927797 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

masalaの辛口映画館

PR

Calendar

Rakuten Ranking

2010.09.14
XML
カテゴリ:劇場2010
 当日は鑑賞料金が¥1000の“TOHOシネマズデイ”と言うことで「混んでるかな?」と思っていたが、蓋を開ければ私が見た644席のスクリーン7には平日昼間のせいか60~70名くらいと閑散としたものだった。

   
【27%OFF】★【初回予約のみ】スペシャルDVD付き!(外付け)[Blu-ray](初回仕様) バイオハザードIV アフターライフ ブルーレイ&DVDセット

 映画の話
 ウイルス感染のまん延で世界は荒廃し、人間は滅びつつあった。そんな中、生き残りの人間を探して世界中を旅するアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、ロサンゼルスの刑務所に隠れて生き残る人間たちを見つける。彼らを刑務所から脱出させるため、アリスはアンデッドとの闘いに挑む。

 映画の感想
 本作をシリーズ1作目の監督でミラ・ジョヴォヴィッチの旦那ポール・W・S・アンダーソンが再び監督する、と言うことで期待をしてみたが面白いのはオープニングの東京と、その地下にあるアンブレラ社だけで、その後はかなり単調な展開だ。その上、ロスの刑務所に行ってからは何処かで見たようなデジャヴな映像と展開にテンションが上がらない。

   以下ネタばれ注意

 オープニングの中島美嘉が感染者として登場する渋谷のスクランブル交差点のシーンと、アリスのクローン達がアンブレラ社を急襲するアクションや銃撃戦は文句のつけようの無いクオリティに思わず頬も緩みぱなしでテンションも急激に上がる。続く、東京の核爆発~飛行機で脱出したウェスカーとアリスが富士山に激突までは本当に素晴らしい。映像も「ここぞっ!」と言うときに使われるスローモーションが映像に緩急が付き映画的なカタルシスを感じる。しかし、本作の勢いもここまでで急激に物語は失速してしまう。

 映画は月日が流れ、アリスが生存者が居るとラジオ放送されているアラスカ「アルカディア」にセスナ機で目指す辺りから急激に勢いがなくなってしまう。ラジオから生存者情報がラジオから流れている設定は「アイ・アム・レジェンド」と酷似している。アラスカに到着するものの誰も生存者はおらず、同じように放送を聴いた生存者が乗ってきたと思われる数十機のセスナ機があるだけで落胆するアリスであったが、3作目で一緒に戦ったクレアが胸に変な物を取り付けられた記憶喪失状態で発見する。彼女をセスナに乗せてロスに戻るがロスの街全体がアンデッドに支配されていた。

 本作はホラー的な要素は低くアンデッド(ゾンビ)目当てに見に行くと肩透かしを喰らってしまう。アンデッドはあくまでもドラマの背景に成り下がってしまい、登場人物達からもアンデッドに噛まれる恐怖感があまり無いように感じるのが難点であり、要塞化した刑務所では外的から襲来を防ぐ事が出来る安心感が生まれてしまうのも駄目だ。ロスの刑務所に逃げ込み生存者と合流するアリスの姿は何処かザック・スナイダー監督「ドーン・オブ・ザ・デッド」の構図に似ている。アンデッドに建物を包囲され逃げ道を失った生存者が目指す逃げ道が港に浮かぶ「アルカディア」と言う大型船であり、双眼鏡で大型船に逃げる方法を模索している姿も「ドーン・オブ・ザ・デッド」で向かいの建物に逃げる方法を考えている登場人物達の姿に似ている。しかし装甲車で脱出する方法はあまりにも「ドーン・オブ・ザ・デッド」に似てしまうと作り手も判断したのか、これは却下され地下の下水からボートに乗って逃げる案になっている。

 それから、アリスたちの前に立ちふさがる頭巾を被り巨大斧を振り回す大男・処刑マジニも「サイレントヒル」にも同じようなキャラクターが出てきた。似ていると言えば、口から四つに割れるもう一つの口が出てくるマジニや、体が真っ二つに割れる犬・アジュレなんかを見ると、ジョン・カーペンター監督「遊星からの物体X」でSFXを担当したロブ・ボッティンがアナログ技術で作り出したギミックに良く似ていて、何か映画全体が過去のゾンビやモンスター映画の手垢の付いたギミックを焼きまわしをしているように感じた。

 まぁ、映像の見せ方は非常に上手くケレンミのあるスローモーションの使い方は近年の作品の中でも指折りな事は確かで、アリスが飛びながらクルクル回ったり“ライダーキック”みたいなのがあったりで作り手のアイディアは秀逸だ。ラストの船の中の白い空間でのウェスカーとの戦いは、まるで「マトリックス」を見るようで笑ってしまったが、これはこれでご愛嬌だ。それにしてもゲームを原作として、ここまで成功した作品は珍しい訳で、興行もすこぶる良いようなのでジョヴォヴィッチ&アンダーソン夫妻のライフワークとして、これからも夫婦でシリーズの続投を願いたいと思わせる作品だった。

 映画「バイオハザード4 アフターライフ」関連商品

 
   
★光沢があります★[初版・映画ポスター] バイオハザード4 アフターライフ (RESIDENT EVIL: AFTERLIFE) [ADV-DS glossy]

   
【23%OFF!】バイオハザード 【Blu-ray disc 専用】

 
Bungee Price Blu-ray 洋画バイオハザードII アポカリプス 【BLU-RAY DISC】

 
Bungee Price Blu-ray 洋画バイオハザード III 【BLU-RAY DISC】

 TREview






Last updated  2010.11.26 00:39:18
コメント(0) | コメントを書く

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

Comments

hoshiochi@ Re:映画「NEXT -ネクスト-」@よみうりホール(04/24) こんにちは。私もこの映画を先日見てラス…
マサラ0517@ roseさんへ なんか、楽天ブログはトラックバックを廃…
rose_chocolat@ ブログ運営終了。 その可能性は大いにあると思います。 Twi…
マサラ0517@ ミストmistさんへ もう、本当に楽天ブログさんは訳判らない…

Favorite Blog

彼が怪物なのか 彼… New! hoshiochiさん

Reebok × SANRIO リ… New! “炸裂履き”の伝道師!スニーカー気違いオッス!さん

劇場鑑賞「アド・ア… New! BROOKさん

「モンスーン」未来… KUMA0504さん

非正規という言葉 ももたろうサブライさん

Free Space

Headline News

Shopping List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.