243873 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Atelier Mashenka

2006.09.09
XML
カテゴリ:アート

つくつくほうしの乱れ鳴く中、いつものように平川門をくぐり、
三の丸尚蔵館「花鳥~愛でる心、彩る技<若冲を中心に>」第5期を見に行った。
第1期を見に来たのは桜の季節だったのになあ・・・


まず若冲以外で目立つのは、森徹山の「孔雀図」、
構図がすごい!潔いほど。
閉じた長い羽根を斜め上にしゃきっと伸ばした雄の孔雀、
余分なものが描かれず、大胆なほど斜めに画面を区切っている。
でも色がちょっときついかな・・

その意味では、隣に展示されている円山応挙の「牡丹孔雀図」のほうが
発色が繊細で美しく感じる。
目の覚めるようなブルーの羽根、首の羽根1つ1つの黄から緑へのグラデーション、
牡丹のピンクや白の花びらは、いかにもやわらかそうで、見事だ。


さて、伊藤若冲の「動植綵絵(どうしょくさいえ)」全30幅も、
6作品ずつ、5期に渡って見てきて、今回が最後。

「老松孔雀図」
こちらは珍しい白い孔雀、羽根先の黄と緑のもようがユニークだけど
見事な真っ白な身体の中では、まるで錘(おもり)のように見える・・
重いものを身にまとった孔雀。


「芙蓉双鶏図」、若冲お得意の鶏と、植物の組み合わせ。
ダンサーでも体操選手でもこんな格好しないよ!というくらい、
雄鶏が上体を前に倒し、片足を上げ、脚の間から後ろを"きっ"と見ている。
その動きの勢いに乱れなびく羽根は、細かな模様が描き分けられ、
ただただ呆然と目で追ってしまう。
激しい動きの一瞬を描いてはいるが、なぜか静止しているような
静かな黒であり、茶である。

5期通して見てきて、若冲の色彩にも目を見張ってきたけれど、
私はこの鶏の羽根の、マットな上品な黒にいつもため息をついてきた。
墨絵のときの黒ともまた異なるニュアンスの、貴族的な黒。


「薔薇小禽図」
おびただしいピンクと白のバラもすごいけど、
バラの枝か幹なのだろうか?黒い幹のようなものがうねうねいて、
ぶつぶつの細かい模様が描かれており、その存在が気になる。

細い枝には、小さな小鳥が片足を跳ね上げ、とまっている。
ふっと左を振り向いており、その視線の先には若冲の落款が。
落款までもが絵の中のモチーフのようで、小鳥と絡んでいるのが興味深い。
小鳥がクレジットを紹介しているみたい。
若冲の確信犯的な遊び、に思え、ほほえましい。


「群魚図<蛸>」
大きなタコの脚先にちょこんとしがみついている子ダコが
なんと言ってもキュートでユーモラス。
ゆら~っとのびやかにのびる親ダコの脚もいい。


「群魚図<鯛>」
群れ泳ぐ魚たち、でも静止しているように見えて、
魚の苦手な私には、魅力的に映らない作品・・・


「紅葉小禽図」
枝枝が平行線になって垂れており、ほとんど効果線となっている。
(第2期の「雪中鴛鴦図」でも同じような平行線状の枝の描写があったな・・)
画面いっぱい覆い尽くす紅葉が、燃える秋を予感させる。
小鳥の空色の背中、画面下のウルトラマリン(岩だか川だかよくわからないが)、
それらと紅葉との対比が強烈で、赤と青の世界をつくっていて、印象的。


三の丸尚蔵館「花鳥~愛でる心、彩る技<若冲を中心に>」第5期は
9月10日までで、すでに終了。

あ~、これで半年かけて伊藤若冲「動植綵絵」30幅見終わった!
今はもう"傑出"という言葉しか浮かばない・・
やはり同じく三の丸尚蔵館に通われた方、お疲れさまでした!

これまでの感想はこちらに・・3期が抜けてます、見たけど書けてない(^^;)
第1期
第2期
第4期



半年通った皇居東御苑もしばらく行くこともないなあ・・
ちょっと感慨深く、緑と江戸城の石垣とお堀を眺めながら歩いた。





平川門近くの塀と石段。
こういうところを見て、毎回わくわくしていた。



いつも竹橋駅から出て、渡っていた平川橋。



かわいい(?)擬宝珠(ぎぼうし)。


これを見ていて突然思い出した。

昔、演劇学校の学生時代、ほんの数ヶ月、
小さな設計事務所でトレースのバイトをしていた。

何の技術も知識もなかったので、ペンや定規の使い方、線の引き方から教わり、
大手軽金属メーカーの下請けの、図面の直しなどをやっていた。
大きな製図台に向かうのが好きだったな、製図台が欲しくなるくらい。


1度だけ、橋の欄干と、上の写真のような擬宝珠のデザインを任された。
え~~っ!こんな始めたばかりの素人が?!と思ったけれど
何度も直しで見てきたものを参考に、いいと思う曲線で描いてみた。
その図面が採用になったかどうかはわからない。

もし採用になってたら、日本のどこかの川、どこかの橋に
私の描いた擬宝珠がちょこんと座っているかもしれない・・・
そう思うとちょっぴり楽しい。








Last updated  2017.02.15 20:33:14
コメント(12) | コメントを書く


PR

Profile


mashenka

Recent Posts

Favorite Blog

今日は天赦日、地元… hakapyonさん

布マスクを買いました wheatgrassさん

3月に読んだ本 一村雨さん

楽天で購入した商品… bihada yupacさん

リバーシブルの手作… すもも5970さん

ブログは移動しまし… コヨーテ3377さん
happy-happy happy-tamachanさん
take it easy!! 【masashi】さん
松峰な世界 松峰さん
ロルファーサイトウ… M Saitoさん

Comments

mashenka@ Re:お久しぶりです(09/26) 一村雨さん、お久しぶりです。 お返事遅く…
一村雨@ お久しぶりです この作家さん、存じ上げませんでした。 こ…
mashenka@ Re:千葉和成さんの個展「ダンテ『神曲』現代解釈集」(09/26) reichel!さん、お久しぶりです。 コメント…
reichel!@ Re:千葉和成さんの個展「ダンテ『神曲』現代解釈集」(09/26) まーしゃさん 久しぶりの更新ですね!お待…
mashenka@ お久しぶりですね~! わあ!reichel ! さん、コメントありがと…

Freepage List

Calendar

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.