なんの変哲もない雑記

Freepage List

2004.09.15
XML
人は、文字を通して他人に知識や思っている事を託す事が出来ます。
太古、人は言葉を文字にする事を考えつき
それを、石版に掘り込む事により他人に思いを伝えました。
その後、石版以外にも色々な物に文字を書き
今でも残っているのが紙です。
15世紀、グーテンベルグにより活版印刷が発明されました。
今まで、手書きで文字を写す行為が早くかつ大量に
複製する事に成功したのです。
複製を大量に出来る事により、今までよりも
多くの人が物を知る事ができました。
そして現在、テキストデータという形で
文字をデータとして、ネットワークに配信し
紙よりも多くの人が物を知る事が可能になりました。

しかし、いくら人間が進化しても知識の共有が出来たとしても
人それぞれが全員、同じ知識を持って居るわけではありません。
思い出、経験にもよっても知識は違うし
同じ環境で生きていても、感情によって変わります。
どこかで、間違った知識だって誰かが持っているかもしれません。
第一、人は永遠同じ知識を持つ事が不可能です。
忘れてしまうから・・・

だから、誰かが頭がいいとか物知りとか
この世には無いんだと思います。
そして、一番この世に無いと思うのが
『常識』という言葉です。
人がそれぞれ、あたりまえとして持っている知識
それを、常識と呼びます。
しかしそれは、あたりまえとして持っているのではなく
多くの人が持っているだけなのです。
就職活動などで、一般常識を問う
試験などがありますが
私は、あの試験だけで結果を出すのは好きではありません。
今その人に一般常識が無かったとしても
後から勉強すればいいだけで
そこで、面接をせずに不採用を出すのは
いかなるものなのでしょうか?
もしかしたら、一般常識が無くても
もっと良い物をその人が持っているかもしれないのに。

私は、現在の日本教育はちょっと間違っている気がします。
小学生から高校ぐらいまで、もしかしたら大学まで
広く浅い知識を施す教育方法です。
海外では、小さい頃から子供の
得意分野を見つけ出してあげ
それできるだけ、伸ばす教育方法があります。
たしかに、どちらが良い教育方法だとは
言えませんが、一人の人間に対して
多くの望むのは無理だと思います。
人はそれぞれ違う遺伝形式を
持って生れてきます。
それは、人それぞれが違う得意分やを持って生れてくるのです。
得意分野にたいして、早いうちから打ち込むことにより
その人の、力はかなり伸びるのではないでしょうか?
まぁ、鉄は早いうちの打てってやつですね。
それでは、たりない分野の知識はどうすればいいのか
その分野の人に任したり、聞いたり
ネットで、調べればよいのではないでしょうか。
それが、現代においての知識の共有では。






Last updated  2004.09.15 18:33:53
[色々な事について考える] カテゴリの最新記事


PR

X

Category

Archives

2021.02
2021.01
2020.12
2020.11
2020.10

Favorite Blog

ケータイの評価 おおしんかいさん
ほっと。。。 makorinkoさん
たこのつぶ焼き たこ.......C:。ミさん
ゲームあれこれ *~SP~さん

Comments

通りすがり@ 多重人格 多重人格という言葉を使ってらっしゃいま…

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.