000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

Masaの闘病日記~大腸がんと転移性肝臓がん~

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

お気に入りブログ

100円ショップ、ダイ… strawberry♪さん

楽天カード

コメント新着

yuu@ Re:個別化医療について聞いてみた・・・休薬期間中(01/29) 血小板の数値が上がってくれるといいです…
nuu@ Re:造影剤CT検査結果…XELOX+アバ(2)8クール 4日目(11/20) こんにちは。ときどき読ませて頂いてます…

ランキング市場

2017.02.18
XML
カテゴリ:無治療

2/16(木)診察に行ってきました。

血小板の数値があがらず、抗がん剤治療もできない状況となったので(肝臓へ直接カテーテルを挿入し幹部を治療する)カテーテル治療の検討を行うためです。

[カテーテル治療には直接癌に抗がん剤を投与する肝動注化学療法(カテーテル留置)と、がんに栄養を供給する血管を塞栓し、兵糧攻めにする肝動脈化学塞栓療法と2種類あるらしく、CT検査による肝臓の精密検査(肝動脈の状態、がんの栄養の状態)を行ってから治療方法を探っていくらしいのです。]

当日は11:00に造影剤CT検査を受け昼食後13:00から放射線科で診察です。

主治医からのコメントは以下のとおり。

○肝臓への動脈が細くなっている。術前のCT画像と比較しても明らかに細くなっている。これは2年前の手術で右葉(肝臓右半分)を全切除した影響と思われる。(想定範囲内)

○よって、肝動注化学療法(カテーテル留置型)で定期的に抗がん剤を入れていくと血管へのダメージも蓄積し、血管が硬くなったりする可能性があるので好ましくない。

○今回の治療は肝動脈化学塞栓術でカテーテルを抜き差ししながら動脈を塞栓し、がんを兵糧攻めにする治療がベター。

○1回の治療で癌はなくならないと思うが、小さくなることは期待できる。

○小さくなってから、ラジオ波で焼くとか、また抗がん剤で全身治療を再開するかの判断になる。 
 
○施術の時間は部分麻酔をしてから1時間30分程度。

○術後は明朝までベッドで安静。(術後6時間は足も曲げられない。)

○入院期間は術後の状況にもよるが1週間位。術後は何か特別な症状がないかぎり検査等は行わない。発熱や鈍痛があると思うので落ち着くまで経過観察。

○この治療は複数回行うことが多い。塞栓したがん細胞が新しく血管を造成し栄養を吸収したり、(肝臓内の)他の箇所に、出来た時に再度動脈を塞栓したりするため。
   

ということで、2/28(火)に入院、翌日施術の予定を決めてきました。

   
なかなか一筋縄ではいかなさそうですが、希望を持って治療に望みたいと思います。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ

にほんブログ村









最終更新日  2017.02.18 20:03:13
コメント(0) | コメントを書く
[無治療] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.