375083 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ふるさと福井

PR

カテゴリ

フリーページ

2007年02月18日
XML
カテゴリ:継体天皇あれこれ

手繰ヶ城山古墳からの眺望 手繰ヶ城山古墳(前方後円墳で手前が前方、奥が円墳)
手繰ヶ城山古墳からの眺望     手繰ヶ城山の前方後円墳
                                            (手前が前方、奥が
円墳)  

先日、越の国(福井県の敦賀より北、石川県、富山県、新潟県)を治めていた初代大首長墳とされる永平寺町の手繰ヶ城山古墳(前方後円墳・全長128m)に行ってきました。

国の史跡・手繰ヶ城山古墳は標高150mに立地、2代目大首長墳とされる北陸最大規模の六呂瀬山古墳1号墳(前方後円墳・全長140m)に次ぐ規模ですが、それだけでなく、越の国がヤマト政権に組み込まれ、広域圏を支配するようになった最初の古墳と考えられています。古墳は全面に川原石が葺いてあり、九頭竜川の石を手渡しで運んだとみられることから、地元には「手繰ヶ城伝説」が残っているようです。また、古墳の周りを囲むように3重の埴輪列がめぐっていたと考えられており、古墳の造営時期は4世紀中頃とみられています。

手繰ヶ城山古墳は、遊歩道が整備されており、円墳のいただきまで、第一駐車場から30分ぐらい、第二駐車場から15分ぐらいで行くことができます。そこからは、男大迹王(後の継体天皇)が治水・開発したと伝えられている福井平野、坂井平野をはじめ、九頭竜川や日本海、さらには六呂瀬山古墳群が展開する九頭竜川対岸(北側)の山々を遠くに望むことができます。六呂瀬山など山々の麓は、男大迹王(後の継体天皇)の母・振姫の郷里「高向の宮の跡」、男大迹王が大伴金村らと会見した所とされる「てんのう堂」があるところです。付近を眺めていると、越の国の大きさ、男大迹王(後の継体天皇)の絶大な支配力、偉大さが伝わってくるようです。

ちなみに、第二駐車場まで車で行けるようになっているのですが、舗装されていないところがあって、車の底が地面につかえるところがありますので、念のため。







最終更新日  2007年02月21日 00時06分41秒
コメント(0) | コメントを書く
[継体天皇あれこれ] カテゴリの最新記事

日記/記事の投稿

お気に入りブログ

横 浜 駅 BaySkyさん

ウォンツ@ショップ… サイト@wantsさん
旅好き人の日々放浪記 旅好き人さん
あっぷるろ~ど’di… あっぷるろーどさん
北陸/福井/あわら… brand@fukuiさん
BANDAI 会津さ、こ… 会津さ、こらんしょさん
高 爺 の 日 記 高 爺さん
「くまがやねっと」… くまがやねっとさん
癒しを求めて ただくん1128さん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.