052952 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

まろ@加古川っす!!

PR

Jul 29, 2004
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
アニョハセヨ(こんにちは) ← 今流行りの韓国語です!!
そうそうアニョハセヨは朝、昼、晩使えてとっても便利です(=^-^=)/


【亞】さん より限定5セットプレゼントうちの1つを届けて頂きました\(^o^)/

ありがとうございます。。。


その本は、 「一リットルの涙」 「いのちのハードル」 です。

著者の木藤亜也さんは、「脊髄小脳変性症」という現代医学では進行を喰い
止めるのも極めて困難とされている病気と闘い続けた女性で、中学3年の
夏ごろから歩行障害があらわれ、18歳になった頃には他人の力を借りないと
日常生活すら難しくなった。


その亜也さんは、発病前の14歳から日記を書き始め、筆が持てなくなった、
21歳までの8年間、病と闘いながら綴り続け、まるで自分の生きている証し
を書くことで得るかのように書き綴った日記は50冊におよび、その中から
抜粋、編集されたのが、この「1リットルの涙」の本なのです。


「一リットルの涙」より。。。

私は生れ変わりました。
身障者であっても知能は健常者と同じであると思っていました。
先生も友達もみな健康です。悲しいけどこの差はどうしようもありません。
わたしは身障者という重い荷物を、ひとりでしょって生きていきます。
こう決断を下すのに一リットルの涙が必要だったし、これからも、
もっと
もっといると思います。


レビューは、のちほどUPしていきますね。。。


-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-
今日のコミット
-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-

・今日は忙しくなりそうです。。。 ⇒ ふぅーーーまだ残ってます。
ひと段落です。さあ今からまくりますよo(^-^)o

まくり切れませんでした。。。明日に持ち越しです(^^;;;


・35冊目完読、36冊目に突入です。

35冊目は…
新潮文庫
山崎 豊子 著
沈まぬ太陽(4) 会長室篇(上) です。

こんな腐りきった会社は、本当に再生できるんでしょうか??
会社の金をよくここまで私腹に溜め込めるなぁ。。。って感じです。
うちの会社にいないことを願おう。。。(^^;;

人と利権が絡むドロドロした会社や関連会社と人間関係。。。
500名を越す犠牲者を出した事故など、もう過去のことのようにノウノウと
生活を送る輩(やから)たちに、ついに正義のメスをいれることができるのか??

「王道」。。。そう正面切って、突っ込んでいけば道は自然と開けるもの(=^-^=)

最終の5巻目でどうなっていくのかが気になります。。。


しかし、ここでちょっと別の路線に。。。


36、37冊目は…
木藤 亜也 著
【亞】さん より届けて頂きました。
「一リットルの涙」と「いのちのハードル」 です。

反響はこちらに UPされていますo(^-^)o

興味を持たれた方は是非一読下さい\(^o^)/







Last updated  Jul 29, 2004 05:59:31 PM

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.