170511 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

暇っちょの資産形成ブログ

PR

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

自分投資

2020.06.11
XML
カテゴリ:自分投資
​​​こんばんわ。暇っちょです。
さて、暇っちょの最近のクラウドワークスの戦績ですが・・・


​​思った以上に、仕事がとれないっ!​​


申し込んだ件数は、エクセルの関数やマクロを使うものに5,6件、あとは、アンケートに3件、文章入力(ブログ読んで感想)とかですね。
その中で、取れたのが、だれでも取れるアンケート、文章入力でした。


エクセルは、自分のようにマクロ得意な人が、多数いるのか、1つの募集に、30~50件の応募で、アルバイトや採用面接を思い出しました。。。


では、今後どうやって仕事が増えるのか?
むしろ、委託側に回るほうがいいのか?


ブログを読んで感想を書けば、55円でシステム使用料とか、引かれて44円が入ります。あと1つは完了したアンケートが18円だったっけ?



大きな案件を取るにはどうするのか?
目標は月1万円を稼ぐ!!


今後は、ここを模索していこうと思ってます。
現在、こういう方法があるっていうのを実行中ですので、結果が出たらまた書こうと思います。

​​​






Last updated  2020.06.11 22:21:17
コメント(0) | コメントを書く


2019.11.12
カテゴリ:自分投資
​​こんばんわ。暇っちょです。
資格をとるための勉強方法なんですが、どういったことがいいんでしょうか?
よく友人から、資格マニアっぽいからか、そういう質問を受けます。


私は、やりたいときにやる。気が向いたらやる。音楽聴きながらやる。が、基本的なスタイルです。
勉強もみんなで勉強会とかは、ほとんど行きません。
良く必要がある場合は、形式だけでいきますが、その場合は、集中できないので、適当に読むだけだったり、1問だけしっかりやろう!みたいな小さな目標決めてやるだけです。


多数でやると、進むペースが異なる場合、自分の勉強にならないんですよね。早すぎても駄目、遅すぎても駄目。しかも、誰かに答えが分からないから、教えてと質問される。
その逆の場合で教わる場合でも、教わってる間に、みんなは次の問題をやったりしてます。




では、独学でやる私にとって、どういったテキストが良材なのか?
未知の科目であれば、しっかりと解説がほしいですし、勉強方法がわからないとき、この資格はどういったもので、どういった採点方法で、どういった形式です。といった形から、説明してくれてるものが良いです。

もちろん、サイトみれば書いてあることも多いですが、そこだけなら読みますが、どういった勉強法が適してるのか?なんて、わかりませんので、そういった指南書を探します。



たとえば、測量士の試験は、午前は5択で28問、午後は必須、選択問題で、記述式です。
ここでは、選択問題はどれがとりやすいのか?なんてことを、必死で自分なりに解析します。
世間一般でなく、私が点取り安い方法を模索します。
また、どんな傾向が多いか?どんな分野がどれだけでるのか?



私は、こういった勉強前の計画から、入ります。その方がやりやすいからです。
ただし、他人が私と同じ方法とってうまくいくのか?は、わかりません。

人によって、効率のいい勉強方法、ペースみたいなものがあるんだと思います。私は、ちまちま長く継続タイプで、一気にがっつりやるタイプではありません。なので、人より多く勉強し、何度も反復し、非効率な場合もあるでしょう。そもそも、頭が良いわけじゃないので、なかなか理解できないものも多いんです。


資格といっても、下地があるものか、まったくないのかでまったく異なります。
例でいえば、技術士補は、下地がほとんどなく受験しました。傾向から見て、やる問題、捨てる問題を早々に決め、点をとる問題は何度もやり、パターンも覚えました。
捨てる問題は、2回くらい回して、同じものが出たらラッキー、駄目なら捨てる!と割り切ります。


基礎問題でいえば、
1設計は勉強すれば取れる! ⇒ しっかり勉強(日に1時間を1ヶ月程度)
2情報工学 ⇒ 問題パターン読んで終わり。合計で2時間くらいで、あとは問題さえみてません。
3分析、やれば取れる問題もある。 ⇒ 取れそうな数パターンの問題はやり、あとはやらない
4化学、捨てる。 ⇒ 取れそうな問題が見当たらないので、まったくやらず。1時間ほど眺めてあきらめた
5環境?、取れる問題はありそう。 ⇒ 3と同じで捨てるものは、捨て。取れそうなところは勉強。


適正問題
過去5年分を1回やって、終了。(3時間くらい)

建設
専門ではないが、業務上こっちで受験する羽目になった。
35問のうち、暗記物、計算ものに分かれるので、下地が不要な計算はやる。下地が必要なら基本捨てる。
暗記物は、社員のみんなが苦手といってた空港、線路、工程といったものが取りやすかった。
地質、コンクリートは簡単だと口をそろえて、周りの社員は言ってましたが、私は、下地がないからと捨てました。しかし、問題の数が多すぎるので、全てを捨てるわけにはいかないので、とにかく何度も過去問を繰り返しました。


これは、暇っちょの例ですが、ある程度の余裕はみますが、100点を狙うときもあれば、80点を狙っての勉強もあります。






Last updated  2019.11.12 22:19:37
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.10
カテゴリ:自分投資
こんにちわ。暇っちょです。
10月に技術士補の試験を終えて、まだ合否結果も出てませんが、解答が公開されてることから、きっと大丈夫だろうと思う暇っちょです。


さて、暇っちょは、技術士を受験するにしてもまだまだ先のことで、知識も経験もまったく足りてない状態です。ですが、目標決めて過ごすこと、定めずに時間経過し、受験前から対策を始めるとでは、大きな差があると思ってます。


それは、技術士だけにいえることじゃないです。
難しい試験であるほど、事前の対策、経験、知識の積み重ね方が大切になると思ってます。

試験によっては、数日の対策すれば、合格するものもあれば、数ヶ月だったり、数年の計画だったり。


技術士は、間違いなく数年かけての積み重ねるレベルだと思ってます。

まだ、勉強には未着手ですが、受験科目の選択、勉強の仕方は、今年いっぱいかけて計画予定です。



現在、どういう風に選択したり、どんな勉強をしようと考え、計画するために3冊購入しました。
1冊は、半分くらい読み終えました、残り2冊は、届いたばかりです。
購入したものを紹介します。


「技術士第二次試験 最短ルートの正しい勉強法〈第2版〉 」
下所 諭  (著), 技術士の学校 (監修)
発行年月 2018/11 
「技術士第二次試験 評価される論文の書き方〈第2版〉」
下所 諭  (著), 技術士の学校 (監修)
発行年月 2018/11 
「測量系技術者のための技術士(建設部門)合格への道」
発行元:日本測量協会
発行年月 :2017/04


技術士の今年の対策プランとしては、下記の2点です。
1.分野・科目の選択を終える。
2.ある程度の勉強方法を確立する。

来年からは、測量士を勉強しながら、また技術士の勉強も少しずつ、業務の知識を補いつつ、そういった資格の知識を固めていくようにしたいです。






Last updated  2019.11.10 12:10:57
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.01
カテゴリ:自分投資
こんばんわ。暇っちょです。
1次試験の結果も出ていないので、相当なフライングですが、2次試験に目を向けてます。


具体的にまだスタートしたわけじゃなく、今はどの部門のどの科目を受験しようか?という段階です。
自分は大学の専門は情報工学だったのですが、今の仕事、今後を考えると、そちらで年数を稼ぐことはほぼないと思ってます。今までという経験値でいうと、7年ぎりぎりあるかないかです。


とはいえ、今後狙うのは建設部門の範囲で考えるつもりです。業務に直結してるからというのが理由です。河川・砂防及び、海岸を候補の一つとして考えてます。









Last updated  2019.11.04 19:32:49
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.31
カテゴリ:自分投資
こんばんわ。暇っちょです。
今日も、読んだ本の紹介をしたいと思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

5倍で読める! 速読 最新トレーニング 記憶に刻まれ忘れない [ 継本まどか ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/10/30時点)

楽天で購入



書名 「記憶に刻まれ忘れない 5倍速で読める! 速読 最新トレーニング」
著者 継本まどか


私も、当時10年くらい前でしょうか?速読の本を買いました。
当時購入した本では、スピードが上がらず、諦めてお蔵入りしてしまったのですが・・・。
この度再度、速読をやってみようと思い、これを購入しました。

きっかけとして、社内で数か月前より速読を始めた方がいて、現在では、小説を45分~60分くらいで読めるということで、これはすごいぞ・・・。と思ったものです。
小説といっても、私が読むと4時間くらいかかるものでした。



速読を実践した社内の彼は言います。
調子・読む内容によって左右されるけど、最高記録は40分だった。
すごいのは、速読を初めて半年、もうちょっと経ってると言ってただろうか?
平日に2冊くらいの本を読むそうです。休日には5,6冊読むこともあるだとか。
初期はできなかったとしても、ここ3,4ヶ月でその速度だとしたら・・・。

週に20冊(平日10冊、休日10冊)計算になります。。。
それを4ヶ月したってのは、驚異的ですね。。。単純に16週として、320冊ですよ。。。たったの4ヶ月で。


私がこの本を読むとしたら・・・・・・・何年かかるのやら。。。それこそ、読書に全てをかけて、仕事も集中せず、休日も読書漬けで、半年で終わればいいほうでしょうか。。。日に2冊目標で。



まぁ、それを考えると、手にしたい能力だと再認識し、彼ほどの上達ができるかは不明ですが、挑戦してみたわけです。


まず、速読は1つの方法ではなく、いろんな流派というか、方法が存在するようです。私が以前買ったものは、1回目で見る文字を多くし、斜め読みを行う。というものでした。

斜め読みって、全て見てないというわけでなく、一度に、縦に10文字くらい、横は2,3行読むのだそうです。私は、そもそも目で見ても、読書(理解)はできていなかったです。



今回購入したものは、まずは、目の筋力を鍛える。物理的に目の玉を動かす速さをUPさせる。
ブロック読みは、同じでした。1度に1文字ずつでなく、1度に数文字ずつ。1行単位で読めるような人もいるようです。訓練したら、生徒は15文字くらいになるとのことです。著者は速読のインストラクターをやってるようです。


重要なことが、目で見て音読をせずに読むということだそうです。
私は、本を読むにしても、漫画を読むにしても、声に出さずとも、頭の中では音読して本を読む癖があります。漫画にしても、読み物でも、参考書やテキストでも。
遅いのは、そのせいのようです。根本的に読むという方法を変える必要があるようですね。


今回は理解力についても、やり方の説明が書かれており、以前の本よりは、トレーニング物として良さそうに感じました。最初に平常の状態を計測しておいて、10日後には5倍速を目指すんだそうです。
現在4日目で、初期トレーニングを終えたところです。


読むのが早くなったのかは実感が沸くほどではないですが、単語で読むという事が段々出来始めてる感覚があります。織田信長とかあれば、4文字を一度に見て理解するみたいな。今までは、音読してるのでお・だ・の・ぶ・な・がと呼んでたのが、今じゃ一目です。

600文字60秒だったのが、今は45秒くらいになりました。
とはいっても、同じ文章を読んでトレーニングしてるので、その影響もあります。慣れてきた、内容も分かってきたなどです。


これができれば、今後の勉強や読書に本当に役立つ気がします。
ただ、本にも書かれてますが、あくまでもゆっくり読んで理解できないことは、速読しても当然理解はできない。ということです。5倍は無理でも2倍速でも十分ですね。600文字を30秒。



10月の技術士1次試験(技術士補)の試験を終えて、今年の資格受験の予定を終えました。
技術士2次試験は、業務経験等が絡んでおり、しばらくは受ける事もできませんが、準備しておかないとなかなか通らないぞということを、社内の先輩から聞いてます。


なので、勉強を始めるというわけではないですが、まずは技術士って多くの分野があり、分野の中でも細分化してて、良く分かってません。

今後は、まず何を受験するのか?を想定し、勉強を始める必要があるので、今後の業務、やりたいこと、会社の利益という点から考え、できるだけ使えるものを取得したいと思います。



技術士の資格があれば、建設系の業務にとっては本当に有利で、そもそも技術士がいないと入札に参加できないこともあり、技術士の人数を必要としています。
技術士があり、実績あれば、他の会社以外でも、いい待遇になるのです。

とりあえずは、今年中に受験科目を建設の中から2つ程度に絞り、今後それに対し、受験対策していきたいと思ってます。それと並行し、来年の測量士のリベンジ、他にも余裕があれば、何か学びたいと思ってます。

では、おやすみなさい。







Last updated  2019.11.04 19:33:29
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.21
カテゴリ:自分投資
こんばんわ。暇っちょです。
本日、技術士会のホームページにて、この前の試験の解答がでました。
問題用紙にメモした解答と見比べる限り、合格できたようです。
あとは、記入ミス等がなければOKですね。


技術士1次試験を受験した人は、答え合わせをすると、先週からのモヤモヤが一つはっきりとするでしょう。






Last updated  2019.11.04 19:35:13
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.14
カテゴリ:自分投資
こんばんわ。暇っちょです。
まだ、技術士会の正式な回答というわけではありませんが、ネット上で答えを見ていると、無事に合格できそうな感じで、ほっとしました。



試験をする度に、奥さんや子供の協力がないと、そもそも家で勉強もままならない状態です。
奥さんが、子どもを見てくれてるから、試験勉強ができるわけです。
だからこそ、合格したいって言う気持は強いです。
約半年前に測量士の試験があり、そのときは、不合格になりましたが、そのときも支えてくれました。


思い通りの結果にならないこともたくさんありますが、家族の為に、自分の為にも、頑張りたいですね。
今年は多分、これ以上の受験しないので、来年の測量士に向けて少しずつ勉強したいって思ってます。
来年は、測量士の受験に加えて、何か新しいものを学んでいきたいです。






Last updated  2019.11.04 19:35:59
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:自分投資
おはようございます。暇っちょです。
先週は、県外にでることが多い1週間でした。


月曜~水曜は、業務で愛媛に2泊3日、木曜日も講習で香川県に1日、金曜は社内で業務、土日にまた香川でした。金曜日以外は、いなくてまた動き回ってるっていう状況が初めてでした。
そんななか、土日の香川は、日曜日にある技術士1次試験を受けるためです。



今回、めったにない事がありました。
台風とかちあってしまった関係で、一部では技術士1次試験が実施されないという。

東京、神奈川で受験される予定だった人は、返金対応とのことで、また石川県、宮城県、新潟県については、他の会場よりも1時間遅れて実施するということでした。
台風がきたとはいえ、年に1回しかない受験機会が失われるというのは、きついですね。



受験日までは、一生懸命勉強もして、たくさんの時間を使ったでしょうし、難しいかもしれませんが、別の日に実施するなんてあったらいいですね。
特に東京、神奈川会場ということで、受験者数もものすごい人数だったんじゃないでしょうか?そういう意味で、日本での技術者の卵の損失にも繋がりそうです。





私の受験した感想ですが、基礎・適正は7年分くらいの過去問を7割取れるようにして、専門も10年分8割くらい取れるように勉強してました。
しかし、適正と基礎が難しく感じました。基礎は苦手な問題が続いたこと、適正はいくつ正しいのがある?という全部知らないと解けないといった問題が多かったです。



専門は余裕持って合格してると思います。基礎・適正はギリギリ合格くらいなので、記入ミスがあったらアウトという状況です。今年の予定してた資格試験が全て終わりました。来年は、測量士のリベンジですね。






Last updated  2019.11.04 19:36:10
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.19
カテゴリ:自分投資
こんばんわ。お久しぶりです。暇っちょです。
最近は、ちょっとブログから遠ざかってました。
仕事も定時が続いてますが、なんか残業が諸悪のような雰囲気にもなり、やややりづらく感じるときがあります。


現在、帰宅してからは、少し気合が入りづらい時期に入ってしまった。
そんな中、技術士1次試験が近づいてるので、勉強とにかく始めました。
少しずつ少しずつ。
この技術士1次試験が終われば、来年の測量士に向けてまた勉強したいと思ってます。
家でもなかなか休んだ気になれず、仕事も手もぬけない。
ちょっとしんどい日々ですね。


しかし、日に日に成長する子をみることもとても楽しく、ストレスも溜めつつ、子どもがいて良かったなんて思う日も多いです。時に子供が思い通りにならずに、イライラする日もあります。


そういう中で、自分の成長として、今後何を勉強していくのか?
そういうことを考えています。測量士を取る目標につまずいてしまって、なんだか気合が抜けてます。
来年こそは・・・なんて思ってますが、難しかったんですよね。


他にも勉強したいこと、学ぶ必要があるもの、個人としてやりたいことも、まだまだ抱えている毎日。
消去法みたいな感じで、最優先のものをとにかくこなす日々ですね。
お金がほしい、時間が欲しい。とにかく欲しいものだらけですね。







Last updated  2019.11.09 01:48:28
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.13
カテゴリ:自分投資
おはようございます。暇っちょです。
​さて、測量士試験の結果ですが、​残念ながら不合格​でした。​


相当に悔しいです。
受験後もブログに何度か書きましたが、自己採点で言えば、ドンピシャというか、大体の予想通りでした。
合格しても、不合格でもぎりぎりという話をここへ書きました。

910点が合格点で、884点でした・・・。​
本当にあと1歩という点数でした。しかし、あと一歩だろうが、0点だろうがまったく同じで、合格か不合格だけが重要なんですから。善戦したとか関係ないです。
あとちょっとだったね。おしかったね。と言われました。もちろん、嫌味とかじゃなくて、言ってくれているんだと思いますが、私にはそれが逆に辛く感じられます。


正直午後の試験の点数配分が200点あたりを目標にしてましたが、ここが170点くらいでした。
配点がわからなかったのがあるので、なんとも言えませんが、記号は結構取れてたと思ってます。
やはり一部の記述問題が相当配点が高かったのか・・・?なんて思ってます。


とりあえず、もう少し低い点ならきっぱりと諦められたのかもしれませんが、点数が点数なだけにくやしいです。しかし、十分に闘えた試験ともいえるのかもしれません。この悔しさは来年にはらしたいです。
その前にまず、技術士補をしっかりやります。
かなり落ち込みましたが、それも昨日まです。今後はこの点数を見ながら、悔しさをばねにしたいです。
​ちなみに、もう言っても仕方ないことですが、100点満点換算だと、あと2点あれば、合格というレベルまで来てました。​


測量士は今年簡単だったということですが、合格率が高い年だったようなので、来年はきっちりと締めてくるのかもしれませんが、来年はぶっちぎりで合格してやりたいです。
ここのブログでも勉強してきたことを書きましたが、要領が悪かったのかもしれませんね。できないやつは、努力でカバーするしかない。足りないなら、要領がわるかろうが、もっとやる。それだけです。






Last updated  2019.11.09 01:50:26
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.