797497 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

masalaの辛口映画館

PR

Calendar

Rakuten Ranking

Wishlist

2009.04.16
XML
カテゴリ:マスコミ試写
 
おっぱいバレー
 映画の話
 赴任早々、廃部寸前の弱小男子バレーボール部の顧問になった女性教師・寺嶋美香子(綾瀬はるか)。ある日彼女は、やる気のない部員たちに、「試合に勝ったら、おっぱいを見せる」という、とんでもない約束をさせられてしまう。おっぱいを見るという目標に向かって、思春期真っ盛りの部員たちは、別人のように練習に打ち込んでいく。

 映画の感想
 何とも安直なタイトルでチケットカウンターでタイトルを言うのも恥ずかしい作品であるが、とても良い映画です。

 以下ネタばれ注意
 「基本的に男子は女子のおっぱいが大好きだ」。映画はそんな不純な動機を逆手にとって“おっぱいパワー”でやる気を見せる中学生の姿は微笑ましい。なんせ彼らは綾瀬はるか演じる美香子の愛読書のタイトル『道程(どうてい)高村光太郎』と聞いただけで鼻血を流す血気盛んな中学生で、青臭い彼らのエロパワーは凄まじい。おっぱいの感触をバーチャル体験する為に、バギーに乗り急な坂道での風圧を利用して手のひらで感触を確かめようとしてしまう。そんな彼らの前に現れるのが若くて可愛い美香子だ。妄想チェリーボーイ達には美香子は神様が与えてくれた女神のように見えたはずだ。

 本作のポイントは何と言っても綾瀬はるかの存在であろう。かなり学校内では物議を呼び起こしそうな約束を生徒としてまう女教師役であり、この役がたとえば“ほしのあき”“原幹恵”あたりが演じていればエロが先行してしまい、下世話なVシネとなってしまいそうな物語であるが、綾瀬はるかの清楚なイメージが映画を爽やかな青春映画としてキープ出来たのは確かだ。

 映画は生徒との“おっぱいの約束”が学校にばれて美香子にピンチが訪れる。ここからのエピソードが実に良い。自分が教師の道を志すきっかけを作ってくれた、美香子の中学時代の恩師との回想シーンがずるい。美香子の中学生時代を演じるのは「SAYURI」の大後寿々花だ。美香子が万引きをした事により、学校で老教師と一対一のつまらない補習授業が、後々に現在と繋がるエピソードが秀逸で自然に涙が溢れてくる。

 時代設定は1979年。映画の中で流れる当時のヒット曲も心地よい。丁度、同時代を舞台にした「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」に通じる青春グラフィティであり、懐かしい時代の空気もよく再現されている。笑いと涙のバランスもとても良い。監督は『海猿』シリーズの羽住英一郎だ。こんな小品でもキッチリといい仕事をしている羽住監督に送ります「ナイス、おっぱい!

 TREview

 映画「おっぱいバレー」の関連商品

おっぱいバレー オリジナル・サウンドトラック

綾瀬はるかinおっぱいバレーオフィシャルPHOTOブック
 
おっぱいバレー(1)

おっぱいバレー(2(恋のビーチバレーボール編))






Last updated  2009.12.30 14:44:21
コメント(8) | コメントを書く

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Comments

hoshiochi@ Re:映画「NEXT -ネクスト-」@よみうりホール(04/24) こんにちは。私もこの映画を先日見てラス…
マサラ0517@ roseさんへ なんか、楽天ブログはトラックバックを廃…
rose_chocolat@ ブログ運営終了。 その可能性は大いにあると思います。 Twi…
マサラ0517@ ミストmistさんへ もう、本当に楽天ブログさんは訳判らない…

Favorite Blog

<br>2017ss<br>Supre… New! “炸裂履き”の伝道師!スニーカー気違いオッス!さん

産経新聞の稚拙な共… New! KUMA0504さん

今日の収穫 (3月… New! BROOKさん

国営工場がリストラ… New! hoshiochiさん

続き(1つ前の) ヴァージャー・"うかる〜る"・岡本さん

Free Space

Headline News

Shopping List

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.