1542587 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

とんぼ玉工房「MASUMI」ますみのとんぼ玉日記

2012年07月28日
XML

2012.7.28blog1.jpg

こんにちは、彩ますみ(MASUMI)です。下向き矢印
今回も、そもそも明るくない内容の記事なのでご了承ください。下向き矢印


さて、タイトルで
「えっ、まさか!?!?ほえーショック
と思われたのではないでしょうか。

実はつい最近7月24日、今度は父方の祖父が亡くなりました。

この前亡くなったばかりの、わたしのおばーちゃんの旦那さんです。
もちろん、わたしのおじーちゃんです。

ところがおじーちゃんは、病気で入院してたおばーちゃんとは違い、特に病気もなく元気でした。
ついこの前まで本当に普通に...という感じでした。
あまりに突然の、まさに急死で。
みんなびっくりしました。

ただ、最近おじーちゃんと会った従兄によれば、やはり弱ってはいたとのこと。
この暑さですから、物理的に無理もありません。晴れ失敗雫雫

でもね、あまりにも突然すぎます。
生前のおじーちゃんとおばーちゃんはとっても仲良しで。
ず~~っと一緒でした。スマイルダブルハートスマイル
まさにカップルでした。ダブルハート

こういうことはあまり信じてませんが。
おばーちゃんが亡くなって、まだ2か月も経ってません。

信じられないけど...。
「おばーちゃんが、おじーちゃんを呼んでしまって、連れて行ってしまったのかな...」
と、そういう非科学的なものを思わざるを得ません。
それほど突然でした。

まるでおばーちゃんの後を追うように、あっという間。涙ぽろり
今でも信じられず、わたしや周囲が非常に驚いてます。

本当にまさか、こんなに間がないとは思いませんでした。
おばーちゃんがこの前亡くなったばかりなのに...。
おばーちゃんの四十九日が終わって、まだ僅かなのに。涙ぽろり

おじーちゃんは、おばーちゃんより結構年上で、95歳のとっても長生きでした。
老衰もあるだろうけど...。

おじーちゃんは若いころはもちろん戦争中。爆弾爆弾爆弾
なんと、近衛兵だったそうです。
天皇陛下をお守りしたような重要な立場だったのですね。

よく、その頃の勲章を見せてもらって、誇らしげに笑っていました。
若いころのおじーちゃんが軍服を着て、立派な馬に乗馬しているモノクロ写真を見ました。馬きらきら
近衛兵でなければ馬に乗れないそう。

中国出兵後に終戦、生きて、戦後は職人(建具屋さん)になっておばーちゃんと出会って、父、そしてわたしへと繋がっています。
このように直接戦争に出ていたので、とても大変で命がけだったろうと思います。

わたしはガラス工芸とイラスト描きで、やっていることは違いますが。
『モノ創りをする』という、職人だったおじーちゃんの血を強く引いていると思います。

生前もよく、わたしの玉を査定してくれました。
「おっ、また良いモノこしらえて。いい仕事しているねウィンクグッド
と言ってくれました。

ただ、この一年?ぐらいは会ってなかった...。
「ま、今度会えばいいか泣き笑い雫
なんて、先延ばししててこうなっちゃった。
もっと会えばよかったな。涙ぽろり

おばーちゃんと同じように、おじーちゃんにもとんぼ玉を創りました。

ただ男性なので...。
どうしよう、おばーちゃんとお揃いがいいのかな。

と考えて。
緑の勾玉にしたのです。(パンダっ子は相変わらず量産中のモノ)四つ葉音符きらきら

2012.7.28blog2.jpg

勾玉は大和時代・古墳時代の日本で古墳や陵墓等から出土している、皆さまもご存じ、日本で有名なとんぼ玉と言えます。
翡翠製はとんぼ玉と言いません(とんぼ玉というのはガラスであることが絶対条件)が、ガラス製も多いのです。

まさに最も副葬品に適します。

でも...勾玉の腕がまだまだだな~。
勾玉って結構、難しいんだよね。泣き笑い雫

葬儀場も火葬場も、おばーちゃんと全く同じ場所。

なので今回も勾玉を託した、火葬場の係員さん(この前と全く同じお方)に
「この前のとまた違って、きれいな勾玉ですね!スマイルきらきら
と言われたぐらいです。

そんな言葉が出るぐらい、
「あれ、この前こーいうこと、あったばかりじゃなかったっけ!?失敗雫雫
と言う感じでした。

ただ、おじーちゃんの場合は心の準備が出来てなかった…。
というのが、正直なところです。涙ぽろり

と、ここでちょっと具体的すぎ雫雫雫なお話を。(苦手な人はスルーで)下矢印


おじーちゃんの遺骨、おばーちゃんと違って大きく頑丈でガッシリしてて太く。
明らかにハッキリ残っててね。
とても95歳の人のとは思えなかったな。きらきらぐーどくろ
…だから95年も生きたのだろうな。

その骨壺に全部入るかどうか、見てて不安でした。
それに骨壺を持っていた従弟が、重いって言ってたしね。

やっぱりお年寄りでも、男性の骨は女性の骨よりはるかに、屈強で丈夫なのでしょうね。

あのお骨の多さを見て、やはり戦争という死が隣合わせである状況を(しかもその頃、今の自分と同い年ぐらい)生き抜いてきた。
非常に強い男性だったのだろうなと思いました。ぐーきらきら

そういう人が自分のおじーちゃんで嬉しいです。

戒名も非常に立派で、神さまみたいです。
なお、この前のおばーちゃんも、美しい戒名です。

それに、お別れの儀式ではお酒が好きだったおじーちゃんのために、お酒を口に含ませるという。日本酒
おばーちゃんのときにはしなかったこともしました。
葬儀って、亡くなった人への思いやりだなと思いました。涙ぽろり

おじーちゃんに入れてあげた花は、おばーちゃんの時にはなかった花がありました。
ひまわりです。
この季節にふさわしいし、ひまわり、明るかったおじーちゃんにはピッタリだなー。

いつもあの帽子をかぶって、ウチに来てくれたな。
あのお菓子が好きだった。ケーキ
っていうか、その前にお酒が大好きだった...。ビール日本酒きらきら

なんて考えたら、涙が出てきました。涙ぽろり涙ぽろり涙ぽろり


おじーちゃんは今頃、おばーちゃんと会っているかな。
「あら、もう来たの。早すぎ!ほえー?
「お前が呼んだんだろ!ぷー雫
という会話をしているかもしれないね。

おじーちゃんはおばーちゃんが大好きなんだよね。
終戦後、おばーちゃんに一目惚れだったとか聞きました。
おばーちゃんといつまでも仲良くね。涙ぽろりバイバイバイバイ

これからもおじーちゃんから引き継いでいる、頑固な職人気質で、とんぼ玉を創るよ!ぐーきらきら

では気を取り直して次回も、こうご期待!上向き矢印

 

ぽちっと応援宜しくお願い致します。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村







最終更新日  2012年07月28日 23時31分41秒
[ますみの新作とんぼ玉] カテゴリの最新記事


PR

X

プロフィール


masu-tonbodama

お気に入りブログ

ハンドメイドの価格… ちま(^−^)vさん

とんぼ玉修行中♪..… katsuo2005さん
極楽とんぼのとんぼ… ココとんぼさん
★pekochiのぷぷぷ・… pekochi326さん
こはるのぼやきぶろ… こはる31さん

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

 ふつう@ Re: 古い記事だったので迷いましたが 私には、…
 なみだ@ 理由はそれだけではありませんよ。 手で文字が隠れるような持ち方をすると、…
 あすか@ そうなんですね 最近アスペと診断された息子が、似たよう…
 masu-tonbodama@ みーちゃん918さん。(*^_^*) こんばんは。 このブログに、カキコ_〆(゚▽…

フリーページ


© Rakuten Group, Inc.