918245 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

masalaの辛口映画館

PR

Calendar

Rakuten Ranking

Wishlist

2009.10.15
XML
カテゴリ:試写会
 今回は「テレビ朝日/cinema club」主権の試写会だ。客入りは7割くらいで非常に女性が多い。映画上映前に久保田直子アナの前説があっての上映であるのだが、これから上映する作品のあらすじをしゃべってしまうのはいかがなものか・・・・。
 
  
[DVDソフト] きみがぼくを見つけた日
 映画の話
 時空を旅する運命を背負うヘンリー(エリック・バナ)は、どんなときにどの時代のどこへ飛ぶのかは自分で選べない。秘密を抱えた孤独な人生を送る彼は、ある日、旅先の過去で、一人の少女に出会う。やがてヘンリーは、少女から美しい心の女性へと成長したクレア(レイチェル・マクアダムス)といつしか愛し合うようになるが……。

 映画の感想
 これは題名のイメージとはまったく違う作品でした、それも良い意味での裏切られ方だ。私は題名から見ると甘ったるいラブストーリーを想像していたが、本作はバリバリのSFラブストーリーである。できれば予備知識無しで見る事をお勧めしたいので、以下の文章は映画鑑賞後に読む事をお勧めする。

 以下ネタばれ注意

 映画の原題は「THE TIME TRAVELER’S WIFE」であり、邦題とは違いいきなりのネタばれ状態であり、日本版の予告編もかなりのネタばれになっているので注意が必要だ。

 私は基本的に映画を見る前は予告もチラシも見ないで映画を鑑賞する事を心がけているが、昨夜の試写会の様に司会者に予期せぬ前説をされてしまうと思いっきりテンションが下がってしまう。しかし本作はオープニングから私のテンションを上げる位にツカミが上手い。

 交通事故にあいショック状態の幼い自分の前に、大人になった自分が現れ助言を告げて消えてしまう。もう、SF的観点から見ると滅茶苦茶な設定であり、タイムトラベル物では禁じ手の「同じ時間軸に同じ人間同士が対面する」という、タイムパラドックス理論を真っ向から否定する幕開けで唖然とするが、本作はそんな理論をお構い無しで嘘を突き通すのが凄い。

 ただタイムトラベル物を真っ向から否定するのではなく、タイムトラベルをする時は人間の体だけがトリップして、着ていた洋服はその場に残っていると言うセオリーはちゃんと守っているのが可笑しい。その為、タイムトラべラーとなってしまったヘンリーはトリップする度に不法侵入や窃盗などを繰り返し警察のご厄介になる設定も面白い。

 映画はタイムトラベラーのヘンリーと6歳時に彼と出会い恋に落ちるクレアとの障害を乗り越える恋愛話が中心として描かれる訳である。しかし、6歳の少女が大人のヘンリーに恋をするという設定にかなり無理があるのは否めないが、映画は時空を超えた二人の恋愛が真実の愛へと発展して結婚~妊娠となるが、このエピソードは一捻りあり、悲しくもあり、タイムトラベルのセオリーに則った所が興味深い。映画は更にタイムトラベルの禁じ手となる子孫繁栄となっていく・・・。

 正に突っ込み所は満載の作品であるが、映画を見ている間はそれほど気にならずにグイグイと力技にねじ伏せられる。監督は「フライトプラン」のロベルト・シュペンケと聞き妙に納得してしまった。「ヘンリーはタイムトラベルの時は裸なのに○○○はどうして服を着ているの?」なんて事も突っ込みたいが、映画は110分と言う上映時間を使い不思議な夢物語を観客に与えてくれる。個人的に期待をしていなかった分満足度は高い。この様な作品に出会うと「試写会通いをしてきて良かった」と感じてしまう。

 追記
 映画の中でタイムトラベルを制御する為に娘がヘンリーに教える歌が「デイジー・ベル」だ。この歌は「2001年宇宙の旅」の中で、制御不能となったコンピューターHALL9000を強制終了させる為に、主人公がメモリーを次々と抜いてゆくシーンで、HALLが過去にプログラムされた「デイジー・ベル」を歌いだす、というシーンがある。そう見ると本作の作り手は、さり気なくSF映画の金字塔「2001年宇宙の旅」へのオマージュ捧げていたのかもしれない。

 TREview

 映画「きみがぼくを見つけた日」関連商品
 
(CD)きみがぼくを見つけた日/Mychael Danna

きみがぼくを見つけた日 上  /オードリー・ニッフェネガー/著 羽田詩津子/訳 [本]

きみがぼくを見つけた日 上 /オードリー・ニッフェネガー/著 羽田詩津子/訳 [本]

きみがぼくを見つけた日 下  /オードリー・ニッフェネガー/著 羽田詩津子/訳 [本]

きみがぼくを見つけた日 下 /オードリー・ニッフェネガー/著 羽田詩津子/訳 [本]






Last updated  2010.05.15 00:28:29
コメント(5) | コメントを書く

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Comments

hoshiochi@ Re:映画「NEXT -ネクスト-」@よみうりホール(04/24) こんにちは。私もこの映画を先日見てラス…
マサラ0517@ roseさんへ なんか、楽天ブログはトラックバックを廃…
rose_chocolat@ ブログ運営終了。 その可能性は大いにあると思います。 Twi…
マサラ0517@ ミストmistさんへ もう、本当に楽天ブログさんは訳判らない…

Favorite Blog

「人生の最終的で最… New! hoshiochiさん

ステューシー STUSSY… New! “炸裂履き”の伝道師!スニーカー気違いオッス!さん

奨学金の話 New! KUMA0504さん

日向坂46「ドレミソ… BROOKさん

お前 ももたろうサブライさん

Free Space

Headline News

Shopping List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.