114602 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ちょうちょのふわチャ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


ちぇるしぃー1さん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

2017 エイベックス … New! mkd5569さん

【Father's Day Gift… こだわる男の「モノ&ファッション」さん

コメント新着

コーチ 財布 メンズ@ xrcsmz@gmail.com In truth searching for homes which in t…
育めんパパ@ 育めんパパです はじめまして。育めんパパと言います。 1…
ちぇるしぃー1@ ありがとうございます。 mkd5569さん -----ありがとうございます…
mkd5569@ Re:☆ 2012年春デビューについてのお知らせ^-^ ☆(04/10) こんばんは 4周年おめでとうございます …
ちぇるしぃー1@ お久しぶり~ うさみみさん -----わぁ~い。うさみみさ…

カテゴリ

フリーページ

ニューストピックス

2010.02.19
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

先日Sが通う七○教室の先生に『マイケルジャクソン オックスフォードでの講演(2001年3月6日)』を和訳(2002年発行写真集「マイケル・ジャクソンKING OF POPS」/日本ヒーリングセラピー研究所の情報紙より)したものをまとめた冊子をいただきました。

まず歴代錚々たるメンバーが名を連ねた同大学での講演にどれほどマイケルが緊張したのかが伝わってきました。
でもそこはマイケル。
精神年齢は80歳なので(当時42歳)...と言い、語り始めたようです。

マイケルは『子どもらしい子どもとは何か?』を考え、最近いなくなっている原因ばかりを追及するのではなく、愛に満ち溢れた社会を、世界をと訴えています。LOVE&PEACE


私が読み終えて思ったことは、マイケルが終始一貫して言いたかったこと、伝えたかったことは『ヒール・ザ・キッズ』の核となるメッセージ
愛されない子どもたちに手を差し伸べよう
大人は子どものことをもっと優先して考えよう
ではないでしょうか。
シンプルだけどとても大事で特に大人が子どもを優先にしないというのは最大の今、ネックです。

そして、自らの子ども時代、父親との関係、ある少年がガンで亡くなった時の話しについて講義は展開されていきました。
そのことはマイケルファンならご存知だと思うので割愛させていただきます。

私がココロに残ったポイントをあげると
『愛は家族にとって最も重要な財産であり、豊かな遺産であり、黄金の贈り物です。世代から世代へと受け継がれていく宝』

すべての『家庭に児童権利法案』を取り入れられることを強く望みます。条項を挙げると、
愛される権利。自ら求めずとも。
守られる権利。どんなことがあっても。
かけがいのない存在だと感じられる権利。何も持たずにこの世に生を受けようとも。
話を聞いてもらえる権利。大人にはおもしろくない話しでも。
寝る前の読み聞かせをしてもらえる権利。夕方のニュースや、「イースト・エンダー」(イギリスの家族ドラマ)に時間をとられることなく。
教育を受ける権利。学校で銃弾におびえることなく。
かわいがられる権利。たとえ非凡な外見だとしても。

⇒何か純粋でいいでしょう。これもほとんどの人が忘れがちになっていませんか?

『子育てはダンス』

『今の多くの子どもは愛に飢えた子犬』

『自分が愛されていないと感じても親を許すよう、世界中の子どもたちに呼びかけているのです。今日ここにいる人からはじめましょう。許してあげてください。もう一度愛する方法を親たちに教えてあげてください』


さらにマイケルはこう語ります。
「怒りに満ちた世界でも、慰めの心をもたなくてはなりません。絶望に満ちた世界でも夢を忘れてはなりません。
不信感に満ちた世界でも、信じなくてはなりません。親から傷つけられたと感じていらっしゃるみなさん、失望感を捨ててください。
親にあざむかれたとお思いのみなさん、これ以上自分自身をあざむくのはやめましょう。
親が邪魔だと思っているみなさん、代わりに手を差し出してください。ご両親に無償の愛を与えてください」

そして、そしてマイケルが一番伝えたかったことは『無償の愛』『愛の力が社会を世界を変えることができる』という点だったと私は思います。

 

実は私の友達にマイケルが大好きな人がいます。彼女は中学生の時からのファンでポスターを部屋に貼って「ただいま、マイケル」「いってきま~す」と周りがやれジャニーズや何だと言っていてもマイケル一筋だったそうです。
映画も今回は4回も見て、毎回号泣していたらしいです。DVD発売のためわざわざBlue Rayを買ったそうです。その発売日、東京でカウントダウンがあったんだよっていうと「うそ~、行きたかった」と言ってました。
以前、その彼女に「マイケルの裁判の真相は?」と聞いたことがあります。何故イギリスなのかとも聞いたことがあります。
私はこれを読んで、そのとき十分とまで言えない理解、彼女のいう『マイケルの優しさ』に一歩近づけたような気がしました。
また世界中の人々がマイケルを愛してやまない気持ちも・・・

 

ということで月並みですがやっぱり凄い!!よね、マイケルは。ホント、人として『凄い』に尽きます。







最終更新日  2010.02.19 09:06:21
コメント(3) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.