15270069 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

MapleNatural 

PR

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

北欧のかご、オーナメント

2010.12.27
XML

クリスマスの少し前、スウェーデンから白樺のかごが届きました。


IMG_3464_1.JPG


ずっと欲しかった大き目サイズの白樺のかご。


小さなかごは、完成度はともかくなんとか自分でも作れるけれど、大きいのは無理・・とパンかごで思い知った私。(→




以前から良い出会いがあれば・・と思っていたのですが、私の行動範囲では大きめ白樺かごに出会うことは皆無。



ネットで探せばいろいろあるけれど、白樺のかごって、編み手によってその完成度が全然違う!


出来ればきゅっとしまったきれいな編み目に歪みのない形、これだ!って言う一品に出会いたい。



そういうわけで、今までご縁がなかったわけですが、尊敬する、Brorさんのブログでいつも拝見する白樺細工はどれもとっても美しい仕上がり。


そうそう、こんなの欲しいのよ。

でも、多忙な先生だから、オーダーなんて無理だよなぁなんて思いつつ、




図々しくも、ある時、思い切ってオーダーが可能か聞いてみたら・・


快くOKのお返事が!(うれしい!)




ということで、ほのかにスウェーデンの香り(?)をのせて、やってきました!



IMG_3459_1.JPG


ずっしりとした重みに、整った編み目、しっかりとした作りの白樺かご。


自分の作ったかごと、何でこうも違うのか(って比べること自体間違っている^^;)。


すごい!ってい言うより、不思議って言うか、まったく芸術ですね、これは。




IMG_3450_1.JPG

いつもHPで拝見していて、持ち手の付け根がかわいいなぁ、って思ってたこの風車の細工。


持ち手までしっかり編みこまれている丁寧な仕様も実は貴重。


(白樺の樹皮をくるくる下地に巻いているだけの持ち手も結構多いのです。)



はー。丁寧な手仕事に感動です。





そんな白樺かご、


IMG_3422_1.JPG


とりあえず、我が家ではこんな風に絵本を入れてリビングに。



  



かごって、1つの用途に絞られることなく、気分や生活スタイルの変化によっていろいろな使い方が出来るところが好き。

かごの中に何を入れようか・・って考えるのも楽しいです。


大きさは、幅35センチ、奥行き22センチ、高さ18センチ(ハンドルまで34センチ)。



白樺のかごを置くことで、我が家のリビングがちょこっとあったかい雰囲気になったような気がします。




ちなみに、この白樺のかご、オーダーしたのは確か夏のはじめ頃。


「お時間いただきますけどよろしいですか?」と言われていたので、いくらでも気長に待つつもりでお願いしていました。


それがたまたまクリスマスの直前に届いたので、私にとってはクリスマスプレゼントのようで、とっても嬉しかったです。



IMG_3434_1.JPG


スウェーデンでは親から子へと受け継がれていくと言われている白樺のかご。

このかごも、いつか娘が大事に思って大切にしてくれたらなぁ・・なんて思います。


  




最後に、Brorさんの活動について。以下に先生からのメールをそのまま貼らせていただきますね。


「材料入手の関係で、私はワークショップをメインとし、
販売はスウェーデン在住の白樺作家Bror Forslund氏が制作した作品を扱っております。
かごの注文および販売は不定期のため、今回のように数ヶ月単位でお待ち
いただく場合が多いかと思いますので、ご了承ください。
ご興味のおありの方は、個別にメールでお問い合わせいただければ対応いたします。
info@bror.jp


また、年明け1月下旬から3週間ほど一時帰国し、東京、大阪、名古屋で
白樺のかご、小物のワークショップを行う予定です。
近々ブログで詳細をお知らせする予定です。」

とのことです。ご興味のある方はぜひ♪


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村 ←お手数をおかけしますが・・。






Last updated  2010.12.27 13:40:08


2010.09.13


以前からちょっと大き目のパンかごが欲しいなぁと思っていました。



楽天で探すと、希望のサイズはちょっとお高い。


  


 

・・どうしようかなぁ。




やっぱり、





作るしかないか♪






というわけで、以前購入した白樺の皮を引っ張り出してきて、かご作りを開始!





IMG_0749_1.JPG



白樺の皮をテープ状にカット。

↑の写真は長さを出すためにボンドでくっつけて乾かしているところです。




これを使って編みこみ編みこみ。




IMG_0750_1.JPG


皮の一枚一枚がくるんと丸くなってすごくやりにくい。

あらかじめ、くるんとならないように伸ばしておく作業が必要だったなぁ、と思いながらも後戻りは出来ません^^;





IMG_0792_1.JPG



途中、編み目がずれていることに気づいて、ここまでやったのにほどいてやり直す誤算もありました(泣)



編み続けていると、指の先が痛くなるし、肩もこる。

それに私には難易度が高すぎて、途中何度もやめたくなりながら・・





でも、なんとか・・







IMG_0843_1.JPG


・・なんとか完成!



(書くとすぐだけど、ここまで何時間かかったか・・。途切れ途切れやっているし計っていないので分かりませんがおそらく10時間くらい?)




出来栄えは、写真ではなんとなくサマになっているように見えますが実際は残念なことに(--;)



IMG_0848_1.JPG


こんな風に編み目の隙間が開いてしまったり、ふちの高さが揃わずガタガタになってしまったり。



編み目をきっちりしなくては!と意識するあまり、きつく編みすぎて皮を通せずピンセットを使って引きだすことも。



お世辞でも器用とはいえない私がやるには、この大きさのパンかごは無謀でした。作りながら、やるんじゃなかったと大後悔(笑)






それでも、息子が完成を楽しみにしてくれて、出来上がったときには


「すごいねー。上手だね!かわいいじゃん!」


って言ってくれて・・それだけでもがんばった甲斐があったかなぁ。









ではでは、早速NEWパンかごを使うべく、パンを焼き焼き♪








IMG_0834_1.JPG



本日はチョコパンなり。


(相変わらずホームベーカリーにすべておまかせの域を超えられません^^;)




こんな凸凹のかごだけど、パンを入れるとちょっとはかわいく見える・・かな?




 ←大きさ的にはこれと同じくらい♪たっぷり入ります。




  ←我が家のHBは1.5斤タイプ。




というわけで、白樺のパンかご、見た目はイマイチですが、でもやっぱり自分の手で何かを作り出すというのは達成感がありました!




ちょっとしばらくは次のかごを作る気力がないですが(笑)ほとぼりが冷めたらもうちょっと簡単なかごを作ろうかなぁって思います^^




にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村  今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました!






Last updated  2010.09.13 13:52:07
2010.03.29


モミの木のバスケットを購入しました。


IMG_6178_1.JPG


今回購入したのはMサイズ。

以前、Lサイズを購入しましたが、その頃より違うサイズも欲しいなぁ、と思っていました。


なんというか、この薄さっくりした感じ(←?)が好きなんですよね^^






こちらのかごの使い方は・・


IMG_6175_1.JPG


じゃがいもや玉ねぎの保存用に。



常温保存の野菜って、通気性の良い所に置くものですよね。

ところが、我が家ではそれが定まらず、キッチンの引き出しに入れてみたり、その辺に並べておいたり。



でも、やっぱりかごは必要だ・・というわけで、前から考えていたモミの木のかごを購入することにしたのです。



かごを置いたところは・・


IMG_6171_1.JPG


食器棚のカウンターの上に。


出来ればこの上には電子レンジの他には何も置きたくなかった・・。


けれど、床に置くのは邪魔だし、対面のカウンターの上では使いづらいし、ダイニングのどこかに置くにもしっくりこない。



というわけで、食器棚に置いてみたら、無機質な空間にちょっと木の暖かみが加わった気がしてここへ(笑)



IMG_6196_1.JPG


さらに、以前から気になっていたコンセント周りのごちゃつき感もかごで隠せました。

これも嬉しい^^





今回、購入したのは北欧雑貨さん。





楽天内でもいくつか取り扱いがありますが、値段はどこも同じ。

送料がかからない(5000円以上で送料無料)のがこちらのショップだけだったので購入しました。



丈夫で、やさしい木肌のモミの木バスケット、とても気に入っています^^



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村 ←いつも応援クリックありがとうございます!






Last updated  2010.03.29 01:00:21
2009.11.18


 IMG_2863_1.JPG


またもや増殖中・・。


今度は白樺でお花のオーナメントを作りました。


 2100円



これ、複雑そうに見えて、意外と簡単。(といっても出来栄えは売り物のようにはいきませんが・・)



途中まで、星のオーナメントの折り方の【12】までと一緒です。


でも、「星」より作り方は簡単で、時間も半分くらいでできました。



こちらのお花はウッドビーズがアクセントになり、ちょっと素朴であったかい・・。





このオーナメント、良く見ると2種類あります。

IMG_2893_1_1.JPG

が、表と裏、二つの同じ形のパーツで出来ているのを、くっつけているかずらしているかの違いです。

それだけで随分と雰囲気が変わります♪



茶色×白の紐は、スウェーデンのもの。


これをしばらく探していたのですが、先日、北欧雑貨を扱うお店で見つけたので、ようやく作ることが出来ました。

ウッドビーズは、ハンドクラフトのお店で赤と白をチョイス。





これらのオーナメントはもちろん・・



IMG_2827_1.JPG


この時期一番心躍るクリスマスツリーにプラス。



オーナメントが増えるにつれて、その内、怪しいサンタの居場所がなくなるかも?(笑)




ツリーを出してからクリスマスまでに、少しずつオーナメントを増やしていくのも、また楽しみの一つです。



 にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 にほんブログ村 いつも応援してくださってありがとう・・☆







Last updated  2009.11.18 23:17:03
2009.11.08
前回の続きです。作り方は一つ前の記事をご覧くださいませ。



最初は難しいかもしれませんが、でも、2.3回折ればもう作り方を見なくてもスイスイ折れるようになります。


私は確か紙で3.4回作ったあとに布で作ったのだったと思います。


IMG_2501_1.JPG



注意しなくてはならないのが、用意するリボンの幅に対しての長さです。

最初は少し長めにした方が折りやすいと思います。

1本につき、1.2cm幅でも36cmくらいいるので、幅が広くなるとそれだけ長さも必要になってきます。

大きいオーナメントだと幅1.8cmで50cmくらいだったかなぁ。(曖昧)

途中で足りなくなると悲しいのでお気をつけくださいませ。


IMG_2640_1.JPG


折っている内にやりやすい作り方、素材を無駄にしない折り方なども分かってくるので、画像通りの作り方に限らず、どんどん応用出来ますよ^^


私は常に右上をスタートにしましたが、これもやりやすい方法で構わないと思います。


こんな感じで、今回星のオーナメントを作るに当たって私なりに感じたことを書いてみました。





そういえば、このオーナメントの作り方を探している時に、エコクラフトで作られた方や、本革で作られた方のブログを拝見しました。

 ←エコクラフト   ←本革テープ
 



白樺の皮はなかなか入手が難しいですが、その枠にとらわれず、アイデア次第でそれぞれのお家にあった素敵なオーナメントが出来上がることと思います。




私の場合は、クリスマスツリーのオーナメントとして、白樺と布を選びましたが、布はバイアステープを利用しました。


IMG_1868_1.JPG

(この画像は自分でバイアステープのように作った物ですね・・。経費節減のため^^;)

ダブル(シングルではだめです)のバイアステープの間に同じ幅に切った画用紙を挟んで(折りやすくするため)作りました。


布で作ると少し難易度はあがりますが、紙では出せない素材感、暖かみがあってぽってりした雰囲気がとても気に入っています☆






IMG_1867_1.JPG



オーナメントの作り方、長々とお付き合いいただきありがとうございました^^

どなたか、お一人でも作ろうと思ってくださった方がいらして、そして、このブログが参考になったならば幸いです。


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村 ←クリックが励みになっています。いつもありがとう・・。








Last updated  2009.11.08 13:52:39
今日は星のオーナメントの折り方を紹介します。

完全に作り方だけなので興味のない方はスルーしてくださいね。


IMG_1901_1_1.JPG



最初、動画で撮ったのですが、楽天フォトの容量を軽々オーバーしてしまったため載せられませんでした>< 


なので、分かりにくいと思いますが写真と文字でお伝えします。



常に、右上をスタートにして、反時計回りに順に折っています。


では早速♪



まず、リボン状の紙(以下リボン)を4本用意します。
(画像のリボンのサイズは1.2cm幅の36cmです)


IMG_2578_1.JPG

【1】リボンを半分に折って、この状態にセットします。



IMG_2530_1.JPG

【2】分かりにくいので、少しずらしてアップで見るとこのように交互に組み合わせてあります。



IMG_2579_1.JPG

【3】右の赤リボンを向かって左へ折ります。



IMG_2580_1.JPG

【4】左上の白リボンを下に折ります。



IMG_2581_1_1.JPG

【5】左下の赤リボンを右に折ります。



IMG_2582_1.JPG

【6】右下の白リボンを上に向かって折るときに、右上の赤リボンの下をくぐらせます。



IMG_2583_1.JPG

【7】この状態になります。



IMG_2584_1.JPG

【8】裏返します。



IMG_2585_1.JPG

【9】4本のリボンを開くと↑の状態になります。



IMG_2586_1.JPG

【10】さっきと同じように右の赤リボンから順に折ります。

→左上(白)を下に、→左下(赤)を右に折り、



IMG_2588_1.JPG

【11】右下(白)を上に向かって折り、赤いテープにくぐらせると、



IMG_2589_1.JPG

【12】この状態になります。




IMG_2590_1.JPG

【13】次に、右上(白)を向こう側から三角に折り、



IMG_2591_1.JPG

【14】手前に三角に。



IMG_2592_1.JPG

【15】左側にパタンと折ります。



IMG_2593_1.JPG

【16】折った白リボンの先を、赤リボンの下にくぐらせます。



IMG_2594_1.JPG

【17】こうなります。



IMG_2596_1.JPG

【18】その白リボンを上に向かって折ります。



IMG_2597_1.JPG

【19】反時計回りに90°回し、右上の赤リボンを【13】~【18】の工程で折ります。

これをあと2回、(こちらの面で全4回)繰り返します。



IMG_2600_1.JPG

【20】4回折ると、この状態になります。(4つ三角が折れています)



IMG_2601_1.JPG

【21】裏返します。こちらの面も、【13】~【18】の工程と同じく、右上(赤リボン)から計4回同じように折ります。



IMG_2606_1.JPG

【22】計4箇所折った状態がこちら。(これで全部で8個の三角ができました)



IMG_2608_1.JPG

【23】右上の白リボンを手前に三角に折り、



IMG_2609_1.JPG

【24】リボンの先を左の赤リボンの下にくぐらせます。



IMG_2610_1.JPG

【25】 こんな感じに。



IMG_2611_1.JPG

【26】反時計回りに90°回し、右上にきた赤リボンを【23】~【25】と同じように折ります。これをあと2回繰り返すと、



IMG_2614_1.JPG

【27】こうなります。



IMG_2615_1.JPG

【28】裏返します。



IMG_2617_1.JPG

【29】右上の赤リボンから、【23】~【25】と同じように折ります。
こちらの面でも4回折ったら、



IMG_2618_1.JPG

【30】この状態になります。



IMG_2619_1.JPG

【31】あとは、余ったリボンをこのようにはさみで切ると・・



IMG_2620_1.JPG

【32】出来上がり!




いかがでしたでしょうか?

 
フォト容量の関係で画像を小さめにしたので分かりにくいところもあるかと思いますが、出来るだけ細かく記載したつもりです。


どうしても、お伝えずらい所もありますが、一つ前の写真と見比べながら折り進めていただければ、と思います。


いつもメッセージをくださる皆様、分かりにくい所をご指摘くださいね!



文字数オーバーしますので、追記は分けて更新しますね。


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村  次の記事も合わせてご覧いただけると嬉しいです。






Last updated  2009.11.10 01:00:08
2009.10.30
 

前回のかごに引き続き、白樺の皮で今度はオーナメントを作りました。

IMG_1901_1_1.JPG


白樺細工の定番、星のオーナメントです。



IMG_1904_1_1.JPG

以前購入したのが右の大きい方。(ウッドブラインドの紐にぶら下がっているコです)

私が作ったのは左です。

まあまあきれいに出来てる、よね?・・ね?(笑)






このオーナメントは・・



IMG_2161_1.JPG


ソファ後ろのココロバの枝に。


  丸い葉っぱがかわいい・・。




さらに、

IMG_1907_1_1.JPG


小さいのも作りました。



小さいとなると難易度高く・・。





この小さいお星様は、


IMG_2012_1.JPG


ガジュマルの木に。

ミニツリーにはミニスターが合う☆


  小さくてかわいい・・。






さらにさらに、


IMG_1952_1.JPG

こんな形も作ってみました。(これは簡単♪)





白樺のオーナメントを作るのは、皮を切って剥いでの下準備から、編みこむ作業まで、とても大変でした。


プロの方はちょちょいのちょいでしょうけれど、私が作ると、折るだけで20~30分くらいかかります。


オーナメントも、買うと高いと思っていたけれど、作ってみると、この価格に納得。


  3570円


手仕事、というのは言葉では分かっていても、実際自分が体験してみて、初めてその価値が分かるような気がします。



ちなみに、このオーナメントの作り方は自分で調べました。


最初、紙で練習して、何度も作って覚えたのです。


白樺の皮の特性があって、紙とはまた違いますが、それもやりながらコツを掴んでいるところです。


といっても、なかなか売り物のようにキレイにはできないのですけどね。



星のオーナメントの折り方、また後日アップしますね☆



IMG_2154_1.JPG   ←お星様増殖中・・。



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村  ←いつも応援ありがとうございます☆






Last updated  2009.10.30 08:38:23
2009.10.26
フィンランドのモミの木のかごを買いました。


IMG_2057_1.JPG


色が薄く、大きく編まれた少し直線的なモミの木のかごは、白樺のかごとはまた違った表情を見せてくれます。



IMG_2063_1.JPG

この持ち手の付き方がとてもきれい。
見た目よりも丈夫でしっかりしています。




今回探したのは大きめのサイズ。


  Lサイズ 31X29XH37cm





このかごの使い道とは・・



IMG_2056_1.JPG



リビングに大きな本棚があると賢い子が育つと言いますが、残念ながら家は採用しておらず、本棚は主に2階の子供部屋です。


子供が持って下りてくるので、1階には押入れに少し入れられるようにしましたが、出し入れしずらく、不便に感じていました。



というわけで、リビングにて、読みかけの雑誌やカタログ、子供の絵本を入れる為のかごにしています。




  「ねないこだれだ」は娘のお気に入り。



持ち手が邪魔かな?と思ったけど、そんなことはなく、丈夫でしっかりしたかごなので本を入れるのにぴったりでした。

でも、あまり入れすぎてはいけませんね^^;







この優しい風合いが、リビングにすっと溶け込み、かご一つ置くだけで、暖かみが増したような気がします。


IMG_2042_1.JPG


ずっと大切に使いたいお気に入りがまたひとつ増えました。


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村  ←いつもありがとうございます♪






Last updated  2009.10.26 23:16:44
2009.10.21
 

白樺のかご作りのワークショップに行ってから、寝ても冷めても白樺のことで頭がいっぱいの私(笑)



自分でも作ってみようと、ついに白樺の皮を手に入れ、そして下準備までした。というのが、前回までのお話。


IMG_1911_1.JPG





その白樺の皮を使って・・


IMG_1927_1.JPG

かご作りの復習に励んでおりました。



最初に、こうやって交互に編んで、かごの内側の底になる部分を作るのです。


白樺のかごって内から外に向かって編んでいくんですね。





そして角を立ち上げたら、とにかく交互に編むのみ。

IMG_1945_1.JPG

一定の高さで折り返し、外側を編み進めます。



ワークショップでは木製のピンチで固定していましたが、それが家になく、洗濯バサミやクリップ、さらにアメピンまで駆使して作業を進めました。
その後木製ピンチ買いに行ったんですけどね、相変わらず計画性がない・・(--;)




IMG_1947_1.JPG


そして、全部編み込んだら、あとは足りない所を埋めるためにさらに皮を足して整えていきます。




そして・・




IMG_1961_1.JPG

完成!!




読むとあっさりだけど、これ、ものすごく苦労しています(T▽T)


気づいたら、底が長方形ではなく台形になっていて、そこそこ進めたのに最初からやり直し、とか。

欲張って大きく作りすぎて皮が足りなくなりそうになり、最初からやり直し、とか。







IMG_1985_1.JPG


そして、この折り返したところ、つい好奇心からギザギザにしてみようと思い立った私。

 ←こういうの、かわいいと思って^^



多分やり方はあっていると思うけど、でもやっぱりキレイとは言えません。
素直に教えて頂いたとおり、まっすぐにすれば良かった・・(@:@)





最初のワークショップから、今回2回目を作ってみて思ったことは、形を作ることはなんとか出来ます。


でも、美しく作るのは非常に難しいです。



よく、熟練された白樺職人さんの作ったかごは「編み目がきれいで隙間がなく、100年使える」って言いますが、それをものすごく実感しました。



私の作ったこのかごはせいぜい耐年数3年くらいですね(笑)





いや、奥が深い。

そして、おもしろい!←まだやるつもり?





さて、このかごの使い道とは・・







IMG_1967_1.JPG


 帽子♪







・・ではなく、(気に入ったらしく返してくれなかった)



IMG_2004_1.JPG

手紙やショップの案内など、すぐに処理しないものの一時置き場なんてのはどうでしょう?




使い道を考えるのも楽しいですね。


白樺の持つ魅力にどっぷりと浸かっている私なのでした。



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村   ←いつも本当にありがとうございます☆
  






Last updated  2009.10.22 01:00:14
2009.10.20
前回、ワークショップにて白樺のかごの作り方を教えていただきました。


(教えてくださった河内山先生のブログはこちら


その作り方を知ると、もっと作りたくなります。
忘れないうちにもう一度作りたい・・。



IMG_1875_1.JPG


・・・でも、どうやって?白樺の皮って売っているの?




先生も仰っていましたが、状態の良い白樺の皮を継続的に手に入れるのは難しいそうです。
自然環境によって、きれいな白樺の皮をとれる木がそう多くはないとか・・。



それなのに探すって無謀?とも思いましたが一度勢いづいたらやってみないと気がすまない私^^;



そして・・



IMG_1881_1_1.JPG


探しに探して、少しですが白樺の皮を手に入れることが出来ました。



↓私が買ったのはこちらではありませんが楽天にもありました。これ、裏の状態はどうなんだろう?

 1575円 



白樺細工に使うのは、白いがさがさの表皮を剥がした部分。


先生のブログから白樺のかごができるまでを参考に、(無謀にも)自分でトライ!


(ここからは自己流も含まれますのであしからず。)




まずは裁断。2cm幅に細長くはさみで切っていきます。


それが終わったら、表皮の部分を剥がします。


IMG_1882_1_1.JPG

皮が薄く何層にもなっているので、こんな風にぺりっと剥がせます。



IMG_1888_1_1.JPG

こんな黒いでこぼこした部分がないものが良い樹皮なのだと思います。(でも贅沢は言えない。この程度のものが手に入っただけでもすごい!)




残骸・・。

IMG_1944_1.JPG


こちらはほとんど使いません。白樺は脂を多く含んでいるので、暖炉の燃料にはとても良いのだとか。

まさに北欧の生活ゆえの文化ですよね。




そして、すべりを良くする為にオイルを塗ります。


IMG_1911_1.JPG

家にあった机のメンテナス用の亜麻仁油を活用(いいのか?)



オイルは塗っても塗らなくてもどちらでも良いそうです。


リボン状に裁断した樹皮はそのままだと短いのでボンドでつなぎ合わせました。



こうして下準備は完了。



ここまでに2時間はかかりました。


本当に大変!


ワークショップではここまでは先生が事前に準備してくださるので、先生の影の労力をちょっとだけ実感しました。



さて。


これらを使って、作った物は・・


長くなったので次回に続きます^^


にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ ←次回、無謀な挑戦の結末を見に来てください(笑)









Last updated  2009.10.21 00:10:25
このブログでよく読まれている記事

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.