797815 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

masalaの辛口映画館

PR

Calendar

Rakuten Ranking

Wishlist

2010.05.27
XML
カテゴリ:ブロガー試写会
 客入りはほぼ満席、女性客が多い。
  
   
【送料無料】告白 完全版【Blu-ray Disc Video】
 映画の話
 とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく……。

 映画の感想
 衝撃的な物語を圧倒的な映像力と構成力で観客の度肝を抜くミステリーの傑作である。映画は色彩を落とし色温度を高めた陰影の強い独特の映像が、何か不穏な空気をかもし出しながら、観客を映画の世界に招き入れる。映画は事件に関係した登場人物の独白形式を用いて事件の内容と真実が明らかになる。

 映画は観客に様々なキーワードを投げかける。少年犯罪、殺人、少年法、いじめ、学級崩壊、不登校、シングルマザー、HIV、復讐など、現在社会問題となっているネガティブなキーワードが物語を牽引して中島哲也監督独特の映像表現と相まって、まるで107分間の悪夢を見ているような錯覚に陥ってしまう。

   以下ネタばれ注意

 映画は冒頭から異例づくしで幕を開ける。学園物なのに異様に暗い教室内には終業式を向かえハイテンションな生徒たちとは対象的に、生徒を無視するように感情を押し殺した声で淡々とホームルームの授業をする担任教師・森口が映し出される。牛乳の栄養について語っていた教師の話は自身の退職報告に変わり、学校内で起きた愛娘の事故死事件へと移り、愛娘への思いと出生の秘密が語られ、話の外堀を埋めた形の教師は核心へと迫る。


 本作のポイントはまず確信犯的なキャスティングにある。お嬢様や善人的なイメージを持つ松たか子にヒールを演じさせている。本作は彼女に対する観客のイメージを映画冒頭で破壊させ、更に物語を牽引する主役と思っていた松を早々と物語からカットアウトさせてしまう。物語から姿を消した松を残して映画は登場人物のモノローグという形式を使い、次の語り部へと引き継がれ展開し、過去と現在を交差させながら事件の核心に迫りながら最終地点へと展開して行く。

 困惑する観客をよそに映画はあえて観客の神経を逆撫でするような人物を投入する。生徒を下の名前で呼び自分事を“ウェルテル”と呼ばせる熱血KY教師である。彼の登場で映画はあらぬ方向に進みだし、独白は事件に関連した当事者に移り進み、事件の全体像と真実が見えてくる構成が秀逸である。

 本作のポイントは事件の加害者が中学生と言う事だ。森口は彼らの幼稚な知識や偏見を逆手に取り、周りの人物をコントロールして、自分の手を汚さすに少年法で守られた加害者に復讐を遂げる、それも自分が最愛の娘を失ったように加害者にも最愛の相手を失わせる。映画の中で随所に挿入される空模様は森口の心情とリンクしているようだ。映画冒頭はどんよりとした鉛色の厚い雲に覆われ、自分達が置かれた状態から逃避するようにはしゃぐ生徒たちに一喝入れるような雷雨、映画後半には森口の感情がピークに達するとどしゃ降りの雨へと変わる。

 本作は中島監督は自身が持つ独特の映像テクニックをフル活用した映像が素晴らしい。特に監督が以前サッポロビールのCMでも使用したスーパースローモーション技術を活用した映像が映画に独自のリズム感をかもし出す。シャボン玉が弾ける瞬間や、水しぶきが上がる、中身の入った牛乳パックがぶつかる、物が落下する、爆発する映像など様々な映像が観客の脳裏に引きつく事になる。それから過去の出来事には色焼けてしまった8mmフィルム風映像の使い方も効果的である。近年、物事を台詞で語り映像を割愛する監督が多い中、細かい出来事の殆どを映像で饒舌に表現した日本映画も珍しく、CM界で培ったディティールに拘った中島演出の真骨頂の様に感じた。

 本作は少年法で守られた少年の犯した犯罪に真正面から描きながら、若年層の少年少女の危うい精神バランスと残酷性も見事に描かれている。自分より弱い相手を見つけて、いたぶり相手より優位に立とうとする愚かな行為であったり、自分を正当化するために相手を悪者にする輩や、ネガティブな事から現実逃避するようにわざと明るく振舞う集団心理など、映画を見ていて恐くなるくらいにリアルな演出が映画の世界観に現実味を与えている。

 ここまでネガティブな学園物は深作欣二監督「バトル・ロワイアル」以来であろうか?映画を見ていて集団でパニックに陥る生徒たちの姿を見ていて「ふと」思いだしてしまった。今年見た邦画の中でも一番の衝撃的な作品であり指折りの作品である事は間違いない。

 映画「告白」関連商品
 (オリジナル・サウンドトラック) 告白 オリジナル・サウンドトラック(CD)

(オリジナル・サウンドトラック) 告白 オリジナル・サウンドトラック(CD)


 


 
【22%OFF!】下妻物語 しもつま★ものがたり スタンダード・エディション(DVD)
 
 
DVD嫌われ松子の一生 

 
【23%OFF!】パコと魔法の絵本 【通常版】(DVD)

 TREview






Last updated  2011.01.18 14:01:02
コメント(9) | コメントを書く

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Comments

hoshiochi@ Re:映画「NEXT -ネクスト-」@よみうりホール(04/24) こんにちは。私もこの映画を先日見てラス…
マサラ0517@ roseさんへ なんか、楽天ブログはトラックバックを廃…
rose_chocolat@ ブログ運営終了。 その可能性は大いにあると思います。 Twi…
マサラ0517@ ミストmistさんへ もう、本当に楽天ブログさんは訳判らない…

Favorite Blog

コックリル警部 旅… New! hoshiochiさん

Supreme (シュプリ… New! “炸裂履き”の伝道師!スニーカー気違いオッス!さん

藤尾慎一郎の「弥生… New! KUMA0504さん

今日の収穫 (3月… BROOKさん

続き(1つ前の) ヴァージャー・"うかる〜る"・岡本さん

Free Space

Headline News

Shopping List

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.