242042 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

日経225先物・オプション情報

PR

Freepage List

ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ


~2018年9月会員募集中!~


ギャンブルで一番リスクが少なく儲かるのが胴元であるということは常識ですが、日経225オプションの「売り」が有利なのは、日経225オプションプレミアムの胴元のような役割を果たすことになるからです。名目損失可能性は無限大ですが、リスク回避の有効な手段を講じることによってリスクを低減することが可能となります。実際、日経225オプション取引は相場感に関わりなく、どんな相場状況でも儲けることができる優れたシステムということができます。

ただ、日経225オプション取引は株式投資の中でも高度なテクニックを必要とします。十分なテクニックがないのに挑んで遭難してしまっては困ります。適切なガイドを伴うのは賢明なことといえるでしょう!

現在、2018年9月会員を募集しております。9月会員にお申し込みされますと、翌日から2018年9月末日までのメール配信が受けられます。メール配信をご希望の方は、↓  まで「225先物・オプション情報について」とメールにてご連絡ください。

fweeopigohrhgohjgorg920121@yahoo.co.jp


折り返しご案内メールを差し上げます。

また、日経225オプション取引についてよく分からないという方もおられるかもしれませんので、新たに会員になる方には、私が以前執筆した電子本『日経225先物・オプション取引のノウハウ集大成』(定価29,800円)を無料でプレゼントしています。

※日々のポジションにつきましては、会員様のご要望によって、公表しないことにしております。ただし、月ごとの収益結果は、左欄のFreepage Listの「日経225オプション売買記録/概要」で、日々のポジションの収益結果は「日経225オプション売買記録/詳細(1)」および「日経225オプション売買記録/詳細(2)」で公開しております。
August 28, 2018
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

【日経225オプション情報】 618日 ~朝のコメント~

 

DJI25090ドル    -84ドル

NAS7746ポイント  -14ポイント

CME22775     -55円(大証日中比)、-5円(大証夜間比)

 

NYは、続落しました。

ドル円は、110円台の推移となりました。

CMEは、22700円台で返ってきています。

 

モリカケ疑惑から逃げるかのように安倍首相が外交に狂奔しているのは、もはや誰の目にも明らかですが、逃げるはずのモリカケ疑惑に、「外交の安倍」がとどめを刺されたとすればこれ以上の皮肉はありません。まして、とどめを刺されたのが、安倍首相が最も重視して来た拉致問題に関する対北朝鮮外交であるとすれば、それは皮肉を通り越して無残としか言いようがありません。

 

614日付の北朝鮮の労働新聞が、「安倍政権の首を絞める縄」と題してモリカケ疑惑を次のように報じていました。

 

「現在、安倍政権が森友及び加計学園問題に介入した事実資料が次々と明らかになっている」

「安倍は不正醜聞事件に連座したことを認めれば、権力の座から追い出されるため、すべてを否定しながら、責任転嫁、執拗な隠ぺい行為をしている」

「日本の民心は、権力を悪用しながら不正腐敗を行っている安倍政権に背を向けている」

 

当然のことながら、北朝鮮は日本の政局を隅から隅まで情報収集し、分析しているわけです。そして、今の安倍首相が置かれている状況を知った上で、ここまで足もとを見透かしてきているのです。これでは、安倍では日朝首脳会談など出来るはずがないとなります。たとえ出来たとしても、まともな外交などできないでしょう。

 

モリカケ疑惑から逃げる為の拉致外交であるはずが、そのモリカケ疑惑にトドメを刺されるというなんとも皮肉な状況が生まれているわけです。

 

それにしても、労働新聞の記事を、日本の大手マスコミは全く報じていません。それでも、結局のところ、安倍首相はモリカケ疑惑から逃れられないでしょう。

 

現在のポジション

<8U-1>

 

以上

 

 

 

【日経225オプション情報】 618日 ~晩のコメント~

 

米国の金融アナリストであるエリック・ハディクが研究してきた「火山噴火と地震の集中に関してのサイクル」という報告書があります。

 

この報告書の中で、ハディクは、地球の火山と地震には明確なサイクルがあると主張しています。つまり、地球は17年周期で地殻の活動期を繰り返しているというものです。

 

日本でも、大きな地震には周期性があることは研究されていますが、通常はもっと長い周期で言われていると思います。ただ、プレートテクトニクスは地球規模の活動ですから、日本だけに周期性があって世界は別というのは、かえって変な話ではあり、今回の地球規模の周期性はある程度納得できるものでした。

 

ハディクが過去200年の噴火、地震を調べた結果、過去200年間に発生した最大規模の12件の地震と、最大の死傷者を出した12件の地震が、この地震の集中のサイクルの中で起きており、直近では、20102011年が、大きな地震が予想されるピークと予測していましたが、見事に的中しているわけです。

 

ハディクは、元々市場や株価の予測の研究をしている中で、株価にも影響が大きい自然災害にも目を付けて、倍数を含む17年サイクルという概念にたどり着いたようです。

 

なお、倍数の組み合わせで、「2018年から 2020年に、噴火と地震が集中する時代に入る」と予測されており、この時期には東京オリンピックも予定されているのは気になるところではあります。

 

明日の225先物高値目処=2275022980

明日の225先物安値目処=2252022290

 

現在のポジション

<8U-1>

 

以上







Last updated  August 28, 2018 08:53:51 PM

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.