1215516 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

「しろ」のディズニーシーに行った日だけ日記

おもに「東京ディズニーシー」に行った日だけ 綴られる日記風の文章です。
時には 夫婦2人でのんびり行く「TDR(東京ディズニーリゾート)紀行」になったりもします。

             ×    ×    ×    ×    ×

2004年3月から ディズニーシーに行った時の記録と記憶のために日記を書き始めました。

私は 夫ともうずいぶん長い間一緒に暮らしています。
毎日一緒に過ごしていれば 楽しいことばかりがあるわけではありません。考えなければならないことは日々 次々と生まれます。
でもここでは そんなことはなるべく忘れて舞浜の地で過ごしたことだけを綴っていけたらいいな と思います。

別サイトで以前公開していた2005年2月以前(2004年3月~2005年1月)の日記は こちら から。
こんなのもあります。 
October 9, 2017
XML
        20171009_ザヴィランズワールド1

昼食のためミラコスタ「シルクロードガーデン」に出かけてきました。
ディズニーシーのメディテレーニアンハーバーで行われている「ザ・ヴィランズ・ワールド」も眺めてきたので簡単に記録しておきたいと思います。


昼過ぎに舞浜に着き、イクスピアリ、アンバサダーホテルに寄った後、ホテルミラコスタ到着は13:10くらい。
今日この時間のホテル駐車場は比較的余裕があったようで、立体の2階に停められました。

シルクロードガーデンで注文したお料理は“ディズニー・ハロウィーン”ランチコースで、前菜提供の後、私達のテーブル周辺には早いタイミングでキャストさんからお知らせがあり(13:50くらい)、お隣オチェーアノのブッフェ側テラスに案内されました。

ブッフェ側のテラスは水域の手前側とピアッツァトポリーノを斜めから見下ろす位置なので、「じっくり観る」というより「気楽に眺める」感じになります。


フック船長の船に乗って登場したミッキーとプルート。
20171009_ザヴィランズワールド2

オチェーアノ前あたりの水上に停泊中のミニーさん。(この場所には結構長く滞在。)
20171009_ザヴィランズワールド3

ピアッツァトポリーノのショーエリアは私のいた場所からはこんな感じで見えました。
20171009_ザヴィランズワールド4

ステージにはショーの後半ミニーさんがやってきました。
20171009_ザヴィランズワールド6

水上から突然伸びる「いばら」。
20171009_ザヴィランズワールド9
ギョッとするというか、ちょっとびっくりしますよね。

フィナーレ前にはミッキーも合流。
20171009_ザヴィランズワールド8

20171009_ザヴィランズワールド10

20171009_ザヴィランズワールド11

ショーの最後 ピアッツァトポリーノに集合したキャラクター達は、マレフィセントとアースラの船に一緒に乗り込んで帰って行きました。

20171009_ザヴィランズワールド13

ばいばい。



シルクロードガーデン店内のテーブルに戻ると、今日はミッキーとドナルドがお出迎え。

20171009_シルクロードガーデン_ナプキン

この組み合わせは私は初めてでした。


以下、本日のお料理です。

こちらはショー鑑賞前にいただいた季節の前菜盛り合わせ。

20171009_シルクロードガーデン前菜

グラスの中身は クラゲの冷製、オレンジのゼリー寄せ、一番上には海老の黒ごまソース和え。(赤い海老をわざわざ黒くしてるんですよ!)
お皿の真ん中では みょうがの甘酢漬けと大根で作ったフック船長の剣がコウモリを狙っています。
その他は、山椒で炙った秋刀魚に菊の花、白舞茸の素揚げとチャーシュー、スモークサーモンの紅麹マヨネーズソース など。
秋の素材を使って、さらに色も形もディズニー・ハロウィーンを意識した内容になっていました。


二皿目は帆立と野菜の蒸し物に蟹肉と菊の花の餡をかけたもの。
一人分ずつの提供です。

20171009_シルクロードガーデンあんかけ

色合いがとても綺麗です。


次は豚肉と茸の唐辛子ソース炒め。
こちらは二人分です。

20171009_シルクロードガーデンぶたにく

ピリッとスパイシーだけれど塩辛さは控えめでした。


海老とイカのから揚げに葡萄甘酢ソース。
こちらも二人分。
(このあたりで、「やっぱり今日も白いご飯を頼めばよかった・・」と夫)

20171009_シルクロードガーデンえびいか

葡萄はピオーネを使用しているとのことで、しっかり甘かったです。



サーモンと“じゃこ”の炒飯。
写真ではわかりにくいのですが、サーモンの色がとてもきれいな炒飯でしたよ。
キャストさんが上に載ったじゃこをしっかり混ぜて一人分ずつ取り分けてくださいました。

20171009_シルクロードガーデンやきめし

香ばしいじゃこと銀杏とシャキシャキした青菜の茎の部分の食感が混じりあって楽しかったですし、美味しかったです。


デザートは一人分ずつの提供。

20171009_シルクロードガーデン_デザート

真ん中はラズベリーのプリンに山査子やブルーベリーやココナツを使ったソース。
それにブルーベリーの焼き菓子が添えてありました。



ただ「旬の素材を使って美味しくきれいに」というだけでなく、その上に折々のパークのテーマの味付けも加わるディズニーホテルのお料理。
考案するのも作るのもテーブルでサービスするのもそれぞれ様々なご苦労がおありでしょうね。

私達はきょうもたいへん楽しく完食させていただきました。


お店を出たのは15:30くらい。
その後はミラコスタ駐車場を出て、リゾート内で少し寄り道をしてから帰宅しました。






** シルクロードガーデン の “ディズニーハロウィーン”ランチコース **

・季節の前菜の盛り合わせ
・帆立貝と野菜のスチーム 蟹肉と菊花のあんかけ
・豚ロースと茸の唐辛子ソース炒め
・海老とイカの唐揚げ 葡萄の甘酢ソース
  (別途加算で「イセエビとイカの唐揚げ 葡萄の甘酢ソース」に変更可能)
・サーモンとジャコの炒飯
  (別途加算で「サーモンとジャコの炒飯 タラバ蟹の葱生姜蒸し添え」に変更可能)
・ラズベリープリン 山査子ソース ブルーベリーの焼き菓子 五香粉の香り

               ・・・・・・・・・・2017年9月1日~10月31日





◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ 
 
文中に登場する、ディズニーリゾート内の固有名詞(ホテル・レストラン・ショップ・場所などの呼び名)については「東京ディズニーリゾート」の公式サイトをあわせてご覧いただくと、いくらかイメージしやすいか、と思います。

利用なさってみてください。

◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇






Last updated  October 19, 2017 02:57:20 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Rakuten Profile


「しろ」さん

なんにも考えないでいる ということが、なかなかできない私です

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
ディズニーシー  ホテルミラコスタ  舞浜 

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Category

Free Space

Recent Posts

Archives

Comments

「しろ」@ どんどこ さんへ。 こんにちは~ どんどこさんは こちらの…
「しろ」@ こととと さんへ。 こんにちは~ こちらこそはじめまして。 …
どんどこ@ Re:タマゴとウサギ。(~「シルクロードガーデン」など)(05/28) いつも楽しみに読ませていただいています…
こととと@ はじめまして 長い間、こっそりと拝見しておりました。 …
「しろ」@ 楽天ブログスタッフ さんへ。 こんにちは ひとみさん。 いつもお世話に…
「しろ」@ シェルさんへ。 こんにちは。 本当に久しぶりにシーに行っ…
「しろ」@ yulianさんへ。 まあyulianさん。 なんと、舞浜にいらした…
yulian@ ベッラヴィスタ・ラウンジにおりました!! なんと偶然!! 私にとって 久しぶりのミラ…

Freepage List


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.