811603 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

masalaの辛口映画館

PR

Calendar

Rakuten Ranking

Wishlist

2010.07.09
XML
カテゴリ:試写会2010
 試写会の主権はラジオ日本イエスタディ・ポップス・ウィズ・シネマダイアリー」さんだ。映画上映前にスポンサー様提供商品の抽選会が行われた。客入りは7~8割くらい。

   
【送料無料】借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック
 映画の話
 古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人たち。そんな小人一家の14歳、アリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。だが、人間に見られないよう、目立たないよう、つつましさと用心深さを求められる毎日を送っていた。

 映画の感想
 本作はジブリ作品の中でも小品に当たる作品で、過度な期待をして見に行くと肩透かしを喰らうので注意が必要な作品だ。映画の展開も非常に淡々とした起伏の無い展開と物語の設定上、とても静かなシチュエーションの為に睡魔まで襲ってきてしまう。小人たちは家の住民が寝静まった夜中に活動し、小人たちが住家としている家屋から食料や必要な品を借りてきていると言っているが、映画を見る限り借りた物を返す気なんかまったく無い、何とも図々しい輩であり人間に依存した人々である。

 以下ネタばれ注意

 映画は病気療養の為に母の育った屋敷に12歳の少年・翔がやって来る事で幕を開ける。たしか同じジブリ作品「千と千尋の神隠し」もこんな風に車で主人公が登場するシーンが幕開けだった。屋敷到着早々、翔は葉っぱの影に小人の姿を目撃する。まぁ、それにしても何ともアンバランス設定である。日本の家屋で登場するキャラクターは日本人なのに、床下で暮らす小人たちは西洋人という無理やりな設定がどうも私は気に入らない。元々、イギリスの作家メアリー・ノートン原作「床下の小人たち」がイギリスが舞台なのだから、そのままイギリス舞台でもおかしくない作品を無理やり設定変更をした違和感は拭えない。

 映画は床下で暮らすアリエッテイ一家を中心に描かれてゆく訳だが、アリエッティと言うキャラクターは実にジブリらしいキャラクターだ。冒険心が強く活発で凛とした少女像は正にジブリ作品のDNAを継承されたキャラクターであろう。寡黙な父親像もジブリ作品らしい。そんな中、イライラさせるのがアリエッティの母だ。心配性でオーバーリアクションの母親を見ているとイライラ感が募る。それも母親の声を吹き替えているのが大竹しのぶなのも頂けない。彼女が喋ると自動的に大竹しのぶのオーバーアクトを思い出してしまい、私のイライラが増してしまう。それにしても何故ジブリはプロの声優を使わないのだろうか?

 本作の主要ボイスキャストは全て俳優がキャラクターの声をあてている。大竹しのぶと同じように屋敷の家政婦ハルの吹き替えを樹木希林があてているが、これも個人的にはミスキャストに感じた。ハルが喋るとこれまた樹木希林の顔を同時に思い出してしまうのは映画としてどうなんだ?ジブリ作品はそんな人間の深層心理を全く理解していないとしか思えない。私はアニメファンではないので、その辺の事情は不明であるが観客に無駄な詮索や思考を与えてしまう位ならプロの声優を使うべきだ。

 まぁ、本作の絵は非常綺麗でジブリ作品のクォリティは十分クリアしているし、音響デザインが非常に優れている。音に関しては近年のアニメ作品でここまで気を使った作品はないであろう。特に深夜に家屋の中を徘徊するアリエッテイと父の冒険の様なシークエンスでは、小人たちが聞いた物音が観客の聴覚に再現されている。静まり返った家屋の中で何か得体の知れない重低音が鳴り響いていたり、様々な物音が非常に重々しくチューニングされているのはオーディオマニアとして感心したし、アリエッティの家の屋根がはがされる凄まじい音には思わず身をよじってしまった。後半の翔の着ているワイシャツの衣擦れ音までアリエッティの聞いた音で再現しているのには感服した。

 映画は小人の家族はアリエッティ一家だけと思われていたが、突然もう一人原始少年みたいなスピラーが登場する。彼のキャラは確実にジブリキャラそのもので宮崎駿が監督した「未来少年コナン」に登場するジムシーの末裔の様で、きっとスピラーは宮崎作品をリスペクトしたキャラクターなのだろう。映画の幕引きは非常にアッサリとした物で、小人たちは結局借りた物は返さずに一部の品物は引越しと共に持っていってしまった、何ともご都合主義的な一家である。

 まぁ、それにしてもジブリ作品と言う事で期待し過ぎた私が悪いのか?映画の満足度は非常に低い。本作で唯一悪者となるハルのキャラクターがもっと極悪であれば緊張感が生まれたのかもしれない。映画と言うものは演出家のサジ加減が重要である。今回のサジ加減ではまだまだ物足りなさを感じてしまった。ふと「これを宮崎駿が演出していれば?」って感慨にふけってしまった、いけない、いけない・・・・。

 映画「借りぐらしのアリエッティ」関連商品
 
◆メール便は送料無料◆セシル・コルベル/Arrietty's Song [借りぐらしのアリエッティ -主題歌-] 【オリコンチャート調査店】 ■2010/4/7発売■ YCCW-30024

 
【ジブリがいっぱい】借りぐらしのアリエッティー ぬいぐるみ ニーヤM

 
床下の小人たち新版

TREview






Last updated  2011.02.12 17:06:17
コメント(11) | コメントを書く

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Comments

hoshiochi@ Re:映画「NEXT -ネクスト-」@よみうりホール(04/24) こんにちは。私もこの映画を先日見てラス…
マサラ0517@ roseさんへ なんか、楽天ブログはトラックバックを廃…
rose_chocolat@ ブログ運営終了。 その可能性は大いにあると思います。 Twi…
マサラ0517@ ミストmistさんへ もう、本当に楽天ブログさんは訳判らない…

Favorite Blog

サウジ版ゴドーを待… New! hoshiochiさん

【25.0cm】 NIKE ナ… New! “炸裂履き”の伝道師!スニーカー気違いオッス!さん

「A」 中村文則 New! ももたろうサブライさん

新しい運動の季節へ… KUMA0504さん

今日の収穫 (6月… BROOKさん

Free Space

Headline News

Shopping List


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.