856374 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

お散歩うさぎさんのブログ 《京都・いろ色》

全6件 (6件中 1-6件目)

1

醍醐寺(世界文化遺産)

2019/04/25
XML
世界文化遺産・醍醐寺
金堂、五重塔、観音堂、弁天堂など
四季ごとにに美しい景色が楽しめます。

西大門(仁王門)




青瀧(せいりょう/せいりゅう)宮の
大きな桜が目を引きます。







五重塔(国宝)
後醍醐天皇の菩提を弔うため
朱雀天皇が起工し、
村上天皇の951年に完成
京都府下最古の木造建造物だそうです



















金堂(本堂)の写真は今回省きますが
秀吉の命により紀州(和歌山)から
移築されたものだそうです

ご本尊は薬師如来坐像
両脇侍は日光・月光菩薩立像で
重要文化財です。

赤い社は弁天堂です












観音堂
ご本尊は准胝観世音菩薩
(じゅんていかんのんぼさつ)
弁天堂から観音堂
弁天堂より手前に観音堂です。
















カワウ君もお花見かな・・・。




カワウ君どこからきたの?
と言いたげな亀さん








あっ 飛んだぁ~~!
と言ったかかも・・・。



お二人!? 
二匹もお幸せにぃ~!(^▽^)

弁天堂から奥へはこの時期、
禁止になっていました
醍醐寺のお粗末な写真散策でした。
<m(_ _)m>






Last updated  2019/04/25 12:06:46 PM
コメント(20) | コメントを書く
2019/04/23
秀吉公が桜を好んで植えられただけに
どこへ行っても
桜・さくら・サクラの醍醐寺です。
桜は南の桜も北の桜も
日本の桜に変わりはないです

では醍醐寺の霊宝館エリアへ

霊宝館には国宝、重文などの
仏像、絵画、工芸品などを
保存し公開されています。



霊宝館エリアから眺めた
三宝院の唐門

桜ばかりで代り映えがありませんが
眺めていただければありがたいです。



































一本の木です
これほどまでに枝が伸ばせるものだと
驚きです。
何とかカメラに納まりました。








庭園を一巡して霊宝館へ入りました。



千手観音像 イメージ

薬師堂に祀られていた薬師如来像(国宝)
病や痛みと同じところに金箔を貼り祈ると
平癒すると信仰を集めていました。
今は霊宝館に安置されています。

「五大力さん」として親しまれた
五大明王像(重文)や
カヤ材の一木造りで
簪(かんざし)から地付まで通して
一材で掘出した千手観音像(重文)
絵画や文献など
貴重なものが拝見できました。

館内は撮影禁止ですが
警備の方の目を盗んで
千手観音像の写真を撮っていた男性が
おられました。
残念ながら日本の方です。
恥ずかしいです。

悪いことはわかっていたのでしょう
急いでシャッターを押されたが
角度があっていないので
写っていないと思います。

五重塔と桜の伽藍エリアへ回ります。
飽きずにお付き合いください。

千手観音像を描いていて遅くなりました。






Last updated  2019/04/25 12:05:34 PM
コメント(24) | コメントを書く
2019/04/21
京都の桜の名所はいろいろありますが
その中の一つ「醍醐寺の桜」
現在の太閤花見行列は
4月の第二日曜日におこなわれます。
桜が散っていることが多いです。

醍醐寺の桜の満開の時期に合わせて
4月4日に出かけました。

世界文化遺産の醍醐寺の桜をご一緒に



総門です。











花見の時期は露店が並び
花見を楽しむ方で賑わっています。

奥に見えるのが西大門(仁王門)











桜馬場(参道)の両側は桜並木です。

秀吉公が醍醐寺三宝院の裏山で
花見の宴を開いたのは1598年4月20日、
421年が経った今、
当時の桜も代わりして
曾孫か、やしゃまごか
若い桜がところどころに目立ちます。








三宝院へ
(醍醐寺座主の居住)



庭園は秀吉自ら
基本設計をしたものだそうです。



















室内に立派な襖絵などありますが
撮影禁止です







三宝院を出て霊宝館へ向かいます。
桜の木が多い場所です。






Last updated  2019/04/25 12:06:07 PM
コメント(20) | コメントを書く
2019/03/10
京都・醍醐寺で毎年2月23日に開かれる
五大力尊仁王会
(ごだいりきそんにんのうえ)
通称:五大力さん
国の平和と国民の幸福を願う行事です。

この日に限って災難・盗難除けのお札が
授与されるので
全国から参拝に来られるようです。

男女が大きな餅を持ち上げる
「餅上げ力奉納」では
力を奉納することで
無病息災、身体堅固を祈願します。

女子は90キロ、男子は150キロです。

果たして今年の力持ちは・・・?















露店も並びます















手前が90キロ、奥が150キロ
女子の部から始まります



醍醐地区の「キャラクター
「もちもちぃん」と
子どもに智慧(ちえ)を与える
「フドウリキ」が
持ち上げ奉納の応援に参加です。















協議に先立ち祈祷されれ
最初の3人までは
報道陣が先に取材されます
見えにくい状態ですが・・・。



女子は90キロを持ちあげます
手前に引いて
太ももの上にのせて
バランスを取ります



競技は台から持ち上げて
下ろすまでの時間
勝利は秒単位で決まり、
審判も真剣!



この後どのような力持ちが
現れることでしょう。
・・・・・
智慧とは仏教用語
物事を考え、判断するのが知恵、
物事の真理を考えるのが智慧






Last updated  2019/04/21 10:16:19 AM
コメント(20) | コメントを書く
2018/08/26
京都・醍醐寺の万灯会(まんとうえ)
8月5日に
「精霊(しょうりょう)供養法要」と
「お施餓鬼(せがき)供養」が
おこなわれ、
地域の小学生の灯篭も並んでいます

醍醐寺は
薬師如来をご本尊とする
真言宗醍醐寺派総本山
世界遺産に登録されています。
また
国宝や重要文化財の建造物、
絵画や彫刻、書籍や古文書なども
数多く所有されています。






2月に行われる
「五大力さん」として親しまれる
「五大力尊仁王会」
(ごだいりきそんにんのうえ)
不動明王や五大明王の力を授かり
化身・五大力菩薩によって
国、国民の幸福を願う行事と合わせて
近年は巨大な鏡餅を持ち上げて
持ち上げている時間を競う
「餅上げ力奉納」がおこなわれます
また春には
賑やかに「豊太閤花見行列」なども
ここなわれます。































鐘を撞くこともできます。

鐘を撞く作法は
鐘に向かって
合掌してから鐘を撞き
鐘を撞き終わって合掌

一人ひとり丁寧に指導されていました



慌てて鐘を撞こうとして

「待った! 合掌をして!」と・・・

撞き終わると慌てて帰ろうとして

「待った! 合掌を!」と指導

お坊さんも指導に忙しそう!






テストに100点が取れるように…
字が上手になりますようになどなど
可愛いお願いや
家族の幸せを祈る言葉が絵と一緒に
書かれていました。






五重塔の前に模擬店だ並び
小鉢でソーメンとお茶のお接待

ジュースやとりのから揚げなどなど
販売は地元の方のようです。
大きなほうずきが売られていました






醍醐山からの風が涼しく
気持ちがいい夕涼みができました。
・・・・・
施餓鬼供養
仏教の法要の一つで
餓鬼道にある霊は常に飢えと渇きに
苦しんでいるとされています。
様々なものを供えることで
故人や先祖の霊の徳を高めると共に
自分も救いがあるとされています。







Last updated  2019/04/21 10:20:45 AM
コメント(20) | コメントを書く
2018/05/03
豊臣秀吉が醍醐寺で花見の宴を
催したことに因んで
4月の第二日曜日は
豊太閤花見行列がおこなわれる
京都・醍醐寺
真言宗醍醐派総本山
ご本尊は薬師如来
世界遺産に登録されています。



醍醐寺は醍醐山など
200万坪を越す広大な境内です。

秀吉は花見のために700本の桜を
境内に植えたとのことです。
幾種類もの桜は順に咲き
期間も長く桜を楽しめます

醍醐寺は「花の醍醐」と
言われています。

醍醐寺の総門を入って左が三宝院
長い参道の正面が仁王門です

三宝院



今年は特に桜の開花が早く
ソメイヨシノなどは花が散り
ほとんど葉桜でした。



豊太閤花見行列を見ようと
海外からも大勢の方が
来られています。



地域の子どもさんたちでしょうね。
踊りながら仁王門へ向かいます。







三宝院の唐門が開かれて



花見行は列のご一行が唐門を出て
醍醐寺へ向かいます。































ほら貝の音とともに仁王門へむけて
行列は進みます。

豊臣秀吉さんのお顔は・・・。
そして招待された北政所を始め
多くの女性たちの列・・・。
次回に。
・・・・・・
秀吉の花見は
慶長3年3月15日(旧暦)
1598年4月20日のようです。
・・・・・・
義演僧正
戦国時代から江戸時代にかけて
実在された真言宗の僧
三宝院の宝蔵の充実を図るため
貴重な書物など収集整理されるなど
尽力された方






Last updated  2019/04/21 09:37:02 AM
コメント(28) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR

Profile


お散歩うさぎさん

Calendar

Category

Recent Posts


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.