June 14, 2014

ガンダムUC感想続き。バレ注意。


しかしまさかZZ(のシーン)が大画面で見られるとは(epEX)w 本編(今回のep7ね)もガルスJにズサにザクIII改などなどZZでお馴染みのMSニネェル・アーガマと、流石宇宙世紀の中でも主にZZ方面重視の『ターンエー』であります。劇場版Zによって映画化どころかその存在そのものが危ぶまれていたZZだけに、ほぼ公式扱いになってきている?このUCの存在は確かに管理人たちファンにとっては有難いな、と今回見て実感致しましたw

UC(Universal Century)ガンダムの名は伊達ではない。


それにしてもTVのクオリティでも十分見劣りしないのは流石であります、ZZ。できればプルの声も聴きたかったのですが・・・。

・・・思えば当時偶に購読していたガンダムエースに連載されていたガンダムUC(もちろん小説ですが)に何気に目を通したとき、そこには量産型キュベレイの残骸とプルシリーズの生き残りのお話が・・・いやいや正直ときめきました(笑)。これが僕とUCの出会いともいうべきでしょうか・・・。

でもそっから全然見てなかったけどな!!!(おいぃぃぃ)

それでもその生き残りさんも結局しんぢゃったことぐらいは知りましたが・・・。


そして歳月は流れ、今回。

・・・でも今回の最終回に限ってみれば、ガンダムにしては珍しくメインキャラあんまり・・・というか2名(マリーダ&フロンタル)しか死んでないよね。もっと死ぬかなぁと思ってたのですが。リディとかリディとかリディとか(正直見ていたときは名前知らなかったので『リリィ』に聞こえてましたがw)・・・別にマリーダさん無理に殺さなくても(´・ω・`)。機体(解体中のキュベレイMkII&別パーツで補修されたクシャトリヤ)も本人も満身創痍での出撃というのも運命だなぁ・・・。







TWITTER

Last updated  June 14, 2014 10:20:44 AM
コメント(0) | コメントを書く
[その他のアニメ・漫画関連] カテゴリの最新記事