15270119 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MapleNatural 

PR

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >

子供部屋

2011.09.25
XML
カテゴリ:子供部屋


台風一過の後、過ごしやすい気候になりましたね。

風がカラッと乾いて心地良い^^

少しずつ秋めいてくるこの空気が好きです。




さてさて、本棚のことをもう少し。(これまでの記事はこちら→【1】 【2】



 幅1715mm×高さ2400mm×奥行250mmのタイプ



このマルゲリータという本棚、「壁面を天井まで最大限に有効活用できる」というように、条件が揃っていれば、壁一面の作り付けのように見えるといったところが素晴らしい本棚。



ただし、作り付けとは決定的に違うことが・・。




IMG_3156_1.JPG



それが巾木(はばき)の部分。



作り付けだったら、ここがきちんと処理されて、ぴったり壁にくっついていますよね。


巾木のサイズだってそれぞれだから、これを考慮するのはやっぱり既製品では無理な話ですが、ここが違うところかな。





それと、もうひとつ。


IMG_3133_1.JPG



側面のネジがばっちり見えちゃってるところ、気になるでしょうか?



私自身はそんなに気にならないタイプですが、きっと気になる方もいらっしゃいますよね。


目立たないように薄いキャップを付けるとか、自分で工夫しても良いかもしれません。









あと、これは希望なのですが、固定する金具が付属してたら良かったなって思います。


先の震災のこともありますし、万一この本棚が倒れたら大変なこと。


でも、金具は付属していないので自分で購入しないといけません。


これ、意外と手間なんですよね~(>_<)金具やネジのサイズを考えて購入したり、色が合わなければ白く塗ったり・・。


別売りでも良いので、この本棚に適した固定金具のセットがあればなぁって思いました。


(ちなみに、我が家はL字金具で固定しました☆)



気になるところはそんなところかな。





IMG_3290_2.JPG



とは言っても、この本棚、総合的には本当に満足しています^^


長いこと探しただけあって、理想的な本棚に出会うことが出来ました。




  



子供部屋、こちら側の画も久しぶりかな?

でも、本棚以外はなーんにも変わっていませーん☆




本棚編、長々とお付き合いいただいてありがとうございました!


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村 ←前回の記事にはたくさんのクリックをありがとうございました☆







Last updated  2011.09.25 15:45:08


2011.09.21
カテゴリ:子供部屋

前回の続きです。


子供部屋に設置した新しい本棚。


本を入れたら、


IMG_3185_2.JPG


こんな感じになりました。

まだまだ余裕~。6割収納くらいかな?



下のほうには主に子供の絵本。

上のほうに漫画とか、雑誌とか。


とりあえず適当に入れただけなので、センスも何もないですが^^;この先使いやすいようにちょっとずつ変わっていくんじゃないかな、って思います。





IMG_3221_2.JPG



収納に余裕が出来たので、本の出し入れもしやすくなりました。


「どれにしようかな~♪」


と、ここで選んで・・





IMG_3198_1.JPG


こっちでゴロゴロ好きなだけ本を読むのが娘の日課。


兄はすぐ遊びに行っちゃうけど、妹は外遊びより本が好き・・な、うちの兄妹。






久しぶりの登場ですが、クローゼットをちょっと改造したくつろぎスペースはもちろんまだまだ健在。



これまでは、クローゼットの中、向かいの3段の棚(ドラえもんとか置いてある所)に絵本を並べていましたが、ここ、下地がないところにアンカーを入れて取り付けたので、ちょっと強度に心配があったのです。


絵本も数が増えると重いので、棚がいつか壊れるんじゃないかって気になっていました。


なので、今回こちらに大きな本棚を設置出来てひと安心。





さてさて、この本棚、もう少し書きたいことがあるのでまた続かせてくださいね。

次回は、少し細かいところをご紹介しま~す。



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村 ←よろしくお願いします☆



台風の影響で、今日は学校も幼稚園もお休みでした。皆さまのお住まいの地域は台風の被害、大丈夫でしょうか?

大きな被害がありませんように・・。







Last updated  2011.09.21 20:08:13
2011.09.19
カテゴリ:子供部屋

家を購入する前から、マイホームを手にすることが出来た時には、大きな本棚が欲しいと思っていました。


壁一面の作り付けの本棚に、雑然と・・なのに不思議とセンス良く本が並ぶ光景、そんなのを理想としていました。



建売住宅を購入し、入居してからはさらにその思いが募っていって、作り付けは無理でも、とにかく大きな本棚が欲しかった。


子供の絵本も、大人のちょっと難しい本も、若かりし頃に集めた漫画も・・ぜーんぶまとめて収められるような、そんな本棚をずっと探していました。



そうこだわりがあったわけじゃなく、ただシンプルな箱が欲しかっただけなんだけど、これがなかなか見つからず、早3年・・。



もう、諦めかけた頃、出会いは突然訪れました。




それが、マルゲリータというお店の本棚。

 ←直営サイトで知ったのですが、楽天にもありました。




これ、組み立て式なので、届いた日に息子とふたりがかりで(たまに娘も邪魔しに・・。)約1時間かけて仕上げました。

夫が不在の時だったので、待ち切れず、息子を動員^^;(←せっかち)


IMG_2986_1_1.JPG



でも、組み立て方はすごく単純で、夫の手を借りずともスムーズに(最後ちょっと手間取ったけど)出来ました!



それにしても、寝かせて組み立てた棚を起こすところなんて、重たかったので息子には無理かなぁ・・って思ったけれど、しっかり役目を果たしてくれました。たくましくなったなぁ~(しみじみ。)





そうして出来上がった本棚がこちら。



IMG_3112_2.JPG


背板のないオープンスタイルの棚なので、これだけの大きさがありながらも空間に圧迫感を与えない、スッキリとした感じが理想どおり。


幅1800mm×高さ2400mm×奥行250mm。素材にはシナ合板を使っています。



設置した場所は子供部屋。


将来仕切ることが出来る部屋ですが、こちら側の一部をワークスペースのようにしたいので、ここに本棚を置きたいと思っていました。




これ、標準的な2400mmの天井高に合わせたら、壁一面の収納になるように設計されているそうです。


IMG_3141_2.JPG



家は勾配天井になっているので高さは合いませんが、それでも十分満足。

既製品でこれだけ高さのある本棚って、私が探した限り、なかなかありませんでした(>_<)


サイズも数種類あり、選択肢の幅が広いことも嬉しいところでした。





さてさて、長くなったので、使っている様子は次回に続きます。

また見にいらしてくださいね☆




にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村 ←励みになっています。いつもありがとうございます^^







Last updated  2011.09.19 18:34:40
2010.06.06
カテゴリ:子供部屋

4月に息子が小学生になったので、

「学習机は買いましたか?何か子供部屋で変わったことはありますか?」

というご質問をしばしばいただきます。



それが・・


IMG_8151_1.JPG


何も変わっていないのです(笑)



というのも、私も1年前の今頃から、


子供部屋どうしようかな・・。宿題どこでさせようかな・・。教科書しまう棚買わなきゃな。


と、入学直前になって慌てないようにずっと考えていました。


雑誌で小学生の子供部屋の特集があると目を皿のようにして読んだり、実際に小学生ママに話を聞いたり、私なりにイメージは膨らませていました。


勉強をリビングやダイニングでするのが良い・・というのが最近は一般的な話で、そこは迷うところはなかったのですが、専用のスペースがあったほうが良いらしいと聞くと、我が家のリビングに合うデスクはないかな、と探すこともありました。



早めに考え始めたので焦ることはありませんでしたが、でも、妄想ばかり先走るものの(笑)なかなかこれだという物も見つからないし、どういうスタイルが良いのか答えは出ませんでした。


IMG_8196_1.JPG



でも、ある時、「低学年の学習教材は本当に少ないよ」と・・具体的にどれくらいなのか聞いたら、1年生は社会と理科がひとつになって「生活」という教科になるから教材はその分少ない。


プリントで学習も多いから、ドリルなどはしばらくないし、時間割表を見て揃えるまでもなく、毎日一式ランドセルに入れっぱなしもアリ。



という話を聞いて、そんなに教材が少ないなら今からあれこれ用意する必要ってないんじゃない?ということに気がつきました。



しばらくは家にあるものを使って、それで事足りなくなった時にはその時に考えようと思ったんです。



というわけで、相変わらずランドセルはダイニングのイスにかけて、教材はかごの中。


IMG_8161_1.JPG


学校の教材以外の物も入っているので、この日に家に残っている教科書は2冊くらいかな。

家に帰ってきても、すぐ(・・だといいんですけど、実際はダラダラと^^;)翌日の時間割をセットしてランドセルの中にしまうのでカゴの中は常にスカスカ。


この様子を毎日見ていて、やっぱりわざわざ教科書を入れる棚など用意しなくて良かった・・と思います^^



  



ちなみに、ピアニカや週末に持ち帰るシューズ、これからの季節ではプールセットなどは、ここに。


IMG_8204_1.JPG


リビング続きの押入れの一段目は子供の洋服などを収納していますが、その衣装ケースの横に少しスペースをとっています。


衣装ケースに粘着式のフックを取り付けて掛けられる様に。ピアニカなどはそのまま下に置いて。


というように、2階に上がらずとも1階ですべて事足りています。

だから、未だに子供部屋に変化がないのです。




以前、↑の事を書いたときに、ランドセルがダイニングにあると、飲み物をこぼしてかかるかもしれないよ。教科書は背表紙が見えるように立ててしまった方がいいよ。など、お気遣いのメッセージをいただいた事がありました。(その節はありがとうございました^^御返事先の記載がなかったので、こちらから・・)



そうですよね^^同じように思われる方もきっといらっしゃると思います。



今後、教材が増えてきたら、きっとこのままのカゴ収納というわけにはいかないでしょうし、押入れの方も6年間このまま・・ということはないと思います。


でも、今は何の不便もなくて。この先荷物が増えて、このままでは使いにくくなってきたね・・という時が来たらまた改めて考えようと思っています。





IMG_8163_1.JPG


どれが正解、という答えは決してないし、子供を思って一緒に考えることってとても大事なことですよね。

それぞれの家庭にそれぞれのスタイルがあるし、優先するところも人によって違うはず。


そんな中で、子供の性格やその時々で変化する生活スタイルにあった方法を見つけて、柔軟に対応していけたらいいんじゃないかな、と思います。


来年、お子さんが小学校入学を控えている方に少しでも参考になればと・・いろいろと考えられている方が多いようなので、我が家の場合を少し詳しく書いてみました。



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村 なかなか更新頻度があがらずごめんなさい。いつもたくさんのクリックをいただいて嬉しく思っています☆







Last updated  2010.06.06 13:58:59
2010.01.06
カテゴリ:子供部屋


さて、前回の続きです^^


エッフェル塔がベッドにさえぎられて数日、どうしたものかと考えて、

IMG_3003_1.JPG

↑これ。




結局・・


IMG_4215_1.JPG


子供部屋からベッドを撤去しました。


この場所からベッドをなくしたらまぁ何て広いこと!(←私基準)


めでたくエッフェル塔の前にはもう何もさえぎる物はなくなりました。



ちょっと殺風景な気もするけど、逆にエッフェル塔が引き立つかな?





この辺りは特に何も置かずに子供が自由に遊べるように。


IMG_4276_1.JPG

作りかけの線路も、そのまま出しっぱなしでも大丈夫。(でも片付けてね♪)







こちらは反対から見た画。

IMG_4230_1.JPG

森の小部屋(旧クローゼット)のグリーンと、ラグのピンクの相性が良いと思ったので、テーブルセットはこの場所のままで。




今までは、遊ぶ&寝る為の子供部屋でしたが、今回の模様替えで遊ぶ為だけの子供部屋になりました。




こんな風にベッドを撤去することにしましたが、実は、直前まで、ベッドはそのままでエッフェル塔移植案が濃厚でした。


大変そうだけど、別の場所に貼りなおしてみよう!と、決意したのは良いけれど、しっくりくる新たな貼り替え場所がなかったのです。

  やったことないけど多分貼り替え出来るはず。


森の小部屋の隣(イーゼルが置いてある辺り)だと、柄×エッフェル塔でちょっとうるさい感じになってしまう・・。

ままごとキッチンなどを置いた壁だとバランスが悪い・・。


あっちを立てればこっちが立たず、と、まさに家作りのような(家作りしてないけど・笑)難問で、結局今の場所が一番最適だという結論に至ったのでした。


IMG_4245_1.JPG





さて。

ではベッドはどこに行ったのか・・。


もう、あそこしかありませんが(ずっと読んで頂いている方には分かるかな?)、長くなったのでベッドの行き先は次回に書きますね。


また「続く・・」になってしまってごめんなさい(++)


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村    よろしければまた見にいらしてください^^







Last updated  2010.01.06 17:04:53
2010.01.04
カテゴリ:子供部屋

子供部屋を模様替えしてみましたりぼん

IMG_2993_1.JPG






以前の子供部屋はこんなふう↓

無題_1.jpg

(当時上下を間違えて書いてしまったので、見にくいですが、上が南側です)



部屋のど真ん中にあったベッドを左の壁に寄せ、右側におもちゃや遊具をまとめてみました。

今度のレイアウトは部屋の左にベッド、右の方を遊びスペースに。



IMG_2989_1.JPG


ベッドは、サイドの壁が近くなったことで、なんとなく落ち着く空間に。
部屋の真ん中にでーんと置いた時より、壁に挟まれているほうが、なんだか心地が良くなったという新たな発見がありました。


滑り台はただの遊具ではなく、娘がベッドに自由に上り下り出来るようにここに置いてあります。(これがないと自分で上れません)



IMG_3007_1.JPG

遊びスペースのままごとキッチンやこまごまとしたおもちゃの収納はこちらの壁に寄せて。


IMG_3016_1.JPG


壁に貼ったIKEAの布の残りがあったので、ごちゃごちゃしたボックスの目隠しにかけました。


 





このレイアウトにしたことによって、それぞれの空間にまとまりが出来たこと、寝るスペースと遊ぶスペースをきっちり区別できたこと、遊びやすくなったこと、などメリットがたくさんありました。




が、


お気づきでしょうか?


この、


愛すべきエッフェル塔が・・

IMG_3003_1.JPG


ベッドにさえぎられてしまうことを。


 




せっかくのエッフェル塔が残念な感じに・・(笑)

ベッドはこれ以上端にずらせない。やっぱり前の位置にもどそうか、とか。

覚悟を決めてエッフェル塔を移植しようか、とか。


思考を停止させて放置することもありつつ、散々悩んで早1ヶ月半ほどが過ぎました。



というわけで、考えに考えた結末は・・。

長くなったので続きは次回に書きますね☆


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村 ←クリックで応援していただけると嬉しいです☆









Last updated  2010.01.04 02:04:36
2009.12.10
カテゴリ:子供部屋
子供部屋の本棚の収納をマイナーチェンジ。

IMG_3012_1.JPG


本棚を作った時以来アップしていなかった気がしますが、今はこんな風になっています。


レゴのバケツを入れたら丁度良かったのでここが定位置に。



本が1段に偏ると、結構重たくなるので、強度を考えて2段に分けました。


ここは下地が入っていなくて、棚を取り付けの際アンカーでビスを入れたのですが、重たい本を入れてもしっかり支えてくれています。(とはいえ油断は禁物なので2段に分けて)



IMG_3510_1.JPG

絵本のブックエンドはダイソー産105円。リンゴの木♪






IKEAの缶には細々とした物を入れています。

IMG_3511_1.JPG

どんぐり、チョーク、パズルなど。




一番上の段は、ギャラリーに(笑)

IMG_3506_1.JPG


ここは子供が作った物を置く場所。

このスペースに置けるだけは出しっぱなしOKです。

でも、それ以上は片付けるルール。



こんな感じでこの棚を使っています。



2階に子供部屋があると、子供が小さい内はあまり使わないと良く聞きますが、家は普通に使っています。


洗濯物を干す時に2階へ来たら娘はここで勝手に遊んでいるし、そのまま2階の掃除機をかけたり、片付けたり、私が一連の2階の家事をしている間、娘は子供部屋で遊びます。


もちろん私についてきてウロウロもしますが、気づいたら勝手に本を見ていたり、レゴで遊んでいたり。


2階の片づけが終わっても、そのまま一緒にこの部屋で絵本を読みながらごろごろしたり、第2のリビング的な感じかもしれません。



そんな子供部屋も、来年の息子の入学にあわせ、ちょっとずつ配置換えなどをしています。


子供部屋をどうするか、ただいま模索中です四つ葉



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村 更新出来なかった間もたくさんのご訪問、応援クリックに感謝です花








Last updated  2009.12.10 15:29:43
2009.08.26
カテゴリ:子供部屋
前回、ままごと道具の収納に野菜ストッカーを置きました。


そして、もともとそこにあったコンポニビリは移動しました。




そのコンポニビリの行方とは・・






IMG_0767_1.JPG

ベッドサイドに置きました。





家のベッドはシングルサイズを2台並べて、わずかにはみ出ていますが、ベランダへ続く窓と窓の間に収まっています。



無題_1.jpg



いつぞやの画。


だからベッドの横に物を置くと窓からベランダへの出入りがしにくくなるというのが難点。

まぁ、向かって右側の窓はあまり出入りしないのでこっちに置いてみました。




以前から、エアコンのリモコンを置いたり、携帯を置いたり、というのでベッド横に何か置き場所があるといいなぁとは思っていました。


で、今回コンポニビリが空いたので、丁度良い♪





中身は・・



IMG_0761_1.JPG

上段・・寝るときに携帯やめがね。子供の保湿剤。

中段・・おむつ。

下段・・どこでもベープ。


そんなに入れるものがないのでガラガラです。

でもちょっとした物をしまうには丁度良い収納です。




難点は、天板にキズが付き易いです。

そして、これ画像では全然分かりませんが上と裏側がかなり日焼けしています。

前の家でも窓際に置いていたので気づいたら黄色っぽくなってしまいましたが、この度、また窓際に置いたことでさらなる日焼けが進む予感。

日焼けしたら美しさも半減です(T▽T)お使いの方はお気をつけくださいませ。




IMG_0760_1.JPG


どこに置いてもサマになるコンポニビリ。シンプルいてこの存在感。ロングセラーにも納得ですよね。



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ ←いつも応援ありがとうございます♪


 









Last updated  2009.08.27 00:14:49
2009.08.25
カテゴリ:子供部屋
子供部屋のおもちゃの収納を見直しました。


101_8279_1.JPG

(矢印がいっぱいありますが、これは子供部屋はIKEAばっかりっていう記事の時の画像より^^;)


子供のおもちゃは細かく分別して収納すると片づけが複雑で面倒になるため、大きい箱にポンポンいれる収納が良いと思ってここでは実践してきました。


ちょっと見難いですが、ままごとキッチンの下が収納になっていて、その箱にキッチン関連は一通り放り込んでいました。



それが、一緒くたに入っているものだから当然出す時は探しにくく、使いにくい。
下の方にホコリがたまっても掃除をしにくい。

という不便さにようやく気づく私。



ということはもしかしてこのスペースも分別した方が使いやすいのかな?と思いました。



そういうわけで・・

IMG_0322_1.JPG


 コンポニビリを引き出しにチェンジ。

IMG_0336_1.JPG


これ、そういえば旧居から引き継いだ物。今の家には使い道がなく、納戸に放置してありました。


 野菜ストッカー


それが今回納戸の整理の時に邪魔ってことでここに移動したのでした。使い道があってよかった!



さて、中身は。

IMG_0335_1.JPG

タッパー、調理器具、食材、お金。

ままごとキッチンといえどもしっかり分別。



これによって、必要なものをいちいち箱をひっくり返して探すこともなく、引き出しを開けると目当ての物が一目瞭然。

子供にとっても使いやすいものとなりました。




子供に分別なんてムリだから全部ひとまとめに。って思ってたのに、ここの収納の場合それが良いわけではないことを発見。

おもちゃの収納って子供の性格にも合わせて対応しなくてはなりませんが、どの方法が良いかは千差万別ですよね。

収納ってほんとに決まりがないなぁとおもいました。



IMG_0328_1.JPG


当然、こんな小さい子は一緒に片付けないといけませんが、小さいうちから分別の意識を自然に身に付けられたらいいなぁと思います。


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ ←いつも応援クリックありがとうございます☆



8








Last updated  2009.08.25 10:34:30
2009.07.14
カテゴリ:子供部屋
昨日に続き、子供部屋にプラスしたものは・・


101_8263_1.JPG


すべり台でした花


娘は台がないとベッドへ自分で上り下りできないので、ベッドから滑り台が続いていたらおもしろいなぁと思っていました。


組み立ても簡単☆

101_8257_1_1.JPG


今回はトラブルなしで私一人で25分くらいで完成。




早速ベッド横に配置すると・・


101_8271_1.JPG


高さもバッチリさくら






101_8270_1.JPG


すべり心地もバッチリさくら



IKEAのショールームで見たより、家に置くとすごく大きく感じます。
がっちりした見た目の印象どおり、これ自体適度な重みとしっかりした作りで、何よりシンプルなデザインが好き黄ハート




滑り台をプラスし、子供部屋、これでだいぶやりつくした感があります。




いつのまにかIKEAだらけになり、




101_8279_1.JPG

あっちもIKEA。




101_8283_1.JPG

こっちもIKEA。



でも、かわいくてお値打ちなIKEA商品は子供部屋にはとても取り入れやすいです。


子供いわく、

「ブランコも滑り台もあってボクの家は公園みたいだね~☆」 と。



 36750円    ←かわいいけどイケアと比べてお値段倍以上( ̄□ ̄;)




ちょっと何でもお膳立てしすぎちゃった感がありますが、子供の為と言うより、むしろ自分がやりたくてやっています。


子供部屋をいじれるのなんてあとほんの数年。


長男がもう少し大きくなれば、アレコレ口出したり、片付けたりなんてことも出来なくなるわけですから子供が小さい今のうちだけでも楽しみたいなぁと思っています。



リビングなどよりインテリアに制限がない子供部屋は、

「ああしたい。こうしたい。」

というのがどんどん浮かんできて、それを実行するのがとても楽しくもありました。


そして実は私にとっても居心地の良い空間だったりします。
・・子供部屋ニ入リ浸ッテモイイデスカ?(。-∀-)


101_8264_1.JPG



来年は長男が小学校入学なのでまた少し変わってくるかと思いますが、それを機に私もインテリアにでしゃばらないようにしなくてはいけませんね(笑)


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ ←いつも応援ありがとうございます☆






Last updated  2009.07.14 14:47:36
このブログでよく読まれている記事

全25件 (25件中 1-10件目)

1 2 3 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.