000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

折れず曲がらず良く斬れる

全452件 (452件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 46 >

読書・歴史・ニュース

2020.08.16
XML
テーマ:読書(5660)






最終更新日  2020.08.21 02:02:14
コメント(0) | コメントを書く


2020.06.30






最終更新日  2020.07.03 23:17:54
コメント(0) | コメントを書く
2018.10.30
小早川秀秋の肖像画があまりにも貧弱に描かれているのだずいぶん彼は損をしていると思っていました。

岡山県立博物館で謎が解けました。

「岡山ゆかりの肖像」展で秀吉と秀秋の肖像画が並んで展示されていました。

学芸員の方の説明で秀吉と秀秋の肖像画はどちらも高台寺蔵で高台院(秀吉正室・北の政所)が夫と甥でかつて養子として育てた秀秋の菩提を弔うために画かせたものでした。なのでどちらの肖像画も背景が同じです。

当時亡くなった子供を弔うために可愛かった子供の頃の肖像画を画くことが流行っていたそうです。

高台院がかつてのわが子(養子)の可愛い姿を写して画かせたので幼い顔で画かれてしまったというのが真相のようです。

小早川秀秋肖像



太閤秀吉肖像










最終更新日  2018.11.01 22:43:27
コメント(1) | コメントを書く
2018.10.01
テーマ:旅の写真(3384)
関宿にある福蔵寺、織田信長三男信孝が本能寺で非業の死を遂げた父信長の菩提を弔うために建てたお寺です。皮肉なことに信孝は秀吉との信長後継争いに敗れて自刃、福蔵寺が自らの菩提寺になってしまいました。










最終更新日  2018.10.06 16:03:40
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.21
行って観たいフェスティバル。







最終更新日  2018.09.22 09:27:31
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.05
テーマ:読書(5660)




太平洋戦争を題材や背景に取り込んだ6つの短編からなる。

大佛次郎賞受賞作。

やっぱり読書は楽しいです。






最終更新日  2018.02.06 19:32:57
コメント(2) | コメントを書く
2018.02.02
テーマ:読書(5660)




関ヶ原で17個の兜首を取り神君家康を唸らせた槍の可児才蔵の物語

楽しめました。






最終更新日  2018.02.04 19:57:57
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.30
テーマ:読書(5660)
戦国医師物語。

訳あって武士を捨てた若き医師英俊が主人公。京の曲直瀬道三のもとで修行を続けるうちに一筋縄でいかない人の世の難しさに触れ、英俊は人としても成長していきます。









最終更新日  2018.02.02 21:51:00
コメント(0) | コメントを書く
2018.01.29
テーマ:読書(5660)




戦国の起業家、角倉了以の絢爛たる人生、なかなか面白かったです。






最終更新日  2018.01.30 20:57:24
コメント(2) | コメントを書く
2018.01.16
テーマ:読書(5660)




艶福家の角さんの一面が良くわかりました。






最終更新日  2018.01.18 21:45:11
コメント(2) | コメントを書く

全452件 (452件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 46 >


© Rakuten Group, Inc.