072176 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

マルメロは誘惑

PR

X

全3件 (3件中 1-3件目)

1

ノベルズ

2008年01月17日
XML
カテゴリ:ノベルズ
芥川賞と直木賞が決まりました…!
芥川賞は、歌手でもある川上未映子さんの乳(ちち)と卵(らん)」(「文学界」12月号)」、直木賞は、桜庭一樹さん「私の男」(文芸春秋)です。
まだまだ若い女性が、こうして賞を取るのは励みになりますね。
おめでとうございます。

川上未映子さんはなんと、シングル・アルバムをそれぞれ3枚発表している歌手でもあるそうで、様々な立場や肩書きの人が、こうして文学の世界でも頭角を現すのは楽しいことです。
桜庭一樹さんは、ライトノベルを初めとして幅広く執筆活動をなさっている人ですね。そう言う方が賞をと言うのも、物書きさん達にもこれまた励みになると言うものでしょう。

芥川・直木賞 川上未映子さん、桜庭一樹さんに決定



  【重版予約】 私の男

優雅だが、どこかうらぶれた男、一見、おとなしそうな若い女、アパートの押入れから漂う、罪の異臭。家族の愛とはなにか、超えてはならない、人と獣の境はどこにあるのか?この世の裂け目に堕ちた父娘の過去に遡る―。黒い冬の海と親子の禁忌を圧倒的な筆力で描ききった著者の真骨頂。



  【予約】 乳と卵

【予約】 乳と卵
第138回芥川賞受賞作。

そうそう、せっかくですから、追記で、川上未映子さんのアルバムも。


  未映子(川上未映子)/頭の中と世界の結婚

芥川賞に決まった作家、女性シンガー・ソングライター、未映子(川上未映子)のアルバム。「夜の果ての旅」「悲しみを撃つ手」他を収録。






Last updated  2008年01月18日 21時05分01秒
コメント(1) | コメントを書く


2007年12月29日
カテゴリ:ノベルズ
いよいよ、かのハリー・ポッターのシリーズの最終巻、第七巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」(Harry Potter and the Deathly Hallows)の和訳版の予約が開始されました。
発売は、来年2008年の7月23日のようです。
現代にこれほど愛されたファンタジーは希なことでしょう。
ファンタジー好きの私としては、低迷しかけていたファンタジーと言う分野を、世界的に盛り返してくれた功績の大きさに感謝するばかりです。

映画の方は今年、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」が大盛況でしたね。
次作の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の映画は、来年2008年11月21日に公開予定、さらに、「ハリー・ポッターと死の秘宝」は2010年の公開予定で、おおよそ主立った役者方々が続投なさるようで、ちょっとほっとしました。

これで最終となってしまうのは少し寂しいですが、自分の作品に対して惜しみない、作者のJ・K・ローリングジョシの姿勢に感嘆します。


  【予約】 ハリー・ポッターと死の秘宝

「ハリー・ポッター」シリーズ、ついに完結!
ハリー・ポッター7巻(最終巻)『ハリー・ポッターと死の秘宝』が2008年7月23日に発売決定しました!
※『ハリー・ポッターと死の秘宝』は上下巻のセットとなっております。



  【送料無料選択可!】輸入 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [2008年カレンダー] / カレンダー

世界的ベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの映画版。本作はシリーズ第5弾! おなじみの主人公ハリー・ポッターとその仲間たちが邪悪なヴォルデモート卿相手に、秘密同盟の”不死鳥の騎士団”と協力して戦う。超人気シリーズの公式カレンダー2008年版が早くも登場!!
[サイズ: 30×30cm(使用時 見開き 60×30cm)/枚数: 13枚]






Last updated  2007年12月30日 00時15分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年10月08日
カテゴリ:ノベルズ
本は基本的に何でも好きなので、何でも読みますが、SFやファンタジーは特に好きです。ノート
特に、既に古典と言われるようなSFは好きですね。
ガンダムやエヴァンゲリオンなどの類がSFとしても当たり前になっている昨今ですので、それらも好きな分、古典的なSFもすごく好きです。

あの、SF小説の大家、レイ・ブラッドベリ氏の新作がついに刊行です…!
今も生きて執筆を続けて下さっている貴重な大家たる御方ですよ。
私は、「火星年代記」で、その世界観に衝撃を受け、そして「華氏451度」でその内容に驚愕して、以来、SFにはまりました。
ブラッドベリ氏の新作は「さよなら僕の夏」。あの「たんぽぽのお酒」の続編だそうです…!
一年後の話だそうで、もう楽しみです…!

それにしても、SFやファンタジーの傑作が、なかなか翻訳されません。
原書で読めばいいんでしょうけど、そこまで語学力が追いつきません…!雫
出版社さん、もっと翻訳刊行して下さい、お願いします~(泣)


  
さよなら僕の夏



  たんぽぽのお酒ベスト版

輝く夏の陽ざしのなか、12歳の少年ダグラスはそよ風にのって走る。その多感な心にきざまれる数々の不思議な事件と黄金の夢…。夏のはじめに仕込んだタンポポのお酒一壜一壜にこめられた、少年の愛と孤独と夢と成長の物語。「イメージの魔術師」ブラッドベリがおくる少年ファンタジーの永遠の名作。






Last updated  2007年10月08日 18時14分27秒
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


© Rakuten Group, Inc.