15270117 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MapleNatural 

PR

全7件 (7件中 1-7件目)

1

納戸

2009.08.19
XML
カテゴリ:納戸
さて、長らくお付き合いいただいた納戸編ももうすぐ終わりです。

前回までの納戸シリーズはこちら↓

納戸改造納戸の本棚白い本白い机裁縫道具の収納ボックス収納説明書の収納


今日は、以前納戸に置かれていた荷物はどうなったか、です。



まずこの写真。


img7b87bd3dzik5zj.jpg

コタツはもう使わないと思いつつ、もう少し様子見ということで1階押入れの無印の収納ケースの後ろ(押入れ収納の記事、雛人形の台と同じ並びの隙間)に脚を外して収納しました。




imgd6172a41zik9zj.jpg


照明3つは、貰い手があったのでオヨメに行きました。

収納ボックスは中身を見直すことで6個→3個へ減らしました。




実は、この納戸シリーズを書き始めた頃は、まだ収納ボックスとダンボールがこの手前の空いたスペースに置いてありました。

IMG_0351_1.JPG



大きな物だけにしまう場所も見つからず、「ここまでか・・」と思ったんだけど、ありました!



ダンボールの移動先は次回として、今日は収納ボックスの移動先を。



そういえばここを紹介するのは初めてだけど、納戸の向かいに細長い収納スペースがひとつあります。

IMG_0600_1.JPG


ここへボックスが収まりました!







このボックスはフタ式なので、積んでしまうと下の物を出したい時に上をどかさないといけないのが不便なところ。
だけど、この辺滅多に出さない物なのでまあOK。(おまるとか、用途不明なコードとか入ってます・・)



こんなふうに収納ボックスも丸ごとしまうことが出来ました。



ではでは、一番厄介なダンボールはどうしたかというのはまた次回にしますね。

またダンボールの行方について見にいらしてくださいませ。


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ ←とても励みになっています^^ いつもありがとうございます☆






Last updated  2009.08.19 23:03:28


2009.08.14
カテゴリ:納戸
前回までの納戸シリーズはこちら→納戸改造納戸の本棚白い本白い机裁縫道具の収納



前々回、裁縫道具の収納でボックスを利用しましたが、今日はその他のボックスの中身について。


この2段目に裁縫道具をそれぞれざっくりと分け収納しました。

IMG_0538_1.JPG



他のところはこんな風でした。


IMG_0543_1.JPG


まだ空のところもあります。

「カメラ印刷」なんてありますが、デジカメプリント滅多にしないです。今はネット注文の方が安いし、断然キレイ(家のプリンターの場合)。最近では、靴の整理の時に使ったくらいかな・・。




そして、こちらの棚のボックスの中身も。


IMG_0539_1.JPG




上の段。

IMG_0550_1.JPG


「ビス・部品」というのは、固定金具や、ダボなど、家具や照明、はたまたもっと細かいものの付属品や余った部品などを入れています。

家中集めたらこんなにたくさんありました。

こういう小さいものってゴチャゴチャしがちな典型だと思うのですが、ひとまとめにして収納場所を明確にすれば必要なときにも見つけやすいです。


それでもこの量ですからね。箱の容量に合わせて時期を見て処分することも必要だと思っています。





真ん中の段。

IMG_0551_1.JPG


「レターセット」は買い物をした時に同封された納品書の封筒など、再利用出来そうな物も一緒にポイポイ入れています。





ボックスの中身はこんな風ですが、こうして見ていただくと分かるよう、家の収納って・・



ざっくりでしょう?(笑)



見た目それなりにできれば、中は多少ゴチャゴチャしていてもOKというのがマイポリシー。



でも、気をつけていることは、細かく仕分けすること。



この箱ひとつを探せば必ず見つかる。(見つからないならそれは存在しない)という気持ちのもと区分しています。


「あっちだったかな。いや、こっちかも?」って思うような分け方をしないというところだけ気をつけています。



そうすれば、ざっくりでも案外とあっさり目当ての物が見つかるものです。





そして、その箱の中身を分かりやすくと言うことで、

IMG_0542_1.JPG


前回記事にしたピータッチで名札貼りも完了しました。


今まではえんぴつで仮書きしておいたので見難く、これでやっと使いやすくなりました♪




さて。ここの収納、文房具など配置してありますが、私としては、もはやここは個室です。


収納がきっちりしているから使いやすいのですよね。

何かを作る時は大抵この部屋を利用します。


PCを置きたいくらいですが、無線LANにしないといけないのが面倒で、それは多分まだ先の話。(というより、早くノートPCに替えたい)



IMG_0345_2.JPG


今日は、白いボックスの中身についてでした☆


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ ←いつもクリック感謝です☆ありがとう!






Last updated  2009.08.14 23:27:59
2009.08.11
カテゴリ:納戸
昨日は、気軽にミシンが出来る机について書きましたが、では、裁縫道具はどこへ?


納戸シリーズはこちら→納戸改造納戸の本棚白い本白い机



というわけで、ココです。

IMG_0510_1.JPG


机のすぐ後ろの白いボックス2段目へまとめてみました。


このボックスもIKEA。

サイズがこの棚に合っているので効率よく収納出来る所が気に入って揃えました。


KASSETTという、CDボックスとDVDボックスの2サイズ+下のはマガジンファイルを組み合わせました。



中身はこんな風に、


IMG_0511_1.JPG


大まかに分けて入れただけ。



見た目は色やサイズを統一してスッキリ。
でも中身は大雑把でもOKというのが私のスタイル(どんなスタイルや・・)なので、こんな風にしてみました。


でも、やっぱり裁縫箱の方がいいかな?裁縫箱でも上手く空間になじませることができれば取り入れたいです。

 倉敷意匠のソーイングボックスなんていいな☆






IMG_0516_1.JPG

こんな風に、作業途中でもイスに座ったまま後ろを向けば、必要なものにも手が届きます。





そして、イスは別室で使っていたアリンコチェアを置いてみました。


IMG_0525_1.JPG



白っぽい部屋ですが、梁や床の色と合っていて違和感ないかな。

このまま採用です☆





←家のはビーチナチュラル    ←白は高いのです。





こんな感じで裁縫スペース周りも動線確保でなかなかすっきり納まりました。



そろそろ納戸も飽きてきましたよね。明日はちょっと違う話を挟みます。

よろしければまた見にいらしてくださいネ^^


にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ 
↑皆様お盆休みではございませんか?お休み中にもお越しいただきありがとうございます☆






Last updated  2009.08.11 11:06:57
2009.08.10
カテゴリ:納戸
さて。引き続き納戸編。

これまでのお話はこちら→納戸改造納戸の本棚白い本



今日は画像手前の白い机について。


IMG_0345_2.JPG


これもIKEAです。


この机、脚と天板が別売りで、いくつかのデザインやサイズ、素材、色の中から組み合わせて使えるVIKAのコンビネーションシステムというもの。


101_8295_1.JPG


それぞれのパーツを購入して、組み立てます。



この納戸改造を考えた時、この部屋の使用目的は、納戸としての「細々としたものの収納」はもちろんだけど、それと同じくらい重視したことは、「気軽に裁縫が出来ること。」





そう!この机の片方の足にあたる棚に配置したのはミシンとアイロン。


IMG_0424_1.JPG


アイロンカバーが激しく日焼けしておりますがこれを白くもどす方法があったら教えてください(T▽T)



今までは1階和室の押入れにミシンを置いていました。そしてその近くに布や裁縫道具をしまっていたのだけど、これをダイニングテーブルに持ってくるだけでもなんとなく面倒・・。



もともと裁縫は苦手なので積極的には出来ないのです。

そんな私だから出し入れが面倒なようではミシン上達への道は遠い。




ならば、スッと出せて、スッと使えて、スッとしまえる場所を作ったらいいんじゃない?
あわよくば出しっぱなしでも。と思ったのが納戸改造への大きなきっかけでした。




そうして、さすがのIKEA!希望通りの組み合わせデスクは、家のミシンやアイロンもぴったり納まったのです。



IMG_0421_1.JPG



天板のサイズは120cm×60cm。



これくらいの大きさならミシンもやりやすいかなと思ったけど、やっぱりもうひとつ大きい150cm×75cmのほうにしたら良かったかも、とちょっと後悔。


天板を150cmにしたら、反対側もこの収納棚を脚に出来たと思うのです。そうしたらもっと収納力UPですよね。




それでも、ミシンや裁縫道具など一式この部屋にまとめ、使いやすさ抜群。もちろんコンセントもすぐ横にあります☆


これで、ミシンが上手なること間違いなし。←そんなわけはない。



そして、この机の配置も正面壁付けにしなかったのは、裁縫をするときに子供と向かい合っておしゃべりしたり、一緒に作る過程を楽しんだり出来たらいいなという思いから。


IMG_0341_1.JPG


この机を置くことで、ただの収納だけの部屋ではなく、ストーリーのある部屋をイメージすることが出来ました。

苦手な裁縫もちょっと楽しくなりそうな予感(笑)



そういえば、イスがまだないのは単に段取りが悪いだけです^^;
子供部屋にあるアリンコチェアを持ってこようかな。ただ白じゃないからまだ考え中です。これもまたそのうちに・・。



というわけで、今日は白い机のお話でした。
また次回も見にいらしてくださいね☆


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ お手数ですが応援ポチッとしていただけると嬉しいです☆






Last updated  2009.08.10 01:40:29
2009.08.08
カテゴリ:納戸
今日は、この納戸の本棚の一番左側、白い本について。

IMG_0345_2.JPG



本というか、ここに並べたのは漫画ばっかりですお化け


当初、これらは普通に並べるつもりでした。

でも、全部を白基調にしたために、どうもこの色とりどりが浮いてしまい・・



IMG_0200_1.JPG


気になる・・。

ここも白く出来ないかな。




 ・・・ひらめき



そこで、背表紙真っ白作戦。



こんな風に、厚すぎない画用紙で、背表紙プラス2cmくらいの白い帯を作って・・


IMG_0206_2.JPG


カバーにくるっと巻いて固定。

IMG_0415_1_1.JPG


それに透明ブックカバーをつければ白い帯がビロビロすることなく収まります。


 

使ったのはコレ↑
100均も探したんだけどセリアやダイソーにはこういうタイプのがなく、楽天で発見。しかも安い。


 ←愛読書。ミッチーが好き♪





IMG_0418_1.JPG


こうして、面倒な作業をひとつひとつ進め、(←ヒマ人)一見、白い本が完成したのです。



背表紙が全部一緒なので、パッと目当ての本を取る事が出来ませんが、大体の位置は分かります。

でも、これくらいの量ならいいですが、たくさんあったら無理でしょうね。



あと、漫画はまだいいけど普通の本にはしたくないかも。やっぱり背表紙は見えてないと。←オマイが言うな。



本当は計画時点では、この部屋を本部屋にしたかったのに、うまく大き目の本棚を配置出来なかったっていうのと、テーマカラーを白にして突っ走ってしまったが為にヤメ。



だから、前から言ってた本部屋計画が出来ませんでした。




IMG_0406_1.JPG


でも、スッキリしたでしょう?


夫に


「またくだらないことに時間を使って・・」


って言われるかと思いましたが、意外にもめずらしく褒めてもらいました。


半分呆れられていたような気がしなくもないですが、(そんなのはスルー)


「こんな面倒なこと良く出来るね・・」と。


あれ?褒められていない?(笑)




でも、透明ブックカバーをつけることで子供たちも本を大事に扱うように思ってくれたらいいなぁと思います☆


IMG_0346_1.JPG


そういうわけで、「ここまでやる?」と自分に突っ込みを入れながら、背表紙真っ白作戦は成功(?)したのでした。


次回もまだまだ納戸編です。よろしければ見にいらしてくださいね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ←白へのあくなき追求の気合にクリックいただけると喜びます☆







Last updated  2009.08.08 02:45:21
2009.08.06
カテゴリ:納戸
さて。前回より引き続き、納戸改造計画。



IMG_0341_1.JPG


まず一番頭を悩ませたのが本棚の配置。


IKEAのHPで本棚のサイズと、納戸のサイズを見比べ行ったり来たり、あれこれシュミレーション。



IKEAや無印の収納に共通するのは、同じシリーズでサイズが複数あるから組み合わせして配置しやすい、というところが私にとって取り入れやすい所以。



そしていろんな組み合わせができるからこそ選択肢も広がり、結果、このような配置になったのでした。





IMG_0345_2.JPG



見よ!このサイズ!家の壁に本棚がぴったりでしょう♪











・・って、いくら考えに考え抜いたと言えどもそんなピッタリのわけはなく。








そう!


壁の幅に合わせて切ったんです、本棚を。




ワタシ的IKEAの家具は、家具というよりDIYキット。(←失礼?いや、私にとっては褒め言葉)

家具を切るのは勇気いるけど、DIYキットならアレンジききます。





IMG_0044_1.JPG


そういうわけで、この隙間のサイズに合わせて、床と平行になる板を切るはさみ

もちろん夫が。(笑)





IMG_0065_1.JPG


板を切るだけでなく、それぞれの板にダボ穴などを新たに開けたり、特に手前の丸穴、これ相当面倒だったらしいです。





しかも。この1mmも隙間のないサイズ感。

IMG_0392_1_1.JPG



実は、一度失敗して入らなかったのです、どんなにがんばっても。
どこでどう間違ったのか、その差3mm。


あの時の夫のがっくり感と言ったら・・チーン。ヽ[・ω・`●]ヨシヨシ




そういうわけで、もう一度ばらし、mm単位の調整を行い、寸分違わず本棚が完成したのでした。

オーダー家具みたいでしょう?←そんなわけはない。



IMG_0348_1.JPG


こうして一筋縄ではいかなかった、本棚アレンジ。この本棚活用法についてはまた次回。

宜しくお付き合いくださいませ。



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  ←失敗してもめげない夫のガッツにポチッとしていただけると喜びます黄ハート






Last updated  2009.08.06 11:07:52
2009.08.05
カテゴリ:納戸
家の納戸、引っ越してきた時からここを納戸として使おうとは思っていませんでした。


2~3畳なら良かったのだけど、天井が低くとも6畳もあるとひとつの部屋みたいなイメージで、なんとなく

「収納場所」

という気にならないのです。



それでも、引越しから数ヶ月はダンボールや不用品に占領され、一時は奥に進むのが困難なまでになった納戸でしたが、一念発起して片付けたのがこの写真↓

img18f5fd08zikfzj.jpg  




そして今、さらに変化を遂げ・・








IMG_0341_1.JPG



もはや納戸とは呼ばせない(笑)



改めて写真で見ると同じ部屋とは思えないなぁ。

さらに以前のデジカメでは全体像が撮れなかったので、デジイチ効果でよりよく見える?

 Canon EOS kiss X3







そして、もしかして、もしかして、覚えていてくださった方はいらっしゃるでしょうか。

IKEA遠征の記事でちょろっと


「目的はBILLYという本棚黄ハート

と書いたのを。


そう、そのときからこの納戸改造計画は始まっていたのです。




そういうわけで、今週のブログは納戸強化週間です。よろしくお付き合いくださいませ♪

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ








Last updated  2009.08.05 00:16:09
このブログでよく読まれている記事

全7件 (7件中 1-7件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.