
合ってる…言うのは、失礼になっちゃうんでしょうか(笑)
トンズラー役はケンドー・コバヤシさんです。
ヤッターマン1号と2号は、それぞれ櫻井翔クンと福田沙紀さんですし、いよいよ楽しみになってきましたね。来春公開(三池崇史監督)です。

ヤッターマン総合ポータルサイト



  【送料無料選択可!】ヤッターマンの歌 / 音屋吉右衛門

あの伝説の国民的アニメ「ヤッターマン」が2008年1月よりスタート! あのお馴染みのオープニングテーマを歌うのは、音屋吉右衛門!
音屋吉右衛門 (アーティスト) 若林一郎 (作詞者) 山本正之 (作詞者) 世良公則 (作詞者)



  mihimaru GT/diverge【初回盤CD+DVD】

読売テレビ・日本テレビ系アニメ「ヤッターマン」エンディングテーマソングに決定!
来年1月14日から始まる読売テレビ・日本テレビ系アニメ「ヤッターマン」エンディングテーマソングに新曲が決定!
約一年ぶりのせつないバラードソングに注目です。






Last updated  2008年01月15日 17時08分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年12月10日
カテゴリ:コミック・アニメ
ライトノベルはあいかわらず全盛ですが、その中でも大人気を誇り続ける「今日からマ王!」。
そのアニメの第3シリーズが、来年2008年4月から放送されることが決まりましたよ…!
2年ぶりでしょうか、あの楽しい世界観が帰ってきます。

普通の高校生…のはずった主人公の高校生、渋谷有利が、異世界に文字通り(?)流されてしまって、なんと魔王になると言うストーリーですが、とにかく楽しくて、その上で正義のあり方とか、ちょっとほろっとさせるところとか、物語に流れが嬉しい作品ですね。
原作は喬林知さんで、原作でのイラストを描かれる松本テマリさんによって、コミック版も出ています。

たくさんの格好良い男たちが物語を飾ってくれますが、何と言っても、正義に怒り(?)で豹変する主人公が格好良いです。アニメでは声優が櫻井孝宏さんなのでさらにGoodです。


  DVD【DVD】今日からマ王! FIRST SERIES vol.1【エンタメ1207_2】

正義感の強い高校生・渋谷有利は、ある日異世界に迷い込んでしまう。
その世界では「黒目・黒髪・黒衣」は最強の魔王である証。
学ランを着ていた彼は“魔王”に就任してしまい…。
【収録話】
第1話「流されて異世界」
第2話「決闘!美少年vs野球少年」
第3話「渋谷有利!俺がマ王だ」



  【ノベル】 まるマシリーズセット (全17冊)

あらすじ :
主人公渋谷有利は16歳の少年。
不良にからまれていた友人を助けようとしたが返り討ちにあい、水洗トイレから流されて眞魔国第27代魔王に就任することになったのだが…。

商品の詳細 :
現在発行されている「まるマシリーズ」シリーズ全17冊セットです!








Last updated  2007年12月10日 20時44分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年12月08日
カテゴリ:コミック・アニメ
はい、酒好きです。 手書きハート
とても好きです。実のところ、何でも飲みます。
お誕生日のプレゼントから始まって、お歳暮やお中元などの仕事関係の頂きものまで、酒類が多いのは……皆さま、私の酒好きを御存知だからです。
そして、やはり、ワインが好きなんですよ。 ワイングラス
食事に出掛けて、ワインリストを頂いて、ソムリエ殿とやりとりさせて頂く時の私の顔は、同席ものいわく、至福の顔だそうです。

世の中には、酒を愛する人は本当に多くて、お酒に関する小説やコミックなどの作品も、それはもうたくさんあります。
その中で、ワインをまたブームに上げてくれたのが、この作品「神の雫」ではないでしょうか。
原作が、あの亜樹直氏ともなれば、もちろん内容が濃いわけです。
理屈がないとお酒の美味さが分からないのでは本末転倒ですが、ワインと言うひとつの大いなる文化を、その歴史なども含めて知識として知るのも、ワイン好きには堪らないことです。
それに、ワインを好きになる一つのきっかけになるなら、飲み仲間が増えると言うことで喜ばしいですよね。


  神の雫(1)

そして、人はワインに堕ちる。
神の気まぐれが産み落とした“1本のワイン”を巡る、罪深き人間たちの物語。
巻末に、コラム「今夜使えるワイン談義」収録!!



  神の雫~ワインと音楽のマリアージュ~

「神の雫~ワインと音楽のマリアージュ~」(イメージアルバム)

発売日:2007/11/07
作品の世界観を忠実に表現したアルバム。原作者の亜樹直の監修によって、クラシック・ジャズ・民俗音楽など、様々なジャンルから20曲が選曲された。






Last updated  2008年01月10日 21時07分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年11月02日
カテゴリ:コミック・アニメ
ジャンプスクエアの創刊号が、今日発売でした…!
鳴り物入りな感じで、ずっとPRしてましたし、何と言っても顔ぶりが豪華なので、それはもう今日一番で買いましたよ~! 星

表紙からもう豪華ですね…!
中身も濃い! 厚いばかりじゃなくて熱い感じですね。
楽しく全部読ませて頂きました。
クオリティとしても、やはり高いのではないでしょうか。
このままのクオリティ──もちろん、更に高く──を望みます。

個人的には、週刊ジャンプでも読んだ、浅田弘幸氏の「テガミバチ」が良かったです。切なくて綺麗な話で。
和月伸宏氏の「エンバーミング」は、当然と言えば当然ですが、完成度高くてGoodです。

来月号も今から楽しみですね!


  ジャンプスクエア 創刊号 2007年12月号







Last updated  2007年11月02日 21時19分55秒
コメント(0) | コメントを書く

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.