1030189 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

masalaの辛口映画館

PR

X

Calendar

2010.09.01
XML
カテゴリ:ブロガー試写会
 今回はyahoo!映画ユーザーレビュアーとして試写会に招かれました。客入りは女性客を中心に9割くらい。

   
【送料無料】久石譲 / 悪人 【CD】

 映画の話
 若い女性保険外交員の殺人事件。ある金持ちの大学生に疑いがかけられるが、捜査を進めるうちに土木作業員、清水祐一(妻夫木聡)が真犯人として浮上してくる。しかし、祐一はたまたま出会った光代(深津絵里)を車に乗せ、警察の目から逃れるように転々とする。そして、次第に二人は強く惹(ひ)かれ合うようになり……。

 映画の感想
 これは酷い。犯罪加害者と被害者を平等に描かず、映画は完全に加害者側に肩入れをして、加害者を美化し、被害者を悪者にする構図を作り出す倫理観が許せない。論点も犯罪を愛にすり替え犯罪と向き合おうとしない姿勢が気に入らない。題材も非常によく、出演者の演技も皆上手い、何でこんな映画になってしまったのだろうか?2時間19分の上映時間がここまで居心地の悪い作品も珍しい。私は原作を未読の為に、映画が原作のどの部分をピックアップして、どの部分を切り捨てたのかが不明であるが、映画を見るだけだと加害者と被害者の描写バランスが非常に悪い。

 映画の幕開けは非常に良い。闇夜に獲物を物色するかのごとく車の運転者目線の車載カメラが不気味であり、低いエンジン音をうならせ闇夜に白く浮かび上がるスポーツタイプのスカイラインを見ていると、古い東宝映画「ヘアピンサーカス」(72年)に登場するトヨタ2000GTを思い出してしまう。映画はしばし加害者と被害者の日常が描かれ、映画の軸となる事件へと向かう。

   以下ネタばれ注意

 まず、本作のスタートラインが出会い系サイトで出会った男女と言う、実も蓋も無い登場人物に感情移入出来ないのが駄目だ。その為に満島ひかり演じる被害者が自業自得の様に描かれているのに違和感を持った。事件の趣旨としては70年代に起こった“大久保清事件”を思い出してしまった。スポーツカーを乗り回し、芸術家を装いナンパした女性をレイプした後に殺害遺棄した事件と似ている。特に被害者が加害者に向けて「私の知り合いには弁護士がいる、レイプされたと訴えてやる」と言う発言に加害者が激高して殺害に至る辺りは大久保清事件とよく似ている。しかし、本作は殺害した被害者を遺棄するシーンが無い。とても重要なシーンであり、加害者の心理を掘り下げるのには絶好のシーンであると思うのだが、本作は一環して加害者を美化しているので、この手の汚れ演技を妻夫木聡に演じさせていないのは致命傷だろう。

 本作は加害者を美化する為に悪者を用意する必要があった。その悪者が岡田将生演じる金持ち大学生だ。女を物の様に扱い気に入らなければ山道に捨ててしまう極悪男に仕立て上げ、自分が事件の発端を作ったのに被害者家族を笑い飛ばす、今時の若者像代表の様に描かれているのにも違和感を持った。大体、本作の警察も何をやっているのだろう?被害者の父親にも叱咤されていたが、逃亡した指名手配犯を捕まえようとしている気配も見えない。警察がどの様にして加害者にたどり着いたのかも描かれず、たまたま加害者の自宅に掛かってきた電話で犯人と確信したという描写だけでは納得できない。ちゃんと事件を追う警察の動きも克明に描く必要があったと思う。

 事件にたかる報道の描き方も釈然としない。何故か報道は加害者側だけに集まっていたが、本来ワイドショーを見ていると必ず被害者側にもマスコミが殺到しているはずである。しかし本作は加害者側だけに集まり、さも、罪の無い加害者祖母をマスコミがいじめているように描き、マスコミを悪者にして加害者家族を良い者にしようとしてる構図が透けて見えてくる。仕舞いにはバスの運転手までも「ばぁちゃんは悪くない」なんて言い出す始末である。完全に映画が加害者家族側を美化しているようにしか見えない。更に映画は「祖母も被害者だ」と言わんばかりに、松尾スズキ演じる詐欺師が行う催眠商法詐欺被害者として取って付けたようなエピソードを挿入してるが話の顛末は無い。

 映画は徹底して加害者と出会い系サイトで知りあった深津絵里演じる光代の逃避行に焦点が絞られる訳であるが、光代と言う女もかなりヤバイキャラである。自首しようとする加害者を引き止めたり、一度は警察に保護されたのに脱走して加害者の元に戻ったりで、事件をドンドン悪い方向に導いた張本人なのに「愛の力がそうさせたんだ」と言う美化演出も気に入らない。大体、光代が一度妹の元に電話を掛けると、妹が「お姉ちゃんが失踪して大変な事になっている」と電話口で発言しているが、そのシーン描写が必要である。同じように加害者の母も実家に戻り祖母に「息子のせいで迷惑している」見たいな台詞があったが、加害者の母が迷惑と思ったシーンも描くべきである。本作は台詞で言って誤魔化すシーンが多く、台詞が絵空事の様になってしまっているのが駄目だ。加害者と光代の濃厚なSEXシーンに時間を費やすのであれば、こういった細かいディティールを描けば映画として深みが出ると思う。

 まぁ、散々駄目だしをしたが、ひとつだけ好きなシーンがある。加害者が光代に犯行を打ち明けるシーンで、活きたままさばかれテーブルに出されたイカの刺身の目玉にカメラが寄り、事件当夜の回想に移るシーンは秀逸だ。刺身になっても動いていてるイカの姿を見た加害者が生への執着を感じたのだろう。私はたまたま本作を見る前日に、犯罪被害者家族の加害者に対する終わり無き憎しみを描いた力作「ヘヴンズストーリー」を見てしまったのがまずかったのだろう。本作の加害者と光代の愛だの恋だの訳の判らない理由をつけた逃避行にはウンザリしてしまった。良い題材だけに着眼点を変える事で力作になったテーマだっただけに、真摯に事件と向き合わない本作の姿勢には異論を唱えたい。

 映画「悪人」関連商品
 
悪人(上)

悪人(上)

価格:567円(税込、送料別)



 
悪人(下)

悪人(下)

価格:567円(税込、送料別)



 
妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月

妻夫木聡が悪人だったあの2ヶ月

価格:1,418円(税込、送料別)



 TREview 






Last updated  2010.09.13 13:10:53
コメント(21) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:映画「悪人」@朝日ホール   つぶ さん
固い言葉、分析的な視点でもって「悪人」を批評されていますが、貴方は「人間」の「心」を、余りご存知ないように思えます。
貴方が読み解く以上の人間の心理の深さ、複雑さをこの作品は提示しているように思います。 (2010.09.20 00:47:04)

つぶさんへ   マサラ0517 さん
もっと沢山映画を見ましょう。
本作より深い作品は沢山あります。
私は感じた事を書いただけです。
特につぶさんにお勧めの作品はこれから公開の「ヘブンズストーリー」です。
これを見れば私が書いた事が理解出来るはずです。

それから、つぶさん。あなたの一方的なコメントでは、あなたの「悪人」感想が判りません。
他人に意見をするのであれば、まず自分の感想を書くのがルールです。
もし、つぶさんがブログを書いているのならURLを教えてください。 (2010.09.20 12:26:56)

Re:映画「悪人」@朝日ホール   つぶ さん
つぶです。人のブログや何かを拝見し、コメントをするなどということは殆どないのですが、何故か衝動的に書いてしまいました。確かに私の文面は唐突で、お気を悪くされて当然ですね。すみませんでした。
私の悪人への、そして貴方の批評への感想は、まず、この作品が、この世の全てを表現されている訳ではありません、当たり前ですけど。ある一つの題材です。しかもとても短い期間の、狭い人間関係を描いたものであり、しかも殺人という、非日常的な出来事の中でどんどん突っ走る感情を切り取ったものです。
それでも何か非常に心に刺さる作品であったと私は思いました。
祐一と光代が悲劇のヒーローのように描かれているとは全く思いませんでした。全ての人の、ちょっとした言動が良くも悪くも他人の人生に影響を与えている、誰もが加害者にも被害者にもなりうる複雑な絡みを提示しています。
祐一は加害者だけども被害者でもあるから、やはり可哀想ではあると思うのではないでしょうか。
光代は確かに自分の気持ちを押さえられずに暴走する訳で、それは誰が観ても愚かしいのは皆わかっているはず、特に描き手が感情を操作してるようには思いません。
しかし人間の心はやはり機械ではありませんので光代の行動を見ると、間違ってるけどでも (2010.09.21 01:34:08)

つぶさんへ   マサラ0517 さん
reコメント読みました、つぶさんの「悪人」に対する思いがわかりました。

まず、私とつぶさんの映画を見た相違点から確認しますと、つぶさんは裕一を「加害者でもあり被害者」と認識しているようですが、裕一は「加害者」です。
その辺の捉え方は映画を見た方の千差万別となると思いますが、裕一が佳乃を殺害した時点で加害者です。
映画は裕一を被害者の様に演出して描いていましたが、あくまでも裕一は加害者です。

観客の心をコントロールと言うと、バスの運転手の発言は完全にコントロールです。ばあちゃんが悪いか、悪くないかは観客が判断すべき事を登場人物に言わせては駄目です。
このシーンも好意的に受け止めれば「観客の気持ちを代弁」としても判断できますが、私はこの発言で映画から完全に心が離れました。

それから私の文章で裕一と光代を「美化」とは書きましたが「ヒーロー」とは書いていないです。「美化」と「ヒーロー」は全く違う意味です。

まぁ、先にも書きましたが映画と言うものは見た方の捉え方によっていくらでも感想が生まれます。
「悪人」の場合、つぶさんには好意的に受け止められても、私の様に全く合わない観客も居るのです。

つぶさんが好きな映画を悪く書かれてお怒りなのは十分承知していますが、もう少し冷静になりましょう。
もし、つぶさんが犯罪映画に興味をお持ちでしたら以下の作品をお勧めします。加害者の演技と心理描写が素晴らしい作品です。

野村芳太郎監督
「影の車」「砂の器」「鬼畜」

今村昌平監督
「復讐するは我にあれ」 (2010.09.21 12:15:30)

Re:映画「悪人」@朝日ホール(09/01)   rose_chocolat さん
鑑賞がずいぶん遅くなってしまいました(笑)
興味深く読みました。

なるほどね。
『ヘヴンズ・ストーリー』が先に来てたら、そうなのかもしれません。私もこの作品は楽しみです。
本作は、原作を読まないとカバーできにくい部分は確かにありました。
(2010.09.30 04:29:48)

roseさんへ   マサラ0517 さん
そう、上下巻ある原作を2時間強に圧縮したのが無理があり、原作者本人が脚本に参加しているので大胆に脚色出来なかった事が考えられます。

「ヘヴンズストーリー」はお勧めです。
もう、これを見ると目から鱗になると思います。 (2010.09.30 14:30:23)

ちょっと安心   Eureka22 さん
お久しぶりです
なにせ軒並み好評価なこの作品に「がっかりマーク」を
つけてしまったので、マサラさんの感想を読んで
ちょっと安心しました(^▽^;)
視点は少し違いますが、長編の原作を映画は映画として
うまく消化し切れていないところは同じ思いです。
それと房枝さんのSF商法エピ不要論も♪
こちらの感想で房枝さんのスカーフについて分からない点があったので、良かったらご意見お聞かせください。(*^▽^*)
(2010.09.30 22:41:02)

失礼します   ちょろ さん
よかった。
こういう意見があって。
公開予告を観た春?夏?頃からこの映画の公開を
待っていた。
賞を獲ったのもあり、休みに観に行くのを心待ちに
して私はすごく楽しみに行った。
だけど、
まったくなにがこんなに高評価なのか
わからなかった。
妻夫木聡は映画によく出ているが
演技が下手だと思ったし、
深津絵里のどんな部分に賞を授けたのか不思議だし、
感動したのはきき希林(漢字が不明…)と柄本明の
演技力の高さ。
役者ってああいうものだろう。

ストーリーもまったく楽しめず、とてもがっかり。
心待ちにしていた自分が情けなくなった。


masalaさんのいうイカの目からの回想シーンへの
変化の映像は、とてもいい技術だと思った。


自分から希望しての役、公開での感極まりの涙、
それであの演技か?と
妻夫木聡バカか。


行って公開した。
質が悪い。
期待していただけに悲しかった。
こんなだったら大衆的な映画観たほうがよかった。


良い評判ばかりなので、
もっとシンプルに作品に対して思ったことを
書かれているこちらを発見でき嬉しいです。
お邪魔しました。
(2010.10.19 03:17:41)

ちょろさんへ   マサラ0517 さん
コメントありがとうございます。
本作は見る人を選ぶようです。
私やちょろさんのように駄目な観客も居れば、絶賛する方も多く居る。
まぁ、映画と言うものは見る方の価値観や倫理観によって大きく変わってしまうものです。
私は単純に殺人を犯した加害者が美化されているに酷く違和感を持ちました。
殺人を犯していながら、まるで被害者のような描かれ方をして観客をコントロールしようとする作家の姑息な精神が透けて見えて、映画を見ていてイライラし続けました。
特にレビューにも書きましたが、被害者を道路下に遺棄するシーンは犯罪映画として最低限必要です。
そこを描かないのは作家としての逃げであり、原作は判りませんが、演じる俳優を汚したくないと言う構図だと思います。
それから深津絵里がモントリオールで賞を貰ったのもいけなかった。
この事で観客は見る前から本作に対して「いい映画なんだ」と暗示が掛けられ冷静な判断を下せなかったように思います。
私は幸いモントリオール受賞前の試写会で見たので冷静に見れました。

長文になりましたが、これからも「masalaの辛口映画館」をよろしくお願いします。 (2010.10.20 13:39:59)

Re:映画「悪人」@朝日ホール(09/01)   さとる さん
私の感想ですが。そりほど退屈しないで楽しめました、全体的にわ今の社会を描いた作品だと思いますが、加害者を美化してるとわ全然思いません、それどころか、加害者が愛とか心のつながりと言うかその力で彼を変えられず、殺人を犯した人わまた殺人を犯すと思われてしまう映画です、この映画が作品賞とってたら日本の映画のレベルが疑われます、本当に俳優と音楽だけで良かったと思います。 (2011.02.23 20:23:10)

さとるさんへ   マサラ0517 さん
私が改めて本作に語る事はありませんが、基本的に殺人を犯した人間はNGであり、いくら愛の力と言われても主人公を擁護する事は私にはできません。
ちなみに「キネマ旬報」では、映画評論家が選んだ今年の邦画部門第一位でした。
あまり日本の映画賞は当てになりません。 (2011.02.24 00:40:43)

擁護   さとる さん
殺人者を擁護していませんよ、殺人者刑をふくしても、その人わ殺人を犯してしまう、そう思われると、社会復帰に問題が残ります、人わ、変わる人もいれば変れない人もいます、私たち彼方も今まで人殺ししなかったのわ、良い遺伝子あるいわ育った環境またわ人との出会い、全て運が良いだけです、また病気による犯罪もあります、母親の苦しみに楽にさせたくて殺してしまう事あるいわ自分が精神疾患に、よって人わだれでも殺人を犯してしまう、私も貴方もいまで運が良かっただけで未来わわかりません、日本の映画があてにならによう洋画もあてになりません、まさしく、有名人、映画評論家が、嘘を書いて評論してるところに、金社会と改めて思う映画でありました。日本の映画も良いの沢山ありますよ。 (2011.02.24 08:04:58)

さとるさんへ   マサラ0517 さん
さとるさんの意見も正論です。
私は基本的に本作の設定や展開には共感できませんでした。
ただ、公開はしてから時間が経っても、賛否両論を含めて様々な意見が取り交わせる作品と言う事は、何か映画に力があるのでしょう?
それから、私のブログ内でも書いていますが、殺人を扱った近作だと「ヘヴンズストーリー」が素晴らしい作品でした。
もし、さとるさんが未見でしたらお勧めします。 (2011.02.24 12:17:51)

必ず   さとる さん
見たいのですが私福岡ですが、上映してる映画館がないので早く見たいのですが残念です、ちなみに、どんな映画も人間と同じく少しわ良い所あるのでわないのでしょうか。 (2011.02.24 20:59:41)

さとるさんへ   マサラ0517 さん
「ヘヴンズストーリー」の上映は福岡だと、6月に「ソラリアシネマ」と言う劇場で上映するそうです。
「悪人」の良い所はブログにも書きましたが、イカの目玉から事件の真相に移るギミックは秀逸です。 (2011.02.24 22:30:44)

ソラリア   さとる さん
6月であるのわ知ってますが、短い期間しかやらないのですよ、ぶり返しますが悪人で、あんた大事な人わおるかんね、と言う言葉、早く光代と出会っていればも、大事な人ができたのに、光代を殺すシーンで、良い言葉も台無しです、確かに光代を殺すシーンわ人間の悪の魂が心を揺さぶります、光代を助けよと勘違いされてわ駄目です、賞を俳優に与えると、どんな現象が起こるかも考慮して欲しいですね、映画評論家も有名になれば依頼が来ます全部酷評すれば仕事が無くなります、良い映画なんて一一本あれば良い法です、ちなみ私の一番わ洋画の普通の人々です、後で知ったのですが、精神科を目指す人わ一度わ見るよう薦められそです、何回かみましたが、誰が一番苦しんでいるのか最初わわかりませんでした。 (2011.02.25 09:58:41)

さとるさんへ   マサラ0517 さん
「ヘヴンズストーリー」はインディーズに近い公開規模なのでかわいそうな作品です。
「悪人」なんかは、日本アカデミー賞授賞式以前から、TOHOシネマズ系列でアンコール上映が決まっている状態ですので、大手メジャー作品とインディーズ作品の上映形態に差が出て不公平な状態です。
「悪人」に関してはさとるさんが指摘したとおりだと思います。
それから「普通の人々」は公開当時に中学生の分際で知ったかぶりをして劇場で見ました。
しかし、見てから30年たってしまったので内容は殆ど覚えていません、申し訳ないです、機会があったら再見します。 (2011.02.25 14:09:48)

人それぞれ   さとる さん
悪人を評論して、人それぞれと言ってしまえば話わ終わりです、人それぞれ考え方が違うからと、個性と考え方わ別です、今皆人それぞれ考え方が違うからと、考え方迄尊重されていると、間違った考え方も良いとなります、間違って映画も評論されます、間違って映画に影響されれば、間違った人生を歩むでしょう、どちらが正しいかわ、お互いが矛盾を指摘しあって、おおよその正しい答えが見つかるはずです、悪人わその意味で良い材料です、まちがって悪人を見られてわ困ります。 (2011.02.26 17:37:15)

つぶさんへ   さとる さん
悪人ですが、祐一わそんな殺すほどの理由も無く殺してしまう、そして、光代に迷惑かけたく無いのか自責の念に悩まされたのか解らないが、あんなに簡単に殺した男が罪の償いか解らないが出頭しようとする、そしてセックスを何度も、見せられ、愛が深まったように見せられて、逃避行が何日か解らないが、俺わそんな人間じゃないと、何日か前に出頭しようとした男が悪の顔になり、光代を殺す何て、いくら人間の心が複雑と言われても矛盾が多すぎる、人の心わ確かに複雑だけど、あまりにも、唐突でめちゃくちゃ過ぎる映画です。 (2011.02.26 21:04:18)

さとるさんへ   マサラ0517 さん
沢山コメントをいただきありがとうございました。
私は「悪人」について語る事はもうありませんが、一本の作品であれこれと考える事や、語る事が出来た事を思うと有意義であり、今後のブログを書く指針となる作品だったかもしれません。 (2011.02.26 23:16:57)

悪人   さとる さん
そう、この作品が賞を取り話題になって観に行った人達が、評論家や有名人が感動し、絶賛するから、私達が、良くない映画と感じる方が、間違ってるような思いをさせられるから、なおさら話題になるのです、映画評論家が、演技わ素晴らしいが映画のストーリーにわ疑問を持つと、評論すれば、話題にもなりません、映画評論家わ、自分の信念を持って映画を評論してほしいものです、できなければ、映画評論家を辞めてほしいものです。 (2011.02.27 09:26:24)

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Comments

hoshiochi@ Re:映画「NEXT -ネクスト-」@よみうりホール(04/24) こんにちは。私もこの映画を先日見てラス…
マサラ0517@ roseさんへ なんか、楽天ブログはトラックバックを廃…
rose_chocolat@ ブログ運営終了。 その可能性は大いにあると思います。 Twi…
マサラ0517@ ミストmistさんへ もう、本当に楽天ブログさんは訳判らない…

Favorite Blog

えっフレンチ警視が… New! hoshiochiさん

<br>【先行予約商品… “炸裂履き”の伝道師!スニーカー気違いオッス!さん

発見はそこかしこに… KUMA0504さん

やっぱりバンドは止… けんおさるさん
足屋のおネエの小春… リズYさん

Free Space

Headline News

Shopping List


© Rakuten Group, Inc.