000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

火の治療(苦悩するやいと屋)

PR

X

全96件 (96件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

2017年10月25日
XML
カテゴリ:精神と身体

秋が深まると、狩猟が始まります。その季節に合わせて、山の斜面や崖を犬と共に猪を追いかけられるように、老猟師は身体を創ります。

都会育ちの私には想像すら難しい世界です。そんな灸師に腰と坐骨神経のメンテナンスに訪れます。

 ゆっくりと治療する時間に、無くなった妻の話、息子の嫁の話、猟犬の話、昨年の猪の話等の物語を二週や三週に渡り話し続けます。


そんな中不思議な話がありました。

 山に入る時は何時もお山の神様に「お世話になります、お山の猪を頂きます」とお願いします。そして猟犬を伴い山に入ります。

 犬が勝手に猪の臭いを負い始めると理由のない特別な感覚に襲われるそうです。

 山が動くと言うか、木々の葉が一斉に動くような感覚です。

 別に風が吹いて木々が揺れるのでは無く、自分の気と山の気が合わさる様な感覚です。その感覚が起こった日には必ず猪が獲れるそうです。

その話を聞いて身震いを致しました。実は私も同じ感覚で治る人が判るのです。

 山の気では無いが、何となくです「ああ、この人は治ると」確信めいた実感が起きます。

またお灸のツボや治療箇所、臓腑の陰陽等を「ここですよ、これですよ」と教えてくれる気もあります。


 「ご両親と祖父祖母が頭を下げて頼むから、治して上げないと申し訳ないですね」と自然に言葉がでた経験があります。

 
言霊と言いましょうか「気」呼ぶものでしょうか、科学的には「気とは」空気みたいな物ですが、精神的な面や心の状況も「気」という言葉で置き換える事があります。


 気持ち良い、気が塞ぐ、気違い、気晴らし、気が付く、気力が無い、気を感じる等です。


 我々鍼灸師は、気を感じる行為を大切に致します。皮膚の表面、顔色、舌色、筋肉の張り具合等から、その人の生活や環境を類推します。

その事が猟師の「山が動く」の気と同じく、心の精進が気を感じる力を増して居るのでしょう。








Last updated  2017年10月26日 10時31分28秒
コメント(0) | コメントを書く


2014年10月26日
カテゴリ:東洋医学
 なぜに、半身浴とお灸の熱は『痛みを止め』、赤外線(近・遠)・可視光線・レーザー光線(単一波長光)・マイクロ波・蒸気・温灸・ライト照射熱が『短時間の痛み止め』なるのか?

 生理学や解剖学を学んだ医学人ならば説明は必要が無いと思いますが、失念されている方もいらっしゃるかも知れないので、復習の意味も含め、そして医学を医学足らしめる目的で記します。

 皆さんご存知の通り、たんぱく質は42度を超えますと凝固します。つまり煮えると言う事です。人体はその防御の為に、皮膚の表面温度が上昇すると、皮下の毛細血管の血流を増大させて、皮下の温度が上がる状況を防ぎます。

 これに失敗した状況が低温火傷です、非常に深い部分まで火傷をしますので治りが悪い事で知られます。

 もうお解かりと思います、つまりどんなに部分を暖めても皮下1センチ温められないのです。暖めたら火傷に成るだけです。つまり温熱を加えるほど、皮膚温が上昇し、身体は皮膚温を下げる働きをするのです。

 五十肩の治療時に上記した、部分温熱をしても、病院を出て5分もすると痛みます。

 では、半身浴(腰湯と言われ、腰や足を湯に浸し暖めます)すると10分程度で痛みが止まります。理由が解りますか?部分を暖めると表面を冷却しようと身体は働き、下半身浴は温かい血液を患部に運びます。その結果深部に痛みの原因のある痛みは、半身浴の方が効果的に働く事になるのです。

 ではなぜに温熱治療を行うか?
それは皮膚の表面血液の循環を良くする目的の為です。痛みやしびれ感覚の原因場所が皮下1センチ程度の場所に存在すると判断しているからです。

 なぜお灸といわれる火傷が効果があるのか?
初めにお断りします、千年灸や温熱灸にはこの理論は、当てはまりません。この方法は一種の部分温熱ですから、赤外線と同じ理由です。お灸は火傷です、熱さの刺激、皮膚淡白の凝固、生じるヒストトキシンが効果を出します。

 火傷をさせると身体は火傷を治す働きをします。火傷を治す働き(焼けた細胞を復元する)を利用する方法です。
つまり、身体に負担にならない程度の火傷を作り、身体の防御作用を引き出す方法です。ですから火傷が必要なのです。






Last updated  2014年10月26日 23時43分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年09月04日
カテゴリ:東洋医学

 今から10数年前に、広島県の鍼灸師会の招致で講演会をさせて頂いた事がありました。
演題を何にしますかの問いに「名人への道」と答えた事を思い出します。
友人一同なんと思い上がった話だと呆れた事だろうと今は想像します。
しかし目的目標を持たない人は大成できない。


 決して、私自身が有名になり、楽して金儲けをする目的では無いのです、当時の講演会の中でも話しました「真に患者さんの事を考えて、治癒を目的に治療するならば」名人にならなければ成らなかったのです。


 結果は、毎日毎日迷う事の連続、恩師の言われた「患者の身体の上で本を読め」が身に浸みて心に痛い毎日が十数年続きました。その結果は日々治療に追われる毎日が続く事になっただけです。


 自分自身名人になった等の意識はまだ一度も感じた事はありません、強いて言うと「名人とは迷い続ける人」なのかと感じます。今日も今も「もっと効果的な治療はないか」と迷い考えています。


 最近は時々ですが、一部に関してですが「この方法を講じると治る」と確信して治療を行える幸せを有り難く噛みしめています。恩師の言われた「患者の身体の上で本を読め」についてですが、中々治療法に届く、または確実に患者さんの病態にマッチする解説書や治療術の本が見つからないのも現実です。

10030026_thumb_thumb_1.jpg


 症状については「家庭の医学書」を参考にしました。治療法に関しては「府盲同窓会編纂の最新経絡経穴学」と「代田文誌氏の灸療雑話」が大変参考になりました。おそらく数万回あちこちと頁を捲った事でしょう。こんな風に書くと名人は学問だと錯覚される方が出てくるかもしれませんので、ひとつお断りをします。


 鍼灸は技術です、確実な壱地点に灸を下し(おろし)髪の毛の壱本の先程の地点縦横深さを確定できる指の技が必要なのです。アーチエリー選手が十本の矢を五十メートル離れた場所より射て、十点の中心点に総てを当てる行為と同じです。


 心を静め引き締めて、患者さんの想いを受けて臨む、オリンピックのようなものです。
頭脳と心と修練した技の集大成を名人と呼ぶのでしょう。
何時かは到達したい域です。
目標は名人です、今はまだ患者さんの悩みの中に埋没して、迷う名人です

 







Last updated  2017年10月25日 10時22分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年08月16日
カテゴリ:東洋医学

 有名な事と名人であるとは、よく勘違いをされている。

名前がもしくはその仕事について周囲に周知されている事が有名です。

(広告やメデアを使用して、行う行為も含みます)

 

 ここでテーマとしている名人は意味が違います。

名前が周知されなくても、ある域に達したレベルの技術者が見る又は評価する結果の事である。

ですから、誤魔化しや化粧等の飾りの無い世界の技術評価です。

 

 我々の仕事は。、患者さんの苦痛を癒す関係にある事から間違いが生じやすい。

"先生と呼ばれ程のバカで無し"の言葉のとおりである。

先生とおだてられるが故に「自己名人」になり易い。

患者さんの声は大切だが、自らを評価する声には大いに過大な、誇大な評価が多い事。

治療師であるならば「決して、自らの患者さんの褒め言葉を信じるな」です。

 

 目の前にいる時と人を介して聞く時では全く違うものです。

患者さんが敬意を表し、又日々お世話になる関係で話す、ご機嫌があるのです。

 でん部

 では、何が評価になるのでしょう。

それは、口コミです、どんなに評価のいい言葉より友達1人を連れてくる。

私にはそれが一番の評価です。

透熱灸は熱い、その熱さの効果を訴えて承知させて連れてくる。

私でも出来ない仕事です。

 

 効果のない仕事は、患者さんは知っている。

時間、期間を待ちながら、評価を探っている。

名人になるなら、治療結果で問うべきである。

でも、病気の実態や医学の本質が見えない時に「治療結果で問うべきである」は

余りに過酷な言葉かも知れない。

 

 しかし開業する事は、周囲の治療所と治癒競争をする事に変わりは無い。

 

そこで、前述した「患者さんの言葉」が聞こえるのです。

有名になるには「患者さんの声に乗っても良い」が

名人になるなら「患者さんに騙されるな」です。







Last updated  2017年10月26日 10時32分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年08月13日
カテゴリ:慢性の痛

 最初の治療から、2日目に2回目、4日目に3回目、3回目より1週間後4回目
その後2週間目に5回目の治療を行いました。
症状は注意して見なければお顔の麻痺に気付かない程に回復しました。
(唇の変形や瞼の閉鎖不全は無い)口笛は吹けない、ストローは使える。

 鍼による今後の回復を考え、自然治癒で問題が無い。
鍼をしてもしなくても自然治癒と大差ないと考えて、治療を終了しました。

 今後10月頃の寒気入る頃に、注意が必要な事を伝えました。

 







Last updated  2017年10月25日 10時23分06秒
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:東洋医学

「鍼灸名人を育てる会}を十年余り続けて来ました。
今回「鍼灸名人を育てる協議会」に改称して、学術的に臨床的に
信頼の置ける組織にしたいと思考を巡らしておりました。
そこで改めて「名人」とは? と疑問が生じました。

日本国宝の焼き物師や輪島塗の職人も名人でした。
そこまで行かなくても、「鯛釣り名人」やラジコン飛行機の名人がおります。
また逆に、俺が名人と言う「自称名人」にも多く出逢いました。

名人とはどんな人を指す言葉なのでしょうか。
教師や医師は名人とは申しません。
どちらかと言うと「カリスマ先生」が普通ですが
鍼灸師を呼ぶ場合は名人が似合います。

昔は、名人と呼ばれた「鍼灸師」が沢山存在しました。そして「自称名人」も多く居ました。
当時は医師や医薬品の少ない時代の事です。
医学や薬学が発達した現代は「名人」の必要が無いのか・・・

index5_thumb.JPG

少し話を変えます。
最近、触るだけで立てなかった患者を治します・・・・
治療院を満杯にします(儲かりますから、習って創めて下さい)・・・
等の広告が盛んに入ります。
この手法にも、疑問が走るのです「情報(やり方)」を覚えると、ご自分(私)がよくなる話です。
勿論、こんな手法を真似る人を名人とは呼びません。

鍼灸には学問と技術が必要です。
学問の本質は情報ですから、ネットや本等で幾らでも集める事が可能です。
しかし、技術は修練です。

問診でも、人となりを知りお話をさせて頂かなくては不可能です。
鍼一本でも三十種類余りの中から、患者さんの容態に合わせ
大きさ(太さ)長さや硬さ、そして材質を選定しなければなりません。

腕の良い(技量の良い)先生は硬い太い鍼でも刺激を少なく施術する事が可能です。
この事がそのものが技術であり、又患者さんから求められる技なのです。
                  
         以下次号

 

 

 







Last updated  2017年10月25日 10時23分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年07月22日
カテゴリ:慢性の痛
ギックリ腰や寝違いそして五十肩やひざ関節炎

     とても痛い病気ですが?

     本当に骨が痛いのですか?

 

 基本的に骨が痛い場合

     動かさないでも痛む事になります。

  筋肉が痛む場合は、

     動かす時「筋肉に力が入る」時に痛む事になります。

  ロケット

又、リウマチや痛風などは、膠原病ですので膠原抗体の炎症による痛みです。

    神経痛は神経炎症による痛みで、骨とはあまり関係が無い痛みです。

レントゲン撮影を行っても、特別に「骨に異常はありませんね」と言われます。 医療機関で治療を続けても、即効性の少ないものです。

鍼灸が神憑りの治療効果を発揮するものが 筋肉性の捻挫と呼ばれるものです。 ギックリ腰、寝違い、肉離れ、肋間筋捻挫、突き指、手足関節捻挫です。

    技術の良し悪しがありますが、すべてを1回の治療で完治させる技術はあります。本気で学び続ける者には、簡単な治療です。  

なぜならば、鍼治療は負傷筋を瞬間に治す技術があるからです。  鍼により負傷筋の電流をアースすると、MUと呼ばれる筋ユニットの硬縮が瞬時に緩むからです。

    私の治療経験の中でギックリ腰を取り上げますと 100人を治療した場合、1回で治療が終了するものが50人程 、2回の治療で終了する者が46人程、残り4人程が継続治療になります。

ですから、初めて来られる患者でも1回で治すものと思って来られますので、 せめて2回は当院の経営協力に通院をお願しますと、頼み込みます。







Last updated  2017年10月25日 10時24分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年07月02日
カテゴリ:慢性の痛

  ある日突然顔の半分、あるいは一部分が思うように動かせなくなる状態のことをいいます。
顔面神経麻痺が生じるとしわをができない、口笛が吹けない、顔が曲がる、まぶたが閉じられないので眼が乾燥し痛い、口が閉じられなので飲食物がこぼれる。などの訴えが出てきます。
 顔面神経麻痺の方は発症の1~2日前に耳回りに痛みがある。顔面神経麻痺の症状が軽い例でも、顔を動かすと左右不対称があるので精神的ダメージが大きい病気です。

 原因はまだ不明ですが、頭部外傷、脳腫瘍、脳血管障害、多発ニューロパチーなど、また帯状疱疹ウイルスの感染でも生じ、この場合はラムゼーハント症候群と呼ばれます。
ベル麻痺とは、明らかな原因がなく生じる顔面神経麻痺で、通常左右のどちらか一方に発症します。ベル麻痺の病因としては、感染説、寒冷説、冷たい風に当たって発症することがある。、循環障害説などがあります。最近、単純ヘルペスウイルスがベル麻痺を生じた顔面神経内で確認さ単純ヘルペスウイルス感染がベル麻痺の原因との推測がなされています。一般的にベル麻痺は味覚障害が早めに収束すると治りが良い傾向にあります。

tiryo 025_thumb.jpg
 
 さて、今回の患者は昨日7月1日朝発症して、目及び口が閉じれないので眼球が乾燥して痛い。飲食物がこぼれる。昨日の脳神経科による検査では、脳腫瘍等は出現は見られない。特に味の変化及び耳周辺部の痛み等も無い。

 昨年はベル麻痺に罹り10年経過した難治性の患者さんを治癒させる事に成功しました。今回の症状は軽度の治り易い疾患と診ましたので、2週間以内で5回程度での治癒を目標に治療計画をしました。

 本日の治療は、僧帽筋及び胸鎖乳突筋のこりを軽減し、頸部リンパの流れを回復させ、風池・完骨・玉枕周囲の散針、顔面神経への留置針、耳周囲鼓室策神経への針をしました。

 結果は、瞼を閉じる事、唇を閉じる事ができるようになりましたが、顔のゆがみが発生する状況です。明日の朝の状況を見て、その後の神経刺激の量や場所の決めようと考えています。 つづく







Last updated  2017年10月25日 10時25分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年07月01日
カテゴリ:東洋医学
宮崎県に自生して居た関係で日向当帰と呼ばれ、薩摩藩が「神の草」と呼び大事に自然栽培し貴重な薬草として利用した歴史を持つ草です。弥生時代前期に秦の始皇帝から不老不死の神薬を入手するように命を受けた徐福が、日向に辿り着き「神の草」を探し出した後、この地に永住した伝説も残っています。

  賀来飛霞(かくひか:大分県出身の医師植物学者、文化13年1月生~明治27年没)は延岡内藤藩(宮崎)の意向を受けて高千穂など日向全域にわたって踏査しており、「高千穂採薬記」には、日本山人参が1845年俗名「ウヅ」という名で紹介されています。
  その後1971年、「ヒュウガトウキ」(学名 Angelica,Furcijuga,Kitagawa)と命名されました。昭和の時代には、皇室献上品にもなりました。

  1983年~84年宮崎大学農学部 志田庄二郎名誉教授は組合の委託を受け、供与された「ヒュウガトウキ」の栽培系統として宮崎大学の実験農場で栽培し調査を実施1983年1月「日本山人参はヒュウガトウキ」の栽培系統であることが報告される。
 同時期、「日本薬草研究会 高崎久男等」の調査に於いて「日本山人参はヒュウガトウキ」であることを確認、平成17年施行の薬事法により、根部は医薬品(生薬)扱いとなったため、医薬品に該当し薬品扱いになり医師薬剤師以外は販売が出来ないようになりました。

clip_image002.jpg
  薬効と栽培方法に微妙な関係があり、普通に畑にて栽培すると一年で出荷できる大きさに育ちますが、最も大切な薬用成分が殆ど無く、宮崎県では栽培を中止した地域が多い。本来の薬効を求めるのなら、山地での自然栽培が良いのだが、鹿や野兎が好んで食べる関係で自生地延岡周辺地域で栽培するも収穫は不可能に近い。山の周囲を鹿ネットで囲い栽培している農業者がいる。

  好い和漢薬ですが、栽培方法で偽物になっている危険性が多い。利用するに当たっては栽培農家の住所、電話が確認が出来る事、そして栽培地が耕作地か山地栽培かを確認する必要がある。現地に住む私も山栽培の日向当帰を見た事は無い。

  天然自然に存在した山人参(日向当帰)の焼酒着けと根部の乾燥粉末(平成15年)製造を頂いた素晴らしい効果がある実感できる。






Last updated  2017年10月25日 10時25分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年06月25日
カテゴリ:東洋医学
昔から「梅雨時は神経痛が出る」と言われます。
漢方では、湿邪はリウマチや神経痛そして喘息の原因とされます。

施術処まるいあんでは毎年この時期に患者さんが増えます。
治療内容は、神経痛やギックリ腰、肩の痛み等痛みを主訴としたものです。

40年程の治療生活の中で、湿度温度と痛みの関係を知ることになりました。

まず、温度が低いと痛みが出やすい。

湿度が多くても痛みの発生は無い(夏場)
湿度が低く温度が低い時も痛みの発生は少ない。

一番多い条件は、湿度が多く、温度が低い時に痛みが発生する。

IMG_2424.jpg
なぜでしょう。
痛みは、血流が悪い時に発生する。
お酒を頂いている、又は風呂に入る時は痛みが緩和される。

一時的に皮膚表面温度を上げる。
もしくは、体温をアルコールにより上げると、痛みは緩和する。

若い人は、末梢の痛みの発生が少ない。
高齢者程、末梢血管の循環血流が悪い。

若い人程、肩頸頭の痛みを良く訴える。
若い人程、頸部(くび周囲)のリンパ循環が悪い。

この事を科学的に考察すると、
皮膚表面の温度は、湿度が多時程、外気温の影響を受けやすい。
冷房による神経痛は湿度の多い時期にみられる。

老人性の痛みの発生は、皮膚表面の冷えによる末梢血管の血流不足による。
若年性の痛みは、リンパ循環不足による筋肉硬縮。
そして硬縮筋による神経圧迫による。

冷えは「湿度多さと温度の低さ」を合わせ持つ言葉である。

冷えは高齢者には循環血流に作用し、若年者にはリンパ循環に作用する。

故に、高齢者には新生血管を作り、若年者にはリンパ循環を回復する。
治療が特効する






Last updated  2017年10月25日 10時26分31秒
コメント(0) | コメントを書く

全96件 (96件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >


© Rakuten Group, Inc.