001063 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

家族の笑顔のために。まずはママの健康から。

PR

X

Profile


marukokoさん

Calendar

Archives

October , 2021

Category

カテゴリ未分類

(7)

アレルギー

(0)

アナフィラキシー

(0)

子育て

(5)

ピーナッツアレルギー

(0)

ワーママ

(3)

男の子育児

(2)

妊娠

(0)

3人目妊娠

(1)

Recent Posts

Comments

コメントに書き込みはありません。

Keyword Search

▼キーワード検索

September 17, 2021
XML
カテゴリ:子育て
​​​​​​​​​​

先日、職場の知人(50代男性)から、料理のレシピを色々と教えていただきました。

手作りミートソースやトマトソースの作り方

きのこのアヒージョ、カレーコロッケ、チキンのハーブ焼き、サーモンのソテーなどなど、です。


どれもとても美味しそうです。


(素敵なお料理)



ただ、何か違和感を感じる自分…



なんだろう??


教わったレシピを作るイメージは


休日に子どもがおとなしい時にゆっくり作る

というもので、

忙しい平日に作るっていうイメージがわかなかったんですよね…。


レシピをみて、「作ってみたい」と思ったんですが、

それは休日に余裕がある時だなと感じたんです。



これはなぜか???



子育て中って、自分のペースで料理するの難しいですよね。


限られた時間の中で、子どもの面倒を見ながら作る


これってかなりレベル高いです。


自分のペースで時間も体力も余裕があるならば、

新しい料理にチャレンジしようとか、今日は手の込んだ料理に使用とか

思えると思うんです。



今の自分のキャパでは、

平日に、新しい料理にチャレンジとか、

にんにくを刻んで香りを出して、ハーブを加えて・・・みたいなおしゃれな料理を

作ることは無理です(泣)







てなわけで、我が家の夕飯のリアル。


どうぞ。


これが昨日のうちの夕飯です(パパ用)



どーーーーん


茶色いものがいろいろ並んでます笑

量が少ないので、品数で勝負。

いろいろとテンション上がらないかもしれないけど、

ごめんなさい、これが私の限界です(笑)



以下、メニューの詳細です↓

<サンマの骨までやわらか煮>
生協の下ごしらえ済みの冷凍サンマを
ホットクックのメニューで作った。
夕飯に間に合うように朝セッティングして予約。
私の実働時間5分弱。


<かぼちゃの煮物>
ホットクックのメニューにあるもの。
朝作っておいた。


<鶏と大根の煮物>
これもホットクック。メニューにあるもの。
いつかの残り物。


<コーンのチーズ焼き>
生協の冷凍コーンをルクエのスチーマーでチンして、
マヨネーズ、チーズかけてトースターで焼いただけ。
子ども受けを意識したメニュー。
自分で考えたメニューはこれだけ。


<白和え>
生協の白和えの素に、生協の冷凍ほうれん草を、
これまたルクエのスチーマーでチンしたものをあえただけ。


<味噌汁>
一週間ずっと同じ具材の味噌汁。



以上です。

ポイントは、

・いかに自分でメニューを考える時間を軽減するか。

・火加減を気にしないで済むか。

・工程が少ないか。

こんな感じです。


以上のポイントをおさえるには、

やはりホットクックルクエのスチーマーは欠かせません。

また、生協がないと生きていけません(笑)




​​



もともと料理が苦手な自分。

ワーママになりさらに料理のハードルが上がってしまったので、

以上の3つのポイントを意識して日々、「夕飯づくり」という作業をこなしています。


ワーママでいる限り、この「夕飯づくり」という最もハードルの高い(と思う)作業の

攻略法を追求していきたいと思います。(笑)





冴えない夕飯をさらしてすみません。

今日は品数がやけに多かったので(いつも子ども用はもっと少ない(;´∀`))

また機会があれば品数が少ない日の夕飯も載せたいなと思います。

​​​​​​​​​​

ワーママのみなさん、夕飯づくり毎日お疲れ様です。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村






Last updated  September 17, 2021 12:00:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
[子育て] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.